FC2ブログ

ドラゴンボール・ガンダム。

「さぁ来い戦い方を教えてやる!」




ずっとドラゴンボールに思ってること。
マンガ原作を通り越して、結構好き勝手にやらしてもらっているアニメ・ドラゴンボール。スーパーサイヤ人レッドとかブルーとか。
それでも鳥山先生が絶対認めないのか、アニメスタッフの忖度か、私(しももだ)の妄想が突拍子もなさ過ぎるからか。

「もうピッコロ。第2形態になっていいじゃん!」

(今、存在無いけど)ロボアニメで新型機に乗り換えるとか、追加武装・2号ロボとの合体のパワーアップ。等身大ヒーロー者の新アイテムによるパワーアップ。
安直かもしれないけど、強くなったのが分かりやすい。
テレビアニメ放送の最後のシリーズ。
サイヤ人以外のメンバーをあえてフューチャーする話もあって。
天津飯が分身できたとか、ピッコロの腕がちぎれても生えてくるとか、そういう演出はいいから。
「身勝手の極意」以外、それまであった設定の範囲無いで、試合(アニメ製作)することって縛りがあったんだろうけど。
ナメック星人は「変態する設定ないから」と言われればそうかなんだけど。
敵だけはすごいの出てきて。通常戦力で、敵との戦力差は機転を効かせて勝つとか。どうなの。
「ピッコロ第2形態」見たかったなぁ!

ジレンも。「身勝手の極意」で形勢逆転になっても、筋肉肥大以上のパワーアップは描かれなかった。
ベジータも。最大パワー放出・サイヤ人ブルー形態で、ジレン?に挑んでいたけど。結局敗れる。
身勝手の極意の片鱗見せてたら。一撃だけパンチ食らわすとか。熱かったと思うんだけどなぁ。



0083の放映当時。なんで主役が「堀川亮」?とすごく思った。ウイングマンとかアンドロメダ瞬とか、ブームはとっくに終わっていた人。
同じタイミングのF91は辻谷耕史氏と旬な声優を起用していたのに。

サイヤ人襲来

#堀川りょう
GP01を箱から取り出し、ビームライフルとシールドを装備させるより先に、5話に出てきたHLVに搭乗させる。
当時の堀川氏はごりごりの悪役を演ってたのに、気弱な性格のウラキ少尉に抜擢された。ベジータのイメージが強すぎて「ニンジンいらないよ」とか、なよなよしたウラキ少尉の演技プランがすごくキモかった(笑)。
よく主役の好青年や清楚なヒロインをたまたま連投してしまった声優が「次はごりごりの悪者役を演りたいですね」というインタビューを聞くが。悪役専門だと、違うこと演じたくなると同じ心境だったのか?


本編5話といったら、生理現象を我慢できずに廊下を疾走するニナが、バニンク大尉とぶつかって身悶える佐久間さん名演技の一幕…。私の脳裏から焼き付いて離れない(笑)…




堀川氏がベジータの演技プランのままで0083に参加したのであれば、絶対にケリーさんのポジション。
「ガンダムは俺様がぶっ潰す」とか吠えて、ヴァルバロで出撃。

逆(笑)に、大塚明夫氏は、私が調べた限りではあれだけ長い(アニメ)ドラゴンボールシリーズに参加していないようである。
もし出演する機会があったのであれば、きっと父親のかたきと悟空らを付け狙う、
「タオ・パイパイ」の息子役で間違いない!


ロボット魂GP01は、良い形をしている。

デザインがシンプルだから、見た目の情報量が多いRGが一番の新製品かと錯覚してしまう。


GP02の次は。ゲルググ・ジェイは実質11月発売みたいなもの。ザメルは今のところ企画中となってるから発売するなら、だいぶ先。その前の発売アイテムが決まっているのかどうか?
シリーズにANIMEを謳ってるなら、ザメルにパンチしたバニンク大尉のGM改(茶)のラインナップは確実か?

放映当時の体験談。
GP01が重力下仕様で宇宙で出撃し、ゲルググジェイに撃たれて壊滅したあのシーン。
ガンダムの宇宙戦闘の設定・演出・描写って。
ザク、ドム(リックドム)、ジム、アムロのガンダムも、同じ形で普通に 戦ってしまっているから、
GP01だけフラフラしてしまうのは、本来そういうもんかもしれないけど。実感が涌かない。
という話を、学生時代の先輩にしたら。
「月面探査専用車ってあるだろ。宇宙船(って今は存在しないけど)に、その探査車とフェラーリが積んであって。クルーの一人が、フェラーリで月面出ようとしたら。お前ニナさん同様に止めるだろ。そういうことだ。」と言われた。
今こう思い出して書いていて、その理論あってるのか間違ってるのかわからないけど。その当時はすごくそれで納得していた。

スポンサーサイト



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索