FC2ブログ

つかまえたのは…こっちだぁ!!

槍より、こっちのほうがヤバいかもしんない。

槍と違って、無加工での取り付けはできません。
ちょっと今日は、ここまでで寝ます。(>_<)



セリアのコンテナ。
レイクタウンのでっかいセリアにあると思ったけど。新製品すぎて、商品を棚に入れるタイミングでは無かったのか?売り切れたか?
セリアはヤスリスティックとか、丁度良いピンバイスとかモデラー御用達コーナーあるって聞いてたけど、それも見つけられなかった。(>_<)。


100円ショップといったら、行きつけのダイソーで済ますんだけど。
レイクタウンに無かったから、少し遠い2件目に行く。セリアと思ってたらまた違う名前の100均だった。
ネットで調べて、もう少し遠いセリアに行く。店頭在庫は売れたからか、少なめだった。

Twitterで、ダイアクロンと絡ませて大賑わい。
同じことしとも同じなので、コンテナっていったらパトレイバーだよなと思って。
グリフォンと戦ってたのを思い出して並べる。

「わあーお!」「反撃だ!!」





コイツが予想以上に売れているらしい?




1/48レプラカーン用。ディテールアップパーツが入ってる。(゜ロ゜)
スポンサーサイト



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ソウリュウ3号。かわいい?





新OVA版 11話
「雨の日に来た ゴマ」


射撃用意!
トンネル出た直後での待ち伏せ、
ジョーシキじゃないの。

初期OVA6話。うろ覚えで並べる。



うおおおおぉぉ
おれにも一発 なぐらせろ!!

うろ覚えで、
コミック一巻のクライマックス。
カニが生々しいから、ハサミ取っちゃったらなんかかわいそうになってきた。

海洋堂のカニ。
サソリのほうが先に発売になってて、ボリュームもあるけど。高さが無いんだよね。だから巨大になっちゃった生物として警察ロボと戦うにしても、インスタ映えにならない。
どっちかっていうならカニの方が体を縦にしてるから。ロボとの対決はインスタ映えすると踏んだんだけど。

歩くほうの脚が動かない。脚を伸ばして高さでボリューム作ろと(クラブマンハイレッグになる)画策してたけど。できないので↑みたいな結果に。




最近定期的にやってる。中身のない、適当に書きなぐる投稿。

そういえば。
毎年2~3月目安に、今年から始まった戦隊について、何かしら書いていた気がするけど。
今年はほったらかしだった。と思う。

昔から戦隊は。ロボがどんな合体するんだろうということだけに興味があって。
ニチ朝の前って何曜日の何時に放送してたんだろうってくらいわからないし。
クウガ以降の仮面ライダーと連投になっても。毎年のことの惰性で見てて。トイは買わないでミニプラは気に入った年のロボだけかって。
思い入れが無い時期は多い。
甥っ子におみやげで戦隊ロボトイを買うタイミングもあって。
デカレンジャーの女子って、今までよりかわいくなっていないかい?って意識的しだして。
ただ、翌年。マジキングが(今見ても)超絶ロボだけど。女子がぶちゃく戻って。
その次のボウケンジャーは、ストーリーにがっつりハマった。ピンクのツンデレにもがっつりハマった!トイもDVDも買って何回も見返した。

ゲキレンとゴーオンは、女子はかわいいほうだったので、ボウケンと同じテンションで見始めたけど、熱量は持続せず、あまり印象がない。

その次のシンケンジャーは、ストーリーにがっつりハマった。イエローの設定に超ハマった!
トイもDVDも買って何回も見返した。

ゴセイ…。黄は良かったけど桃が微妙。当時もブログで書いたけど。女子二人いて。二人とも体育会系!(普通、キョウリュウジャーみたいに体力と頭脳派に別れるはず)話がクンだったら印象がない。

ゴーカイ。ロボがヤバかったけど、アイム・ピンクの設定にドはまりした。容姿・性格。特に丁寧口調に鷲掴みされる。あれから8年経ったけど。私ランキングで、不動の一位が揺るがない

ゴーバス…。ゴーカイロボがあんなだったから。ロボのギミックにはおののいたけど。今と違って、当時のありありはすごくショボかった。メガネが可愛かった。本編の印象は薄い。

