アトラスの至難は続く。その4

結局トラブル起きた時の対処方とは。
・自分の技量を認め、納得いかない仕上がりだとしても、そのお粗末なパーツで完成にこぎつける。
・もう一コそのキットを買う金銭的負担あろうと、時間がかかろうと、あきらめずに納得いくまで取り組む。
(確かに理想の形であるが、完成までに期日がある場合だと、そう夢みたいにやっていられないこともある。)
・完成をあきらめて投げ出す。

今回たまたま知り合い二人が私と同時期にアトラスを組み上げることになり、私より速いペースで組み上げていく過程を知って「彼らが順調に進んでいるのに、なぜ私だけトラブルに見舞われているのか」と、いろいろ焦ってしまったが、そもそものところ「アトラスガンダム」は、最近の1/144のガンプラと比較すると圧倒的に難儀な部分が多いモノだということを、改めて認識することにする。

そういうことを踏まえて、5月末までにアトラスと水中型ガンダムを完成させ無ければいけない目標の、「水中型ガンダムを諦める」コトとし、冷静になって取り組むことにする。(ということで、今日のサンデークラブも欠席)
ゴールデンウイークをフル活用すれば、そりゃ2体の完成は間に合うもんなんだけど、「高齢の両親に顔見せする」ということを蔑ろにも出来なくなってきているので、ゴールデンウイークは実家に帰るから作業は中断。

完成間近に時間を取られている。サブレッグのアーム部はその難儀な部分の塊だ。
まず材質。例のポリキャップが無くても滑らかな可動を維持できる柔らか材質に加え、貼り合わせの接合面を消す作業が必要。に加え接合面の複雑な凸凹がペーパー掛けし難いときてる。濃いグレーの上に白を塗らなければいけないこと。どちらを先にマスキングするかを含め白とグレーに塗り分ける必要があること。(しかも色の境界線のモールドがダルい箇所が存在し、マスキングテープが非常に貼りづらい。)

前段階では、サフ吹きから白を吹いて必要以上に厚ぼったい塗りになってしまった。
20170423211721823.jpg
グレーの部分は、エナメルで吹いてはみ出しのふき取りやリタッチを楽にできる算段でやった。基本筒状のパーツなので、直線にぐるぐるテープ巻き付ければおしまい。と楽観的に考えていたが、実際3次曲面になっており、精巧なマスキング貼りが要求される。そして半分の部位のマスキングで塗装してみたが、納得がいく塗り分けの仕上がりにはなっていなくて。部分的に、白とグレーのパーツを切断することにした。

塗装済みになったパーツを切断して、中空になっっているアーム内にポリパテを詰めてとか進めていたけど。

苦労した白い塗装だが、切断面は成形色濃いグレーがむき出しになる。生乾きのサフの塗膜に触ってしまったり、引っかき傷が付いたり。完全硬化したはずの白の塗膜が割れだすとかも発生し、全体的に塗膜を剥がす必要な箇所も出てきて、そうなると、塗った部分と、リタッチした部分や新たに白の塗装した部分の色味が統一できる保証も自信もなかった。

こうなってくると、さすがに気持ちだけ焦って乱雑な作業工程を続けたところであっても、納得がいく仕上がりがというか、トラブル続きで「アトラスも」「水中ガンダム」もどっちも完成しないという最悪なケースがリアルに頭をよぎってきたので、
「水中型ガンダムを諦める」コトとし、冷静になって取り組むことにする決意が自然と出てきてしまう。(水中型ガンダムが完成しないことで、多少なり迷惑をかけることになる関係部署はあるのだが、それはもう仕方がが無い。)

キットをもう一個買ってきて。1からやり直す。
ずっと昔からそうだけど、クレオスのホワイトサーフェーサーはなんであんなに乾燥が遅いのだろうか。30分程度で完全硬化してくれないから、結局ホワイトサフを吹いたことの効果得られることなく指紋が付いて、すべて剥離。結果パーツを痛めてしまい新品のパーツで1からやり直す最大の原因となった。

