アッセンブルEX-10

今年正月から、ボトムズを時系列順に見てます。
ペールゼンファイル→野望のルーツ→そしてテレビ版、。

しももだ・ももお でした。

ウド編「ラビットにはフックがあった事件」
20160331002635123.jpg
ウドが見終わって。私の中でTV版で一番記憶がない「クメン編」に突入するわけですが。ほとんど覚えていないため、それこそボトムズのスピンオフを見るような体感できるので早くでも見たいのですが、あえて「ザ・ラストレッドショルダー」を挟んで見ることに。


たぶんボトムズの映像では一番見ているから(昨年末にも見たばかり)、飛ばしても支障は無いんだけど。
あえて挟んだなりの収穫は大きかったです。

ウド編って、当たり前なんだけど、よく分からない作戦に配属されたキリコが偶然「素体」見つけちゃったことで、謎の組織と正規軍から目を付けられて、追われる展開が基本ラインなんですよね。
だから、TV版一話からちょい前に当たる、アバンの「自分にも質問があります… この作戦の命令者は?」のシーンに、くぅーッて来たんだよね。盛り上がる!そんで突然現れるペールゼン閣下。いろんなボトムズ映像を見てきたから当たり前のキャラなんだけど、ウド編の13話までに閣下は出てこなかったんだよね。(この話で死んじゃうから、14話以降も出ないんだけど)
そいで、いつもの「炎のさだめ」が流れるわけ。

14話の最後。キリコは敵から分捕ったスコープドックに乗ったまま「一人にしないでくれ。みんなどこにいるんだ」って言って、建物の奥にATのまま歩いて行って、空港が大爆発して終了だったことを覚えていますか?

そんで、ラストレッドショルダー冒頭、キリコは荒野を(手ぶらで)歩いている。どういういきさつなのかグレゴルーにから「バカラシティにへ来い」って連絡を受けたことになっていて。
で、みんなと会って、ターボカスタムを組み立てる展開はご周知の通り。

その中で、私が気になったのが、「フィアナ」のこと。
「ザ・ラストレッドショルダー」を最初に見た人はほとんど、サンサ編とかのキリコといちゃいちゃしているフィアナを知っている訳。
でも、そういうのありきではなくて、ここでのキリコとフィアナは、3回程度しか会ってなくて、ろくに会話もしていない状態だったんだよね。それを踏まえるとこの話の二人のよそよそしい距離感がすごくイイんだよね。

昨年12月に書いた記事の転記です。

最後の見せ場のペールゼン基地突入作戦。イプシロンの乗る異常な反応速度のブラッドサッカーを、キリコはフィアナが乗っている者だと信じて、やめるように訴えかける。そんで仲間たちはそのブラッドサッカーに次々と破壊される。それをキリコはフィアナがやっていると思っている。キリコもATから放り出されるくらいの攻撃を受ける。
ペールゼンはイプシロンに、ATから降りて自らの手でキリコにとどめを刺すように指示して、イプシロンはATから降りる。
ここでキリコは、反応速度が異常のATはフィアナじゃなかったんだ。
と気付く展開だとずっと20年以上記憶していたのだが…

イプシロンがATを降りる瞬間は、まだキリコは気を失ったまま。
キリコが気付いたタイミングはというと
フィアナが知らない男とキスしている瞬間から!
このときキリコは、自分のオンナを寝取られたという嫉妬の感情があったのかわからないが、
自分の仲間たちを殺したのは、暴走したフィアナだと勘違いしたまま話が終わってしまった。


なんかひどい、ぐだぐだ脚本と、この時は思っていたんだけどウドとクメン(15話)まで挟んでみて、印象ががらりと変わりました。

もともとがフィアナとそんなに話をしたことがあったわけじゃないから、良く知らなくて当然。仲間を殺された恨みとかより 「パーフェクトソルジャーというものは、そういう人なんだろうから仕方がない」と、キリコは割り切っていたと今は解釈しています。

あとクメン編を見て初めて知ったんだけど、キリコは15話の時点で「PSは一人」 「女」 という情報を持っているだけだったので、ペールゼンの基地でフィアナとキスしていた男は、ただのよくわからない人扱いなんですね。
絶妙のタイミングで気絶から目が覚めたキリコの演出って、ぐだぐだじゃなくて、クメン編に続くにあたって矛盾が出ないようにきちんと計算されていたんですね。スゴイ!

