ダグラムの秘密

わたくし、しももだ・もおお。Twitter始めました。
フォローしていただける方、募集中です。(こちらからもフォローさせていただきます。)
しももだ・ももお Twitter

花澤ロスで、会社をさぼってしまった(ウソ)、しももだ・もおおでした。

あの、2017年ベストTOYナンバー1候補の「HI・METALR ダグラム」 です。

ばたばたチャンネルで、お腹の蛇腹パーツをぐいぐいやるとカッコ良くなるって書いてあったから。真似してぐいぐいやってたら、前後をつないでいる接続ピンがポキリと折れてしまった。
そのタイミングから、なんか胴体の中からカラカラ音がするようになってしまった。



折れた接続ピンが胴体に潜り込んだっぽい。
とりあえず、ここまで分解してみたけどカラカラ音の原因は判明せず。

首(頭?)なんか上下に動かなくてもいいから。
DSCN0588 (1280x958)
各所パーツは接着でくっついているから。可動部の棒をカッターを差し込んで切断。

まぁこんな感じになるんだけど。
DSCN0586 (1280x947)
頭下のパーツを取り除いでみてもまだ、カラカラ音の原因は判明せず。接続ピンが紛れ込んだ可能性は無くなった。各所に穴が開いているのは、どこかの空洞に何かしらの欠片がまぎれていると思われたため必死に採掘。それでもカラカラ音の原因は判明せず。

パニック!

もう、ホント意味わからない。ここまで穴だらけになってもカラカラ音は止まらない。気味が悪い!
一心不乱 に、しゃかしゃか振り続けて。

どうやら左腕肩関節の中が怪しいと分かり接続合わせ目にカッターの刃を差し込んで切断分解。
DSCN0589 (1280x948)
結局、何が挟まってたのかは分からなかったけど、何かが取り除かれてカラカラ音は解消!
と思ったのだが解消はしていなかった。

ということで下腕部も分解。っていってもネジ外す場所はないから、またまたカッターで切断分解。

なんとも手首のジョイント棒が紛れていた。


DSCN0581 (943x1280)

ネットで、胴体が曲がって接合されているなんて囁かれていますが、それは気のせいかと思われます。
DSCN0582 (960x1280)


DSCN0583 (1280x922)DSCN0584 (1280x900)
かなりがっちり組合わされた肉厚の硬度なダイキャストパーツなので、ペンチで「えいっ!」てやれば補正できるものではありませんでした。

金属部の曲げで修正できないのなら
DSCN0591 (935x1280)
ネジを片方にだけつけて。上下に動かして調節できるようにします。あらかじめ背面の接続部の切り欠きを広げる必要があります。

そんで元に戻す。

DSCN0592 (1280x959)
こんな感じでよろしいと思われます。

首下のパーツの可動が犠牲になってしまいましたが、個人的には納得しています。
結構、強引・豪快な作業工程なので、お勧めはできません。
(真似する人もいないと思われますけど)


この記事は編集作業中です。

スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索