実はすでにトラブルの補修用で、2個目は買ってきて、何点かの部品は抜いて使っている。
パーツを切断して使用する場合、切って無くなってしまう部位があるから、結局切断した部位は片側しか使えないケースがあることはご周知のとおり。今回のアーム部もそのケースに当てはまり、3個目を買ってくる必要ができてしまった。

サンダーボルト6話見た。
ネタバレ注意報











基本的に、単行本の6巻全部をほぼアニメにした感じ。コミック版ではアクロバティックな掲載順序も時間軸で再現。
6ページに渡ったジャスセッションのシーンも、時間をたっぷり取った(笑)演出。
複数ズゴック対ガンダムの時間に意外と時間をかけたため、最後の見せ場の対グラブロ戦は結構端折ってる。
「使えるじゃねえか!レールガン応用の電磁パルス・ガード!!」が無いし。
「狙いどころが悪かったな!アトラスの盾は超耐熱性だぜ!も言わない。
アニメではグラブロの右手は破壊されないんだけど、グラブロのパイロットは「右腕はあげるよ」ていう台詞があってコミックでの「貴様に左腕もくれてやるわ!!」のくだりはない。
コミックではグラブロの左腕でつかまれながらビーム砲を受けているシールドの耐久性限界のタイミングを見極めて、ガンダムをグラブロに突進させていた中村君なんだけども。
そういう計算無しで、ただシールドが壊れたからあわててグラブロに切りつけたようにしか見えない。
のに、グラブロのパイロットは「こいつ!発射のタイミングを」って言うし。(コミックと同じ「タイミングを見切っ…」とは言ってない)

コミック版でスピーディな迫力の展開のシーンだっただけに、完全アニメ再現できていないことが非常に残念。


5/3 追記
帰省は優先だか、出来ることはしておきたい。
分離したパーツを真鍮線とかで接続。密着して接合したつもりだったが、サフ吹きしたら、隙間や段差が現れる。
連休中に完全に下地処理を済ませて、次の休み(5/13)にはすぐに塗装ができるようにする。
スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

トミカビルドシティ その2

ドライブヘッド。マシンに搭載しているブラックボックスの都合でシンクロ率の設定が浮上。
なので小学生ドライバーになってしまった。
シンクロ率にせざるを得なかったは、大人の事情で仕方ないのは分かるんだけど。
そもそもブラックボックスの亡くなった博士が組み込んだ謎のシステムだから、あの特別救急隊の人たちもなんだかわからない、ということになっちゃったてる。
せめてブラックボックスがあるおかげで、ビークル形態から人型に変形できるシステムが得られたとか。
他の一般建築用のウォーカービークルより、より人間らしい動きを再現できるようになった。とかの説明が欲しかったところ。

今日の放送では、ホワイトホープーのバイパー交換で何が違うかはっきり言わなかった。まぁ「スピード」か「パワー」が安直に思い付くところだけど。救急車だから「精密な動き」とかいうのもあるかもしんないけど。
今日の放送を見る限り注射器銃から「破壊的なモノ」を射出する場合と、クッションとか補修剤とか「やさしいモノを射出する場合の違いだけかもしんない。来週はソニックインターセプターのシンクロ合体の話だから、もしかしたらきちんと説明する回は無いのかもしんない。


トミカビルドシティ・ベーシックセットだけでショッピングモール作ると、店の一件は一般住宅。もう一件は交番という構成になってしまいます。
20170402111653207.jpg

トミカビルドシティに、セブンイレブンとスシローが追加販売されました。ので、再度ショッピングモールをセッティングしてみる。
DSCN0705 (1280x960)
と言っても、ショッピングモールのメインの一件がセブンイレブンというのもどうかと…
DSCN0706 (1280x960)



ショッピングモールの周りに、屋台のクルマを並べて、『食べ物フェス』風にしてみる。
DSCN0707 (1280x960)

DSCN0709 (1280x960)DSCN0708 (1280x960)
DSCN0710 (1280x960)

ブロッケンが仲間を連れてきたぞ!
DSCN0711 (1280x960)
DSCN0712 (1280x960)

