3連休を謳歌する

オルフェンズでギャラルホンのチョコレートの人の出番があった数日後のおそ松さんを見ると、櫻井くんイイ仕事してるよね。とニヤリとしてしまう しももだ・ももお でした。



サンデークラブの神条さん・パインサラダさん・ターンエー齋藤さんといっしょに
ガンプラエキスポ行ってきました。
DSCN1306 (1280x960)

まぁネットで観ちゃっていたから、会場でのサプライズ情報は無かったかな。
16時半になったら、会場限定の商品は余裕で買えました。
せっかく東京まで出たので、みんなでお台場まで言ってGフロントの新作映像「ZvsZ?」を見てきました。通販番組の紹介風のプレゼンテーション風のシナリオでした。
予想外に時間を使ったのが、素組キットが並んでいるコーナー。一度は買ったことがあるキットは並んでいるだけなのになぜか話が盛り上がってしまいます。

 戦利品

ガンプラエキスポでのサプライズニュースあったよう。忘れちゃだめだよぉ。
アニメ)サンダーボルト
イオ・フレミング少尉 中村悠一くんだったようグラハム・エイカーだよ~
超イカすーぅぅぅぅー!!ユニコーンの時の中村くんも結局ガンダム乗れなかったけど、念願達成だよ!杉田越えだよ!

対するダリル・ローレンツ曹長は、木村良平くん!
「はがない」のイベントの時「良く男性声優でまとまった時、ガンダムの話題が出てくんだけど、実は俺ぜんぜん見てないから分かんなくて」って愚痴っていたけど、ついにガンダムデビューだよ~



そんで、みんなの予定が合わなかったので、劇場版ガルパンは一人で見に行ってきました。(この記事は11/23に書いています。)

かなり情報規制がかかっていたから、公開前の情報誌からほとんど内容を予測することが困難でした。私は察しがいい方ではないので、スタッフの思うがままにハラハラドキドキして楽しめました。
最新メガミマガジン187号は、文字情報では内容は何もわかりませんが、設定資料・追加キャラ・劇中の画など見過ぎると、かなりヒントが隠れています。興味があったら…

ガルパンは、放送のタイミングと模型の発売のタイミングが大きくずれてた。まさかそんなに受けると思っていなかったから、模型業界も出だしがかなり遅れてしまった。フィギュアのしても戦車のしても充分な供給が整った時は、もう結構ファンの方が他の興味に移っていた。模型店だけが過剰な在庫を抱えてしまう。アンティオのOVAではイタリア戦車に注目が偏って店頭在庫の消耗に影響は出なかったけど、今回の映画を見たら、途端にで、模型屋さんの店頭在庫一気にハケるんちゃいますか?
ねこにゃー戦車なんかカッコ良かったし。

竹達ちゃんの無敵戦車や、グロリアーナの高速戦車のプラモデル欲しい!(パンフ買えなかったから名前が分かんない)

アヒルの首のパーツをどうにかしてほしい。



CAIJGkSUkAEGwxM.jpg
取り戻すのは 「優勝旗」?

この興奮が押さえつけられないので一言だけ言う!

まさに「プリキュア・オールスターズ」 であると!



ぜんぜん感情の高ぶりが止まないので、
コメント欄にネタバレ満載。乱筆します。本当に映画を楽しみたいたい人は絶対に見ないように。

イメージ
DSCN1370 (1280x960)
竹達ちゃん叫ぶ!叫ぶ!!
スポンサーサイト

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ネタバレしています。

ネタバレなので、読んでしまうと、映画の面白さが半減してしまいます。
まだ間に合います。画面をひとつ前に戻しましょう。

















最初に劇場版の話が出てきたとき監督は言っていた。
単純に翌年以降の全国大会の話をしても話が同じ内容になってしまうから、それはやらない。日常生活の部分を掘り下げた映画にしたい。もちろん戦車戦は入れますけれど。
というようなことを。
1~2年前のずいぶん前の発言ですが、きちんと守られておりますね。


今回、察しが良い人はなんとなく思い付くであろう、
「全国大会出場の選抜チーム」対 どこかのチーム という内容。
選抜チーム。いわゆるオールジャパンの編成になるわけですが、対する外国はどこなのかとなると。
もともとの選抜チームの段階で、大洗以外が外国人の集まりみたいなもんだから、今更本物の外国人が敵で出てきても微妙。
そもそもガルパンファンは、各国風に振り分けられた学校の国と国との戦車の特色で競い合うのを楽しむところなので、大洗のような混成チームは本来邪道、オールジャパン的な発想は逆に実現しないでほしいと思っているファンは多かったのではないのでしょうか。(見るまでは)
でも今回の映画は、このオールジャパンがキモなんです。



