オレ専用ガンダム その3

そういえば、私は壽屋・ゾイドのパチ組みや、フィギュア、ダブルオーのノーマルキットを作っていたので、最近のマスターグレード・キットを作っていませんでした。
1年前のインパルスをパチ組みしたぐらいで、バージョン2関係にほとんど手を出していないんです。(MGはSEED系の肩の関節が装甲板ごとグイッ上がるあたりまでのキットまでしか知らない。)

MG 1/100 RGM-79ジムVer.2.0MG 1/100 RGM-79ジムVer.2.0
(2009/02/28)
不明

商品詳細を見る
年内には完成させたい!!
説明書を見て、びっくり!!
なんでただのGMなのに、こんなに内部骨格が細かいんだ!と製作にビビッています。
Ver.2のガンダムのパチ組み完成品は実際見て、がしがし触らせてもらったことがあったのですが、見た目のシンプルな造形の中身が、こんな複雑な構成になっていたことに久しぶりにガンプラの進化を体感しました。


BD3号機は、馴染んだ陸戦ガンダムだったので、安心して作っています。
PO20090607_0011.jpg
とりあえず、こんな感じ。
わたしは、白色の塗装に関して妙に神経質に重ね塗りしてしまうので、どうも時間がかかってしまいます。(色はガンダムカラーホワイト#5)
PO20090607_0012.jpg
来週は仕事で出張なので、完成は21日頃予定。


GMはこうあるべき!?
PO20090607_0006.jpg
Ver.2と作り比べたい!!「GMは連邦軍の各拠点の工場でそれぞれ作られている為、形状違いのバリエーションが多数存在する。」となにかの本に書いてあるのを信じて、私はプラモデルで再現しています。(07年の記事にあります。)
いつか作るだろうと、先行投資していたモノが、ようやく日の目を見れそうです。

PO20090607_0003.jpg
部品構成。なぜかランドセルがカバーだけではなく、中身をプラキットを流用せずレジンパーツで構成。
PO20090607_0004.jpg
組み立て図。
ONE.YEAR.WAR.ガンダムなので、安心して作れそうです。

そしてもう一個。
PO20090607_0007.jpg
早く作らないと、Ver.2で発売される?(発売されても比較用で結局作るんだけど。)
PO20090607_0008.jpg
部品構成。
PO20090607_0009.jpg
PO20090607_0010.jpg
組み立て図。
ONE.YEAR.WAR.ガンダムの改造パーツですが、もったいないから購入済みの「川口名人プロデュースのガンダム1.5」でコンバートをしようと思ったのですが、足首だけどうしても無理?!



07年からの再録
PO20070924_0008.jpg
1/100 GM(ガンダムVer.1.5改造)
脚(脛の装甲除く)以外は、ほとんどBクラブの改造キットのレジンパーツというブルジョア・GMです。
総額2万円?
・ガンダム1.5用GM改造パーツ
・ガンダム1.5用HGUC風腕パーツ
・ガンダム1.5用HGUC風胸部パーツ
・連邦軍MS用手首
・連邦軍MS用シールド
PO20070924_0003.jpg

PO20070924_0010.jpg

PO20070924_0013.jpg



PO20070924_0018.jpg

同じアニメ風アレンジの、中身ガンダムとの比較です。
PO20070924_0020.jpg



PO20070924_0032.jpg
1/100 GM(Ver.1.0?)
Ver.1.5ガンダムは、当時の他MG連邦系シリーズとの共通ラインを出すために、脚部を中心にアレンジされたものだったと記憶します。

私がVer.1.5を使って、プロトタイプとトリコロールを作った時点で、私の中ではVer.1.0ガンダムは存在しないものなってしまいました。
確かに、ガンダムとしてはそうなのですが、HGUCとは別の意味でアニメ風な脚の独特なラインは魅力的なので、GMであの脚を生かすことを考えてみました。
妄想設定的には、「フレームに外装を被せるシステムを、量産にあたって簡略した構造に変更した」といったところです。
PO20070924_0027.jpg
今となっては、MSイグルーにノーマルのMG・GMがそのまま登場していますが、私が完成させたのは、それ以前になります。

製作は、基本はMG・GMそのままですが、部分的に、ブルジョアGMで余ったレジン製の部品を使っています。
塗装は、ブルジョアGMは趣味でガンダムホワイト5で塗っていますが、今回は、GMっぽいグリーンで塗っています。適当にそれらしく色を作ったので、混色のデータは忘れてしまいました。

PO20070924_0030.jpg
胸は1.5です。キット(1.0)の胸装甲は、あくまでプロトタイプガンダム用ということで解釈しました。コクピットハッチ、わき腹(ガンダムでいう赤い部分)、腰サイドアーマーは、レジン製です。

腕は、肘間接も含めキット(1.0)のままです。妄想設定的にプロトタイプと2号機の腕を比較して、プロトタイプの方が量産に向いていた?少し無理がありますかね。
正直なところ、ガンダム1.0のキットの味を再現するのが目的だったので、腕はそのままにしました。肩には、あの三角のディテールアップパーツを貼り付けています。

PO20070924_0029.jpg
ランドセルカバーは、レジン製のものです。右肩のセンサー状のディテールは、削って平らにしました。右側のビームサーベルの接続部を塞ぐパーツはあえて付けてみました。
シールドの接続部は、アレックスのシールドの接続部と他流用パーツで組み合わせています。

PO20070924_0036.jpg
ブルジョア・GMとの比較。


PO20070924_0042.jpg
GM改との比較。

実は、この1.0GM。
最初は、「コロニーの落ちた地で」仕様でグレーに塗装していたんです。その後MG陸ガンを筆頭に、連邦モビルスーツを続々作っていくうちに、2年遡るこのGMの雑な処理に嫌気が刺して、全面改修という運びとなったのでした。




To LOVEる-とらぶる-14巻DVD付予約限定版 (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる-14巻DVD付予約限定版 (ジャンプコミックス)
(2009/06/04)
矢吹健太朗・長谷見沙貴

商品詳細を見る

間違って、DVDが付いていない通常版を買ってしまった(泣…)。自分が14巻もDVDが付くことを知らなかったこともあったし、限定DVD付きが店等から売り切れたから買えなかったというのもある。
スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

未確認情報

例の模型の会では来月、数名持ち寄って「ぷち・グフ大会」を開くとか開かないとか…
タイミングが良ければ、私も、グフ1.0で参加したかったのですが、とりあえずBD3号機で参戦。

ガンダム対数機のグフのプラモシュミレーションは、熱いかも!!



アニメ誌を買いました。
「咲-Saki-」2クール延長おめでとうございます。
原作コミッの展開的に中途半端なので13話で終わる分けないとは思っていたのですが、メディアで確認するまで、どこか心配でした。良かったよかった。
とにかく咲(植田佳奈さん)のセリフが極端に少ないじぇ。

クイーンズブレードも、夏もあらしも戦国BASARAも、1クールでしたね。ちょっと残念。

計音も2クールか、ちぇ(毒)
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索