私が買っていないビルドシティは、ガソリンスタンドと警察署があります。
メーカーからその後の情報がまだありませんが、消防署は出るのではと予想します。
個人的にはお店屋さんが増えることを希望しますが。
このシリーズは同じ形・大きさのコンテナボックスのイラストが違うだけの簡易的なモノ。
セブンイレブンはハーフプレートの駐車スペース。スシローは支柱を付けて一階は駐車場・2階が店舗。という付加価値を付けていますが。今後も何かしらのオマケパーツが行かないと「イラストが違うだけの箱」だけをポコポコ発売したところで、売り上げは作れないでのしょう。

この記事は編集作業中です。

わたくし、しももだ・もおお。Twitter始めました。
フォローしていただける方、募集中です。(こちらからもフォローさせていただきます。)
しももだ・ももお Twitter

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

アトラスの至難は続く。その3

身の丈に合わないことをするもんじゃない。


去年は結局、4月頃に完成したスコープドック以外、完成させることが出来なかった。
その間半年以上のブランクが、と言い訳するほど、工作技術も塗装技術も持ち合わせてないけど。
ただ塗るだけの作業が思うように進まない。

言い訳するなら、水中型ガンダムもアトラスも近年のガンプラに比較すると設計が雑。というか、一つのパーツに何色か重なっている部位が多い。私の製作工程に半年のブランクがあるとしたら、「この程度の塗りわけができる」と楽観的に判断してしまったこと。作業していない期間に、自分の能力を過信しすぎている。出来やしないのに。

思い返すと、ここ数年は作業効率優先。部品数が手頃で、無駄な塗り分けの少ないアイテムを選んで作ってきた。トラブルもほぼ無かったから、「オレすげぇ~」と根拠の無い自信だけが膨らんでいた。

今回も何度もマスキングのトラブルが発生して、今まではとりあえずすぐにリカバーに入るんだけど、今回初めて「どうやってリカバーすればいいんだ。」と10分以上何をすればいいか分からなくなり固まってしまったことが何度かあった。
今塗っていたところにマスキングテープを施し、覆っていたところのはみ出したところを、再度エアブラシで吹く。筆塗りでリカバーしたり、なんか境目がずれてるけどこんなんでいいやと妥協したり。

今回、模型屋のコンテストとかあって、5月中にアトラスと水中型ガンダムを仕上げなきゃいけないから、大好きな模型の会合も休んで、作業に取り組む。「完成させる」と決めたら時間制限を設けて集中して取り組むのは、一つの正解だけど、焦ってしまうと作業が雑になり、失敗を誘発する。
「来週土曜日、出勤だから」と、言われたことが、今日の焦りの一番の要因。次の土曜も出勤。

今回はしっかり余裕をもって作り始めてたんだけど。関節の黄色の丸や胴体の黄色いライン。付属のラインシールの「周りの部分」をマスクングテープ代わりにしたら上手く塗りわけができたことがあったから、同じようにやったのだが。
前回のそのキットよりアトラスは繊細な塗りわけだったから、思うようにうまくいかなくてリカバーに時間が取られる。
レールガンを欲張って、白にすると決めてしまったから。
黄色の上にきれいに白を乗せるのにも時間かかったし、思ったより塗りわけ箇所が多くなってしまい。また時間が書かかる。

昨日は記事を書くのが乗ってしまい、ドライブヘッドの記事で時間を取られてしまったのもあるけど。昨日の作業での目が疲れが取れず眠気が取れず作業がはかどらない。サブレッグなんてただ成形色の色を乗せるだけなのに、凡ミストラブルなどで、結局少ししか塗りきれない。

DSCN0703 (1280x947)
計算では、アーム部まで塗りきれると思ってたんだけど。サブレッグが必要以上の塗りわけがあったことを、気付く。

4/23追記。結局ここまで。

アーム部が塗りきれない。シールドも残っている。

マスキングして、上から吹き付ける塗料をエナメルにする。そうするとはみ出たときのリタッチは楽。というより。
白とグレーの塗り分け。筒状の部位をぐるぐるテープ巻けばマスキングできると踏んでいたのだか、予想以上に三次曲面のマスキングが多く進行が滞る。
いっそのこと、白とグレーの部位で斬り別けて作業したほうが、きれいにトラブル無く仕上がると思ったので、そうしよう。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

トミカ・ドライブヘッド見た!

