なんか適当に、ダイヤバルバトスとか

今年は、アニメ・コミック媒体にとらわれない、オリジナルロボットのTOYが熱い。
しももだ・ももおです。

誤植が多々見受けられたので、少し訂正。


おかげでおもちゃをイジリたおすだけに時間がとられ、模型製作が進まない。「完成品でこんな良いのがあんだったら、時間かけて作り出す作業しなくたっていいじゃん」とか、甘ったれた感情も芽生えてて、しかも拭いきれない。


○元旦一発目が、ボークスのブロッカーズ・プライム。
なんといっても、プロプーションと可動域が秀逸。 現状、プライムに持たせられる手持ち武器は、プライム本体と微妙に世界観がずれてるから、持たせても好き嫌いが分かれるんだけど、ゴールデンウイークのホビーショーで展示してあった専用装甲で、世界観の拡張が俄然広がります。
DSCN1816 (1280x960)DSCN1813 (960x1280)



○2月が、レゴネックスナイツのハルバート王のバトルメック。
レゴ社で珍しく、ヒロイックなデザインを意識していると思われるデザインを評価したい。(全体的に太ってるとか、手が長いとかツッコミどころはあんだけど)
ハルバート王のバトルメックを拡張させる専用パーツは無いんだけど、レゴブロックを選んで使えば、自分なりにパワーアップできる。敵側は基本的に、ハルバート王のバトルメックより小さくなってしまうのはご愛敬。
DSCN1574 (1280x960)

6月発売の人型ロボット。こう言うのが長年レゴ社発表しているロボ。やっぱり主人公チームではない、他の味方キャラクターが乗るロボット。日本のロボットメカの記号に全く捕われない発想のデザインがスゴイ。



○5月末まで飛ぶけど、ダイアクロンのダイアバトルスV2
もうこのタイミングだから、他で散々やっている細かいギミックの説明は写真付けたりして、もう書かないけど。

久しぶりに良い買いモンした。
先に文句だけを、言っとく。
頭のアンテナが曲がっているのと、肩の回転軸の位置が低い。以上!
大きさが、20センチくらいでちょうど良い。MPトランスフォーマーはデカすぎるのが多い。
トランスフォーマーもバンダイのバルキリートイもそうなんだけど、変形前後のギャップが醍醐味のひとつだから、ビークルモードの表面を平滑に揃えるのが一苦労で、ある意味ストレス。バトルスは、腕・脚っぽいのが剥き出しのビークルだから、ノンストレスので組み換え合体ができて嬉しい。
コンバトラーVとかザンボット3とか昔はこういうのばかりで、みんな大好きだったはずなのに。私の知人達に「凄いね」と言って回ってみたが、前に住んでいたとこの「田中さん」以外、興味がなくなっていてとても寂しい。
股間接の開きの可動。かつてのタカトミのトイは必ずと言って良いほどクリックのピッチが大きく、閉じすぎ・開きすぎでバランスが悪かった。でもバルバトス絶妙の塩梅でパーフェクト。プロポーションも良いし。
「塗装されている部分が少ない」とかのマイナス意見もネットであったのみたけど。広面積を塗装してゴミが付いているサイバーFの完成品みたいになるのなら、成形色で大充分!

第2段が決定して、来6月のおもちゃショーで発表みたいだけど。あのアイアンギアみたいなのが来んのか?
いずれ敵のワルダー軍団も欲しい。

あまりにもハイディテールとプロポーションバランスがとても素晴らしいので、あれだけ「カッコいい」という認識だったブロッカーズ・プライムもレゴ・ハルバート王のバトルメックも、ゴミに見えてくる。
私がこのブログで、ブロッカーズ・プライムもレゴ・ハルバート王のバトルメックが、ブロックトイにしては珍しくカッコいいと訴えても。
「世間の目はこんな感じにしか見えていないんだ」。ということを改めて自覚する。なんかいろんな意味でこわい。




