ギリギリアウト 3回目

この記事はこままつ君ではなく、しももだ本人が書き上げた記事であります。念のために明言しておきます。(時間設定を遡って、記事を更新しております。)


時間つぶしの続きです。

とりあえず組み上げてみる。
PO20121104_0000.jpg
ランナー状態で材料を塗り(盛り)つけると、やっぱり裏側とか奥まったところとか材料が行き届いていないところが多々散見します。濃い黒の部分が後から塗ったところです。

PO20121104_0001.jpg
どうなると理想的に仕上がるかという完成形はまったく考えておりません。さびの発色は錆菌の発効・熟成具合よるものなので、「どうにでもなれ!」の投げっ放し状態です。


後から始めたゼダスR
PO20121104_0002.jpg
材料の攪拌・プラモへの塗り(盛り)付けのコツが分ってきたので、ゼイドラより均一に施されています。本来の赤い部分は発色剤を塗って化学反応させ、全体の黒い部分は「水」に浸して酸化させるようにしています。

PO20121104_0003.jpg
あとは「どうにでもなれ!」の投げっ放し状態です。







夢とミラクルが凝縮されたコミック!
アイドルは××××なんてしませんッ!(1) (ビッグガンガンコミックス)アイドルは××××なんてしませんッ!(1) (ビッグガンガンコミックス)
(2012/10/25)
柚木 涼太

商品詳細を見る
月刊ビックガンガンにて好評連載中

特に成人規制対象のコミック本でもなく、
背表紙あらすじでもいっさい、オシツコヨウソナコトヲヒトコトモカイテイナイ。
(そのかわり初版オビにある悩ましいイラスト紹介が怪しい…)

この手のマンガは、18禁を思わせる艶かし表情や過激な仕草を「トイレを我慢しているだけです」と言い切って、青年誌にエロティカルな描写を持ち込むのが醍醐味なハズなんですが…

まさかの、その醍醐味を持ち込んでしまったのです。

アキバブログであっさり紹介していたわりに、かなりずぶ濡れの内容でした。
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51366956.html


数年前にどこぞかで連載していたこの手のマンガは、お股から「なんらかの意味をもつ分泌物」が自分の意思に反して垂れてきてしまうという設定で、トイレが我慢できなかったようにも見えるけど、そうでは無い!と言い切ったストーリーでした。
作者の「照れ」でそうしたのか、編集部の移行でそうさせられたのかが分りませんが…

このマンガ「アイドルは…」は、そのまんまの直球でぐいぐい攻めてまいります。
一般的な「夜の営み」を彷彿させるソフト・アダルティアマンガではなく、あんことかつんことか小学生の大好きな「下品・オゲレツ」をテーマにしたギャグマンガなんです。
名言「友達金弾」で有名なマンガ「おぼっちゃ丸くん」と同系列と思って下さい。


基本的に文句のつけどころの無いマンガと評価できるのですが、あえて不満を言うなら『ヒロインが女子中学生』だったことくらい。
高校生以上の大きなお姉さんに見えるヒロインが、同じシチュエーションを辿ったら、「もうこんな年にもなってまで我慢できなかったんですか」というギャップが面白さを倍増させると思ったのですけど。
そのヒロイン設定の巧妙な判断が、この作品を成人規制に振れずギャグマンガとして成立させるコトができたと思われます。
(「高校生以上の大きなお姉さんに見えるヒロイン」と書いたのは、成人女性の(年齢)設定であっても、見た目が小学生にしか見えないとかうマンガ・アニメが増えたからです。)


本作のヒロインはユニットアイドルでして、相方の女の子を「元殺し屋」(しかも隻眼で体の各所に包帯巻いてる)という奇抜な設定にすることで読解の集中を分散(当惑)させ、突き抜けすぎているトイレなマンガのマイナスイメージを薄れさせるように工夫されています。

また「擬音」の書体や音の選定は非常に吟味されておりまして、お話の臨場感をより高めております。

各話のクライマックス、ヒロインが「解き放たれるシーン」ですが、さすが同人誌活動の経験が活かされていらっしゃいますねという、とても華々しい描写です。
PO20121104_0004.jpg
坂道で自転車が止まらなくなってしまったヒロインのシーン。







「ギリギリアウト1話」の時に「ぬるすぎる!!」と激怒批評したのですが、本作の1話は、後半の話に比べるとかなりおとなしい展開で始まります。(1巻には8話収録。後半に話が進むにつれ、びしょびしょの濡れ場が増えていきます。)
一発目から濃厚に攻めてしまうと、完全に読者が引いてしまうのは編集部も察しが付いたのでしょうから、それなりの打ち合わせはあったと思います。





そう考えるとギリギリアウトの今後の展開も、非常に期待してしまうのですが…

明らかに「電撃~」アスキーさんのリサーチ不足!?

淫らな描写を完全に規制して描かせないマンガ雑誌で、自由奔放のガンガンさんところの飛び抜け過ぎているこの作品に、どう立向かわせようとしているのか?(「アイドル~」連載開始から約10ヶ月後発にあたるギリギリアウトの連載開始時期)
「うちはうち。よそはよそ」って割り切ってるとしても… 
テーマが同じで、ヒロインの発動条件までが一緒になってしまったんだから、違う作風になりようが無い!!それでいて艶かしい表現は一切使わないって…
「ギャグマンガなんだから!」を押し通すにしても、笑わせるインパクトも弱いし


こういうマンガ連載が増える事は大歓迎なのですが、「ギリギリアウト」の短命さ加減が浮き彫りになってしまりました。





話を「アイドルは~しませんッ!」戻して…
不朽の名作「いいなり!あいぶれーしょん」は、約3年間の連載(月刊誌)で全4巻でした。
ので、このぎねす記録をぜひとも更新してもらえるよう応援していきたいと思います。



もう数年こんな記事を書くこと無いだろう。そんなマンガが次々登場するわけがないから…
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索