なんか適当に、レゴブロックとか

予想以上に流行っていない、ハイスクールフリートが不憫でならない、(そんなこと言ったら、バイクのやつなんか。バイク模型業界で旋風を巻き起こす勢いかと思ったけど、こちらもそうでもないのが不憫でならない。)
しももだ・ももおでした。

記事内の誤植が多かったことに気付き、少し訂正。

今期は見るアニメが少ないから、はいふりは次の週まで2~3回見る。

中の人繋がりで、アドミナルシュペーはこんな感じかと思ってた。
いや、メンタルモデルが仲間になってるんだからこそ、晴風のプラモにはこの巨砲を付ける作例を企てる!



ガルパン劇場版ブルーレー。ようやく見た。本編は今さら言うこと無いから、特典映像の話。
ありすちゃんが、大洗に転校してくるってすごい話があったんだなぁと今更知る。これで、劇場2ができたら西住・島田コンビで無敵の大洗が大暴れ!!

前夜祭とか全国行脚・舞台挨拶をずっと見る。意外と恰幅のある女性声優さんが多すぎる気が。役柄が細かったり小さかったりするだけにギャップでおもろい。
喜多村さんとか金田イカちゃんとか竹達ちゃんは、すごく忙しいから一回も顔出さないとか。それでも同じ忙しさと予想される茅野ちゃんとか井口ゅうとかは、ちゃんと挨拶来てるのでスゴい。
かもさんチーム一手に引き受ける、井澤さんがあんな役柄の変声だったのに、美人さんだったので驚く。
以前住んでた場所。静岡→松本 間の移動が「4間時間かかった」とかの自虐ネタも面白い。
松本の舞台あいさつで一番前のメガネくんが知人の○○タタくんっぽいのが、すごく気になる。

新作レゴを買ってくる。
6月発売の人型ロボット。こう言うのが長年レゴ社発表しているロボ。

レゴアニメは、キャラクターが主導なので、サンダーバードみたいに特定の専用メカに乗ってなんかするっていうコトがほとんどない。ニンジャゴーの場合、専用乗り物というコトでキャラクターひとりひとりに「翼付きドラゴン」があてがわれることは多いのだが移動手段が主で、敵の飛行ビークルと空中戦をやる描写もほとんどない。
だから、人型ロボット等の特徴的な乗り物は、主人公チームの力の弱いメンバーか、主人公たちをサポートする大人が乗ることが多い。

日本のロボット記号に捕われてい発想のデザインがスゴイ。やっぱり頭が無い。
DSCN1876 (960x1280)
大人の発言で未成年の主人公たちにアドバイスをするキャラクターが乗るロボット。アニメではまだ未登場。ゲリラ屋みたいなキャラなので、道具箱やスケートボードなど、諜報活動に使う装備が備わっている。

DSCN1877 (960x1280)DSCN1871 (960x1280)
ヒザ関節の可動は無いが、最初から直角に曲がっていることで、限られた可動域であっても躍動感が出てくる。

DSCN1873 (1280x960)DSCN1872 (960x1280)
肩と腕が動く。
DSCN1874 (960x1280)
レゴの人型ロボは、高確率で分離できるビークルが付いている。
DSCN1875 (1280x960)


DSCN1878 (1280x960)
同一シリーズでロボが2体揃うコトがほとんど無いので、別シリーズのロボを連れてきて戦う。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

6月18日

真骨頂クウガ(ライジングマイティ)。
アマゾンで、送料・税込み 7490円で買った。
本来の定価 5980円?
店頭からは、もうすでに姿を消して購入することができない。

だが別に今、この時点でも真骨頂クウガ(ライジングマイティ)が入手できないわけではない。7500円以上出せばアマゾンで買える。この金を積めば何とかなってしまう変なホビー事情。


ここもう5年以上になるか?放送時間から全くタイムリーとは言えない「懐かし系」アイテムの大人向けオモチャが、大手企業やガレージキットメーカー的な会社から販売されている。

双葉とか見ていると、未だ「ここで見てから買うか判断している」という人も多い。実に正当な意見ではあるが、今こういうオモチャを店頭で販売している店舗は非常に限られていて、入荷数もそんなに多いわけではないから、現実的には発売日以降に購入を考えからの入手というのは非常に困難である。
ましてや、予想以上にクオリティが高く仕上がったTOYであればなおさら。行動力の早いものに先を越されてしまう。(結果入手ができない)
「店頭で実物を見てから買う」ましてや2万円近い商品も多いことだから。すごくまっとうな意見ではある。でもその考えでは、確実に入手できる可能性が非常に低いいのが、今の大人向け玩具業界の事情。

「確実に欲しい」と「買えなくてもイイ」のバランスで少しでも「買いたい」よりであるならば、店舗でもネットでも、半年以上前から素性が良く分からないカタログスペックだっけを信じて予約をしなければならないのが、今の大人向け玩具業界。

近年は、メーカーと店舗、ネット販売業者の企業努力のおかげで入荷在庫もそれなりにあって、昔ほど開店から数十分で売り切れてしまうということは無くなっている。(ちょっと前は、SHFの仮面ライダーは何でもかんでも直ぐに無くなっててったえたから。逆にすぐに売り切れること無く店頭に残っているということは、入荷数が増えているのと同時に、それらの商品が初商品化であったとしてもあまり魅力的ではないというコトも言える。にゃごキングとか。平成ライダー初期のデザインと新発売のゴーストと比べてどっちが魅力的かと比べたら言わずもしれたこと。)
ダイアクロンバトルスV2も事前評価より、ネットで紹介されてからの評価が高くなったアイテムで、発売後約1週間は定価くらいでなんとか買えた。(店舗で売っているのは確認できなかったが。)

今でも、ごくまれに存在する、開店から数十分で売り切れてしまうアイテム。
今時点ではロボット魂の「サーバイン」。ネットで定価以下で売っているところを見たことが無い。
こういうアイテム。以前は発売日あたりにネット検索すると、予想より多く入荷できた店舗が、定価以下で普通に販売していることも見受けられた。SHFのウィザードやドライブなんかはそんな感じだった。(あとガガンガンのスコープドックも出荷前は高額の表示が見受けられていた)

今回の真骨頂クウガ(ライジングマイティ)。
発売日前日、アマゾンで、7490円で折り合いをつけて予約した。定価に加え送料で1000円、消費税で500円だと、無理やり自分を納得させた。買えないよりはいいから。

結局、発売日になっても真骨頂クウガ(ライジングマイティ)は、ウィザードやドライブのように、定価以下のネット販売はなかった。むしろ7490円で買えることが安い方で、販売価格がさらに吊り上がっていた。

「2割引きで買えないのならいらない」「定価以上を払ってまで買う必要はない」という決断ができるのは、すごくまっとうなコトはある。「強がり言っちゃって」と非難する必要はまったくない。むしろほしいことを我慢できている精神は尊敬できる。

それでも、ある意味。「どうやっても品物が無いから手に入らない」ことより、とりあえず金を積めば入手が可能である。ほうが幸せなのでは?という考え方。
最近私も、なんか麻痺してきてそんなことを正当化してしまうことがある。今回のクウガがまさにそう。SHFゴーストだったら34%オフで送料もかからずに発送してくるのに。本来ならクウガだってそれができて当然なはずなのだ。でも現実はできていない。

そもそもが、転売目的で買いあさっている企業や個人がいるから、本当に欲しい人のところへ適正価格で渡らない原因なんだけど。

ネットオークションを頻繁に使っている人なら、適正価格以上でしか商品が入手できない現状を、理解してもらえるのかもしれない。


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索