キョウリュウ。ありありがヤバかったから、ぺくんしてたけどあみーがすごく可愛くみえた。あざとい昭和風かわいい演出も気にならなかった。戸松とかまりえるとか美人豊作の年。ロボが音ギミック優先で、形がヤバかったけど。

トッキュウ。体は大人・頭脳は子供の設定が明確になるまで、話し方と行動パターンの違和感が気になってしょうがなかった。どっちかっていうなら黄りりあんが可愛かったけど。今の森もり愛ちゃんは、すごくいい。

そんで、ニンニン。ボウケンやシンケンほどの話に深みが、まったくないけど分かりやすくて面白かった。かすみ姉の容姿と不思議な性格と話し方にドはまりした。ランキング不動の二位は揺るがない。

ジュウオウ。女子二人の容姿は微妙だったけど。
あむあむの「やまとくん」と下の名前で親しく接する関係性がすごく好感が持てた。(かわいく見えた。)ロボもショボかったけど。思い返すと全体的にストーリーは良かった部類に入ると思う。

キュウレン。役者解禁で、緑ヤバいと直感する。それでも一年顔を合わせるのだからと良いところを探すが、何も出てこない。
ストーリーは10人出して頑張ってたけど。最後までずっと、女子抜きの戦隊を見ていた印象…

パトレン。ピンク。キュウレングリーンがあんなだったから期待値は高かった。喋り方が男口調でおののいた。けど、そういう可愛さということで、一年間楽しめた。

振り替えると、◯◯レンジャーの時とキャラ被ってんじゃん!ということはなかったと、わたしは思ってる。


今年のアスナは…。
ホント数年ぶりに王道の女子が来た!と思った。
他の人からみたら、トッキュウピンクもルパン3号黄もおんなじに見えるかもしんないけど。
SNSで、女性の人が「アスナかわいい」ってコメントとイラストが目立つ気がする。
キュウレンとパトレンではそういうの見なかった。


放送開始1ヶ月ほど前の、役者発表解禁になったとき。「真花ちゃんは可愛い」と魂で感じた。
毎年、役者発表の時。直感で「?」とか一瞬思う。ただぶちゃくてもないし。この先一年顔合わせるから、まぁ良いんじゃない。と妥協に似た感覚が少し残る。
今年の心底イケると思ったのは。
ことは →アイム→かすみ姉→そんでアスナの4人程度だと思う。
仕草があざとい演出に、鼻に付く人は多いかもしれないけど、そういう設定は数年ぶりなので、かわいくみえてしかたがない。
食いしん坊とか、音痴、おこりっぽいとか。今時にその設定?って逆に新鮮で好感が持てる。
「アスナはお菓子食べてていいから、向こう行ってて」とかいう、やり取りがすごく好き。
ただ、初回から数話。「この顔でこの声なん?」少し違和感あった。(笑)

エリアル可愛い。


メガミデバイスの新製品。

ハート目顔が可愛かったから、ランチャーは買わないでランサーだけに絞っていました。
女の娘だけが可愛いことで、装備品にはあまり興味なかったのですが。

エリアルは腰にジョイントがあって、各メーカーの3ミリジョイントのパーツが付け難いのですが。同じように腰にしか穴がないメガミデバイス用のマルチジョイントを付けることで、非常に汎用性が高くなってしまうんです。こういうパターンって軸が長いとか若干干渉するからと、パーツを削るケースが多いのですが、まったく無加工で取り付けできました。

エリりんがスレンダーなボディだったので腰のサイドアーマーも取り付けできました。





エリアル。自分は直撃世代かもしれないけれど。中学な時、無類のSF小説好きが説明してくれてた記憶。基本中学は、小説読む時間(お金)あるならプラモ作る(買う)生活してたから。当然読んでない。未だ活字には弱い。(特に中学の時、小遣い少なかったから)
今、手元にあるエリアルのアニメビデオテープ
みやちゃんって小山茉美さんじゃなかったんだと、思い返す。 "https://blog-imgs-128.fc2.com/s/h/i/shimomoda/20190626212544379.jpg" target='_blank' >
1991年て書いてある。大学の時。水谷さんと林原さんにめちゃくちゃハマってたから、OVAエリアルは当然欠かさない。なのでアニメから得られた情報しかエリアルについて知らない。

早い話がパシフィックリムなので?