本編が始まりです。
映画の予告編であった、大洗・知波単連合VS聖グロリア-ナ・プラウダ連合の戦車戦から。
もしこの対決が本来のクライマックスだとしたら、なんかスケールの小さいその程度の映画の内容。日常生活の部分を掘り下げた映画にしたいって言ってたくらいだから、そこまで全力を入れて作っているわけではないんだね。というのが私の見る前の印象。アルペジオ後編くらいの興奮を見せてくれるとは期待しておりませんでした。

この試合がラストではないにしても、まさかいきなり始まるとは。
予告編では追い詰められてるシーンで煽っていましたが、なぜか聖グロリア-ナの数台の戦車が大洗側の十数台に囲まれて絶対絶命な状況から始まるんです。
しかも、のんきなBGMで緊迫感が無いし。
このあと当然プラウダが来て形勢逆転。なんやかんやで予告編通りに大洗がピンチになって、西住殿の機転で巻き返して、最後は…


そして、深刻な顔の西住尾殿のポスター。『取り戻す』の意味
まさかの「廃校問題」が浮上するのでした。
廃校にさせないために優勝を目指すというのが、本作のテーマ。そして見事に実現したわけなのですが。
「アレ。口約束だったし。」「契約書をかわしてないし」ということで、学園艦解体が強行されます。高校戦車道連盟とか角谷会長も反論するけど、文科省の力は強くどうにもならない。
みんな離ればなれになる現実を、受け入れたくなくても受け入れざるをえなくなって。
この各チームメイトの複雑な心境のやり取りがすごく切なくて、見てて泣きそうになる。
西住殿も転校手続きの書類で、母親とのわだかまりが完全になくなったとも言い切れない状態での帰郷。まほまほお姉ぇちゃんとのやり取りが、微笑ましい。
そんでみんな鬱な時での「ボコミュージアム」で笑う。

数日たって、廃校を免れる条件が提示される。
本来のオールジャパン「大学選抜チームに勝つこと」。それで30輌対8輌とか、フラッグ戦ではなく「殲滅戦」などと、大洗女子を追い詰める悪条件が次々と足されていく。

悪条件であっても大洗女子学園の問題だから、他の学校から加勢は期待できない。
どうなる大洗。西住殿の機転もどこまで通用するのか?

そして、大学選抜チームとの試合が来る。大学選抜の30輌と大洗の8輌が対峙、圧倒的不利な戦力差。見ている方も緊張する。

そしたら、

やっぱりみんな加勢に来たんだよね。大洗女子に「転校」の手続きを済ませて、正式に学園の生徒としての参加。激号泣する場面。


それで大学選抜VS高校選抜の試合が始まります。
最初は西住が殿立てた正攻法の作戦が仇となってピンチに「ここは俺に任せて先に行け!!」というジャンプマンガお約束もあざとく連発されるんだけど、演出が上手いから素直に引き込まれて感動で泣く。

ここまで書いといてネタバレ抑制じゃないんだけど、この最終戦車戦は情報量が多すぎて何を書いたらいいか分かんないので書かない。
とにかく「竹達ちゃんがカワイイ」
最後は、敵の無敵戦車1輌VS西住姉妹の2輌 の一騎?打ち。
ががあァーッて走って、ズドーンって打って、ぎゃぁーって加速して、ぼかぁーんでなって、最後に残った車両は…

最後のエンディングでは、セリフは無いけどエピローグが映し出されます。

「みほ。黒森峰に戻ってこないか?」
「うぅうん。私には大洗のみんなが待ってるから」
って言っているかどうかわかんないけど、そういうやり取りが感動します。

興奮した私の帰りの車は、トライデント(渕上舞さん他2人)でアルペジオの曲を流しまくる。

エキスポお疲れ様でした( ・∇・)
別れた後の買い物の方が大変だったんでは?
あたしも今日ガルパン観て来ましたよ~
朝からテンション上がりっぱなしですよ

勢いで戦車プラモめちゃくちゃ作りたくなったスッ❗

手続き完了しました。

パインサラダ様・ターンエー様。
おかげさまで業務手続きが完了しました。

ありがとうございます。

コメントからの個人情報が悪用されないように、
関連コメントは消去するでありますです。

幸か不幸か?

今日は仕事が早く帰れたので、先日売り切れていた、ガルパンのパンフレットだけを買いに映画館まで行ったのですが。再入荷分で無事パンフは入手できたと思ったら、タイミング良く次の上映が始まりそうだったので、二回目見てしまいました。
このパンフって、初見なのに読みふけってしまうと、結構確信に触れること、たくさん書いちゃっているんですね。
幸いホント何にも見ないで本編を見てしまったので、驚きと感動の連続でした。
Amazonで、タミヤの48クルセイダーを買ったのですが、なんか茶色い成形色のキットが届いた。薄いグレー色ジや無いんだと、凄く落胆してふて腐りました。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索