そんで16話「掃討」のラスト。スナッピングタートルのパイロットがヘルメットを脱いで
「誰だお前は!」
と叫んだ、キリコに爆笑!!

クラタスを動かした経験から、ガガンガンは絨毯はNGだとわかったのですが。

何年も布団敷いて毛羽がつぶれているところなら、絨毯でもスコープドッグは動いたんです。


でも、スコープドッグが動けた場所でもクラタスだとやっぱりぎこちない!
爪先のバンパーの形状のが理由とも考えられるんですが、地面との隙間は2台ともほぼ変わらないんです。
スコープドッグは背面の電池ボックスの位置が今までのシリーズより前よりになっているから、機動性が良いらしいです。それが絨毯で走れる理由かわかりませんけど。
電池パワー(残量)の問題かと、フル充電池でクラタスを動かしたら。さっきより電池パワーで動けるようになってるけど、ぎこちない感じは拭えていない感じ。
スコープドッグは、コンクリートとかアスファルトとか、苛酷路面を走らせた結果、タイヤに傷が付いてグリップ力が上がってるかも?

モデリングワークスさんの「野望のルーツ・改造キット」を買ってしまった。



エピローグ
ガンガンガンガン!ドアをたたく音。「バニラ!おやっさん」と泣き叫ぶココナ。
気になってゴートとバニラがココナの部屋の入ると、ベットで布団にくるまって泣いているココナ。
このシーンがなんかおかしい。

●ココナはどこの扉を叩いていたのか?
→ ココナの寝室と、ゴートとバニラの寝ている部屋とではと扉一枚で繋がっている?。しかもゴート達側で鍵を掛けている。
●ガンガンガンガン!
→ 扉をたたいたってことは、ココナは一回ベットから起きている。ゴート達が起きて自分の部屋に入ってきそうと確認すると、ベットに戻って布団にくるまった。

叫ぶのと扉を叩く人が逆?
深夜、ココナが寝ながら、うなされている。もしくは独りでしくしく泣いているのに気づいたゴート達は、突然ココナ部屋になだれ込むのも失礼だと思ったので、「ココナ!」と叫んで激しく扉を叩いてノックとした。
扉を開けると、布団にくるまってココナが泣きじゃくっていた。
が正解のはず…


Gu-Gu ガンモかと思った。


スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ボトムズを作っています。その8

こんばんわ。
しももだ・ももお です。
テレビ版ボトムズ見てると、止められない。(12話まで見た。)
特にフィアナさん。塩山キャラなのでヒロインなのに顔が濃いのですが、やってるコトとセリフが乙女なんですよね。とにかく、かわいい。この歳になって分かる事実!
後、治安警察に囚われていたころ、キリコのバトリングのエピソードの時、いつもバトリング会場にいたフィアナさん。「ファンタムレディ」ってリングネームで、PS特有の驚異の戦闘力で恐れられていた選手という設定だと記憶していたのですが、(バトリングでATの操縦の適正データを取っていた設定?)、なんだかんだあってもそういうシーンは一度も無かった。
「ファンタムレディ」って結局何だったのか?

