群馬県桐生市サンデークラブ定例会 19回目

今日は群馬県桐生市近郊のモデラーさん達で募ったサンデークラブさんの例会に参加させて頂きました。

家に着いてから慄く。

確かに、今朝は朝食後にちょっと転寝してしまったから、慌てて着替えて家を出発した。まさかこんなスパイ丸出し(サンデークラブの好敵手・前橋ジオラマ部のトレーナー)の格好で、何食わぬ顔で例会に出席してしまっていたとは!例会中は、特に誰にも指摘されることはなかったけど。

模型誌が発売になったばかりなので、この先の購入と製作プランについて大いに盛り上がりました。

DSCN0608 (960x1280)
メンバーのタヤハツさんが運営スタッフになっているカーモデルオンリーの展示会が6月に開催されることになりました。詳細はこの紙がすべてといえばすべてなんですが、補足事項が増えたら、5月あたりに改めて告知させていただきたいと思います。

DSCN0600 (1280x960)
キットの改造ではなく、プラ材の削りだしで完成してる飛行機です。

DSCN0605 (1280x960)
海外製のプラモデル。ドアが開閉するように改造しています。

DSCN0607 (1280x960)
今年の展示会のテーマ「1/144スケール」に関するアイテム。

DSCN0601 (1280x960)DSCN0604 (1280x960)

DSCN0603 (1280x960)
ワンフェスにも展示していましたが、バンダイが「ねんどろいど」や「キューポッシュ」的な3頭身程度のプラモデルを発売していくみたいです。
第一弾のラブライブのキットは、胴体一つに対して頭部が3個入っている。
余った頭部をどいう風に有効利用するかを模索する。
DSCN0609 (960x1280)DSCN0610 (960x1280)
ガンプラの胸像シリーズは、「瞳」多色射出技術を使ってんだけど、このラブライブさんは、瞳はくりぬかれてるけど、紙のシールを貼る仕様。シールを貼らないと結構怖い。

----------------------------------------------------
サンデークラブと関係ありませんが、
先週のワンダーフェスティバルで、前に住んでいた場所での知人「Clash!」さんが、頒布していたフィギュアを紹介したいと思います。
DSCN0566 (960x1280)

DSCN0572 (1280x960)DSCN0565 (1280x960)
浴衣という複雑な構造の服飾を見事に再現しておりまして、かなりのお客さんが足を止めて写真を撮っておられました。
夏のワンフェスでも販売予定とのことなので、実物を見にいらしてください。
パーツも、バリもズレも気泡もほとんどない、かなり精度の高いフィギュアです。


わたくし、しももだ・もおお。Twitter始めました。
フォローしていただける方、募集中です。(こちらからもフォローさせていただきます。)
しももだ・ももお Twitter


スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

レイバーとモビルスーツ

今月の模型誌で、タイラント2000がROBOT魂で発売が決まったのがうれしいですね。
しももだ・ももお でした。

去年の 真野恵里菜の出演作品の本数。世間の注目度・関心度を集計すると、実写版パトレイバーは、今こそもう一度掘り起こして、その存在を広めれば、劇場公開時より高評価されるであろうと心底思う。
ただ、最近ちょっと実写版を見返したのだが「逃げ恥」に出てた真野ちゃんとパトレイバーの真野ちゃんは、まるで別人だった。
おだじょーが仮面ライダーやってたのを隠しているらしいから、真野ちゃんもパトを代表作には入れないのかもしれない。
去年やってたテレビ番組で、ブレイク真っただ中・真野ちゃんの特集があって、真野ちゃんの芸能界における恩人に合うという企画があって。恩人は押井監督ではなかった。

聞いて驚け!
DSCN0597 (1280x960)
あの1/60・PGザクにはダイアクロン隊員を乗せることが出来るのだ。
さぁ、みんな、真似するのだ!