○7月はトミカハイパーシリーズのホワイトホープ。
トミカはクルマの形だけど、その形でキャラクターみたいなもので。ほぼ同サイズのプラキッズというフィギュアもあるんだけど、基本乗りめる事なく。人はヒト。車はクルマという住み分けがあったように思える。ハヤトとアスラーダな感じ。
プラキッズが乗り込める大型ビークルでも、プラキッズの運転席、トミカが入る格納スペースと別れている。トミカのミニカーは子供のボク設定で、「乗り込んだことにして」という遊び方をしていたのではないかと思う。
ここ近年でようやくトミカサイズのプラキッズが乗り込める車両が発売になったばかり。

トミカハイパーシリーズ(リアル実在車輌じゃなくてSFな世界観の車両)は今年で10周年と長いシリーズなんだけど、人型ロボットはほとんどない。去年?大型ビークル2台で合体する、超大型巨大ロボットがようやく発売になって、当然、飛びついて買ったんだけど
破損の安全を考慮して、脚がすぐ外れてしまう仕様で。意外と頑張ってヒロイックな主役ロボットのデザインなんだけど、肩がプラプラん、脚がすぐ外れる。おまけに30cmオ―バーの巨大感に愕然して記事は書きませんでした。(デカイのは写真撮るのが大変!)
1461156468407.jpg


今度のホワイトホープは。シリーズ第1弾でなんで救急車ロボ?って感じ。プラキッズは乗れない、ある意味リアルロボットアニメ志向な企画?ディテールは、ダイヤバトルスに比較すると大味なんだけど、プロポーションとかのバランスは悪くない。
宣伝アニメPVがあって、見るとパトレイバーの世界観とやはり似通ってしまうのは仕方ない。

今後のシリーズで拡張パワーアップ遊びはできるんだけど。
昔ながらの「トミー的な発想」で。「2体が合体して巨大になる」じゃなくて、手足が交換できるというもの。この後書いてるシンカリオンもそうなんだけど。手足の交換は、色味が変わるだけで、外観にあんまり変化がないから、実際あんまり面白く無かったりするコトが多い。今回は建設チームのパーツと交換することで、ホワイトホープが巨大なクレーンとか装備して見た目は派手になんだけど。パーツを取られてしまった建設チームが貧相になるというのが、交換合体の弱点?.いや本来そういうもんなんだけど、今回単品での建築チームはあくまでオプションパーツの位置付けにしているのがウマい。こういう展開は嬉しい。
i




○最後に、シンカリオン
プラレールそのまんまの大きさで人型ロボットになるという、ありそうでなかった企画。
シリーズ1番は、昨年秋の発売で、初回出荷分にギミック的な初期不良があったみたいで、メーカーが提示していた発売日は極端に少ない数しか品物が並べられなかったとか。
2015年末にシリーズ3番目が発売になって、車輌が個人的に好きな「かがやき」だったから、また品薄を警戒してアマゾンで購入。
実際手に取ると、ボックスアートがカッコいいのに、実物商品の変形ギミック優先でイラストとのギャップが大きい(カッコワルイ?)とは最近では珍しく、分かってて買ったんだけど。
ダイヤバトルスとは違って3歳から遊べるから。変形は簡素化と目を引くギミックとして、部分的にスプリングが作動して、ワンタッチで自動変形。これがあるからプロプーションが悪いんだけど、お子さんにしてはプロポーションより、ワンタッチアクションの方が重要だから仕方がない。ワンタッチ変形の影響の肩の付け根がプランぷらん。もう私も子供じゃないから、振り回して対決ごっこをするわけじゃないけど、ちょっと手に持っただけで、たわわ~んとする、肩・腕がなんか落ち着かなくて未だに好きになれずにいる。
テレビくんの商品紹介のイラストと手持ち武器がディテールが甘いとかもあるけど。
車輌モードの時、ちょっとした衝撃でロボモードに開いてしまう初期不良はすぐに改善されたはずなのに、第3弾になってもあんまり治っていない。懲りずに5月発売の「E3つばさ」また買っちゃったんだけど、さすがに1年も経つと、初期不良だけは治っている。
・腕がプランぷらんはそのまんまだけど。
シンカリオンは、先頭車2両が上半身と下半身になって合体変形すんだけど。次に出る(6種類目?)700系新幹線は、戦闘車輌1つだけで単体ロボとなり「みずほ・さくら」「ひかりレールスター」「のぞみ」の3体で合体して、巨大ロボになるらしい。


