ボトムズ作ってます。その5.5

遥か大空へ、自由に羽ばたく、希望を見つめる少年の瞳。
しももだ・ももお でした。

1/35 ボトムズを作っています。

改めて1/35モノと並べて、ATという兵器の大きさの確認。ギルガメスパイロットはキットの附属品を塗装したわけでなく、どっかの父さんした会社のブルーナイト塗装済みフィギアセットについていたモノ。メカトロもハセガワのキットでなく完成品。「楽できるときは楽する」がしももだ道。
くだらないこと書いているばやいでなくて、肩と胴体を繋ぐ、剥き出しポリパーツを1ミリ程度カットして、肩と胴体の間隔を狭める改造してます。



DSCN1547 (1280x960)
塗料はガイヤのボトムズ専用に使う三色を選択。下地につや消し黒を吹いて、その上から塗装。
次にボトムズを作る機会があったら、濃緑と白のツートンでやってみたい。


レンズはこのパーツから。
DSCN1545 (1280x960)
切り取っている○パーツがカメラレンズに使用した部品。クリア赤がメインカメラで使用。精密照準レンズ用として切り取ってみたらメインカメラの方にピッタリだった。どっちにしろ塗装するつもりだったからメタリックグリーンで塗りつぶす。
精密照準レンズ用は、各社のディテールパーツからいろいろ探していたら、このランナーのモノがピッタしだった。メタリックレッドを使用。
両レンズとも、完全乾燥後にコンパウンドで磨く。


精密照準レンズの基部はそのまま貼り付けできない。
シールを貼り付けておしまいの為、何かのパーツを付けるほどの深さのクリアランスが無い。
DSCN1548 (1280x960)
このドリル?は、底面の切削面を平らにすることができる。これで精密照準レンズの基部を掘ってから、レンズを接着。


ターンピックは基部と一体成型だった。
DSCN1551 (1280x960)
各模型メーカーのディテールパーツで尖がっているパーツを探してたんだけど、最終的に使ったのは爪楊枝を瞬着でコーティングしたもの。

トミー惣社店に、35MAXのスタンディングトータスが売っているはずだから、週末に確認にいこう!


先週のサンデーのだがしかしを読んでから、ず~っと探していた駄菓子をようやく入手できました。

なんか、きえちゃう君を食べて無くなるころには、嫌なこと(記憶)もきえちゃうから元気になれる。という、いい話で
ちょっとせつないことが書いてあったような?



飴玉のきえちゃう君が可愛い~。?

マンガの絵はもっとカワイかったような?
でも、食べ物だからそのままの状態がキープ出来ない!今はまだ寒いから良いけれど。塩ビ製の鑑賞用のきえちゃう君をオマケに付けてくれたらいいのに。


この記事は編集作業中です。



スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索