まだイングラムで遊んでたり。

あなたのハートにドッカンパンチ!
私こそが宇宙のセンター。 しももだ・ももお なんだからー。


アキバではガンプラエキスポ。静岡ではタミヤ模型のお祭りをやっているらしい。
そんな中で、ROBO魂イングラムを遊び倒していてももまだぜんぜん飽きない。

「REBOOT」が公開になって、映像ソフトが発売になっても、お金をかけないと見れない映像だから、実際見た人は少ないみたい。
東京のホビーショップでもROBO魂イングラムの店頭在庫が残ってたり(通販サイトでも適正価格で余裕で買えるし)、知人にREBOOTの話をしたり、ROBO魂の本物見せても全く関心が無い様子。
ROBO魂の発売のタイミングでふたばちゃんねるで結構盛り上がったけど、世間的にみたらパトレイバーの商品化の関心度って結局そんなもん。メーカーの次の商品展開に二の足を踏むのもしょうがないかもしんない。
とりあえず、ブロッケンが参考出品から来春発売に出世したから良かったけど。



もともとロボ魂のイングラムというTOYはネジ穴こそありませんが、関節部の金属シャフトが剥き出しだったり、関節可動のための関節布カバーの唐突な切り欠きだったりと、オモチャ臭さが拭いきれません。
そのへんは、なんかギミックや安全面優先で見栄えを若干犠牲にしているトミカに近いものがあると思います。
なので、トミカのレジャーマップくらいのユルいイラストマップでも、意外と雰囲気出てるんじゃないかと満足してしまいます。(机や絨毯に並べることより、よっぽど雰囲気が出ます。)

なんかこのレジャーシートマップ。予想以上にプレイバリューが高い。
完全に平面だけど。マップ内には消防署、工事現場、ガソリンスタンド、駅、運送会社、高速道路が備わっている。大抵のミニカーには対応できる。
バス停を自分で設定して、巡回バスごっこもできる。
道路と歩道の境目の縁石の段差は無いけど、道路に沿ってきちんとミニカーを手転がししてしまう。
自分自身が実際に車を運転するようになったから、左側通行は意識してミニカーを手転がしする。それを踏まえて高速道路の料金所の立体交差の整合性のリアルさに(走っている方向に対しての入口と出口)関心してしまいました。
そもそも、建物が立体的であっても、ミニカーが絡める部分は駐車場に限られるわけだから、平面地図であっも遊ぶのに全く支障はないんです。

まあロボットをイラストマップに置くとなりと、建物とロボの対比も醍醐味のひとつなので、それが叶わないというのはちょっと残念なところではあるけど。



イングラムをハイパーの中に放り投げてみた。

ハイパーネクストステージの設定は、クルマのままロボットフレームに合体して(その状態をウォーカービ-クルと呼称)、車の運転席からロボットを操縦する設定。ミニカーは1/60~1/72くらいだから、だいたい、写真のままで同スケールと思って構いません。
(オレンジ色の工事用ロボや赤い消防車路のボ全高設定が約11.5m。)
ネクストステージの設定は、民間のウォーカービークルがパトレイバー世界のレイバー以上に普及しているから、救急車のウォーカービークルまで必要となってしまう。

なぜか救急隊のロボ(救急車がモチーフというコト)が最初に次世代ウォーカービークルとして配備されたことになっているから、この救急車ロボが、警察やJAFみたいなことまで、多用な業務が割り与えられているみたいです。(プロモーションアニメでは、街中で暴れている民間のウォーカービークルを注射器のガンで沈静化する。とか)

特に公式の設定には書いていませんが、この救急隊のウォーカービークルの「稼働データ」を踏まえて発展させて、対ウォーカービークル戦を想定した警察隊のウォーカービークル「ソニックインターセプター」が開発されたと考えると面白いです。(発売日の順番がそうなっている。)
メーカーの公式設定を追及すると、警察隊(ハーパーブルーポリス)は昨年ライジングソニックという、ハイパーブルーポリス発足して初めての人型ロボットは配備していた経緯もあるので、ウォーカービークル型のロボの配備が急務でもなかったとも、想像できます。
ライジングソニックは、おもちゃとして比較すると、ソニックインターセプターの2倍の大きさ(40センチくらいある)なのですが、プラキッズっていうフィギュアが乗る設定になっているから、実際は1/48くらいに相当するので、実際設定上の2体の身長差はそんなに変わりません。
ハイパーネクストステージでは、10数年続けていたプラキッズと絡ませた(車両に乗せたり、車両基地にプラキッズの部屋があったり)商品展開をしておりません。
だから、同じ世界観に旧シリーズと新シリーズが存在していると言っているものの、共演できるビークルをなんとなく制限しています
プラキッズさんは優しい顔をしているので、シリーズ全体がどこかほのぼのした感じが出てしまうコトが否めません。
ネクストステージはその「ほのぼの感」を排除して、実際の存在したらというリアルさを大事にしています。


イングラムは現存する銃器類のデザイン風であれば、設定が存在さしなくても、違和感無く見える。それは武器搬送ケースでも言える。


実際ケース中身は何も入っていないのですが。

イングラムが、これから軍用レイバー等を取り押さえるために使用する、何かしらの大型重火器がケースの入っているという雰囲気が醸し出せます。


ケースはイングラムの身長ほどあるので、設定には存在しないガンダム世界のハイパーメガランチャーみたいなものが入っているに違いない、と想像するとワクワクします。(発売中のリトルアーモリーで、ガンダムがビームライフルを持つバランスに相当する、イングラムに合う重火器がありません。そもそもリトルアーモリーは、実銃の1/12の縮尺模型なので、今後も現れることはないでしょうが。)

この武器カバン。1セットに2個入っていると知らなくて。2つ必要だったから2箱買ったら、4つになってしまった。
カバン1コ(と小物)で3000円は無いだろうと、疑うところから始めるべきだったんですけど。
(それなりに2つ買う決断はさんざん迷い躊躇はしてた。)
よく見たら「2個入り」書いてあるんだけど、よく見ないとわからない。(ライフルケースx2という表記だけ。)
「画像は撮影のため複数の商品を使っています」とも書いてあったから2個入りに気づけなかったコトも原因。





スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索