ニッポンよ!これがキョウリュウ映画だ 100YEARS AFTER

こんばんwしももだです。

本来なら、「俺たち賞金稼ぎ団」を見て、100イヤーズアフターを見る予定だったんだけど、「俺たち~」が予定より早く上映が終了してしまったので、こっちを先に見ることになってしまいました。

いろんな意味でネタバレ注意!

帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER スペシャル版(初回生産限定) [DVD]帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER スペシャル版(初回生産限定) [DVD]
(2014/06/20)
竜星涼、斉藤秀翼 他

商品詳細を見る

そっくりさんネタの表現力としては、実写パトなんかよりもだんとつに優れてるけど。これじゃない感がハンパなかった。


これは、ネタバレではなく、こうだろうなと私が妄想していたこと

特に争いもなかった99年間。しかし100年目にデーボス軍が復活し、人間社会を脅かす。

賢人に昇進したキャンデリラは、オリジナルメンバーの子孫6人を見つけて、とりあえず確保していた獣電池、
トバスピーノ・ブラギガス・ブンパッキー・ステゴッチ・アンキドン・プレズオンを6人託す。

しかし平和ボケしていた6人は、かつての伝説の戦士の力が思うように発揮できない。
(ここで、ホビー誌に載っていた、デーボス軍に窘められる。)

6人は肝心なことを忘れていた。そう「ブレイブ」の精神をだ!

トリンの幻影からのヒントで「ブレイブ」を思い出した6人は不慣れであった トバスピーノ ブラギガス ブンパッキー ステゴッチ アンキドン プレズオンの獣電池を存分に使いこなせるようになり、神官ガオス(←誤植じゃないよ)を撃退することに成功。


しかしその後、神官ガオスを操っていた真のラスボスが姿を現すことになる。

真のラスボスの前では、仮で使っていた寒色系の獣電池ではやはり力不足であった。

すると突如現れたガブティラの叫びが響き渡り、各メンバー オリジナルカラーの ガブティラ・ステゴッチ・パラサガン・ザクトル・ドリケラ・プテラゴードンの充電池を手に取り、正真正銘の伝説の力を発揮することとなった。

オリジナルカラーで、一度はラスボスを撃退したように見えたが、ラスボスは暴走をし始める。
(そこでホビー誌に載っていた、ダイゴ・イアン・のっさん・ソウジ・アミィ・うっちーが時空を飛んで応援に駆け付け、12人でブレイブフィニッシュをして完!っていったところ。)


最初に書きましたが、これは私の妄想なので本編はだいぶまったく違います。だからネタバレじゃないので安心して下さい。

正直なところ、特命戦隊ゴーバスーターvs動物戦隊の方が、ぜんぜん面白かったし感激した。

キョウリュウジャーであれば、「こんくらいは面白い」という自分基準が高すぎたのかもしんない。

尺の都合で展開が急すぎる。オリジナルメンバーとの性格違いの部分を充分に表現、伝える余裕もなく次から次へと戦闘になだれ込む。寒色系は本当に失敗作的な位置付け。そして、なんか簡単に目覚めてしまうし。終盤はほとんど変身後だから、セリフだけだとそっくりネタが分かりづらい。

もったいない!!
逆に、本当にオモシロさ間違い無しの、「俺たち賞金稼ぎ団」を後から見れることを感謝しなければいけないかもしんない。




スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索