戦う怪獣は、コイツが一番ハマる!

トミカ・ロボ

何度か書いてたけど、トミカサイズ(1/60~1/72)のトランスフォーマーを絶えず探求してるけど、以外と無い。飛行機か戦車くらい?
それっぽい戦車型も1/48くらいの印象。

トランスフォーマーって舞台が現代だから、日本に上陸してたなら、パトレイバーと鉢合わせしたであろうと、ずっと妄想してたけど。肝心のおもちゃが無いから実現できなかった。(>_<)


そんな中で、現れたのがビルドロン!

ショベルカー(スカベンジャー)はイイとして、ブルドーザー(ボーンクラッシャー)はオーバースケール気味?海外のはデカいって聞いてるけど。
近々トミカタウン拡げて、破壊活動ごっこを仕掛けたいと目論んでいます。
※別にロボット遊びじゃなくても。普通に1/60~1/72の建設車輌のミニカーもほとんどないので、そういう意味でもビルドロンの車輌は貴重!


末広町のアメ・トイ専門店でバンブルビーのトミカサイズ?も入手。



変型パターンは違うけど、エクスカイザーもダ・ガーンもデッカードもシャドウマルもボルフォッグも。イングラムと並んだら、たぶんこんな感じ。イメージより小さいとかな。このサイズでトレーラーとかと巨大合体しても、ガンダムよりは小さい印象。

細かいトコロ。商品の大きさの都合で爪先以外は足首ないけど。

足裏(ドア分割)が、流行りのS字立ち出来るように角度付いている。(実車がそうなってるとかあるかもしんないけど…)




土曜日。オモチャショー行く
バンダイは。毎年6月のタイミングで情報公開できないケースが多いから。ティラミーゴとネプチューンのスーパー合体は見られなかった。となると、あとバンダイ見るとこ無し。
93万のガンダム。金曜日の段階でも、結構ネットで、写真見れているのに。なんでまだ写真撮る?!別に撮るなとは言わないけど、すぐどけよ。後ろつかえているの知ってるだろうに、なんで居座るかわからん。

タカラトミー。ここもユーチューブでだいだい見たから…。でもゾイドのお兄さんが熱心に解説してたので聞き入ってしまった。少年よ。みんなしゃがんで聞いてるんだから、最前列でひとり立ってるな!ゾイドお兄さんが4回もエヴォブラストやってくれたのに全部見られなかった(泣)…
ユーチューブでなかった一番期待していたトミカのコーナー。新商品のハイパーレスキュー1号担当のお兄さんが。ワンタッチでトレーラー車輌が、大型ジェット機に変型するんだけど。説明がゾイドのお兄さん並みの熱量ぜんぜん無くて。なんか「ドライブヘッドのロボが無くなってごめんね」感が漂う…(絶対違うんだけど、そう見えてしまう)
なんかつまらないと思うことがあっても自信を持って商品を宣伝するって重要だなと、思いました。
シンカリオンはブラックシンカリオンオーガの展示がないのは聞いてたから。

ダイアクロンは、ドライバーズのアニメが見れて良かった。退かないカメラオヤジもいなかった。ただ解説のお兄さんもいなくて寂しい。



名探偵コナンの食玩?

ロボ魂のイングラム買ってから。「警察」の記号としてすごくわかりやすいアイテム「手錠」をずっと探してたけど、1/12小物ブームが続いてるわりに見つけられなくて。
そんなところで、ドライブヘッド・ソニックインターセプターっていう警察ロボが、ソニックワッパーっていう、腕込みで胴体を抱え込むデカい手錠があって。トイそのままは、持ち手が圧倒的に太くてどうにもならなかったから。食玩かガシャの安価版を期待したけど。そういう商品はなくもなかったけど武器が付いてなかった。
そんで売ってたコナンの食玩。竹刀が付いてるからミヤムーのセットだと思ってたら、堀川りょうアイテムらしい。

なんとなくの記憶で。イベントでフィグマとかで使えるくらいのリアルな1/12の小さい手錠は見かけた気がする。けど。パトレイバーが装備するならこの大きさがベストすぎる!
この大きさであればぎりぎりレイバーの手首関節には入る?だろうとか(はめても鎖を引きちぎるパワーが犯罪レイバーにありそうだけど。)身柄確保の前から「今から手錠かけるぞ!」という格闘武具のように使うこともないんだけど。。(⌒‐⌒)

ドイツ兵器なのに竹刀?