プラレールアドバンスの大きさで、シンカリオン変形ができる、大人向けシンカリオンも欲しい。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

群馬県桐生市サンデークラブ定例会 13回目

コオジさんは、東京までオリジンを見に行ってたと思われ欠席?。
しももだ・ももお でした。

サンデークラブ さんは、群馬県・桐生市近郊ののプラモデル・模型愛好家さん達で構成されています模型サークルクラブです。

今日は、参加者さんが少なかったけど、神条さんがいろいろ持ってきていました。
シャア専用ゾゴック?
DSCN1847 (1280x960)
じゃなくて、ピンク色は、本命の赤塗装のための下地色だそうです。

DSCN1855 (1280x960)
神条さんが1年戦争のザクを作っているのは知っていたので、アニメ版風のオモチャを持って行く。
意外と人気だったのが、可動戦士のシャアザク。ダイキャストの重みとか、ぐにゃッと曲がる腰回りの装甲に、皆さん感心しておりました。「『魂,ANIME』は形が良いのは分かるシリーズなんだけど。なにせ高額商品!」と、みなさん口々におっしゃっていました。
あと「分解ができて塗装できるともっといいんだけどね。」とモデラーの会らしい意見も飛び出しました。

DSCN1851 (1280x960)DSCN1852 (1280x960)
左の単色の方は、最初の最初の300円のザクの改造作品。最初の最初の当時の販売の時より成形色が変わっちゃったから。神条さんの精密な工作と相まって、「2000年頃の発売してたファーストグレード?」って聞いてしまいました。
こういっちゃ失礼なんだけど、この改造ザクってこの段階で人に見せるのが一番おいしいんですよね。塗装しちゃうと最初の最初の300円から改造したのがわかんなくなっちゃうから。「うそうだぁHGUCでしょ?」ってなっちゃう。
もう一つのザクはRGです。
DSCN1853 (1280x960)DSCN1854 (1280x960)
最近のアレンジだとランドセルのもう少し上の位置にバーニアが来るんだけど、昔のアニメの再現で、この位置にバーニアを持ってくる。ちなみに。『魂,ANIME』ザクもこの位置にバーニアがあります。最初の最初のザクは、基本ハサミ込みで、腕の付け根以外、塗装後の後ハメができないんだけど、こんだけバラせるように加工してありました。


ミニタリーな話。
DSCN1848 (1280x960)DSCN1849 (1280x960)
なんか有名な海外メーカーのプラモデル。部品構成がレジン製ガレージキットなんだけど、簡易インジェクションのプラスチックの素材のでした。「部品が歪んでいる」「合いが悪い」「左右で瞬法が違う」と本来怒りが湧き出てくる要素が満載のキットなのですが。
「そういうメーカーだから。いいの。」神対応の持ち主さんでした。




私が、例会の会話の合間合間に組み上げていた、煌式。家に帰って武器とバックパックを付けてようやく完成。MGバージョン2.0も好きだけど、これもカッコ良くて好き。個人的には、NO.200のじゃなくて、もうこれでいいじゃんていう印象。
DSCN1856 (1280x960)
オレ設定の「億式」と並べる。
DSCN1857 (1280x960)DSCN1858 (1280x960)

DSCN1859 (1280x960)DSCN1860 (1280x960)
『うそ・Zガンダムごっこ』にハマりそう。



この記事は、編集作業中です。
なんか出てきた。
DSCN1862 (960x1280)20160524203343714.jpg
可動戦士 百式 だと思う。

商品はメガバズーカランチャーもセットされていたような記憶があるのですが、何度かの引っ越しで説明書ともども行方不明。
DSCN1863 (960x1280)DSCN1868 (1280x960)
なんか可動範囲が広い。

DSCN1870 (1280x960)

秘密アイテム。

ロボット魂のようなポリキャップを介していないTOYの関節の隙間に流し込んで乾燥させると、良い感じの保持力がでるアイテム。240mlで1800円くらいするけど、効果覿面!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

