FC2ブログ

ゴリラ・バルキリー その1

巷では、昨年末発売のバンダイDXバルキリー(約1/48)が買えた買えないで大騒ぎですが。
私的にはトミカと並べられる、1月下旬発売の35周年仕様(1/60)のほうが非常に興味をそそります。

ほぼ同スケールのイングラム(約1/62)とパトカー(1/64)を置く。「マクロスのバルキリーが現存するなら、小型の戦闘機の部類になる。」という話。ミニカーとかと並べると、ミニタリーに詳しくなくても、「ざっくりイメージする戦闘機にしては、確かに小さいんじゃない」と思う。

嘘・設定で遊ぶからこそ、オーソドックスなカラーリングのバルキリー(白いボディに赤ラインとか)を買うべきだったんだろうけど。アマゾンで買えるヤツ10年くらい前の発売の売れ残りだから。たとえ未開封であっても経年劣化で、どこかしら割れる恐れを警戒した。とりあえずギミックがバンダイ製より、しょぼいのがわかっていて、さらに特殊作戦仕様の変な色であっても、昨年工場で組みあげられてるのであれば断然耐久性がいいはず。
なんとなく、1/60だからヤマト製であるとずっと思い込んで考えてしまっていて。
10年前設計の商品だからギミックがいい加減だろうなぁと買う前に必要以上に覚悟してたり。


商品届いてイジってみたら、案外しっかりしていてるじゃんと思ったり、blog書き様に初販が何年かをきちんとネットで調べて。「初販が2017年?」とか見つけて、もっと良く調べてようやく「ヤマト製じゃないじゃん。アルカディアって会社じゃん」と気付く。


トムキャットに似てるから、トムキャットがロボットに変形したならの採寸じゃなくて。

10mの巨人(宇宙人)と戦う必要があるから、人類の10mの人型ロボ兵器が飛行機になったらの採寸からこの大きさ?

手足が付いた飛行機ロボだ。と解釈すると。

こんくらいの大きさでも有りじゃんと納得してしまう。

バトロイドはこんくらい。


イメージ優先、形状補完パーツ。

部品の取り外しなく完全変形できるのですが、スカスカの部分はで出てきてしまいます。そういう部分はパーツをつけます。

頭下


あのパーツ

DX版が分かりませんが。従来品のほぼすべてが、後からハメてたコクピットのカバーが、胴体内にスライドで収納出来ることに感動!

だいたいの部分、バンダイ製品に劣らず、ギミックがすごいんだけど。

腕と脚の付け根の棒が細すぎ!


この記事は編集作戦中です。
スポンサーサイト



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索