レイバー剣道あるの?とか8mの巨人用の刀。竹製で作れるの?とかツッコミドコロあるけど。パトレイバーの世界観なら、そういうのありかもか、なんとかく個人的見解です。


ガンダム警部のセットが入手できると、警察手帳が入っているから「ブレイブポリス!デッカードだっ!」ゴッコできる!


6/17は、おまわりさんの日



まぁ~て~ぇ~!◯~パぁ~ン !
みたいな光景(⌒‐⌒)

なんかレゴ その2


コレクションからオオカミが見つかったから、
あのシーンを再現!!






結構昔から、レゴでMSとか大張センセーとかカトキセンセー的なジャパニメーションなロボを、かなり模型的忠実にしっかり組上げているの作品をSNSとかイベントで見かけていますが。

2010年より前。いわゆるロボット(人が操縦する二足歩行ロボット)はほぼほぼ皆無でした。
たしか2012年。「ニャーのサムライロボ」を皮切りに

その年以降は年1~2体、ロボットがラインナップに加わりました。

レゴと言えばな、ロボット。

レゴムービー1の最終決戦ロボ。劇中はこれの2倍くらいの大きさなんだけど。商品販売できるように小さめにリデザインされました。
レゴ・ロボはパイロットが目視で外の状況を確認するから。頭部が無いデザインが多いです。
このロボのパイロットが操縦席に「座って乗ってる」のも重要で。レゴ・ロボの大半は、立って搭乗するデザインなんです。

そもそも海外は、「本人」が身体的に優れているので、その人が乗る「乗物」の性能が高いかどうかについては、ストーリーにあまり関係無い。
SWなんかがそう。デザインが尖っていてカッコいいXウイングは。「なんとかウィング」のシリーズの中では高速戦闘向きで性能が高い方と思われるけど、いわゆる量産型。色違いのヤツも確かにいたけど、シャア専用みたいに他の機体の3倍に動けるとかカスタム機があったのかも知れないけど、ストーリーとしてその設定は結構どうでもいい。

それに関係あるのか無いのか。版権モノ(SWとかアベンジャーとか)ではないオリジナル企画。ニンジャゴーだったりネックスナイツ。ロボットに限らずクルマや飛行機。「誰々の乗り物(メック)」っていう商品名が多いんです。

和名に限らず英文もそんな感じ。タイトルが無く商品番号だけだったり。

オリジナル企画はアニメとかマンガとか原作無視がないので。「ライジングマックス号」とか自分だけ
の名前をつける楽しみを残しておいてくれるのか。
一個一個のメカに「ザク」「グフ」「ドム」とか名前があることに、遊ぶ子供達もそんなにこだわらないのか?
私が見た「ニンジャゴー」のアニメ。本人の活躍はもちろんですが、メカに乗っての活躍のシーンも当然あります。ただ「俺は◯◯号に乗って敵を撹乱する!」とか、メカの名前を言うセリフが無いんです。(メカの武装で敵を倒すシーンはあることはありますが、以外と移動手段としてメカに乗るケースが多いんです。やはり敵をやっつけるのはメカの能力じゃ無くて、本人の技量!)


2016年くらいまでは、まだロボット商品は珍しいほうだったので、だいだい買い揃えていました
ただ2017年以降。なんか勢力的にロボットがラインナップに加わってきた印象で。私もレゴ離れしていたのもあって、ムキになってレゴ・ロボを買い漁ることは控えていました。

二足歩行ロボットの商品が増えてきてはいたのですが。ガンダム(MS)を筆頭にした日本的ロボデザインをメーカーは商品として受入れてはいない印象でした。
細かくいうと、販売価格を下げる為にエイリアンのパワーローダー的な、部品を少なめなロボにする必要なため、ガンダムに寄せられなかったことと。
SNS等にあがる一般の人達のレゴの組上げ作品はメーカーの人達も確認はしているみたいで、「逆三角形のボディライン」「肩・腰の装甲」「頭部のデザイン」とか、部分的に日本のロボデザインを意識している商品は増えつつありました。


ただ今回、凄く意識してる風なデザインのロボがヤバイ。

Amazonとかの商品名は「巨神メカ タイタンウイング」。私の記憶が正しければ、ジェットスクランダー的な背中に「翼」が付いたロボットは初めて?
(翼竜の商品は結構あるんですけどね)

V字の角。額のセンセー。

頭部のフォルム。ちょんまげ風。あごのライン。かなりガンダム?

