ガルパン度ゼロの暗殺教室。

こんばんわ。しももだ・ももおです。
アニメの話をします。
青春サツバツ論[CD+DVD]青春サツバツ論[CD+DVD]
(2015/02/18)
3年E組うた担(渚&茅野&業&磯貝&前原)

商品詳細を見る
 渚(渕上舞)の名前が一番最初にあることに注目!!


昨年末、学生時代の先輩たちと集まった時の話。
どういう流れでそうなったのかは覚えていませんが
「思ったより寄生獣ってコミカルですよね」と言って、その場にいる先輩方を思いっきり引かせてしまった。
「何言ってんだよ。中ボスが実の母親だっていう話のどこがコミカルなんだよ」と石沢先輩に怒鳴られた。

確かに、人間が血しぶきを上げて切り刻まれる描写は、残虐極まりないと思う。が。
私は、ミギーの声優を女性を起用したことで殺伐としたセリフであっても、物越しが柔らかい表現に落とし込めている印象があった。しかも人間の考え方とずれている点も面白いと思った。
腕が変化するモーフィングも、気色が悪い感じが無く、ユーモラスな動きに好感があった。
そのあたりから「コミカルである」と感じていた。(ミギー自身が新一を通して人間を理解し、自分の身の安全が最優先としても、興味本位で人を殺すことも無くなったこともあり、こういう作品特有の嫌悪感を和らげていることもある。)

私は「東京グールの方が酷いでしょ」と石沢先輩に言い返した。
この作品も、生きていくために人間を食しなければならない状況は寄生獣と同じであるが、「アイツはムカつくから殺す」という考えの頭のおかしいグールが非常に多い。寄生獣のようにバッサリ殺すこともなく、泣き叫ぶことに喜びを感じ陰湿に人間をなぶり殺す。最終回間際の主人公の耳にムカデを入れる描写や足の指をちぎる描写。は、実際には映像は無かったけど声優さんの迫真の演技が非常に怖かった。見ていて酷く気分の悪くなる作品である。


ただ、石沢先輩は「東京食種」を知らなかったので私の言いたいことはまったく伝わらなかった。


私は、おぞましい怪物が人を殺す作品や、極限状態の状況・舞台で人間同士で殺し合う作品は苦手なので、好んで見ることは絶対にない。
「寄生獣」も「東京食種」も花ザ~さんが「見てね。」って言ったから仕方なく泣きながらでも見るしかなかった。
東京グールなんて1話で花ザ~さんは死んじゃったから、2話以降は見る必要がなくなったんだけど、アルドノアでも共演している花江君と天ちゃんが、立場や性格がまったく違うキャラクターをグールで演っていたから、面白がって見続けていました。



以上を踏まえて、「暗殺教室」の話。
まず、タイトルでビビっていた。コミックで表紙の宇宙人もコミカルな感じのインパクトはあるが、大山のぶ代さんがぬいぐるみ風のクマのキャラクターで過激なセリフを言った例も、ついこの間あったばかりなので、私の恐怖心を煽った。声優の福山君なら恐ろしいセリフの一つや二つ容易に想像が付くし。

それから、実写映画版の予告。中学生クラス全員で、銃を撃ちまくる映像。同じタイミングで「神様の言うとおり」の血しぶきの上がる予告映像もあったものだから、勝手に同じ系統の映画であると思い込む次第。

近年、少年誌に「進撃の巨人」という有害図書ギリギリの漫画が掲載されていることもあるし、このバトルロワイヤル的?な「暗殺教室」とか、小学校からこんな本読んで流行ってていいのかと、嫌な時代になったもんだと自問自答する。(進撃の巨人は、花ザ~さんも、ゆかりんも、渕上殿もでてないから見る必要性がまったく無かった。)

例えクラス中で殺し合う内容であったとしても、渕上殿が出演されているのであれば、涙をこらえてでも見なければならない使命がある。


そして、本編再生。

第一声から、渕上殿のキター!!ぁん?。いきなりガルパン度ゼロを思い知る。あの低音ボイスで渕上殿と判別できた私自身に感心してみたものの桜トリックと同じく、こっちで来たかぁと激しく落胆。

本編が進むにつれ、渚タンが男子制服だというコトに気づく。渕上殿が担当。ツインテール。「渚」という名前。疑問符?がひとつ付く。

二つ目の疑問符。エンディング・キャストクレジットの渕上殿の位置。ウィキペディアで渚タンは主人公であるとなっていた。実写映画版の公式HPでも渚タンは間違いなく主人公だ。
なのに、クレジットの渕上殿の位置は3-E組で9番目。
一番上は、今乗りに乗っているブレイク声優「岡本信彦」だけれども、2話までほとんど出てこない。3話から大活躍でもすんのか?芸歴が長いからか!事務所が大きいからか!!


BB弾とかゴムのナイフとか、殺伐感がほぼゼロの世界観。
ころセンセーは、生徒ひとりひとりを親身に考え、その悩みに対して適切なアドバイスをするという、予定外の心温まる「イイ話」に心を打たれるも。
ガルパン。アルペジオとその次に来るべく、渕上殿の代表作になるはずのこの「暗殺教室」という作品で9番目という、まったくもって酷い仕打ちに、感動も帳消しである。




コロせんせーは、マッハ20のスピードで、どんな攻撃でさえも避けきるという厨房設定であるが、アルドノアの界塚 伊奈帆少尉を連れてくれば、数時間で退治してくれると思う。





クレジットの順番は、人気とか、作中の活躍の具合とか、芸歴が長さとか事務所が大きさとかギャラの高さとか、全く関係なく 単純に出席番号順っぽい…
スポンサーサイト

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索