前橋ジオラマ部 潜入捜査 その7

二重スパイは銃殺刑!しももだ・ももお です。
今日は、朝早く起きて、AM6:30の新幹線に乗って、東京の本社まで会議の日帰り出張。
帰りの新幹線まで、多少の自由な時間が作れたので、アキバまで魂ネイションの見学。
10月発売が決定したパトレイバーイングラムの試作品を見て、小気味いい大きさに興奮。電子アンケートには「レイバーキャリアまで出してください」と書いてきました。
ロボット関係が置いてあった連絡通路側の展示会場は、普通の通行者も迷惑するほど込み合っているかと思ったら、意外とそうでもなく。メイン会場の仮面ライダー、聖闘士・星矢の方が関心度が高く込み合っていて、やっぱり若者のロボット離れをッ痛感しました。
18時に自宅に戻って急いで準備をして、
前橋市・前橋元気プラザ21 の開場で行われた、前橋ジオラマ部さんの部会参加させていただきました。
前橋ジオラマ部さんは、群馬県・超所在地『前橋市』近郊の模型愛好家さん達で募った模型サークルです。
毎月第3土曜日を目安に部会が行われております。




あのデカい戦車は、ラジオコントロールを仕込んでありました。













1/144の空母の立体物。1/144の市販の艦船プラモデルは無いので、自作パーツで組み上げられたものでした。



あれやこれやと、いろんな人とお話しできて、家に着いたのが23時近く。

明日の桐生サンデークラブさんの例会の為に早く寝なくちゃ。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

なんか適当に、ジムとか

なんか昨日から、「静岡でこんなの発表してる」ネットで見つけた順番で、知人達とメールのやり取りしている、しももだ・ももおです。
もう、Lineでいいじゃん。神さんはガラだからしょうがないとして、パインさんもターンさんもEさんのLINEのアプリを落として無いっぽい。

記念すべき200が百式って。去年のガンプラEXPOで煽ってたわりに、地味な結末でがっかり。せっかく煽ったんだったら、武器がごちゃごちゃ付く主役ガンダムとか、大型変形モビルアーマーとか、デラックス感を用意しろよと思う。メッキにしなかったのはある意味偉かったけど、デラックス感出すなら、メガバズーカランチャーとセットで良いじゃん。後からプレバンで出すみたいだけど。
1月に煌式が発送されているから、逆にまさか百式かって様相外だったけど。たぶん百万式とのランナー流用は無い、完全新規金型だよね。(煌式のバックパックは共通化もしんないけど。)

ビルドファイターズ系のバリエーションは楽しみですね。ギリギリでコンロイ・ジェガンじゃなかったけど。
イフリートシュナイドもいいね。

個人的に一番気になっている情報は、ガンプラじゃないけど、ロボット魂のGM・verA.N.I.M.E.。シャア・ズゴの広告に載っていて、発売日未定のヤツ。
今、オリジンバリエーションの展開してるから、個人的に1年戦争縛りで嗜んでんだけど。
リバイブのガンダムとか。RGのザクとかオリジンキットとか。最近のキットの水準を考えると、144のGMのキットはさすがに見劣りします。耐えられる連邦系はGMスナイパー2と陸戦ガンダムEZ-8くらいか?
とりあえず、ロボット魂A.N.I.M.E.でも発売になれば、並べて遊べる。塗装できないけど、パチ組のガンプラと並べるのは全く支障はないと思っています。
今回の静岡の新製品は8-10月あたりの期間の発売だから、それ以降であるなら。
ロボット魂のGM・verA.N.I.M.E.は年末以降の発売になるだろうから、それより前のタイミングで「「リバイブ・GM」「RG・GM」が発表になると嬉しいです。一番可能性があるなら、局地ガンダムみたいな、変な設定の新GMの発表が強いかも?

今日は、サンボルのGMの発売日だった。
キットの水準が高いかどうかだったら、サンボルのGMもクリアしてると思います。サンボルガンプラは身内でも賛否の「ぴ」が強いんだけど。サンボルの世界観が、テレビとそぐわないってものわかるけど、GMとかザクのバリエーションが増えるのは個人的には楽しいです。デザインはなんか変だけど、「そういうモノ」って割り切っています。ただ背中にごちゃごちゃ付属品があるってのは少し抵抗があるかな?無い方がもっとカッコいいのにと思ういます。