この前は、ノーマル・ボトムズを作るために、プラキットのターボカスタムの脚がまんま残ってしまった。
勿体ないから、旧キットの上半身を作って、ターボカスタムを再生しようと考えてみる。


藤岡のバロッコで、ボトムズ上半身改造キットがまだ売っていたので買ってくる。
上半身改造キットなんだけど、コクピット内周辺が主なパーツ構成なので、外観の変化はあまり期待できない。

最初にパチ組したキットに旧キットの上半身を乗せてみる。
見た目としてはあと、下腕がレジンパーツに差し変わる予定。「各製造工場で微妙な形状違いのバリエーションが存在する」という設定があるくらいなので、採寸の違うボトムズを並べるのは楽しい。

WAVEのキットは上半身は細身だったので、ボリュームがデカくなってバランスが崩れるとも予想されたけど、意外とそうでもなかった。足元に転がっている腰回りの装甲のパーツは、下半身の改造パーツの時に脚だけ使ったから余ったもの。今回は使う。

年内にはWAVEのノーマルドックの発売が予想されるというにもかかわらず。

藤岡のバロッコで24年は君臨し続けたと思われる「主」をついに買ってしまいました。
他に狙っていた方どうもすみません。(後ろのHJ誌別冊は、発行当時に買っていたものです。)
ボトムズは部品を見ているだけでもワクワクします。


ぐんまちゃん。タカラ1/35デュアルモデル?おまけ。タカラプラキット。シーエムズ社の色付きフィギュア。EDキットのおまけのメタル製。のキリりん氏


スーツ姿のOLマンガが、基本的に艶やかに決まっている。

2巻が発売になっていました。なんかPV作っていて、正式な声優さんが決定しているんだけど、
私の最初からの成海ちゃんのイメージは、ちはやふるの瀬戸麻沙美さんでした。
後から思ったんだけど、別冊フレンドの「私がモテてどうすんだ」の主役のキャラ設定が近いから、花澤さんでも充分イケた。

(日時設定を若干いじっています。)

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

群馬県桐生市サンデークラブ定例会 11回目

なんか今日の、にち朝ヒーロー合体スペシャル。話の混ざり方が雑だったなぁ…
しももだ・ももおでした。

今日はサンデークラブさんの例会でした。
サンデークラブ さんは、群馬県・桐生市近郊ののプラモデル・模型愛好家さん達で構成されています模型サークルクラブです。

例会が第4週にやることが多いので、模型誌を見て今後の購入・製作スケジュールの話題になることが多いです。
DSCN1682 (1280x960)
今月のHJ誌のJAF子ちゃんのマンガでネタにされるように、ごく初期のHJ誌はミニカーの本だということは、数年に一回定期的に特集組まれる「HJ誌の歴史」などで、」知ることができるのですが。サンデークラブさんはご年齢的にもベテランモデラーの先輩がたくさんいらっしゃるので、生のリアルな体験で「昔のHJ誌ははミニカー主体の本だったんだよ。アニメモデルが載ったのなんて後の方だよ」と、お話を聞くことができました。
神条さんがギラドーガを作りそうな痕跡が伺えます。

劇場版ガルパン4DX。を見たぜ!という話でもちきりになるかと思ったら、見たのは私ひとり。「しょせん4DX。料金が高いなりの効果は無い」 というイメージは拭えないみたい。 SWやスパマン・バトマンを見るより、よっぽどガルパンの方が4DX向きなんだけど。分かってもらえなくて くやしいです。



タカハシさんの作品
DSCN1671 (1280x960)

きんださんの作品群
DSCN1673 (1280x960)DSCN1674 (1280x960)

DSCN1668 (1280x960)
ねんどに見えるのは、旅客機のサーフェーサー仕上げまで終わったモノ。「窓とか、モールド全部消えちゃってませんか?」の問いに、「デカールで全部再現できるから大丈夫(笑)」とのことでした。なんかうっすらデカール貼り用のガイドがあるそうで、ガイドの合わせることで曲がらず、左右対称に貼ることができるようです。

DSCN1681 (1280x960)
改造ザク製作にあたっての形状サンプルで持ってきていたザクとグフ。単純にカッコ悪いということもなく味があります。
そういえば、その改造ザクの写真を撮り忘れてた!

