続・NEXT ニッポンよ。コレが怪獣映画だ。

こんばんは、しももだです。
最近の特撮鑑賞が続いています。

ちょこっと加筆修正
宇宙刑事ギャバン THE MOVIE オリジナル・サウンドトラック宇宙刑事ギャバン THE MOVIE オリジナル・サウンドトラック
(2012/10/17)
音楽:山下康介、渡辺宙明

商品詳細を見る
とても大作家先生が書いた脚本にとは思えない貧相なストーリー。
ちょっとした「怪獣ファン(素人作家)」でも思いつきそうな同人誌レベル。
(ようは特撮技術を見せられれば良い訳だから、話は二の次でOK?)

ゴーカイxギャバンは中澤祥次朗氏
ギャバxMOVEは、金田修氏

変なアレンジなどせず、昔のままをリメイクして欲しい。
ていうなら、昔の映像をみれば良いんじゃないの?というのが、私の考え。

世間的に大人気のギャバンと大葉健二氏かもしれないが、私にとってそれほど関心は薄かったりする。(嫌いなわけでは無いが大好きでも無い)。
だから、ギャバンxMOVEに付いても、メタルヒーローシリーズの一つという認識でしかなく、最新映像化なんだから新解釈の表現。新武器・新メカの一つや二つでも引っさげてくるのだろうと期待していたら、見事空振りに終わってしまった。


今回の記事は、下書きを「特撮大明神」の先輩に見せて苦笑され、逆にコレが批評というものだというモノを、まじまじと見せ付けられて落ち込む。

私の意見など、特撮を狭い部分しか見ていない稚拙な悪口なだけだと反省し、評判映画に悪態をついてまで閲覧者の方々の気を引こうなんて、非常に大人げないんだけど。

ギャバンxMOVEを見て見て
だから言わんこっちゃないって思ったから、書いちゃうことにしました。


稚拙な文章で遠回しに書いているので気付く方は少ないと思うのですが、下記記事は
若干、本編内容が読み取れるネタバレ要素があります。









映画館を見終わり、お父さんが子供に「面白かった?」と聞いて「恐かったよう」という返答だったのが印象的だった。

確かに、当時のギャバンは画面が薄暗く陰気臭い、番組見ていて不思議な気持ちに持ってかれる感覚が、子供心にイヤだった。それがギャバンの持つの魅力なんだろうけど、大人になった今でも好きになれない。

そういう不思議・雰囲気の醸し出し方は成功していたと思う。


トータル的にやりたいコトを詰め込みすぎて、スタッフが望む見せ場のインパクトがそれぞれ弱い。「新解釈を入れると旧ファンの反感を買うから」という保守的な製作というより、詰め込みすぎて、新解釈を挟む余地が作れなかったという方が正しいのかも。


スタッフが望む見せ場と思うのシーン

●ギャバンの自己紹介
「うちゅうけいじっ! ぎゅあばん!」っていう大場健二氏の「名乗り」をもっと明確に再現演技したほうがよかったんでは。

●ドルギランの仕事 
TV放映当時も毎回ごとに敵側に大型のメカが出てくるわけでもなく、迫り来る戦闘機を撃墜だけするのがドルーの仕事。30年もたった新作映画でおんなじコトとしてどうすんの!!CGまで駆使して! 敵巨大メカくらい用意しろよ!この点はゴーカイxギャバンの方が使い方が上手い。
どうせその程度仕事しかさせるつもりがなかったんだったら、それこそ新解釈「双頭ドルー」にするとかで、インパクトを出すとかはダメだったのか?

●シャリバン シャイダーの仕事。
本当にただ登場してきただけ。「ギャバンの映画」なんだからむしろ出ていなくたって問題は無かったはず。
冒頭の「お前達二人を地球担当を任せる」的な長官セリフでの登場(紹介)でもう出オチ。?
撃・ギャバンがピンチの時になった時に二人が初めて駆けつけて画面に登場!こそ、スペシャル出演の価値があったのでは。

「おい新米!余計なことして俺達の足をっぱんじゃねえぞ!!」ってやり取りもなかったし。


撃・ギャバンが未熟。フォロアーの立場で初ギャバ・一条時烈とシャリ・シャイダーチームと2つ用意してしまったから、どっちつかずになってしまい、強力助っ人戦士のインパクトが薄くなってしまった。(シャリ・シャイも2人でひとくくりになっているからさらにもったいない。)

この程度の仕事であったのなら、もっと雑誌媒体に情報規制をかけて、サプライズ出演にしておいたほうが良かったのでは。3戦士で強大なボスキャラを倒すもんだと期待していた分残念。



●川での殴り合いとマクー空間での大場健二氏の仕事。が、長い!!