とりあえず、アポジモーターを全部ポリパテで埋めて、地上用GMを作る計画。
私の経験では、ディテール・モールドを埋めて平滑にするのであれば、プラ版と瞬着で埋めるのが正解なんです。
乾燥密着までが・早いのもありますが。パテでやっても、溶かす接着でプラ板を貼り付けても、結局「ヒケ」が発生して、プラとパテの境目が浮き出て、いつまでも塗装作業に移れないんです。
今回あえてポリパテを使い、プラとパテの境目が浮き出させてパネルラインに見立てるように考えています。ただ、わざとそういうコトをしたことがないので、思い通りにいくかは何とも言えないところ。

今まで、サンボルのザクもGMも作ってみたかったんだけど、作るんだったら、ノーマルザクやGMについている薄いランドセルタイプを背中に付けたかったんです。その為だけに一個キットを潰す必要もないと思ったし。アキバのイエサブに行ったら必ず探していたんだけど、自分が行くタイミングではいつも売っていませんでした。

今回はファーストグレードのガンダムなら300円でランドセル手に入るかなとか目論んでいたのですが、旧ゼータガンダムシリーズの400円のGMⅡが入手できたので、それを使うことに考えています。



ヴァッフ見ていたら、なんかこいつを思い出した。

05のザクとは初期ヅダは、模擬戦トライアルしたはず?イグルーのシリーズってまさに、モビルスーツディスカバリーの企画にドンピシャだと思うんだけど。ちょっとだけ運用されて正式採用に至らなかったんだから。


先日のJMEの展示会に行った時に、「1/144ビークル系にに興味があるのでしたら、良いアイテムがありますよ。」と教えてもらいました。



ジェスタを乗せている作例が流行ったみたいです。



話を、ロボット魂まで戻すけど。
ズコックverA.N.I.M.E.は…。
RGシャア・ズゴは、1年戦争にしては、ディテールが細かくて、っぽく無いって叩かれてたけど。私は嫌いじゃない。

ザクにしても、GMにしても、あの物語の中に何機もあるっていう設定だから、プラモ・プライズ・玩具。大きさがあっているのであれば、デザインがなんとなく違って何種類あったって、いっこうにかまわないと思っています。
グフもラルさんの愛機だし、ガンキャノンもホワイトベースにある2機だけが有名だけど、いっぱいある設定だから、リバイブも買ったしロボ魂verA.N.I.M.E.も買う予定。
アムロが乗ったRX78-2も、7号機まである設定だから、白いガンダムも何機あっても構わない…。でもちょっと抵抗はある。

「シャア専用~」は、それこそあの世界に一個しかないものだから、あんまり立体物が乱立されるとすごく戸惑う。
だから、私はシャア専用MSは、あんまり買わない。
だから、RGシャア・ズゴ持っているから、ズコックverA.N.I.M.E.はさすがに買わない。量産型の色のがプレバンででも発売してくれるんなら喜んで買うけど。

この記事は編集作業中です。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

なんか適当に、ドムとか

なんか、デュラララ1期を全話をまとめて見れる機会があったので、休みずっとひたすら見ていた、
しももだ・ももお でした。

ようやく、杏里たん(ざ~さん)の妖刀の経緯とかが分かって納得ガッテンでした。

DSCN1822 (1280x960)
アニメ・ガンダム。発表された時から、すごく楽しみで。発表のタイミングの時はすでにリバイブが発売済みだったけど、個人的にはアニメガンダムの方がプロポーションバランスは好きでした。試作サンプルがすごく良かったから。

でも、実際手元に届いてみると、相変わらず、試作サンプルと違う。まず全体が塗装ではなく「プラの成形色のまま」というのは、別にいいんだけど、展示品は「ピュア・ホワイト」だったのに対して、いつもの少し緑がかった白。すごく安っぽくなった。おかげで、「頬がへっこん出るくらいいいじゃん」とフォローする気も失せた。
次に肩関節のグレーと股関節(腿の上)のグレー。アニメ版って謳った商品なんだから白でいいじゃん。なんでムーバブルフレーム風にしてしまったのか?半ズボンにショートスパッツ履いた少年みたい。
最後に、盾の位置。手首で持たせるのと、腕部にダイレクトマウントするのと2通り選べるけど、個人的にはどっちも、位置が下過ぎる印象。ダイレクトマウント用の○穴とグリップ用○穴の中間の位置が正解だと思うんだけど。
個人的な見解。最初のガンダムは腕が細いから、初期のHG・旧HGUCガンダムのような、シールドのダイレクトマウントはありえないと思う。アレをしちゃったら、駆動系システムはどこにあるのってなっちゃう。だから、ずいぶん前から登場した腕を囲う保持板が正解と思う。
でも最初のガンダムは腕が細いから、保持板とシールド・グリップを掴む2点支持が正解と思う。
でも、このアニメ・ガンダムはそれができない。さらにダイレクトマウントは納得してやるから、穴の空いていない左手拳が欲しかったトコロ。

