なんか適当に、ドムとか

なんか、デュラララ1期を全話をまとめて見れる機会があったので、休みずっとひたすら見ていた、
しももだ・ももお でした。

ようやく、杏里たん(ざ~さん)の妖刀の経緯とかが分かって納得ガッテンでした。

DSCN1822 (1280x960)
アニメ・ガンダム。発表された時から、すごく楽しみで。発表のタイミングの時はすでにリバイブが発売済みだったけど、個人的にはアニメガンダムの方がプロポーションバランスは好きでした。試作サンプルがすごく良かったから。

でも、実際手元に届いてみると、相変わらず、試作サンプルと違う。まず全体が塗装ではなく「プラの成形色のまま」というのは、別にいいんだけど、展示品は「ピュア・ホワイト」だったのに対して、いつもの少し緑がかった白。すごく安っぽくなった。おかげで、「頬がへっこん出るくらいいいじゃん」とフォローする気も失せた。
次に肩関節のグレーと股関節(腿の上)のグレー。アニメ版って謳った商品なんだから白でいいじゃん。なんでムーバブルフレーム風にしてしまったのか?半ズボンにショートスパッツ履いた少年みたい。
最後に、盾の位置。手首で持たせるのと、腕部にダイレクトマウントするのと2通り選べるけど、個人的にはどっちも、位置が下過ぎる印象。ダイレクトマウント用の○穴とグリップ用○穴の中間の位置が正解だと思うんだけど。
個人的な見解。最初のガンダムは腕が細いから、初期のHG・旧HGUCガンダムのような、シールドのダイレクトマウントはありえないと思う。アレをしちゃったら、駆動系システムはどこにあるのってなっちゃう。だから、ずいぶん前から登場した腕を囲う保持板が正解と思う。
でも最初のガンダムは腕が細いから、保持板とシールド・グリップを掴む2点支持が正解と思う。
でも、このアニメ・ガンダムはそれができない。さらにダイレクトマウントは納得してやるから、穴の空いていない左手拳が欲しかったトコロ。

あと、関節が硬すぎる。ロボット魂は基本緩すぎる傾向がある中ではいいんだけど、やっぱり気になる。

DSCN1823 (1280x960)
アニメ・ドムは、まさにパーフェクト!文句のつけるとこは無い。マーキングがびっしり入ったリアルタイプ風も似合うと思う。分解して再塗装出来たりすればいいんだけど。なんか業界関係者っぽい人の話によると、完成品トイを分解できるシステムにする方が設計が複雑になるからやらないらしい。

DSCN1818 (1280x960)
もう一つのドム風をパツ組。設定の生産のタイミングでは、ビームバズーカはちょっと考えにくいから、よくわからない設定のザクバズーカが似合うと思う。

DSCN1819 (960x1280)DSCN1821 (960x1280)
ジムSPイントルーダー。

スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索