ゾイド25周年企画!!

PO20080326_0000.jpg
電動で水中を泳ぐゾイドが出たら本当にすごいです。
2008年のゾイドの展開ということで、電撃誌には、いくつかの機構試作品が載っていました。




以前も書いたことですが、平成ゾイドは武器やハッチ等を手動で可動させるギミックを優先として、歩行アクションは単調なものでした。

その後、ブロックスシリーズという簡易組み立てキットが主流になってしまいました。2002年から販売が始まりました<ブロックスは、電動アクションが無いかわりに、関節可動で好きなポーズをとらせることができ、「組み換え遊び(好きな動物型にできる)」が楽しめるものになっています。ブロックス初期の商品から、新製品が出るにつれて新規パーツが追加したり、部品だけのバラ売りなんかもして、より組み換え遊びがしやすくなりました。

初期のブロックス。
15ミリ角の立方体のブロックを組み合わせて基礎を作り手足を付けるモノでした。ブロック同士の接合が外れやすく(破損防止と思われます)組み合わせた後の安定感がありませんでした。シリーズが進むにつれ、接合の補助パーツや初めからブロックが繋がっているものが出て改善されました。



2006年よりネオブロックスシリーズと新展開が始まりました。
ボディを、上半身・腹部・下半身の3分割したシリーズ共通のブロックになっているのが特徴です。新規ゾイドばかりでなく、ゴジュラスやアイアンコングといった人気ゾイドをダウンサイジングした商品も発売されました。
多くのお店でも実際にネオブロックスが触れるようにサンプル品が置いてある等、意欲的な販売方法で始まったのですが、シリーズが進むにつれ、流用パーツを多用するとか、既存商品のセット販売をするといった形で、(部品が丸ごと違う)新製品の展開がほとんど無く、シリーズは終息してしまい残念でなりません。
せめて、諸事情で新製品の開発が出来ないのであれば、今まで売っていたブロックスの再販でもすれば、かなり組み換えの広がりが出て楽しめたのですが…。

ちなみに、セット販売というのは、商品AとBとCのセットはティラノサウルスになります。AとCとDのセットはグリフォン型になりますといった、成形色を統一にしてパックにしたものです。
2008年はゾイド25周年にあたり、メーカーも気合が入っています。
今回の機構試作品は動きの面白さを重視したもので、製品版が期待されます。
(戦術的有効性など、設定的に?な感じもありますが(笑))

PO20080326_0001.jpg
カニ型 左右のハサミを動かしながら8本の足で歩行。
ザリガニ型 8本の脚で前へ進み、しばらくすると後ずさる
カエル型 ホオを膨らませながら口を開け、その後に飛び跳ねる。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

10好き

掲載できるゾイドの画像が限られているので、こちらも参考にしてください。
http://hanegaru.main.jp/10top_001.htm
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索