続・ニッポンよ。コレが怪獣映画だ。

こんばんは、しももだです。
最近のマイブームがゴジラ鑑賞が続いています。

ゴジラ対メカゴジラ [DVD]ゴジラ対メカゴジラ [DVD]
(2008/03/28)
小泉博、大門正明 他

商品詳細を見る

とても大作家先生が書いた脚本にとは思えない貧相なストーリー。
ちょっとした「怪獣ファン(素人作家)」でも思いつきそうな同人誌レベル。
(ようは特撮技術を見せられれば良い訳だから、話は二の次でOK?)

変に平成ガメラの整合性の取れたストーリーに影響されると、
行きあたりばったリのゴジラ演出に一言言いたくなる。


怪獣映画は「愛匡舞罪」。人類の脅威(側の怪獣)を排除するためならば、街が破壊されることになっても仕方が無い。という暗黙の了解。
だからほとんどの怪獣映画は、踏み潰される前の逃げ惑う人々を映す。(=死傷者が出ていないということに)

今回のメカゴジラの映画は、逃げ惑う人々が一切出ません!

●オープニング
バーンと画面いっぱいに出てくる「ゴジラ対メカゴジラ」のタイトルロゴ(書体)がなんかカワイイ。

●ドラマパート
沖縄の怪獣伝説を調査する兄と、金属片(スペースチタニウム)を調査する弟のニ本柱で話が進む構成を平成ガメラ1のスタッフが模倣したというならば評価できると思う。

ただ主人公兄弟の区別位は出来るんだけど…
大学の機械工学のハカセ。考古学の先生(男)。機械工学のハカセの娘。兄に寄り添う考古学者の女性。怪しいルポライター。シーサーの置物を付け狙う男(宇宙人の変装)。インターポールの人。
みんな顔が似たり寄ったり区別がつかない!!ストーリーを追っかけるのに混乱する要因。

●Gフォース(自衛隊)が一切でない。

●沖縄という地名はハッキリ出て、戦闘の舞台になるけど
ゴジラ(メカゴジラが化けているヤツ)が最初に上陸したコンビナート地帯が
何県なのかの説明が無い!のが気になる。

●例の名場面!
アンギラスが引っ掻いて、メカゴジラの装甲がキラリと剥き出しになるところだけど、平成ゴジラと違って、ゴジラの顔があんななので、迫力もへったくれもない。


●キグルミ怪獣の格闘。ちょこまか動きが早い。
80年ゴジラ等のメイキングでは(特撮博物館でも言ってた?)、
ちょこまか素早く動く動作を撮影して、スロー再生させると重厚感が出るってやってたけど、
そのメイキングの「ちょこまか動き」が、そのまま使われている。
ゴジラがひっくり返っても、起き上がるスピードが半端なく速い!のがダメ


●ゴジラ。
一回目のメカゴジラとの戦闘で負傷。謎の島で療養?
80年ゴジラ定番の、「核」とか「原子力」とか「放射能」じゃなくて、
「雷パワー」で、元気回復!!
口から発射したの放射能?ビームが、メカゴジラにジャンプで避けられて
「チクショウ」って腕を振るのがダメ


●キングシーサーが目覚めさせる歌が長い。
1コーラスでも長かったのに、1コーラスでは目を覚まさない。
メカゴジラが、眠ったままのキングシーサーにどんどん近づいてきてハラハラする。

2コーラス終わってようやく登場のキングシーサー。
今回の映画の切り札だけあって、ウルトラマン並のスピードの機動力でメカゴジラを奔走!!


