しさしぶりにゾイド話。

毎週のように、東京に遊びに行くから、きちんとした模型工作ができない、しももだ・ももお。でした。

やっときた。(今回もスマホ撮影だから、いろいろ微妙…)

先週の発売なんだけど、あみあみから届いたのが今日だったので、今から遊ぶ。

当所、ゴジュラスの次のHMMがムラサメライガーと聴いて、渋いトコ攻めて来たな!とトキメいていました。
ご存じのようにトミー製は、駆動部位完成状態。装甲をハメ込むだけの、簡易モデル。
それでもって、ぼてっとした寸ずまり。たてがみは白と金のツートーンなのに白はシール。シールはキレイに貼れないから塗装しようにも、変なやらかい樹脂で塗料が乗りにくいときたもんだ。
ムラサメブレードも、危ないからもっと軟質樹脂。ワンタッチ展開ギミックだったから、展開時は安定せず、「ばやゃわぁ~ん」って感じ。

なぜか、ムラサメライガーはフレームのレジンキットがあったりして。
買ってみたけど本当にガレージキットだよね。っていうパーツ精度。気泡も多く、パーツの合いが雑。そのころの、Bクラブのガレージキットは、レジンなのにインジェクションキット並みの精度があったので、そういうのに組慣れると、このキットは組みにくい。
当時も、レジン製フレームを最低限の処理で組見上げて、部分塗装したプラパーツを付けてそれなりの形には仕上げたんだけど。
しばらく経つとと、雑に処理したところがだんだん気になってきて、やっぱりきちんと成形し直なおして、再塗装しないと思ってバラバラに分解して。結局、他のガンプラとかが優先に組み上げていって、ライガーは放置のままに。

HMMのラインナップとあって、レジンキットの雪辱戦だと興奮していたのですが、完成品で1/100で製品化というゾイドファンにとっての残念なお知らせが!。でも私的にはそんなに残念でもなく。完成品という部分では、旧トミー製もHMMも、成形色のままパチ組で充分満足だった人からすると、完成品についてはそんなに抵抗は無かったと思います。
ただ,1/100というスケールだけは、怒りさえ覚えたのではないでしょうか。

もし、秘蔵の敵バイオゾイドや、味方のランスタッグ、ソードウルフなんかを所持していても、スケールが違うから並べられない。
そんなお宝アイテムをこんな時期に持っていないよ。というファンもウソ設定で、発売中のHMMと並べてみようにも、それもダメ。

HMMで未発売で大型ゾイドが結構残ってることや、HMM発足当時より原材料が上がって、高額商品にならざるをえないメーカーの事情から、このスケールダウンの商品化なのでしょうけども。



数年前、ここで「オレ設定・ゾイドワールド」で、痛く語っていた時も何度か書いていたのですが、ゾイドはトミー製のころから、獅子・虎型ゾイドと恐竜型ゾイドのバランスが悪いんです。
ゾイドワールドの中で、(リアルな動物よりまず10倍ぐらい大きいですが)、リアルな動物の大きさ対比と同じであると仮定したとき、獅子・虎型が、恐竜型と比較すると、バランスがデカいんです。もちろんモーター駆動ユニットの事情ではあるのですが。
レッドホーンとコマンドウルフを40センチ四方のベースで、対決ジオラマを想定すると問題ないのですが、レッドホーンとシールドライガーを同じベースに配置すると、子供恐竜と戦っているライオンみたいになるんです。
テレビアニメは、上手いことアレンジして大きめに描かれていたようですが。

だから、この1/100というサイズは、意外とHMMの大型ゾイドと並べると意外とバランスが良いんです。
特にジェノザウラ―系とか。
DSCN1303 (1280x960)
HMMダークホーン風のものと比較。

DSCN1302 (1280x960)
そして戦う。



そもそも時代設定が違うじゃんという、設定重視派からするとこの1/100ムラサメライガーは「いらないアイテム」でしかないのかもしれませんが。


とりあえず、1/72の中型ゾイド設定の話は置いといて。
20151107181558582.jpg
ムラサメライガーの発売日は、超合金フェスティバルだったので秋葉原にいました。多くの人が、とりあえずほぼ同スケールと思われるリボルテック・ジェノブレイカーを買って、ムラサメライガーと戦わせようと、海洋堂のショールームに殺到するのかと思いきや、そんなヤツはオレしかいねぇ。
そもそも、テレビでそんなシーンないし。時代設定が違うし。ジェノのモールドがだるくてムラサメライガーとつり合いといれないし。
相当前に発売になった商品が未だ店頭に並んでいるとも思っていないだろうし。
とりあえず、最後の4コのうち、1つは私が買いました。




DSCN1300 (1280x960)


大きさ対比はこんな感じ。
年末に発売になる1/72デスシティンガ―も、設定無視だけどHMMのライガーを並べるより、この小さいムラサメライガーと並べた方が雰囲気は出るはず。リボルテックブレードライガーが入手できるともっとしっくりくるのでしょうが…(リボでもまだ大きいか?)


パッケージにある推奨ポーズは文句なしにカッコいい。以前、このような威嚇のポーズの時に「ギャーァ」って声を上げて威嚇していることをイメージして口を開いていた飾っていたのですが、「威嚇の時は全体に力を張っているから、「ギギギィ」って歯を食いしばっている感じで、口は閉じていた方がイイよ。」と知人から言われたことがありました。




「ばやゃわぁ~ん」って感じのムラサメブレードも、しっかり保持できるようになりました。けど。
刃の部分を指で押すと可動部でグイッと後ろに動いてしまう。敵に刃が接触した時に斬るより前に曲がってしまうから、斬れないんじゃないかと余計な心配をしてしまう。


刃(ヤイバ)を前に突き立てれば、くねって曲がらない!


ちょうど昨日は、るろうにケンちゃんの実写版やってて。その『牙突』のイメージ。


この体勢のあと、どうやって敵に斬りかかるかという疑問もありますが、砲撃戦用のゾイドみたいなシルエットが気に入っています。

















編集中です。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索