あと、関節が硬すぎる。ロボット魂は基本緩すぎる傾向がある中ではいいんだけど、やっぱり気になる。

DSCN1823 (1280x960)
アニメ・ドムは、まさにパーフェクト!文句のつけるとこは無い。マーキングがびっしり入ったリアルタイプ風も似合うと思う。分解して再塗装出来たりすればいいんだけど。なんか業界関係者っぽい人の話によると、完成品トイを分解できるシステムにする方が設計が複雑になるからやらないらしい。

DSCN1818 (1280x960)
もう一つのドム風をパツ組。設定の生産のタイミングでは、ビームバズーカはちょっと考えにくいから、よくわからない設定のザクバズーカが似合うと思う。

DSCN1819 (960x1280)DSCN1821 (960x1280)
ジムSPイントルーダー。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ゴールデンウィーク

こんばんはー。
しももだ・ももお です。
ゴールデンウィークは、だらだらしてます。

今日はお台場に来てます。
DSCN1807 (1280x960)
DSCN1815 (960x1280)

神条さんのトレフェスの手伝い(邪魔?)をしにきたのですが、イベントがたくさんあって、ビックサイトで迷い子。


今日は、ビックサイトのトレジャーフェスタに行ってきました。中古ディーラーのところで、1999年頃から再販がかからない古い珍しいガンプラがありました。
定価の3倍くらいの値段だったことは、別に構わなかったのですが。元の単価もそんなに高いモノじゃないので買ってもいいかなとちょっと商品に手をかけると「今日はみんなソレを狙ってるみたいだ。でも絶体値引きしないからね。」とディーラーの人に言われました。
なんか嫌な気分になって買う気が失せました。
まぁこのディーラーさんも多分、朝から「これもう少し安くなんないの?」って言われ続けたからの、私へのそういう対応だったのでしょうが。
知人もディーラー出店していて。普通に良心的な価格でやっていたのに「もう少し安くなんないの?」っていう人がいて。見ていて良い感じはしませんでした。売ってるほうが素人だから「言ったもん勝ち」みたいなところがあって。
値引きしないといけない空気感が嫌でした。
今回は見かけませんでしたが、確かに法外な価格設定をしているトコロも見かけたことはありますけど。

「売ってやってる」「買ってやってる」の姿勢はなんとかならないものでしょうか?


ボークス・フェスにも行って(トレフェスと別入場料)、目的のモノを買う。
DSCN1816 (1280x960)
プライムが基準のはずなのに、付いてる武器、全部長すぎ!一番ちょうどいい?バランスにしてみたけど…

ブロック玩具って、ある程度正解の形があったり、凸部と凸部ピッチの間隔を統一するとか計算しないと、意外と拡張の展開が難しい。何も考えて無さ過ぎているのが、アッセンブルボーグ。「いろいろできます」って見本サンプルの写真がいくつもあるけど、まともなデザインの完成体がひとつもない。
ブロッカーズも、プライムの発売でようやく「到達した!」って感じ。それまではレゴブロックの長方形のパーツだけで作った作品みたいだったから。でも今回発売したプライムの組み換え商品2つは凄いね。ブロック玩具特有のざっくりした完成体を「こういう風に見立てた」という、見てる側の感性は、人より持っているつもりだったけど、アレは辛い。ブロッカーズユーザーの許容範囲は、とてつもなくすさまじい。

DSCN1814 (960x1280)
DSCN1813 (960x1280)

こういう展開を待っていました。
DSCN1810 (1280x960)DSCN1812 (1280x960)
DSCN1809 (1280x960)






昨日はアキバに来てました。











義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索