4/16追記
しくじり先生に真野恵里菜ちゃんが出たらしい。たぶん生徒のほうだと思うけど。
「当時、仕事が無さすぎて、変なロボットに乗る役のドラマに仕方なく出演せざるをえなかった。自傷・総監督とか言ってる人が、何を言っているのか分からなかったので大変だった。」とか、言ってたと思うと怖いでした。
(その番組は見ていません。すべての私の妄想です。)
___________________

今日から放送のトミカハイパーレスキュー・ドライブヘッド。 近年ロボットアニメに無かった、王道で懐かしい感じのアニメです。
ふれ ○ ○ あー○○ ーるにうつつを抜かしてる若者に「ドライブヘッド見ろ!」と渇をいれたい。
1990年代、テレビアニメになった時のパトレイバーって、こうあるべきだったんじゃないか!と思ったり。世界観はパトレイバーに近いです。
前シリーズは。グリーンレンジャーが含まれず11月の消防車で打ち切られたから(約半年。ハイパーなんたらは毎年1年は通してた)、やっぱり「人型ロボットは、子供に受け入れられない時代になったか?と思ったんだけど。こうしてアニメ化。
ウォーカービークルがすごく売れたからのアニメ化なのか、テコ入れの為のアニメ化なのか!?
そもそも26話位でやめるつもりなのか1年やるのか。前シリーズに無かった新規メカが発売されたら「ウケてた」。前シリーズのリデコだけで終わったのなら「ウケなかった」ということなのでしょう。

1話で行きなり主役ロボが登場したけど、2話から小学生主人公がなんでドライブヘッドになったかの経緯をやるみたいなので、視聴者を釘付けにする演出でした。
TBS アニメ公式HP
結構、リアリティーのある世界観(未知のエネルギーとか、玩具で再現できない変形合体とか、不可思議設定が無いという意味)でやっているだけに、小学生主人公の設定には違和感ありますね。そこはうまく2話で説明してくれるのだと思いますけど。
もう1つの違和感が、主人公ロボの巨大な装備が唐突に手に持ってしまっていたこと。オモチャでは、装備を使わないときには背中に固定できるようになっています。アニメではデシタルモデリング?だから普通に動かすところで、背中になんかくっついた状態のままができないんだろうから。せっかくサポートビークルという、大型の現場指揮車が随伴してきてるんだから、そこから装備を射出するくらいにして欲しかったところです。



発売日当日から、購入特典キャンペーンがやっているということもあって、朝一番にトイザらスに行く。開店5分前には20人くらいの列。みんなドライブヘッドを狙ってる!?
いざ開店してみると、みなさん各所の売り場へとバラバラ移動。オタクっぽいお兄さんは限定色トミカを手に取ったり、ホットウイールの新製品を手に取ったり
ドライブヘッドにこだわっていたのは私だけだった。

実際私の本当の目的も「購入特典キャンペーン」だけ。昨年ウォーカービークルをとりあえず全種買ってしまった立場からすると リデコレーションでもう一回買うのは少し考える。基本的な違いは頭部を含むミニカー部。マーキング。装備の3点。私が思う魅力的なところは装備品だけ。
主役のソニックインターセプターは。頭部が前シリーズと比較すると、主役アニメロボ的に差し変わっているけど、キャンペーンで武器がもらえるのだから、わざわざもう一個買う必要はない。主役ロボなのだから一家に1台でいい。(黒いのは機動隊のは持ってる)
ホワイトホープはミニカーが2種という私的に一番面白味の無いリデコなのでいらない。
となると買う商品は新装備品が付いているレスキューバックドラフトに決まり。去年買ったバージョンもあるけど、こういう支援ロボットは複数いても気にならない。(ガンキャノン108 109みたいな感じ)
DSCN0689 (1280x960)
こういう感じのがもらえる。


