ニッポンよ!これがキョウリュウ映画だ 100YEARS AFTER のアフター

もう時間が経ったからネタばれの警戒関係なく書いちゃう、しももだです。

帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER スペシャル版(初回生産限定) [DVD]帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER スペシャル版(初回生産限定) [DVD]
(2014/06/20)
竜星涼、斉藤秀翼 他

商品詳細を見る

寒色系キョウリュウジャーは、結局ダメなままだったこと。
キャンデリラに急に獣電池を渡されて、さぁ戦ってきなさいってことになったって、そりゃ子孫たちも準備はできていないわけ。それで初戦はダメダメという脚本は筋が通っている。

だけどその後の処理。ダメダメだった理由を「ブレイブが足りない(出てない)」ことと「色が違うことの」の二つをあげた。

「えっ!別にそういうもんじゃないの?」と何も違和感を感じなかった人は、まぁ良いとして、
違和感だらけだった私はとりあえず叫びたい。


確かに過去のキョウリュウジャーは、パートナーの恐竜に戦士として認められないと変身ができなかった。
今作は変身はしてみたが、力が出せないことで恐竜たちとの間に溝が生じていることにしている。

獣電池側だけで、力が出ない理由づけにされている。


人間側だって問題
初戦に敗れた5人は、先祖の「色」に気が付くことで本当の戦士として目覚めることとなるが。
「気が付く 順番が違うじゃん。」
もともと戦いとは無縁の、ごく普通の生活をしていただけなのだから 突然戦えって言われても、まず気持ちの整理がつかない。

(2番の後パート)
大事に思うものは自分の手で守りたいぃ
恐れも逃げ出すほどにブレイブなハート燃やせぇ   

ってCDの歌詞にあるように、ブレイブを獣電池に注ぎ込むのが先じゃん絶対!!

「ブレイブがあれば、何色の電池だって関係ねえー」ってキングなら絶対言ってもおかしくない気もする。(キングはガブティラと契約したから絶対言わないんだけど…)

寒色系キョウリュージャーが、バリバリ戦うことで「熱い展開!」と感じるのも個人差なのか?
昔「ガオガイガー」っていうロボットアニメがあって、その中で出てくるキャラクター氷竜・炎竜。風竜・雷竜。の組合せを変えた合体をしたことでパワーアップする演出がありました。見た目は色が変わった程度だったんだけど、「氷と電気」「炎と風」の組合せでめちゃくちゃ強くなってカッコ良かったんです。

そういうのを期待してたんだけど、実際にはそこまでできなかった。大人の事情…寒色系だけでもスピノダイオウになれたし、バクレツスピノダイオウにもなれるはずだったんだし。

結局そうじゃなかったから、新生5人を受け入れないトバスピーノ ブラギガス ブンパッキー ステゴッチ アンキドン プレズオンが、受け入れない心の狭まさ、ひねくれ者 的なマイナスの印象のまま、話が通ってしまった。

残念。


メイキング映像で演者さんの何人かがぶっちゃけちゃったんだけど、「先祖も子孫もそんなに変わってなかったかも」と。差別化するのに苦労したとか。

そう、子孫の設定なのに見た目だけでごまかそうとして、実際そんなに変化が見られなかった。尺の都合で各人の見せ場が少ないし。
ウッピーも、一番ギャップがあるオイシイ・キャラだったはずなのに、クールな設定=声が小さいのが災いして、すごくインパクトが弱まってしまっていた。

ギャップについてなら本当に「動物戦隊ゴーバスター」のほうが断然良かった。3人しかいないのもあるけど、総集編とくくって断片的においしいところだけ見せる演出にしたのでは、尺の中にすっぽりおさめてとても良かったです。。

戸松さん顔出しの「VAMOLA!キョウリュウジャー」は、すごく良かった!?(あえて男っぽく声を低くして歌う必要はなかったんじゃないかとも思う。)


DSCN0083 (1024x768)
急速潜航…
スポンサーサイト

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索