ロボット魂イングラムを買ってから、同じ縮尺でイングラムを圧倒する大きな車両かロボットがなんか欲しかったのですが。別に非武装な建築車輌みたいなので良かったのですが、都営バスとか意外にそんな都合のいいものが見つからなくて。
アーマードコアのデカいプラモか、パシフィックリムのロボットとか、ハイメタル・デストロイドモンスターを買おうかなとかも検討したのですが、「スケールが違う」というのが歯止めになって購入には至りませんでした。


パトレイバーの世界にモビルスーツがいたら、
なんで「MS-06」に気が付かなかったんだろう!!
DSCN0596 (1280x960)
とりあえず、こんくらいデカい。
1999年。レイバー(人型ロボット)の運用が、8mくらいの大きさで間に合っているというのに、10m越えのコンバットアーマーや18mのモビルスーツのような人型の大きさが必要なのか?とか考えてまとめて小冊子作ったら、コミケとかで売れるかもしんない。

DSCN0598 (1280x916)
ランナーに1999って書いてある。白箱のMGサザビーとかコトブキヤのMMゾイドとか組立てた後だと、非常にざっくりとした部品構成。正直バージョンザク2.0の方が部品多いんちゃうんか。とか考える。背中から腰に回る動力パイプ。既定の長さより短い設計で、スプリングを伸ばしてバックパックと前腰に固定するだなんて、いまさら知って轟く。ぱかぱか各所の装甲が開いてメンテナンス中っぽくなるんだけど、密度が無くてかなりスカスカ感がひどいとか。(コクピット周辺とか、足裏・つま先とか。)

妄想ついでに。
RAILWARS!鉄道公安隊・第四警戒班って、特車2課・第二小隊をパクってるとは言えないけど、意識はしてるよね。(っていうか、警察っぽい?組織の話という点では似てしまうよねと言うべきか、)
仮に、特車2課に当て嵌めてみると、
やたらリボルバーカノンを撃ちたがる1号機とか、両手にスタンスティックを構える格闘戦重視の2号機とか考えると、なんかツボにはまりました。

ようやく完成!
DSCN0613 (960x1280)
世界観がぜんぜん違うんだけど、縮尺はほぼ一緒。強引に同じ世界観にいたらと妄想する。
「なんであんなにデカいの?」「あの背中の推進器は何に使うの?」とイングラムの操縦者が聞いたとしても、「ジオニック社の連中が作ってしまったんだから仕方ないだろう。」と答えるだけ。外国人がやることは良く分からないという結論で。

DSCN0615 (1280x960)
いろいろ1/60~1/64あたりのメカニックを並べてみた。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ダグラムの秘密

わたくし、しももだ・もおお。Twitter始めました。
フォローしていただける方、募集中です。(こちらからもフォローさせていただきます。)
しももだ・ももお Twitter

花澤ロスで、会社をさぼってしまった(ウソ)、しももだ・もおおでした。

あの、2017年ベストTOYナンバー1候補の「HI・METALR ダグラム」 です。

ばたばたチャンネルで、お腹の蛇腹パーツをぐいぐいやるとカッコ良くなるって書いてあったから。真似してぐいぐいやってたら、前後をつないでいる接続ピンがポキリと折れてしまった。
そのタイミングから、なんか胴体の中からカラカラ音がするようになってしまった。



折れた接続ピンが胴体に潜り込んだっぽい。
とりあえず、ここまで分解してみたけどカラカラ音の原因は判明せず。

首(頭?)なんか上下に動かなくてもいいから。
DSCN0588 (1280x958)
各所パーツは接着でくっついているから。可動部の棒をカッターを差し込んで切断。

まぁこんな感じになるんだけど。
DSCN0586 (1280x947)
頭下のパーツを取り除いでみてもまだ、カラカラ音の原因は判明せず。接続ピンが紛れ込んだ可能性は無くなった。各所に穴が開いているのは、どこかの空洞に何かしらの欠片がまぎれていると思われたため必死に採掘。それでもカラカラ音の原因は判明せず。

パニック!