開く。可動はラチェットになってるからカチカチカチと動いて固定されます。


まず、気になったのが、前シリーズで最後の商品まで解決していなかった、股関節のグラグラ。
リデコ版も「満足」と言えるほど解決はしていなかった。
DSCN0697 (1280x960)
ばらして、ビスを閉めなおすとある程度解消できる。
ちなみに買ってから装備品(スナイパーライフルと超硬度シールド)意外パッケージから取り出さなかった黒インターセプターをようやく組付けたんだけど、初めて股関節が固かった。
電撃誌 TOY変形紹介動画
動画の電撃誌のお兄さんがタカラトミーの社員さんに「かっこよくポーズ付けしてください」と言われて、それなりに時間をかけてポージングさせたんだけど、それほどカッコいいポーズか?って感じになってる。
今さら書くことになんだけど、これは電撃誌のお兄さんのセンスが無いわけじゃなくて。ウォーカービークルは関節可動の個所は多いかもしんないけど、それとカッコいいポーズが取れるかは別の話、というコト。
首が回らないというのが一番の原因で、あと必要以上に股が開いた状態でないと位置固定できないとか。その股の可動域に対して足首が動かないとか。の理由からなんだけど。

DSCN0691 (960x1280)DSCN0700 (960x1280)
透明の超硬度シールドは、リデコ商品には付属しない装備。リボルバーピストルを固定させることが出来ます。
パトランプブーメランのやり場が無いことに気付く。

DSCN0693 (960x1280)DSCN0694 (960x1280)

気になるのが今後の展開。
建築の黄色い(オレンジ)のは特に敵側でリデコされるのではないかと予想。

ばたばたチャンネルの住人は、ドライブヘッドが嫌い?
なんか掲示板で見たのが「パワーアップって言ったって、手足を交換しているだけじゃん。」と意見が多数。どうやら戦隊ロボみたいに上から被せて大きくなるのがパワーアップというの認識が強いらしい。(合体後、余剰部品が出ることが神経質に嫌う住人が多い)
一理わかるところもある。が、完全新規のソニックインターセプトの後継機(青色)や新規サポートビークルが出ることがあっても、勇者シリーズやエルドランシリーズのようなグレート合体は無いだろう。と思う。

ビルドシティと並べる。
DSCN0702 (1280x960)
ロボ魂イングラムとビルドシティの対比比率が間違ってたとは思わないけど、この「街並みに表れた巨大ロボット感」はそれはそれで迫力があります。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

アトラスの至難は続く。その2

サクラダリセットは、聞いたこともない若手声優多数ががきゃーきゃー言うアニメではないので、とても安心して見られました。
花澤さんの、ぼそぼそ言う演技プランは、いつも好き。昨日見た黒髪の乙女とは非常に対照的。
続きが気になります。

今日はここまで。
DSCN0685 (960x1280)
希望としては、昨日の段階でここまで出来て、今日は武器とか塗り終わるようにしたかったんだけど。

DSCN0684 (960x1280)DSCN0687 (960x1280)

DSCN0686 (960x1280)

トリコロールで塗ってみて。
なんか以前、こういう丸っこいガンダムつくったようなぁと考えてみたら。
ビギニングガンダムだ!
とか、思い出す。


「夜は短し歩けよ乙女」の原作本を買う。

今店頭の目立つところには、オフィシャルガイドと同じ赤い表紙の文庫が並んでいると思いますが、あえて児童文庫のほうを買ってみました。

すべての漢字にふりがながふってあります。

難しい単語に注釈がついています。
冒頭の展開は映画と同じ、黒髪の乙女(花澤さん)と東堂さん(山路和弘さん)との、偽電気ブランが飲みたいというくだり。
そういえば花澤さんと山路さんで、サイコパス2でも親しく話す間柄の共演だったなぁ…とか思い出しました。


