オレ専用ガンダム

今でこそ、アムロが乗ってたガンダム(RX-78-2)が、ゲームプレイ中に入手できるまでの間、それなりの操作性の良さが認められ人気の出てきた陸戦ガンダムですが、OVAの登場時点(1990年代中後期)ではあまりぱっとしない人気の無いMSでしたね。キットも単品売りが期待できないとかで、ザクとの同梱の販売方法でしたし。


たしかに劇中はミニタリー色を濃くした演出だった為、あえてガンダムらしいヒロイックな戦いを全くすること無く、とても地味な扱いでした。
しかし私はその当時から、陸戦ガンダムは仮にもガンダムなんだから本気を出せば(本来持っているであろうポテンシャルを全力で引き出せれば)、初・ガンダムの対ガルマ戦のザクやグフをビームサーベルで薙ぎ倒したRX-78-2くらいの高性能MSであることを信じて疑わなかったので、大好きなMSでした。



PO20090428_0000.jpg
1990年後期、まさかマスターグレード化するわけ無いと思われてた頃、キャラ・ホビ系のイベントのアトリエ彩さんブースで買った、1/100の陸戦ガンダムのレジンキットです。

PO20090428_0001.jpg
その時もブルーディスティニー3号機とどっちを買おうか結構悩んだのですが、地味ながら重火器に頼らない高機動さが陸戦ガンダムの売りだ!とか妄想を膨らませて、陸戦ガンダムを購入しました。

PO20090428_0003.jpg
陸戦ガンダムの胸の色は、設定ではもっと紺よりの青なのですが、あえてRX-78-2っぽく鮮やかなブルーで配色しました。(その当時発売したばかりのクレオスさんのキャラクター~のシリーズの塗料のホワイト・ブルー・レッドを使用しました。)
PO20090428_0002.jpg
肩にMGガンダムのアムロマークが施してあります。特にこのマークがアムロ専用のものだという考えが私の頭の中に全く無かったので躊躇することなく貼り付けています。(どこぞのエースパイロット機のつもり)

PO20090428_0021.jpg

PO20090428_0022.jpg
胸部ブロックが、ガレーキットらしい独特なライン取りです。

PO20090428_0007.jpg
顔はこんな感じ。

PO20090428_0006.jpg
劇中ほとんど使わなかったのですが、ガンダムと言えばビームライフルに決まっているので、ビームライフルを持たせてあります。

PO20090428_0004.jpg
シールドが劇中よりかなり大きめ。

PO20090428_0005.jpg
背面。


MG 1/100 陸戦型ガンダム RX-79GMG 1/100 陸戦型ガンダム RX-79G
()
不明

商品詳細を見る
このレジンキット版が完成して、およそ2ヶ月後くらいにマスターグレード化の発表になった時の私の心境は複雑でした。
唯一無二のアトリエ彩さんの1/100陸戦ガンダムが完璧版と信じていたの分、カトキ先生のリファイン版陸ガンのほうが他のMGシリーズと並べた時の整合性があきらかに取れているのを分かってはいたのですが、認めたくありませんでした。

なので発売後MG陸ガンは即購入はしたのですがパチ組みで済ませ、もう一個買ったのはいいものの、どういう風に作ろうかずいぶん悩みました。

とりあえず若干ウルサイ感じのモールドを適度に埋めてすっきりさせて、自分なりにミニタリーモデル的な配色に使用と漠然と考えていました。(アトリエ彩さんのレジンキットと差別化を計りたかった。)でもなんか実はレジン版よりMGキットの方がカッコいいのかもしれないと思っている自分が嫌で、キットのモールドをパテで埋めた後、しばらく放ったらかしにしていました。

PO20090428_0016.jpg
イベント限定・彩色済み陸戦ガンダムです。(冬季迷彩らしい。)

PO20090428_0017.jpg
彩色済みパーツ以外は、塗装しています。

PO20090429_0000.jpg
先ほどのレジンキット版のシールドと比較してみてください。

PO20090428_0018.jpg
色違い。茶色のこのガンダムは、会場で持ち帰ることが出来て、冬季迷彩は当日注文・後日発送でした。

PO20090428_0019.jpg
彩色済みパーツ以外は、塗装しています。

PO20090428_0020.jpg
コンテナ装備。



00年末。Bクラブでレジン製連邦軍シールド(ガンダム楯の十字マークの無いモノ)が発売された時に自分の考えの何かが弾けて、このシールドを使い鮮やかなトリコロール配色のヒロイックな陸ガンをもう一回作るぞと決意をして、ミニタリー調にする予定だった陸ガンをトリコロール化で完全塗装する事にしたのです。


PO20090428_0008.jpg
やっぱりカトキ先生のリファインはすばらしい。

PO20090428_0009.jpg
適度にモールドを埋めています。若干腕が長く感じられたので、上腕と肩関節のところで、1.5ミリほど(プラモの肉厚分)縮めています。

PO20090428_0010.jpg
惜しむところは、搭乗用の昇降機、コクピットハッチの開閉はあるのに、肩やコンテナラックのライト(照明器具)の部品が付いていない。1/144HG版にあった頭部側面のバルカンポットと強化通信システムの新設定の部品が入っていないところでしょうか?
量産機だからこそ、こういう細かいところの装備品違いで組み分けるところがオモシロくなる要素だったのに残念なところです。

PO20090428_0011.jpg
レジン製のシールド。マーキングはゲーム「コロニーの落ちた地で」の攻略本の付録です。

PO20090428_0015.jpg
製作コンセプトは、レジン製の陸ガンと全く一緒。一機しか作られなかった試作ガンダム的感じです。
PO20090428_0014.jpg
ビームライフルも塗り分けました。

PO20090428_0012.jpg
コンテナラック。見る人が見れば分るゾイド・コウモリのコンテナです。見事にピッタリハマっています。(と言っても接着してるんだけど。)ノーマルのコンテナと比較してみてください。

PO20090428_0013.jpg
何の装備が入っているとかではなく、ブルーティッシュドックの背中やダクラムのターボザックのような推進器は付いていないけど、駆動システムを効率良くする機材が入っていてMS運動性が高まるというイメージです。

PO20090428_0023.jpg
レジン製の手首はアレックス用を使用。陸ガン用(連邦用)の手首は形は悪くないのですが、若干小さい(薄い)イメージなんですよ。アレックス用はそれより一回り大きいのです。

PO20090428_0024.jpg
コレが、その連邦MS用手首。

とにかく好きなキットでした。陸ガン・EZ8・陸GM系。混ぜたら10個以上買っています。(Bクラブの改造パーツの絡みもあるのですが。)

スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索