FC2ブログ

お盆休み、3日目

「だって、レゴじゃん」
模型を嗜んでいる愛好家(きちんと塗装して仕上げる人は特に)の人からすると、レゴブロックは「理解(共感)し難い」立体物のようである。
まずレゴブロックの大人向け精巧シリーズであっても縮尺模型として成立してないから。
接続のボツボツや(ボツボツ隠すパーツで覆われた作品も増えてるけど)、精密と謳ったところでも、ブロック単位で構成された大雑把な輪郭のライン取りとかが気に入らないみたいだ。

私なんかは逆にそのブロック単位で構成された大雑把な輪郭のライン取りこそが、最大の魅力と感じるから。「だってレゴブロックで出来てんだよ」ってテンションが上がってしまう。

一昨日、レイクタウンの専門店には無かったから、東京駅一番街のレゴショップまで行って買ってきた。
某合金より、4000円も安い!


完成すると45センチ!(実際レゴショップの完成品の展示は見てきました。メガサイズユニコーン並みにデカイい!)

なんでボルトロン(ゴライオン)がレゴになったか?
レゴ本社がやってる企画「レゴアイデア」ってのがあって。各国の人が「創作レゴ」をレゴ社に提出する。その中の選ばれた作品で「商品化希望の投票」をHP上で行う。ある一定数の票(1
万票?)があつまると、商品化される仕組み。かつては、変形可能な「VF-1バルキリー」も上がってたんだけど、それは商品にならなかった。

レゴ本社があるヨーロッパのほうだと日本産巨大ロボと言ったら、鋼鉄ジーグやグレンダイザーとかの人気が高いらしいけど、レゴになったのはゴライオンだった。私はボルトロンは分からないから、「昔、水曜日の12チャンネルで放送してた巨大ロボがなぜか突然レゴブロックになった」としか考えられないから。無性に興奮しています。
そりゃぁ、合金製のあの高品質トイに比べたら、なんかざっくりしたライン取りのボルトロンは確かに精密ではないけど。慣れ親しんだブロックで構成されて、見事なディフォルメアレンジのゴライオンを見ると(接続のボツボツも適度に表面に出ていて)、ほっこりしてしまいます。
近年のレゴブロック商品。特に版権モノ(SWとか)はすごく特殊な専用部品(コクピットキャノピーとか)が新規金型で生産されて入っていて、まさにプラモデルに近くなってるのですが、ゴライオンの為に新規造形した部品というのはありませんでした。

組立図がたくさん(笑)

2万円くらいのレゴって数個買ったことはありますが、それでも3冊が最高でした。

また、作り始めたら更新します。

あの新幹線的に話題なヤツが見つかりました。
(日本国産・ダイヤブロック 2006年?)



このエヴァに使用している間接可動ブロックは1990年代に開発されて、完成形に可動して遊べるダイヤブロックに組み込まれていました。(大張センセーテイストの無版権ロボの商品とかありました。)プラ磨耗防止と間接の保持力維持でゴム板を滑り止めとして使っていて。
ただ数日~数ヵ月間、動かさないて放置していると、癒着して間接が固まるんです。大抵の場合はゆっくり動かしてみると、癒着がぺりっと剥がれてまた動くように戻るのですが、酷い時はプラ部から捻り切れて再生不能の時もありました。
今回記事の為に10年以上振りに取り出して、一番気になる間接パーツからチェックしたら、ものすごく運良く、ゴムが癒着していなかったんです。常に涼しい環境下にあったわけでもないのに。







創作レゴって。どうやってそのパーツを用意できたかが怪しい。特殊な形状のパーツという意味もあるけど、なんでその色のパーツをたくさんもってるんだ、とか。別に犯罪的な入手方法とかいう意味ではなくて。ただ単純に沢山買っているだけだから。その数点の「部品」だけが欲しいから、何千円かけて購入するのも「レゴあるある」なのかもしれない。
その出資額は、「ガンプラ部屋いっぱい積んでます。」を遥かに越えた、おそろしく膨大な金額と思われる。

ちょっと前に「マギ」っていう、アラビア風魔法アニメ(マンガ)があって。
ある時、主人公は自分の魔法力を上げる為に「魔法力」に特化した国に修行に行く。その国は現代の「電気」のように、何をやるにしても魔法で自動的に動く道具がたくさんあって。
その便利にたくさん放出している「魔法力」には国家機密の仕掛けが隠されていた。
国の地下施設に、地上に住んでいる人口の何万?倍
って人が、住んでいて。強制労働とかさせられているわけじゃないけど、地下でのんびり暮らせられている。特別貧困というわけでもないけど。将来を見据えた向上心のある行動は政府に制限され、だらだら地下で過ごすしかない。もちろん地上に出られるチャンスもない。「ただ、魔法力を吸われるだけのため」だけに、恐ろしく膨大な数の人々その地下施設に住まわされている。

話がだいぶ反れてしまったけど。
創作レゴをやってる人たちの発表されている作品の裏には、このマギで地下施設で暮らさせられている人のような(利用価値という意味でも似ている)とてつもなく膨大な数の使わないブロック群が、たんまりあるんだなと思われる。

そういう「誰でも真似できない」という意味においてだけは、レゴブロックに共感は持てない。



ただ、1キット として見るのであれば
スポンサーサイト



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索