かわいい挿し絵が多い。

各所に「先輩」か「乙女」のアイコンが付いているので、この先はどっちが話を進めるのかが簡単にわかります。

とは言え、文章自体はオリジナル本と同じわけだから(一部変えてあるところはあるらしいけど)、意味が分かり難いことには変わらない。とても児童向け文庫ではない。と思ったり。
私は小学生のころから、読書して余暇を過ごす習慣が無かったから(暇なときは常にキャラクター系プラモを作ってたから)、それがおじさんになるまで継続され、今でも活字は苦手です。
でも昔から、夏目漱石先生とか太宰治先生の本をすらすら読んじゃう小学生も結いたわけだから、問題ないのかも?



この記事は、編集作業中です。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

アトラスの至難は続く。

あーあ…
ToLOVEるの結末(18巻)。あんな感じで終わらせるしかないよなぁ。ていうか、延々と続けられる話の展開なのに、連載を切らなきゃいけない程度になっちゃったんだとかも思う。

フレームアームズガール。身内からの反響がスゴイ!
私はATXで見てるから、昨日ようやく見られた。
ただ、私ももうおじさんなので、聞いたこともない若手声優多数ががきゃーきゃー言うアニメは見てて非常にに厳しい。
せめてスクールガールストライカーズ出演者くらいまでの若手であれば納得いくところ。

ガールズ達。プラモデルよりデカくねぇとか思う。

空から荷物が降って来るとか、フレーム骨格の半完成品状態に、装甲を組み付けるとか、
バトルフィールドの状態とか「ダンボール戦記」臭が漂うと思うのは深読みしすぎか?

半完成品のフィギュアの話だけど、模型工作ネタが練りこまれてオモロイという情報も聞いていたので、期待値が上がったのか下がったのか。
「管理人さんからニッパー借りてきた!」って日笠ちゃんが言ったとき。「それはコトブキヤのすごくよく切れるニッパー!」とか驚くんじゃなくて、「それは電気修繕等に使う金属線を切る為のニッパーだから、今回は使わないでください。」くらいのことを言うのかと思った。

装甲を付けてもらうことにこだわっていたわりに、気が付くとパージしてるし。
なんでバーゼラルドまで来たのか。スティレットまでのくだりでいいじゃん。てかバーゼラルドは実際のキットもそれまでの商品と仕様が少し変わった経緯があんだから、新型フレームとか言って出し惜しみしろよ!(アーキテク子の方を先に出すとかして)
一家に一匹じゃなくて、なんで日笠ちゃん宅に集中するかも謎。

思ったよりヒザの処理に時間が取られた。


これから、花澤さんの映画を見に行こうと思う
開演21:45からのヤツ。
夜は短し歩けよ乙女

映画を見てきました。花澤さんのノリノリの演技がカワイイ。すごく面白かったです。
上映館は結構あるのですが、上映時間に制限があったり。(朝一と21時以降とか(^ω^))
お酒を飲むのが好きな方がより楽しめる内容です。
黒髪の乙女があれだけお酒を飲み続けたら、悶絶するほどおしっこが止まらないんじゃかと思えるくらいに豪快に飲み干します。

なんだか、しっちゃかめっちゃかの壮絶な展開で話が押し進んで。結局どうやって終わるんだろぅとすごく心配になるのですが。(結構最後の方まで、主人公の星野源さんの台詞が思うほど無いこととか)。最後がとても綺麗に締め括られます。
(いろいろな場所で、いろんな出来事が起こるのですが、大筋はたった一夜のお話。なので基本的に登場人物の服装も変化はないのですが。最初に出てきたときは生足だった黒髪の乙女が、学園祭のシーンに突入した瞬間に黒ストッキングに履き変わっているのが艶めかしい。どこ!どこでどのタイミングで履いてきたのかを妄想。)

そんでエンディングロールに入るのですが。

茶化す意味はなくて、なんでエンディングテーマが「恋」ダンスじゃないんだろう、と本気で思いました。それほど、お話の最後の最後は、イイ感じにまとまってるんです。
当然帰りの車は、星野源さんの「恋」をエンドレスでかけまくりました。
先輩と黒髪の乙女が並んで人差指を立てた手をぎゅーっと交差する仕草とか、さまざまな登場キャラが「恋」ダンスするさまが、頭をよぎります。
もう一回見に行きたいです。


