息抜きの模型 年始 その2

鉄道模型の楽しみ方は本来、実際に存在するレイアウトを極力そのままの状態を再現し、鉄道職員と同じ業務に基づいて真摯に列車模型を操作する。(だから無闇な高速運行は模型でも厳禁!)
その上で、その列車の運行する駅や地域の観光地や名産品をネットや雑誌等で調べて「仮想旅行」や「仮想鉄道職員」を堪能すると言ったところなのでしょう。
複数の車両をコレクションし、資料を見てそれぞれの歴史や性能を比較するとか。

また技巧派は、実際の駅・ホームの写真を撮り、風景写真等も参考にしながら精巧な情景ジオラマに取り組みます。ベースにレールを固定し土や草のパウダーを撒き植樹する。必要なストラクチャーを並べ、発泡スチロールを削って山の斜面のトンネルを作る。電飾なども考えますと、本当に限がありません。

でも私は鉄道模型に関してはまだ「ど素人」なので、そこまで高望みできません。とりあえず模型のギミックを楽しむ事にしました。


PO20120103_0020.jpg
Bトレインでこそ可能な複雑な曲線レイアウト。S字カーブをするりと抜ける蛇行運転に迫力があります。2箇所のポイント操作で、自在に運転できます。
111225_162424.jpg
下の長い500系新幹線が通常のNゲージサイズ。今回の私のレイアウトでは車両が長いのでカーブで曲ることができず走行不能。
各車両には添付の取扱説明書に最小通過半径とが書いてありまして、それに応じた曲線レイアウトを用意しないと走行すら楽しめないので要注意なんです。


PO20120103_0022.jpg
以前公約した、駅2つは実行しています。ポイントチェンジをしないともう一つの駅には行け無いようになっています。

PO20120103_0021.jpg
次はこのレイアウトを基本に「引込線」を付けて、電車庫も接地するように検討します。


プラレールで遊んだ人は「こんなに複雑なレイアウトで、良くレールが繋がっているもんだ」と関心していただけたかもしれません。ただこれは特殊な技術でもなんでもなく、レールを強引に繋げているだけだったりします。
無茶にも思われるでしょうが、メーカー公認の技法で「なじませつなぎ」と言います。


ユニトラック(Nゲージ用のレール)は、厳密な線路プラン上では数センチ食い違っていても、道床やユニジョイナー(レールの接続部)の柔軟性により寸法誤差を吸収して接続可能となる場合が多く、これを「なじませつなぎ」と呼んでいます。
ユニトラックガイドブックより。


とりあえず、やりたいと思った事は9割ほど完遂できました。
買ってはみたものの、今回使っていないアイテムも数点ありますので、また機会をみて挑戦したいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索