私は、新型のシールドライガーとコトブキヤのシールドライガーを持って行く。
DSCN1670 (1280x960)
タカトミの新しいシールドライガーは、動きが複雑になったからと、複雑が組み立てができなくなった人が増えたという配慮から、駆動フレームは組み立て済み。装甲を付けるだけ(ムラサメらいがーみたいな)という情報を入手していたのですが。実際には、いつものゾイドと同じ。四脚はランナーから切り出して組み立てなくてはならなかったんですね。おかげで例会中に組み上げることができませんでした。コトブキヤのシールドライガーも10年前以上前になるか?
一番もっとも古いシールドライガーを知らなかった(見たこと無い)人が多かったので、3体並べられるように今度探しておこう。



ATとぐんまちゃん。
DSCN1680 (1280x960)


ぐんまちゃんは、パッケージに1/35の表記があるんです。群馬県内にも売っているらしいですが、私はアキバのイエサブで買ってきました。西住殿と並べるとデカい。「このフィギュアデカすぎじゃないの?」という意見もあるほど、意外とぐんまちゃん本人にあった人が少ないことが分かりました。私も去年、駅前にいたのを1回見たことがあった程度なんですけど。ぐんまちゃんはデカイんです。

そんでガガンガン大会。
DSCN1677 (1280x960)
ガガンガンは畳で動かすことはできたんだけど。ガガンガンのタイヤは、すべすべなので畳を傷つける可能性はほとんどないのですが、万が一に備えて、戦闘フィールドを設営。操縦が少し難しいので、ガガンガンの落下事故が多発!落下により畳が傷つけることを避けるため急遽、座布団クッションを敷く。
念のため書いておきますが、ガガンガンのチャンネルは2個しかないので、4台戦闘はイメージです。別に4台同時に動かないわけじゃないんだけど、やってみたら、どれかコントローラーのの電波を拾って勝手に動くから収集が付かないだけ。

DSCN1678 (1280x960)
なんか動かしのセンスがあったのは、持ち主ではないコオジさんでした。

DSCN1684 (1280x960)
私は出来上がったばかりのシールドライガーで参戦!圧倒的パワーでガガンガンを蹴散らすと思ったら。
簡単にガガンガンに動きを止められた。電池の差が出た。シールドライガー単4 2本に対して、ガガンガン単4 3本!


スコープドッグ発売で品薄ぎみになったようで、Amazonで定価以上になってしまいました。
Amazonレビューではそこまで強い敵ではないみたいですが、複数投入すると恐ろしいみたいです。
一つ欲しい!


参加数は少な目の約10人でした。

家に帰ったら、オルフェンズ最終回撮れてなくて泣く。最終回に時間帯変えんなよ!

ラビットを逃がしてくれ!(11話「逆襲」より)

昔、1/60のユニオンのプラキットには、
「ラビットタイプの見た目の違いは、背中のフックが無いことです。」て書いてあったんです。
付いてるやん!
(フェイスブックでの反応が薄かったので、「ユニオン・キットを知らない」「書いてあったことを覚えていない」「昔散々騒がれたことなので今更感がひどい」のどれかか?)

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ボトムズ・ガガンガン

ガンガンがガン ガンガガン! 見上げるそ~らにぃ~
ガンガンがガン ガンガガン!
輝くV(ぶい)だあ~ ゲキガンガーV(ぶい)ィ~!!