もう、ホント意味わからない。ここまで穴だらけになってもカラカラ音は止まらない。気味が悪い!
一心不乱 に、しゃかしゃか振り続けて。

どうやら左腕肩関節の中が怪しいと分かり接続合わせ目にカッターの刃を差し込んで切断分解。
DSCN0589 (1280x948)
結局、何が挟まってたのかは分からなかったけど、何かが取り除かれてカラカラ音は解消!
と思ったのだが解消はしていなかった。

ということで下腕部も分解。っていってもネジ外す場所はないから、またまたカッターで切断分解。

なんとも手首のジョイント棒が紛れていた。


DSCN0581 (943x1280)

ネットで、胴体が曲がって接合されているなんて囁かれていますが、それは気のせいかと思われます。
DSCN0582 (960x1280)


DSCN0583 (1280x922)DSCN0584 (1280x900)
かなりがっちり組合わされた肉厚の硬度なダイキャストパーツなので、ペンチで「えいっ!」てやれば補正できるものではありませんでした。

金属部の曲げで修正できないのなら
DSCN0591 (935x1280)
ネジを片方にだけつけて。上下に動かして調節できるようにします。あらかじめ背面の接続部の切り欠きを広げる必要があります。

そんで元に戻す。

DSCN0592 (1280x959)
こんな感じでよろしいと思われます。

首下のパーツの可動が犠牲になってしまいましたが、個人的には納得しています。
結構、強引・豪快な作業工程なので、お勧めはできません。
(真似する人もいないと思われますけど)


この記事は編集作業中です。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

まだイングラムで遊んでるよ (=_=)

昨日は前橋ジオラマ部さんの部会の日でしたが、東京・本社の出張会議だったので、部会に出席できませんでした。


1989年に発売していた、パイソン。1/60と表記してあるから、プラモのイングラムと並べようと当時に買ってたヤツなんだけど、なんか小さいなコイツと当時から思っていた。たまたま倉庫から引っ張り出して来てみたら、ROBO魂イングラムと同じスケールであるのではと判断しました。
DSCN0288 (1280x960)
褐色化した白色とか、パーツ同士のハメ合わせがぴったりしないとか、ゲート跡やパーティングラインが気になるけど、プロポーションってそんなの悪くないんじゃないのとか思います。
そもそもあの世界で、ほぼ人間の動きがトレースできるようになったのはイングラムが最初なわけだから。このパイソンのトイが、27年前の技術でこの程度しか再現できていなくとも、レイバー技術の進歩の比較を考えれば、これはこれで正解だと思います。

DSCN0289 (960x1280)DSCN0290 (960x1280)
20年近く倉庫に眠っていたから、なんか胸に溶けた跡が付いていた。
スタンスティックは1/60のプラモのモノ。シールドは商品の付属しているモノのですが、なんかこういう風に持たせられるように、当時の私が加工していました。
DSCN0291 (960x1280)
このパイソン見つけた時、片づけていた同じ箱にボークスのレジンキット。1/72「ヴァリアント」の組み立て途中のモノも見つけた。
1/72だったからプラモのイングラムよりは小さいんだけど、ロボ魂のイングラムよりはデカかった。(ロボ魂のイングラム。私が商品の実寸から計算した縮尺は約1/62。)
機会が出来たらその写真も紹介します。

DSCN0594 (960x1280)
手首をデザートザクの手首に付け替える。警棒は1/48実写版プラモのもの。

このパイソンを踏まえると、イングラムもそんなにひどい商品でもないであろうとも思って購入。
20161114231326240.jpg
DSCN0293 (1280x960)
金属フレームは共通で、イメージががらりと変わる。 イングラムの頭部はフレームの中がのぞけるように目とか額の半透明のカバーパーツがありません。足首はフレームが無くて、足首部位の大きさの違いで、パイソンの方が背が高いです。

DSCN0284 (1280x960)DSCN0287 (1280x960)
ROBO魂との比較。
DSCN0285 (1280x960)DSCN0286 (1280x960)

