今あるアイテムだけで、ゾイド・リバースセンチュリーを楽しもう!その12-2

本題はこっち

リル・メリルさん(容姿ツインテール・声「植田佳奈」さん)は、リーバンテ島の作戦以降、「スパイ容疑」が拭いきれなかった為、共和国技術開発本部から左遷。敵軍鹵獲ゾイドを研究目的としたアグレッサー部隊へ異動となります。

そこには「ゾイド工学の権威プロフェッサー・メリル」を崇拝する技術者が、大勢所属しておりました。


共和国技術開発本部(タカラ・トミー)が開発してきたスラスターシステム仕様の磁気嵐対応型ゾイド(ドスゴドス、EXグランチュラなど)では、ガイロス軍のエネルギー変換システム仕様ゾイドに対しては劣勢であった。
そこで一部の研究機関のみで使用していた「GNドライブ」をコアの補助機関として装備させ磁気嵐に対応させたゾイドを、主力生産ラインに乗せて量産することになる。その第1号ゾイドは「ガンススナイパーWWユニット」。
(「GNドライブ」とは、キングゴジュラスの制御系統に検討され、採用を見送られた「GN粒子」を蓄えた半永久動力炉。性能は読んで字のごとくのOOのパクリです。)


軍の基本方針が「量産型GNドライブ」主流となった今日でも、メリル信者のアグレッサー部隊の技術者達(リーダー格は諏訪部さんの声の人)は、ひたすらスラスターシステム(TS)の研究を続け、キングライガー、ティガゴドスに使っていたTSより進化させたシステムを開発に成功。シールドライガークラスの大型ゾイドの磁気嵐対応型化も可能にさせました。

そこへリル・メリル嬢本人が合流。TSの女神の参加で部隊が高揚する中、メリル女史指揮の元、さらに機能が高めた「ネオ・スラスターシステム」(NTS)が誕生し、未知なる試作ゾイド「ライガーゼロ」に組み込まれることになったのでした。



そんで、どうやって、操縦するの?

「野生本能を強く残したコアの状態に、ディオハリコンの興奮剤・増強剤の作用が反応して、外部からの制御がまったく受け付けられなかったゾイド」をどうやって手懐けるか?
という問題が残ります。
いくら「ネオ」になったとはいえ、磁気嵐の中和が出来たとしても、暴走も穏やかにしてしまうのはどうなのか?
いや、暴走が穏やかになってしまっては、戦闘力と直結しなくなるから弱くなるじゃん。
なんかこう、特殊訓練で何でも乗りこなす的な、ガンダムウイングのパイロットのような設定が必要?


ゾイドワールド中、アニメや紙面媒体バトルストーリーなどで「ゾイドと心を通わせることができたら強くなる」という設定があります。敵国ゾイドとの対比で火力面が劣っていても、信頼パワーさえあれば圧倒できるのです。

では「心が通わせられなかったら」… 指示を聞かないゾイドは暴走します。そんな都合良く、心を通わせられたパイロットが大勢いたのでしょうか?
--------------------------------------------

「言う事を聞かないのであれば、力で捻じ伏せてゾイドを従わせれば良い」という考え方。

中央大陸大戦の初期。共和国軍はゾイドの本質の力が発揮できることを好み、火力より運動性能に長けたゾイドの開発を続けてきた。
ゾイドとそのパイロットの精神が同調することにより、どんな砲撃をも潜り抜け、近接において懇親の一撃で、帝国の重装甲を貫くことを可能にした。
ゴジュラスとアイアンコング。シールドライガーとサーベルタイガー。火力においては帝国ゾイドに劣るものの対等以上の性能が発揮できたのは、まさに「精神同調」の成果によるものである。


帝国が消滅したZAC2051年。とある資料が発掘され、戦史学者の間で物議を醸し出すことになる。その資料の名は「超兵計画」。
対戦中、共和国ではその数値化も出来ない「ゾイドと心・気持ちを通わせる」「精神を同調させる」「信用・信頼」といった不確定な要因の戦術を疑問視する学者は多かった。

「ゾイドと心を通わせ、今でも『レオマスター』などと言われ、もてはやされているがそのような者は共和国全兵士の中でも極限られた人数。そんな都合良く、優良な兵士を揃えることは可能だったのか?」

そんな学者の疑問を払うように現われた「超兵計画」の資料。
「言う事を聞かないのであれば、力で捻じ伏せてゾイドを従わせれば良い」という考え方。

洗脳処理により戦術考察能力の特化。薬物投与で身体能力と感覚器官を強化させ、特殊戦闘訓練により「超兵」を育て上げる機関。どんなに荒れ狂うゾイドであっても冷徹な判断力と圧倒的な力で押さえつけゾイド自身を取り込み支配する超兵。
十数年後の戦争を見越した。受精卵・遺伝子操作による精神・肉体改造実験。
そして収容していた超兵の暴動により、機関は消滅…

曖昧な記述も多く、本当に存在していたのかという信憑性も低いが、一部の学者によって「超兵計画」の研究は続いている。
--------------------------------------------
リル・メリルさんのアグレッサーチームが保有する、もう一つの「暴走して言う事を聞いてくれないライガーゼロ」は、「超兵機関」の生き残りであると自称する青年がパイロットになるという中二設定です。(パイロットの声のイメージは吉野裕行くんです)
ZAC2060年の話です。


正々堂々のクリーンな戦闘イメージの共和国軍のダークな部分が判明?

帝国の方が非人道的なことをやりそうなので、超兵の生き残りは「ゼネバス側から来た」でも良かったかもしれませんけど、帝国軍は「火力重視」だから武器開発には力を注いでも、極度なパイロット養成までしないのでは…
 
と考えてみたら、共和国のほうが当て嵌まるじゃんと思いました。

PO20110716_0001.jpg





スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索