逆三角形なボディライン。

太ももが卵みたいな楕円な形状とかふくらはぎのラインとバーニアの位置。

全高 25センチ以上あってデカいです。

腕は 肩、ひじ、指 が 可動。
脚は 付け根 と足首 が 可動。アクションポーズを取らせるマルチな可動域じゃなくで、バランス良く立たせる為「ハ」の字 立ち の可動。

敵と並べる。

敵は、トイザらスでしか買えない限定品。上にあげたネームプレート70658 なんだけど、名前がない。ただの巨人でコックピットはありません。


タイタンウイング。こんなにジャパニメーションなのに、主人公メカではなくて。戦隊の追加戦士のポジションのメカ。だからそのキャラのイメージカラーの緑色と金。
赤とか青とかだったら、もっともっとカッコ良かったかも!(緑を使うにしても、よりによって笹みたいな緑を使わなくても(泣))

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

なんかレゴ

ちょっと編集したから、日付設定をいじりました。

もう、公開終わったから、レゴムービー2の話。
前にちょっと前に書いたけど、1のすぐすぐ後の話なので、1見てないとすごく分かりにくい。逆に見てさえいれば、同じように面白しろすぎる。

1の話。
映画のレゴ世界はいくつかの区画があって。最初の舞台は主人公エメットがいるブロックシティから始まる。基本、レゴシティの商品群で構成されている町なので、建物も住民も、普通の現実の今の時代な街並。
街を統治している「お仕事社長(英名「ロード・ビジネス」)」は市民に過重労働を課せられるほど酷くはないけど、毎日決まった行動だけするよう強要(レゴフィギュアごとに職業が決まっているから「その仕事だけしてください」って感じ)する。最初は市民達も強要されていることが分からないくらいにやさしく自然に。
その強制というのには、(説明書にない)変な組換えはしないでね。という意味が含まれます。
そして、強要させられていることに気がついた、お仕事社長の反勢力が発足して。マスタービルダーって言って、(説明書にない)便利な自由な組換えができる凄い人達のこと。
その勢力に、特になんの取り柄もない平凡な主人公が、予言で救世主に祭り上げられ、お仕事社長と戦う話。ただ主人公は突出した能力があるわけではないので、はりきっていろんな組換え品を作るんだけど実質役には立たない。(足を引っ張る?)
途中、予言がまちがいだど気付き、落ち込む主人公。
お仕事社長の街への介入も、だんだんとえげつなくなってくる。(組換えできないように接着剤で固めるとか)
主人公は異世界に飛ばされ、二度とレゴワールドには引き返せなくなるけど、いろいろあって戻ってきて。お仕事大王と対峙して最終決戦。結構ぎりぎりのぎりまで、自由奔放な組み換えは否定され続けられるんだけど。返した主人公の決めゼリフですごく泣ける。

公開まで明らかにされていなかったんだけど、この映画。ストーリーに「レゴパート」と「実写パートナー」がある。「レゴパート」は主人公の妄想の部分で、実写パートは、まさに主人公本人(アニメとかレゴではなくてまさに人間)が出てくるというもの。リアル主人公の年齢は提示されていないけど10歳~12歳くらいと思われる

お仕事社長に当てはめられた「お父さん」は組み上げたレゴは説明書通りに組立るの絶対の拘り。必要があれば接着で固定してしまう。劇中明言されていないんだけど、個人的な趣味で保有しているにしては膨大な数のレゴの町、乗り物、フィギュアを保有しており、子供に触らせないとか、あとで分解しないように接着剤で固定するとか。街のレイアウの検証、建物の設計とか、ゼネコンの仕事にレゴブロックを使ってるのではとも、想像できる。
だから、主人公が勝手に分解して、組み替えて遊んだことを、叱りつけたのではないか。
(じつは仕事でもなんでもなく、大人の資金を使った道楽で、あれだけの数をそろえて。自分だけで満足し、自分の息子もレゴが好きとわかっていて触らせないのであれば、相当の悪党である。その辺はかなりぼやかして話は進む)