今日がワンダーフェスティバルだったので、会議のあと実家に一泊して、ワンフェスにちょこっと見学してから、群馬に戻ってきました。


ワンフェスでは、チームストライクさんの新作が展示してありました。ロボ魂イングラムと比較すると、少し小さめな感じです。
DSCN0559 (1280x960)DSCN0560 (1280x960)
もし、バンダイさんがレイバーキャリアを発売しないのなら、唯一の商品になる?とても楽しみです。
DSCN0563 (960x1280)
DSCN0561 (1280x960)
コミック版指揮車が先行販売していました。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

サヤ師、2回目


ダイアクロン隊員が乗るかと思ったんだけと、乗らなかった。

日本一身軽なおまわりさんと職業軍人がケンカしたら、どっちが勝つと思う?
DSCN0556 (930x1280)
パトレイバーの世界にコンバットアーマーがあったら、こんな感じの対比と思う。
ひとつだけ言わせてもらうと、足首の可動域が左右対称に決めにくい気がする。
ばたばたチャンネルの意見は相変わらず興味深い。商品にケチつけて気を引こうといのも確かに違うんだけど、今年最高峰のTOYと言い切ってしまうのも気持ちが悪い。イチャモン付けてる輩が多いから、逆にムキになって「完璧じゃん」ってコメントしてるっぽいのがキモキモい。本放送見た40オーバーの発言だと考えるとさらにキモキモキモい。
どう見ても、バンダイの新商品だから。マケプレで高値が付いているからすごい商品に違いないと思った本放送見てない若者が、たまたま定価以下で購入するチャンスがあったから、とりあえず買ってみたっぽい。
正直マックスのプラモ買って来たほうが。ある程度色が付いてるし、敵メカ?とかもいっぱいて、圧倒的にプレイバリューは高いと思う。

「あそこの処理は完璧なのに、なんでこっとの処理はざっくりしてる。」と気が付いている人は分かっている。
メタルビルドでなくてハイメタルなシリーズだから、出来栄えはまぁこんな感じだと思う。
逆になんで、ネット空売り販売のやつら買い占めてが、価格を吹っかけて売っているのかが良く分からない。
マケプレでしか買わなきゃいけないタイミングってのも全否定はしないけど、このダグラムは高値で買う価値はまったく無い。

バルキリーとダグラムにどれだけの差があるのか?買いたい年齢層は同じのはず、出荷数がダグラムは控えめだったのか?今店頭在庫は見かけないけど、ハイメタル・アーマードバルキリーなんて、発売日ギリギリまで普通に買えたのに。

私の想像だが、今回のダグラムはほぼ全商品に一部不具合な箇所があるらしい。なので気が付いた時点で、回収してか生産ストップしたかで、やり直しをしているのではないかというコト。
タカラトミーのシンカリオンの一発目の商品はそんな感じで、初期出荷数が少なかった事実があった。
あの変形しないEXSガンダムの高いやつも、初回ロットが瞬殺で、マーケットプライス価格がとんでもなかったけど、最初の発売から、ひと月くらいで2次出荷があって。今ではやっぱり店頭では見かけないけどママゾンでは送料込み定価では買える。
ダグラムもそうなるのだと思うたい。


DSCN0557 (1280x959)
MAXのプラモと比較したらこんな感じ。PGの量産ザクも1/60だから、買って作って並べたくなってきた。




エンディングの歌詞がほぼ「タマタマキュー」なのがスゴイ!
しももだ・ももおですた。

昨日のアプモン。バレンタインデーのタイミングだけどアイちゃん(渕上殿)回ではなかったた。わずかな出番のアイちゃんがハルくんにあげてた義理チョコも『小さっ!』とか思うた。
そもそもアプモンを見ているお子様にしてみれば、チョコをもらえる・もらえない話などどうでもいいこと。特に興味なし。そんなことよりパワーアップ合体のほうが重要。という製作サイドの判断は、ある意味正しいと思う。