川の場合。
良くあるシーン。ゴーカイxギャバンでもマーベラス相手にやっていても良さそうだったけど、本人が先に捕まってたから…
上司に「出撃するな」と命令が出たから、撃はじっとしていたのに、「お前のやりたい事はなんだ!」とか言って一方的に殴りつけてるがおかしい?
なんとなく撃が「オレ未熟だから勝てないよな」と弱気になったところに活を入れた感じになってる。当時からあったギャバンの「熱い性格」の設定だったからしょうがないのか!
えげつなくなぐるける連続の大場健二氏の描写が「ギャバンってこんな破天荒だったっけ!」衝撃だった。



マクー空間の場合。
敵の性能が2倍か3倍になるとかいう設定だったはずなのに、コンバットスーツ着用後の戦闘の前に2人とも空間から出てきてしまった?なんで??
どんホラーが完全復活していないから空間自体も不完全だったからだきっと。
殴り合ってギスギスしていた二人の関係を、ピースサインで茶目っ気出しながら(コレも当時の設定の影響?)協力して脱出するコトで絆を深めたコトにした。とか。


●最終決戦。
金色の幹部に結構押されて苦戦していたギャバン。なんか突然自分の気持ちを奮い立たせてスーパーだかハイパーのギャバンダイナミック!で決着。またしてもインパクト薄っ!



オレ妄想。
例えばシャリバンとシャイダーの紹介シーンの時、長官が思わせぶりに新解釈の装備「~テクター」装甲とか「銃と剣に変形出来る武器」とかをひけらかし、今のお前(撃)には使いこなせん!とか言い放つ伏線。最終決戦の時に、初・ギャバンかシェリーが新装備を持って駆けつける。

新装備の強大なパワーに振り回され、金色の親友に苦戦する撃。ようやく装備に慣れてきた時に、スーパーだかハイパーのギャバンダイナミック!での終演とか。


そこまでオモチャタイアップ的なことをしなくても…

最初に撃が宇宙刑事になった時は「~バン」という劇場新設定のスーツで登場。金色の親友にスーツがボコボコになるまでやられて、初・ギャバンかシェリーから「ギャバンのスーツ」を受け取って(受け継いで)蒸着。それからスーパーだかハイパーのギャバンダイナミック!で撃退するほうが盛り上がっていいんじゃないとか思ったり。



-------------------------

『特撮大明神』先輩曰く、
「他のリメイク作品と比べてあからさまにわかる低予算ぶり。
昔のままとか、過去の映像を見ろだとか、それ以前の問題。」 
とのコト。



新解釈が、ぶっ飛んだワールドにまでなってしまった「キャシャーン」とか「ハカイダー」と違い、ギャバンのテイストは守られた映画だったはと思う。けど

2012年の撮影環境・撮影技術で作られた映画に見えない。

5周年の時だって、10周年の時だってコレくらいの作品は作れたのではとか思う。


こう書くと2012年らしさって何だよ!ってなってしまうけど。

私が考える2012年らしさとは、「TOY・タイアップが積み上げてきた進化」のこと。劇中使用する「武器」や「乗物」に多彩なギミックが組み込まれていることで、世界観・ストーリーにより拡がりのあるイメージを視聴者に訴えるコトができるのだと思う。


もともと、当時のギャバンからしてTOYタイアップは少なかった。タイアップしなかったのかさせてもらえなかったのは分らないけど。
その「小物に頼らない姿勢」がギャバンの魅力である!。という人もいるかもしれないから…

だから今回のギャバxMOVEはこれで正しいのだ!!


多分裏では続編が決まっていて、見せ所はすべてそこに詰まっている!!??








コママツくんの反論も受けて立ちます。




スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ギャバンだよ!全員集合~

はい、こんばんは~~しももだくんはギャバンMOVEをすでに見に行ったようですね。
いろいろと思うところはあるようですがまぁそれはそれとして・・・

じつはまだ見に行ってないんだよねーー

とりあえず月末までには依田さんと見に行きます、そしたらここで自分なりの感想をコメントさせてもらいいますのでヨロシク!

いまのところ今回のお話は新・ギャバンの成長物語でもあり初代・ギャバンから新・ギャバンへの「魂」の継承がテーマなのかな~~と漠然に感じています。

ただ、ちょっと心配というか不安なのは変身後ギャバンって大葉さんの声もふくめて”ギャバン”って刷り込まれてますので、いまどきイケメンさんの声がなじめるかどうかなんだよなぁ・・・

さてどうかな?楽しみです。

KOMATU様

ブログで散々に難癖つけたあと、他の方々の意見が気になって、映画・アニメ・特撮の感想を記事にしているHPやブログ各所を巡り捲くってみました。

確かに意見は分れているのですが、7:3くらいで「グッジョブ!」「感動した!」「また見に行く」等の非常に楽しめたという肯定的な感想が多かったんです。
当時から大好きでLDを何回も見返している人ほど高く評価しておりました。(にやりとしてしまうシーンが随所に散りばめられているとか…)

KOMATUさんも、ぜひ楽しんで来て下さいませ。

ギャバンはじめその他

ギャバンたった今見て帰ってきた。
俺は期待通りの良い「ギャバン映画」だった。
これにケチを付けるなんて事は作品の冒涜だと思える。

そのなんだ、変な追加を求める様な事は止めた方が良いねぇ
まるっきり中二病全開な事を言うのはどうかと・・・
あと、その特撮大明神?何様?って感じなんだけど
ほんとに君を含めていちいち文句を付ける様な人は自分で特撮
撮ってれば良いと思うよ。他人の作品はもう見ない方が良いと。
もっと「作品」を純粋に楽しむって事をした方がいいかな。

