ニッポンよ。これが「首都決戦」の映画だ。その2

続いて、しももだ・ももお なわけで…

今度は、迷作 『劇場版 パトレイバー2 the Movie』 の 感想の方。

しももだ・ももお は精神的にまだまだ子供なので、偉そうに上から目線で語ってる、勘違い野郎の文面ですが適用に読み流してください。


警察と自衛隊が仲が悪いと決めたのは誰なのか?

このパト2の製作にあたり押井先生が思い付いたのか、もともとそういう警察と自衛隊の険悪な関係と仮定した小説等はいくつも存在していたところで、押井先生が乗っかったのか。
例え本人が思い付いたことではないにしても、あそこまで丁寧に警察と自衛隊との対立の構図を具現化した作品に仕上げたことは、押井先生の功績である。

上映当時の1993年。まだ学生だった私は単に流されていた。「良く知らなかったけど、現実でも警察と自衛隊って仲が悪いんだ。だったらその「仲が悪い」ことを再現しただけの映画って面白いの?実際映像見てて、何かすごいことをやっているような気はするけど、歯が気持ちとイライラだけが積もって特に面白いとは思えない。」というのが当時の心境。

私はコミックもアニメも含めパトレイバーは大好きだ。コミックとマンガで満足できずに、小説もほぼ読みつくしていた。ただ劇場版は好きになれなかった。理由は「キャラ画がキモいから」
パトレイバーってゆうきまさみ先生の繊細な「画」や高田明美嬢のかわゆい「画」に好感が持てるから面白いのであって、あんなキモ・キャラ画は評価を下げているだけというのが今でも私の見解。

まぁ、キャラ画の「萌え」の部分で評価をされないように、「重厚なストーリー性」に重きを置くために、製作スタッフがあんな画で仕上げたというコトは、一応は理解しているつもりではある。

そんで、私もいい歳になって、ある程度客観的に評価できるであろう、この今の今のタイミングで『劇場版 パトレイバー2 the Movie』を見返す。

ナガシマサンが言っていたように「首都決戦」は、ぱと2をなぞりたかっただけだから、あんな説明不足気味だった、無理やり特車2課主導で戦ったかという理由もなんとなく納得した。
何が言いたかったかにしても、「もともと犯人側に要求はない。街を破壊し首都機能かk滅することがが目的で、色々やられちゃった時点で、我々の負け。」っていうようなことを後藤隊長が言ってたと記憶してるんだけど、だから「首都決戦」も同じ。やられちゃっただけの負け戦を描きたかっただけ。ということ?



まず「柘植」という人が、ただの軍事評論家という訳ではなくて「多脚ロボットの運用」について詳しい人だったいうコト。だから特車2課というロボット専門の特殊な部署と首都圏壊滅を狙う悪の組織との対決の結びつきができた。
首都決戦はその結びつきが甘い。特車2課が戦ったのは、先代後藤隊長が残した良く分からない遺産の為。劇中でも「有るか無いのかわからない」と濁していたから、余計にそんな良く分からないモノのために特車2課が一生懸命にやらなきゃいけない理由が伝わりづらい。
だから首都決戦を見終わった後「テロリズムについて警察の対応をテーマにしたのはわかるが、別に特車2課が絡む必要があったのか?」と素朴に感じた。
別に公安・外事3課だけで解決できたことにも思える。(まさにシナリオのさじ加減に尽きる)



警察も自衛隊も、日本国民を守るための組織。
警察は日常からそこいらへんにたくさんいて、何か事件があるとすぐに駆け付けてくれて対処してくれる。
逆に自衛隊は、警察よりスゴい武器や戦闘兵器をたくさん持っているけど、「外交的になんか特殊なこと」が起きない限り「本来の目的」で行動することはない。
そこで「表舞台に上がっている者」へ「脚光を浴ることができない者」の妬みが生じるということだが。

実際の自衛官の方々は、そんな不満は持ち合わせていないでしょう。だからあえてそうしてみたらと仮定したフィクション。

「幻のスクランブル事件」が発生し、事情聴取で警察が三沢基地に事情聴取に行ったことに自衛隊が腹を立て、レイバーや戦車をも持ち出しててまで籠城するという行為は、非常に見てて大人げない。
後藤隊長も声を荒らげていたけど「コンピューターがハッキングされました。ごめんなさい」とすぐ言えば済んだ話。(国家機密のコンピューターがハッキングされたとなると、そのセキュリティ問題とか追及されるから、簡単に公にできない事情とかがあったわけだけども)

だから、後藤隊長が練馬の基地への出動要請にゴネたのもすごく良く分かる。だって行ったって意味ないじゃん。自衛隊を逆なでするだけ。勝手に籠城して騒がしとけばいい話。相手にする必要はない。

そこをなんだかんだ理由を付けて、そんなことまで言わなくてもいいんじゃないという「いちゃもん」を丁寧に拾い、その越権行為に大人げない実力行使に踏み切ったことで、仮想の「警察と自衛隊の対立しているの構図」を作り、その危ういバランスに付け込んで、日本にテロリスト活動を仕掛けるならと 作り上げた押井先生さすがだなぁ と改めて初めて思いました。






最後は、それこそ人材も装備も何にもなくなって、昔のつてをかき集めなきゃいけない境遇だったことは見事だったのに対して。
「首都決戦」は、そんなへっぽこ・特2課に頼らなくても、いくらでも人材も装備も他から取り繕うことはできたんじゃないのと感じさせる隙がある分、やっぱり三流映画。

スポンサーサイト

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索