現実パートで好き勝手に組み替えた息子(主人公)に「なんでこんな無茶苦茶な組み換えことをするんだ」とバカにした言い方で責めて。だんだんと、その無茶苦茶な組み換えに「うちの子供。創造力ハンパなくねぇ」とセリフには無いけど、心境の変化が起きて、レゴパートの最後の決戦の部分に繋がるというもの。

そんでいろいろあって。
そのお父さんが所有している大量のレゴ街並で主人公は遊んでいいことになるんだけど。
そのかわり「妹と一緒に遊びなさい」という条件が付いた。

妹は幼児用のレゴ・デュプロ(飲み込まないように一つのブロックが大きい。)を使って遊んでいるようで。レゴパートの最後も、幼児玩具特有のデザインが大味な、宇宙人として組み上げたブロックが、地球を侵略に来たところで終わる。

レゴMOVE2 冒頭10分

2のテーマはその感性の違いがトラブルの原因となっている。
俺の組み換え作品は良いものだけど、お前が作ったのは変な形してるから認めないというもの。
ざっくり言うと、「男の子目線」と「女の子目線」。妹が作った可愛く見える部品を使った作品が、主人公からしてみれば納得できない。なんでそんな形のモノを作るんだと不機嫌になる。

また、妹は小さいから、主人公のコレクションを許可なく分解したり、フィギュアを勝手に自分のコレクションに混ぜてしまう。盗んだとかの悪いコトをしている感覚はまだなくて。
この行為を「レゴパート」では、「街が宇宙人に破壊された。宇宙人に誘拐された」という設定で話はが進む。

確か、ムービー1 から5年の月日が経つ。
宇宙人に攻撃が進み、地球全土が荒廃する。マッドマックスか北斗の拳のように。
この辺から早々とレゴパートと実写パートがリンクし始めて。
主人公も中学生くらいに成長、ちょっと背伸びをした遊びがしたくなって。単純に、「日常」「お城と竜」「近未来」「西部劇」の区分けの中の組み換え遊びから、ちょっと卒業して、世紀末的世界観の遊びをしたくなったと読み取れるのが微笑ましい。

主人公は、1の最後に超人的な能力を身に付けたけど、2では平凡な役立たずなキャラに戻ってしまう。そこで、未来から来たスーパー能力を手に入れた自分に遭遇し、一緒に宇宙人に捕らわれた仲間の救出に向かう。
作戦行動中に仲間を見つけるが。「ここは楽しいから地球には帰らない」と主人公を突き放す。
良くある、捕らわれて洗脳されたパターン。

なんだけど。
宇宙人のボスキャラ「妹」は5年たったとはいえ、小学校低学年(と思われる)。オモチャ(レゴ)で強制労働・虐待ゴッコなんてするわけもなく。
本当に楽しく友達として遊んでいただけ。捕らわれた仲間は「楽しい」という言葉が本心。洗脳はされてはいない。

そもそも「救出作戦」自体が正義か悪か解らなくなってくるという、奇抜な展開に。

最後の最後に本当の本当の敵が現れて。レゴワールドが崩壊してしまい。

結構確信をついたことを書きなぐりました。


アナ雪の基地を買う。

なんかのタイミングでレゴの記事書いてたけど。たぶん建物の記述は初めてかもしれません。何個か買ってたけど。組み上げると片付けるのが大変なので組み上げないままで。リサイクルショップに行っちゃうとか。

ディズニー系は基本的にレゴフレンズでの商品化になるのですが。たまたまバラ売レゴ(シークレット販売)で運良く、アナとユキノ女王が入手できて。

どっちがアニメに似てるかというと、どっちも似てないけど。

通常サイズのほうがかわいいので、建物にあつらえてみる。



でも、劇中にこんなシーンはない!
氷の城の中は、家具・生活雑貨はなにもひとつも無い!!

日本未発売品?

