ニッポンよこれが怪獣映画だ。イグルー

こんばんわ。拙者しももだでござる。
ガルパンに触発され、うちにも戦車が活躍アニメがあったはずと本棚からDVDを探す。ロートル戦車でありながら奇策でザクを撃退したガンダム作品が。

機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 2 [Blu-ray]機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 2 [Blu-ray]
(2009/01/23)
不明

商品詳細を見る

とても大作家先生が書いた脚本にとは思えない貧相なストーリー。
ちょっとした「戦記作家(素人作家)」でも思いつきそうな同人誌レベル。
(ようはCG映像技術を見せられれば良い訳だから、話は二の次でOK?)


戦車の動きは、決してガルパンにも劣らないリアル描写なんですけれど。



そもそもMSイグルーという企画自体が「失敗した兵器」にスポットを当てられたものなので、
最終的な結末は戦場で活躍できない「負け戦」に終わる。

そういうもんとは分かってはいるのだけれど、その「途中まで順調に実力を発揮。途中何かしらのトラブルが発生し、結論、失敗作。」の流れの中、「途中まで順調」部分の作中に落とし込む、脚本家の「さじ加減」が、超ヘタクソ。
兵器としての有効性が、垣間見えてしまったら「なぜ量産しなかったの?」ってなることを懸念するのもわかるけど。最後がダメになるって決まっていても、もう少しエンターテイメント性を考え、活躍して面白い映像にすることもできたんじゃない。っていつも思う。
重力戦線3を筆頭に、面白いイグルーは何作も存在するのに、この「陸の王者、前へ」はホントにホントにひどい。

1巻の対MS特技兵小隊で惨敗し、本編のセリフや予告で「重戦車を使った作戦で反撃開始か!」と期待させるようにあおっておいて、実際のところは、そんなに有効ではなかったというオチ。

61戦車の戦闘能力を最大限にすることが可能なデータリンクシステムが、ミノフスキー粒子散布下では、仇となり性能が発揮できなかったから、MSが有利な構成にしているようだが。

それでも、もっと戦車の特性を生かした活躍を描くことはできたんじゃない? 仮にも設定で
「2連装155ミリ砲の火力はMSに対して有効」となっているのだから。



ガトー少佐のザクとの決戦。
最初の全車両一斉照射の段階で、ザクに損傷を与えられなかったようにしたり、
脚を狙えばいいのにシールドとかコクピット周辺の装甲の厚い部分(と思われる黒いところ)に着弾させて、損傷させられなかったことにしたり。
動き回っていればザクの攻撃は当たらないはずなのに、61式戦車の被弾率だけ高かったり。
など。制作スタッフは戦車が勝てない「さじ加減」をわざわざ演出している。

結局、戦車隊は全滅する。と見せかけて1両残っていた61式戦車が大塚明夫氏のザクを撃墜するのだが。
部隊長の妙案でMSを撃退しただけであって、戦車の性能は何も関係なかった今回の話。
別に、1年戦争秘話のタイトルで、こういう話を作るのであれば、何も言うつもりもないが「兵器開発史」を謳い、クローズアップするべき兵器が「61式戦車」でありながら、その特性を微塵も映し出すこともなく、「やっぱりザクは強いですね」というだけの駄作アニメ。

GMの開発が決まるまで、連邦軍って勝っちゃいけないのかよ! ザクはそんなに偉いのかよ!なんかムカつく。
って文句を書くだけ書いて、もう一回DVDを見返して見返してみると
「こそこそ作戦」とか「ピカピカ作戦」とか「もくもく作戦」とか、

巨大兵器への対抗手段とか、それなりに考えてあって「頑張ってんじゃん」とか再評価するんだけど、それでも61式戦車の損耗率は高過ぎ!!


鼻の長いやつにやられましたぁ~
005 (800x600)
とりあえず、部品だけ切り取ってパち組む。

006 (800x600)
やっぱりガンプラっていいなぁ。オレのフィールドはやっぱここだなって思う。



6月8日は総選挙です。
004 (600x800)
安売りされてる凪沙ちゃんの中の人は昨年県は圏外。(今年の速報でも圏外)
巻き返しになるか期待大!!


007 (800x600)
おい!軽戦車!そこをどけ!!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こうして見ると連邦の61式戦車って、でけえなぁ~~と実感しますね。
イスラエルのメルカバや仏のルクレール、えげれすのチャレンジャーよりでかいんじゃねーかな?
砲塔だけでも一両分?というより戦艦の砲塔をまんま載せてんじゃねとか思うな、でもジオンのマゼラアタックよりも小ぶりなんだっけ。

イグルーのこのお話を見ていたときに小学生の時なぜかMSと現用戦車どちらが強いのか同級生とガチで言い合った事をおもいだしました

二キロ先からボコ殴りで戦車が勝つに決まっているとドヤ顔でいっていたのを思い出してニヤニヤしちゃったw


KOMATU様

61式を、自分の履いている靴と並べてみると、ホントに下駄を思わせるほどの大きさだったりします。

でも、さすがにあの黒森峰の切り札。Ⅷ号戦車マウスの大きさにはかなわないんじゃないですかね?

あと、ハセガワのナッツロッカーとか…

なるへそ、ナッツか

やっぱりそんなにデカイのね~、そういうのをぶわぁーーって吹いてスミ入れしてドライブラシでぐわぁ~~~って完成させるのは楽しいと思うぜ。

61式とマウスをくらべるといっても存在感がだいぶ違うよな、マウスはツるーんとカクカク四角でほんとに鉄のカタマリだもん!
ナッツロッカーはレーザー砲だわキャタピラじゃなくてホバーだから戦車道のレギュレーション違反でムリそうだね。

ところで61式金ピカにして会長専用戦車にするってーのはどうだい?(笑)

いやいや…

マウスやナッツロッカーにかなわないってのは、実際に戦ったらって話じゃなくて、
1/35の模型を並べ比べた時の、大きさだけの話(笑)。

そりゃ、1/35のスコープドックの出来の良いキットが存在するなら、真っ先に黒森峰の校章を貼るけどさぁ。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索