今あるアイテムだけで、ゾイド・リバースセンチュリーを楽しもう!その5と1/2

新商品を買ってきたわけではないので、「今あるアイテムだけで、ゾイド・リバースセンチュリーを楽しもう!その3」の続きになります。

ガイロス帝国軍にエイフマン教授という熟練の技術者がいた。
元ゼネバス帝国科学者だったオルドヴァインと共に、回収したキングゴジュラスの残骸から地球のオーバーテクノロジーの解析をおこなっていたが、実験中の事故により命を落とす事となってしまう。

そのオーバーテクノロジーの事故については、公表されてない不明瞭な点も多く、テクノロジーの独占を狙ったオルドヴァインが仕向けたエージェントの仕業とされたとも噂される。



その3の続き。
共和国軍・磁気嵐対応新型ライガーの襲撃に、有り合わせの仮の装備で出撃するエーカー中尉の磁気嵐対応型サーベルタイガー。もともと格闘戦主体のエーカー中尉にとっては、どんな銃火器の装備でも関係は無かった。

初の磁気嵐下での戦闘において、エーカー中尉のサーベルタイガーはおよそ20年前ロールアウトした当時以上の機動性を発揮はしていたが、ヴァルガと違い「エネルギー変換システム」と「重力フィールド」のキングゴジュラスのテクノロジーを搭載していない為か、新型ライガーを相手に苦戦を強いられた。

エーカー中尉のサーベルタイガーは、新型ライガーの持つ刀剣状の新装備によって行動不能となる。
工場施設も共和国軍に制圧されてしまったが、エーカー中尉の活躍により帝国軍の死傷者は最小限に抑えられた。

痛い話終わり…

エイフマン教授が残した、手書きの資料より造られたゾイドは、出来ればガトリングでは無くコレでありたい。

グレートサーベル(仮称)です。
飛び道具に頼ることなく、爪と牙だけで戦う理念を持つエーカー中尉の性格からして、ガトリング砲を装備する機体より、機動力を重視したアサルトユニット装備のタイガーの方が当て嵌まるのではと考えてみました。
新型ライガー戦においてエーカー中尉が頭部を負傷して、その後仮面をつけるようになったとかなら無いとかは、想像にお任せします。

TOY-RBT-0462_02.jpg
ZOIDS セイバータイガーシュバルツ仕様 (1/72スケールプラスチックキット)
磁気嵐対応型・セイバータイガー標準量産機
(中の人の話をすると、ビリー・カタギリ本人の専用機となってしまいますが…)

PO20080608_0002.jpg
HMMのキットに「アサルトパーツ」はそのまま組み込み出来ないので、部分的にパーツの加工・接着を必要とします。それよりも、ブレードライガーに、旧トミーのブースターをブレードライガーに付けた時よりも、トミー製のアサルトパーツのディテールが大雑把で、HMMのタイガー本体のギャップで、増加パーツが浮いてしまうことの方が問題です。

PO20080608_0004.jpg
ただ(自分で考えて言うのもなんですが)、この妄想エーカー中尉専用機の設定が非常に気に入ってしまったので、機会があったら(というかガトリング付タイガーと別にもう一回、タイガーを作る時間と気力があったら)HMM・グレートサーベルを作ってみたいと思いました。

HMMのバリエーションで発売されることが望ましいんですどね。(元のデザインが微妙なだけに、アレンジ後のカッコいい形に期待してしまいます。)
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索