サターにゃは『福田』の人だ!
委員長の人(渕上殿)、6話の活躍もオイシイなぁ。

沼ちゃんが、またまたリリースしておりまいた。
DSCN0550 (1280x950)
トライデントの解散コンサートから、渕上殿と沼ちゃんの、曲目の方向性が全く違っていて興味深いです。

キュウレンジャーについて。
はみぃタンの顔の作りが、ルカ(市道真央さん)に似ている気がする。「うける~」が可愛いです。
ラプター283の声優のMAOさんですが、ゴーカイイエローの人です。
私は、ゴーカイイエローの偉そうな役作りはすごくマッチしていたと思っています。
しかし声優業としてのMAOさんは、かわいい役が多い。あとカタコトの外人だったり。
私の知る限りも狭いですが、一度も「ゴーカイイエロー」の人だと思わせる配役が見当たらない。前の仕事(配役)と区別(わからないように)演技するのも「腕」のひとつではありますが、ゴーカイイエローっぽい高飛車キャラは別にいなくはないのに、当てはめていないのは、なんかもったいない気がしてなりません。


水ガンダムは、サフ吹きまでしたかったんだけど、個々のパーツの成形の最終調整に時間がかかっってしまた。
来週こそサフ吹きからはじめれらんだけど、17日は東京本社まで行って出張会議だから、作業はストップ。


この記事編集作業中です。

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

水中ガンダムまだやってる。

アプモンのアイちゃん。出番は相変わらず少ないけど安定した安心感あるよな。
アイドル事変・渕上どのはヤサグれ過ぎ!回を重ねるごとに出番も少なるなるし。

しももだ・ももお ですた。

アプリモンスターズってアクションフィギュアの展開しているから、ミレーヌモン(ヘボットモン)も発売してほしいだし〜

ヤサグれてるといえば、へボットのカスリーナたん(尾崎真美さん)がすごいな。ガルパン臭が出てないのは役者さんのの腕だけど、渕上殿のようにガルパン臭かき消したつもりでもどこと無くにじみ出ている演技プランの方が見ていて楽しいとか思ったり。

あとアニメ・スクストのさわしろさんとリライトのちわさんは、ここ数年見たこともない、10年前の演技プランがきもきもい。
(数年前の千和さんの演ってた風キャラは喜多村さんとかアスミスに取られてる。)


去年の やってた写真。
DSCN0283 (1280x960)

DSCN0358 (1280x960)

部屋の断捨離やってて、断捨離やってて、作業が滞っていました。
とはいっても、ちぎったパーツの成型をひたすらやってて、特に進展した写真はないのですが。

複雑な形を少ない部品点数で再現しているから、いろいろ雑な箇所があって、それらをきれいに処理しなきゃいけないことがなかなか終わらない。自分の性格と製作段取りの都合で、必要以上に後ハメ加工していることも時間がかかっている理由ですが。


極地用ガンダム作ってて、足首が横にあんまり曲がらないのが分かったので、
いろいろ削って、もう少しでも曲がるように調整。
一度接着で固めていた頭部は、ちょっとトラブルがあって修復が難しいことになってしまい
禁断の予備パーツを使って、後ハメから考え直す。
最近のガンプラは、1パーツ一色でマスキングの必要はあんまりないけど、水中ガンダムはそうはいきません。
後ハメ加工できるのはするけど。できないところは。
0.1ミリ筋彫りカッター買ったから、そういうところの色の境目は、筋彫りして別パーツっぽさを演出。
今まで横着してやってこないことを今回やってみたから大変だし〜。


DSCN0540 (960x1280)
水中ガンダムの頭。頬のダクトからよく切れるデザインナイフでバッサリ分離カット。




DSCN0544 (960x1280)DSCN0545 (960x1280)

DSCN0546 (960x1280)
ようやく部品の組み付けができる段階まで来たけど。あと全体的に800番のペーパーがけして
全体にサーフェーサー吹くのを先にするかもしんないけど。
まだ塗装には移れません。


この記事は編集作業中です。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索