●沖縄まで来るゴジラの移動速度が異常
劇中時間10分程度で、本州にいるゴジラが沖縄に到達するスピードはおかしい。(ちなみに鹿児島本土から沖縄本島までの直線距離は約650Kmあります。)
宇宙人侵略も設定の『嘘』ではあるが、話の流れ的につじつまの合わない『嘘』は納得できない。単純に「脚本」が駄作というしか無い。


●ちょこまか動く、キングシーサーとゴジラにイライラしたメカゴジラが本気でキレる!
「目」「胸」「手の指」「足の指」「ヒザ」から、ミサイルやビームを撃ち捲くる
撃ち捲くる!撃ち捲くる!撃ち捲くる!撃ち捲くる!撃ち捲くる!
撃ち捲くる!撃ち捲くる!撃ち捲くる!撃ち捲くる!撃ち捲くる!
撃ち捲くる!撃ち捲くる!撃ち捲くる!撃ち捲くる!撃ち捲くる!
圧倒的な破壊力。


●槍ミサイルを打ち込まれて、血まみれになるゴジラだけど。
ついに雷パワー炸裂。電気の攻撃かと思ったら、マグネパワー!
近くの鉄塔をバシバシ吸い付けて、標的を飛行しているメカゴジラに!

吸い付けられまいとロケットを全開にして粘るメカゴジラに、
ロープを手繰り寄せる動作をするゴジラがだめ。

●ついに力尽きてゴジラに捕獲されるメカゴジラ。
ココゾとばかりに、機動力のあるキングシーサーが連続体当り!連続体当り!連続体当り!

最後のとどめにゴジラが、メカゴジラを「首ポキ」。爆発して戦闘終了。

そして何事もなかったかのようにゴジラは海へ。キングシーサーは祠に帰って、幕を閉じる。



そりゃ平成ガメラの方が、後出しジャンケンなのだから優れていて当たり前。比較しちゃいけないことだけど。
でも今回のメカゴジラは、初代ゴジラ誕生の20周年記念。製作側もそれ以前の特撮映画を見返して「撮影技術も進歩したのだからより良い作品が作れるはずだ。」と挑んで作った時期なのに、「それでもこの程度だった」ことに落胆で落ち込む。


84年ゴジラを見ました。
大人が見ても満足できる重厚なストーリーは実現されてたのではないでしょうか?
あまりにも無難な作り方の演出に、過剰にちゃかす必要がないですね。

あと、この映画では珍妙設定のエスパーぶ少女はまだでなかっとは…
そういう意味でも、実現可能と思わせる範囲でのSF考証(スーパーXを筆頭に)は、評価できる映画だと思います。

珍しく総理大臣が有能!!!
なんとなく悪いの印象になってしまったソ連さんが可哀想。

カドミウム弾ってとても有効だったんだ!とか。
で、ゴジラさんがぐったりした後の回復源がミサイルの直撃じゃなくて、また「雷パワー!」なんだ!とか。

80年ゴジラシリーズは、ビオゴジの顔立ちがベースかと思ってたら、84ゴジラはサイボっトだったからカッコいくなかった!!

スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前回散々書き荒らしたけど…
なんでゴジラは人類の為にわざわざ本州からメカゴジラを倒しに来てくれたのか?
(キングシーサーだけで倒せたかもしれないのに。)
コンビナートで戦った一回戦で決着が付かなかったからのリベンジか?

そんな理屈くさい考え方は、もうどうでもいいやとなっちゃう楽しい映画でした。

84年ゴジラを見ました。
大人が見ても満足できる重厚なストーリーは実現されてたのではないでしょうか?
あまりにも無難な作り方の演出に、過剰にちゃかす必要がないですね。

あと、この映画では珍妙設定のエスパーぶ少女はまだでなかっとは…
そういう意味でも、実現可能と思わせる範囲でのSF考証(スーパーXを筆頭に)は、評価できる映画だと思います。

珍しく総理大臣が有能!!!
なんとなく悪いの印象になってしまったソ連さんが可哀想。

カドミウム弾ってとても有効だったんだ!とか。
で、ゴジラさんがぐったりした後の回復源がミサイルの直撃じゃなくて、また「雷パワー!」なんだ!とか。

80年ゴジラシリーズは、ビオゴジの顔立ちがベースかと思ってたら、84ゴジラはサイボっトだったからカッコいくなかった!!
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索