4/9 追記
頭つけてみた


さっき、さんまさんのテレビ見てたんですが、「旦那のコレクションフィギュアを捨てる嫁」の話題になって。
ある女優さんが「フィギュアがあるこで何の意味があるんですか?」と言って、さんまさんが「旦那さんはフィギュアを見てると気持ちが癒されるんのよ」とフォローしれくれて。
次に「最終的にフィギュアは棺桶に入れればいいんですか?」という発言をしたら、「もし亡くなってしまった時でも、仏壇のところにフィギュア置いて旦那さんを思い出してあげればいいじゃない」とさんまさんが返答したら。「死んでまでも置いておかなきゃいけないんですか」とキレながら言い返していました。
私はまだ結婚をしていませんが、奥さん(女性)の価値観ってものすごいな。と思いました。

わたくし、しももだ・もおお。Twitter始めました。
フォローしていただける方、募集中です。(こちらからもフォローさせていただきます。)
しももだ・ももお Twitter
この記事は編集作業中です。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

トミカビルドシティ

4/3追記
オルフェンズについて。
「鉄華団がの戦力が優勢になって勝てそうな時に、だいたい戦力差を覆される何かが起こって劣勢に陥れられる」ってループを何回やったのだろうか?それをやり過ぎたから今さら最終回だけハッピーエンドで締めくくるというのは無理だったと思う。
けど、宇宙からダインスレイブでバルバトス仕留めることは個人的にはやり過ぎだったと思う。あそこまで追い詰めなくても。
あの最終回は好きか嫌いか。SEEDみたいに絶対無敵の強さを持った主人公ガンダムの話に飽き飽きした人は、逆にオルフェンズは良かったって言っているかもしんない。
最終回だまでの一連の流れは、バンダイさんの思惑とは違った展開だったのでは。あの話を見てプラモデルの購買意欲はあまり沸かないと思うし。そいう意味では、プラモデルを売っている小売店に迷惑なダメ脚本だったと思う。


気になってた商品を買う。

今までのトミカの建物より小さいのですが、一般的なセダンタイプのトミカ(1/60~1/80くらい)と違和感ない大きさ。

つまるところ、

イングラムにちょうど良いっぽい!
ブロッケンやタイラント2000が届いた時にこそ本領発揮になること間違いなし。
基本的な建物ユニットは同じ大きさなのですが、印刷シールと看板で同じ箱には見えないのが素晴らしいです。

セット品を組み替えると

立体的なショッピングモールに仕上がります。トミカじゃなくてダイアペットのミニカーでは1/64の公共バスのラインナップがあるので、まさに並べるとちょうど良さそうです。

建物ユニットは、2種類ありまして、

そのうちの一つは、ぱかーんってなります。





ガンダム塗ってます。

あんまり、はかどらない。

私は、何かにつけて後ハメ加工をしてしまうのですが。
今回マスキング作業をしていて、マスキング作業が苦手なことが、どうしても克服できないことが悔しく実感してしまいました。
AOKさんやOMさんが綺麗に仕上げていくのを見て、自分の不甲斐なさが非常に腹立たしい。


マスキングに時間がかかってしまうことをそんなに面倒臭いとはそんなに思わないのですが。時間と手間をかけたわりには、テープを剥がした時きれいなラインが出せていない。

面倒臭いとそんなに思わないから、半年以上細かいマスキング作業をやっていないと、俺はマスキング作業は人並みには充分できると勘違いしてしまうんだけど。
本能的に「マスキングに時間かけるわりに仕上がりがいまいち」「切ったほうが絶対に綺麗に仕上がる」と覚えているから、可能な限り切り刻んでしまうことを優先、後ハメを選択していたんだなと痛感しました。


2017/04/02 22:00
いろいろトラブルが発生して

あんまり進められませんでした。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索