依田様

コメントありがとうございます。

依田様が、このギャバンの映画に対して「あそこはこうだった方がより良かったのに」とか、ちょっと気になった箇所すら全くなく「文句の付けど頃の無い完璧な作品だ」と、おっしゃられるのであれば、「そうでございますか。」としか返す言葉がありませんね。

記事にも書いてあることですが、もう一度かいつまんで書きます。

新解釈設定の追加は、私個人のだけの希望なので他の方から共感されないことは承知で書いております。
ただ、ドルーの見せ方。シャリバン・シャイダーとの絡ませ方。マクー空間での戦闘?。親友との最終決戦。「ギャバン・スーツ」引き継ぐ烈と撃のやりとり。
あっさりして見ごたえが無く、惜しい、もったいない、と思いました。


私はギャバンが当時どんな話だったかはほとんど記憶がありません。
依田様が「ゴーカイジャー対ギャバン」をご鑑賞されたかわかりませんが。
私にとっての「ギャバン」はその63分の映画での活躍を見て「ギャバンってこんな感じだったよなぁ」という程度の記憶なんです。

ギャバxMOVEにしても、「ギャバン」を見に行ったというより「戦隊」「ライダー」の延長線的なヒーローとして見に行ったので、ストーリー上、私の期待にそぐわない箇所がいろいろ気になりました。


依田様は多分、当時のギャバンにはとても精通されている方と思われますので、製作スタッフの「当時のギャバンを雰囲気を大事にしたい」という心意気に非常にマッチした。

そこが、私と意見が分れたコトと思われます。




ギャバンMOVEみたぜ!

ギャバンMOVE見てきました!
まずなんだけど、これは宇宙刑事シリーズの正統な続編であると断言してしまおう、間違っても東映まんがまつり的な人気のあるヤツをとりあえず一緒にしてお話を作ってみましたというものではない。
それを大前提におたまに置いておかなくてはいけないゼ!

ちょっと心配だった新・ギャバンの声ですがなかなかアツいやんちゃな感じだったので違和感はまったくなくて安心しましたw
物語前半は撃くんがなぜ宇宙刑事を目指したのかとかのまえ振りとか説明に費やしていましたがこれはしょうがない、ここの丁寧なことをしないと物語の厚みがでないと思うし・・・正直タルいかなとは感じちゃった。

おさななじみのヒロインが金ピカにさらわれちゃて初代ギャバンに助けられてからががぜん盛り上がります、さぁどうなる!と思っていたら

撃くん川辺でたそがれ~~~落ち込でま~す

そんな自分の銘を継ぐ男の姿を見たら活もいれたくなるわ!

必要以上に活を入れるのはくやしさを湧き上げらすため!男の根っこに訴えているのですよ、ええ!!
ここでやっぱり「魂」の継承というテーマが見えてきます。

あとはどとーに話は進んで王道の展開になるわけですがもういいではないでしょうか、親友とのわだかまりも決着つけたしさ、おさななじみ&シェリーさんとの三角関係も残して「次」に繋げるためのお楽しみもつくっているしね。

あと、新・シャリバン&新・シャイダーはあれくらいの露出でいいと思う。
たぶん「ここまでやればあとはやれるだろ?おまえならな。」という新・ギャバンへの信頼なんだろうなと。
あの二人は新・ギャバンの姿を見て「かつての自分」と重ねているはずだから、出しゃばらない。
この二人が本気だったらサクサク片付けちゃうでしょ!

初代・ギャバンもそうだけど新・シャリバンも新・シャイダーも先輩・後輩もなく、ましてやどっちが上だ下だなんてない、同じ宇宙刑事、おなじひとかどの男としてとらえている。
お互いに認めあっているからこその仲間意識でつながっていると思うぞ

この映画で「次」を作り上げたのだから日曜朝のTVシリーズで2クールぐらいでやってほしいもんです。

そんなわけでわたしも十分楽しめましたー、よかったよ~~
しももだくんもアタマからっぽにして素で受けとめてみてもいいんじゃないかな?

KOMATU様

熱いコメントありがとうございます。

興味深い内容で、とても参考になりました。

「反論に受けて立つ!」と記事中に書いたので、「いや!それは解釈が違うぞ」と思いつく返答を色々考えていたのですが。

行きつくところが


限られた尺の中で、やらなきゃいけない課題が多かった。
シーンによっては、長く確保しなきゃいけないし、切り詰める部分もでてくる。

なので、そこらへんは大人なんだから寛大に評価して下さいよ。
という映画だったいうことになるんです。


だから小松さんのように、すべてのシーンが適切に配分された素晴らしい映画だ。という意見もあれば、私のようにもう少し見せる工夫ができたんじゃ無ないの?と疑問に思う人もでてくるのではないかと思いました。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索