群馬県桐生市サンデークラブ定例会 14回目


ロボットに変形するプラレールはどっちでしょうか?

しももだ・ももおでした。

今日は群馬県桐生市近郊のモデラーさん達で募ったサンデークラブさんの例会に参加させて頂きました。模型誌が発売になったばかりなので、この先の購入と製作プランについて大いに盛り上がりました。

はいふりの受けが悪い!
昨日終わったばかりの、今期一番オモシロかったアニメ『ハイスクールフリート』。の話で盛り上がると思いきや。「なんか解決してないこと多くない」でだいたいの話が終わってしまった。
戦闘シーンとかすごくカッコ良かったのに、「アドミナルシュペー絶対買うベ。」とかの話になぜかなんない。なんでだろう。ガルパンの真似して作った便乗アニメじゃなくて、ガルパンの主要スタッフが集結して作られたアニメなのに。
女子高生が兵器に携わることに対して、両作が似てしまわないようにとすごく工夫されていたのに。

肝心なところは絶対壊れない戦車だから、攻撃をうけても軽傷程度にしかならないウソと、
メカニカルなところはかなり忠実なんだけど、変なウイルスを持ってる謎どうぶつで、マインドコントロールというウソ。
ウソ同士なんだけど、比較するとウイルスのウソの方が、日常的でないから毛嫌いされてるっぽい。






下の写真との間違い探し。

背面撮り忘れた。
一つは旧300円のキットをプラ板で切った貼ったしたもの。一つは2000年頃発売のファーストグレード(やっぱり300円)。もうひとつはHGUCキットです。


旧キットの改修モデルは、サフ吹きもする前。プラ板でどこをどんな感じで伸ばしたのか分かる当たりがいちばん美味しく、塗ってしまうと、最新のキットを普通に仕上げただけに思われるのが、ちょっと悔しい。と製作者の神条さんがおっしゃっていました。


ボークス造形村の飛行機。実機のパーツ・分割をそのままプラモデルのパーツとして再現させているキットなんだけど。板の厚みとかどうやっても正確な採寸で縮尺できないところもあって。内部のエンジンとかきちんと成形して作ったのに、外板・装甲を被せてみたらきちんと覆えなくて内装出来なかったとかで。泣く泣くきちんと仕上げたエンジンとかを削って外板・装甲をぴたり合うように貼り合わせたそうです。
ぼーくすさんのインじぇきしょん技術は、まだまだことぶきやさんには及ばないみたい。


きんださんは、今回も手が早いです。3作品の持ち込みです。


会長さんの作品。

会長さんは、だいたい羽根が畳めることと、着陸脚が収納できるように、自作の極小・極細ヒンジを組み込んで再現していまして。会長さんの気に入った機体にだけそういう加工を施しているのかと思ったら。
製作プランを詳しく聞いてみたら、「可動ギミックを入れなくてとりあえず完成優先で仕上げる」「可動ギミックを入れなくて、塗装の仕上げを優先して仕上げる」 ということは、全くやらない という、衝撃の返答でした。

作ると決めたら、実機で動く部分はすべて再現する。着陸着の収納。格納時に翼を畳む機能。フラップの可動。物資搬入ハッチの開閉。爆弾庫の開閉。コクピットキャノピーの開閉。等々…
デザインの関係で可動の組み込みが出来そうにないアイテムは初めからやらない。
ギミックを組み込んでいて、途中無理だと思った箇所が出た時、その部分の再現を諦めて完成させるんだったら。もうやらない。
次のアイテムに移行する。という妥協を許さない徹底ぶりがカッコ良かったです。




今月のモデルクラヒックス見てたらつくりたくなってきたので、例会の話の合間にぱちぱち組み立てる。でも話に夢中になって、例会の時間内で完成できなかったので、家で完成させました。


詳細は公民館に電話してもわからないから、公民館には電話しないでね。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索