Amazonで購入。適正価格じゃ無かったかもしんないけど。これがあると、クリストフの初対面から狼から逃げるシーンとかがすべて再現できる。


写真は屋外だけど納屋のシーンとか。劇中はロープを掴んでるだけど、狼に追い回されるシーンとか。

そういえばこのショップに来る前に、アナは足を滑らせて下半身がびしょびしょになって、服を乾かすのと暖を取る為にサウナに入ったはずなんだけど。そういうアナの肌けたシーンが、まったく思い出せないから、これからブルーレーで確認する。


あの「いつもの服」はこの店で入手したことを、映像を見直して気づく。

店主はセットに入っていないので、コレクションから適当に似てる人を持ってきた。



「そう、あいつらすぐ俺たちを臭いんだ!」

アナが、サウナに入って着替えているシーン?

「ノースマウンテンに連れて行きなさい!」

ユキノ女王を探しに出かけた時、財布を持っている雰囲気なかったけど。服・靴・サウナ代
・にんじん・他装備品が、入手できている。一応アナちんも王女の一人だから、有名人として顔パスで購入とも考えられるけど。店主もクリストフもアナちん見ても「あんた誰?」的な対応。

このアナちんは足が曲がらないので、ソリのほうを調整して二人が並んで乗れるようにしました。


狼のレゴが欲しくなる。

似てるのか似てないのか分からないクリストフ。

日本だとアニメとかマンガ。今は同世代主人公(小中学生)が多いけど、戦隊とかライダーは少し年上のお兄さん。かつてのロボットアニメ全盛期も主人公はお兄さん。
お父さんみたいな髭ヅラ・おっさんが主人公ということはない。(アイアンマンみたいな)
男の子が遊ぶノーマル・レゴ(シティ・お城・海賊など)は。海外の風習か、日本(私?)が偏った考えなのか。
髭ヅラ・おっさんで「なりきり遊び」できるようなセットになっている。

ただ女の子が遊ぶレゴフレンズは。リカちゃん人形と一緒で、お父さんとボーイフレンド(約1名)しか男性フィギュアがない!そんで髭ヅラ・おっさんでもない!
なのでクリストフもこんな感じのイケメンに。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ぐるぐる危ない土曜び~

6/1。お昼まで新宿本社会議があって。
終わって、急いでお台場ガンダムベースに向かう。
5/31から販売が始まった三國創傑伝を買うために。
いくらガンダムベースだけ限定であっても。次の日の午前中完売はないだろうとひやひやしながら、走っても構わないところは極力走って。途中、ネットで在庫確認して。「残りわずか」の表示に焦りつつ。

まぁ買えたんだけど。
6/2夜、在庫確認してクシャだけ完売。クシャだけ買うという人より、OOとシナンジをいっぱい持って来たんだろうなぁ。
新製品のタイミングで前に販売したアイテムを補充する法則かと思ったらそういう訳でもなかった。

ネットで「創傑伝。全国販売でも活けるだろう!」の書き込み相変わらず多いけど。私も2010年頃の三國伝のアイテムに比較したら、デザインが良くなってるから、全国活けると思うんだけど。

確かに私の知人とSNS繋がってる人達を見ても、三國創傑伝に興味あるのは、ごくわずか。
6/1午後のガンダムベース。お客さんは結構いたのにもかかわらず。創傑伝は並ばずすぐ買える状態なのに。ほぼほぼ無関心。

あの場にいた客層を全国ガンプラ購買層の縮図と考えたとしたら。全国販売に踏み切ったとしても、希望数は売れない。と判断したバンダイはあながち間違っていないのかもしんない。

ビクトリー大将軍がプレバンで、三次受注するだけ人気商品だったんだから全国販売しろ!とか吠えてる書き込みも見たけど。
1次2次3次を足した数よりも、全国展開するための生産量のほうが、かなり多い数なのだとしたら。
「3次まででこの注文数しかとれないのであれば、全国展開できるはずがない」と判断したバンダイはただしいのかもしんない。


帰省先の実家でぱち組。FMGもメガミもフィグマとか、比較にちょうど良い可動フィギュアが無かったから適当なモノで撮影して、Twitterにあげる。

もういろんなところで、比較画像あるからもう撮らないけど。FMGよりエリアルのほうが頭1つ分おおきい。

なんか原作風の飛行ユニットみたいなのを組み付けてみました。


駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索