流行ったよねゲキガンガー!みんな見てたから、放送翌日はクラスみんなが話題にしていました。

しももだ・ももお でした。

ガガンガンのボトムズが通販で届きました。

最初に、ネットで動画見た時震えたよね~。これがATのローラダッシュそのものを再現できてると。
半年くらい待ったのかなあ。気が付くと、来週届くんかいっていう感じでした。

私はコママツくんとの決戦に備えて、ボトムズが届いてから操縦練習をするのではなく、年末にガガンガン・クラタスモデルを買って、こっそり練習していました。
DSCN1624 (1280x960)
クラタス・モデル。
おかげで、ガガンガンの「まっすぐ走らない特徴」や「比較的広い場所ばないとまともに動かない」、「撃ちながら走らせるのが難しい」、「弾切れ・リロード間に動けなくなる」などの特性を知ることができました。

ガガンガンは比較的広い場所がないと動けない欠点があります。最低でもこれくらいのスペースは欲しいところ。
最初はホントに場所がなくて、幅1mちょいx長さ1.5m位の長細いところで動かし、スポーツマンガの、特殊な環境下で特訓した主人公選手が、独特の能力を備えて、敵チームを苦しめる展開をイメージして練習したんだけど。
ラジコンチョロQとか、ミニミニドローンとかなら、そういう技術が身についたかもしんないけど、ガガンガンは動きに制約があるから、そんな特殊な操縦テクニックは身につかないんだよね。
ちなみに、写真に写っていないところは、避けた荷物が山積みに重なっていてとても皆さんに見せられない状況(笑)。

クラタス・モデルはここで練習しました。全開で動かすと意外と本体の電池の消耗が激しいことを知りました。そんで単4充電池を買ってくることに。でも他にすることがあったから、結局3ヶカ月で動かした時間は2時間くらい。


ノンスケールモデルと思ったら、パッケージに1/35って書いてました。
DSCN1651 (1280x960)
DSCN1619 (1280x960)
たぶん、一番きちんとした縮尺のボトムズと比較。

DSCN1620 (1280x960)
腕とか脛とか、1/24じゃないのと疑わしい個所があったり。(私が1/24のボトムズを持ってなかった(泣))

DSCN1622 (1280x960)DSCN1621 (1280x960)
DSCN1623 (1280x960)
手の甲・足の甲の装甲と右ひざステップなど、別ランナーから切り取って組み付けんだけど。別に動きながら装甲がパタパタするわけでもないから、接着したほうが良いかも。こういう動力TOYは気が付いたら外れてたってことが良くあって、いつ外れたかもわかんないからどこを探せばいいの検討すらつかないってことありませんか?なので私はひざのステップ棒だけは接着しました。



もっと広い場所で動かしてみたいから、会社に持って行く。

事前にほうきで掃除はしたけど。床を水拭き雑巾がけまでするべきだったか、必要以上にスリップした気がしました。もともとグリップの無いタイヤで動くおもちゃなので正解が分からない。
でも、いくら動かしても壁に激突しない広い空間で動かすのはとても気持ち良かったです。

一応倉庫なので屋根のある屋内ですが、埃とかがギアボックスに入ってくるので、やはりお家で遊ぶのが良いと思われます。
途中走行中に異音がするようになったので、一旦帰宅。ギアボックスをネジをはずして開く。大きな塵が挟まっていたわけではありませんが、各所に塵が紛れて動きを妨げていました。濡れた綿棒で掃除をして、必要なところにグリスアップしました。
(ギアボックス分解のメンテナンスは、メーカーは推奨していませんので自己責任でお願いします。)

明日は、桐生サンデークラブさんの例会なので持って行きます。一応ガガンガンは2個用意できているので、神条さんとコオジさんとでバトリングしてもらう予定です。でも会場は畳なので、畳でガガンガンが動かないと、どうにもなんないんだけど。
(ちなみにガガンガンは絨毯だと全く動きません。)

35マックスのマーキングシールを貼ってみました。
DSCN1662 (1280x960)

ガガンガン・ボトムズ 動画

DSCN1661 (1280x960)DSCN1665 (1280x960)

DSCN1666 (1280x960)DSCN1664 (1280x960)

2016年4月2日 記述。
ガガンガン・スコープドッグ。先週と今日で数件ホビーショップ廻ったけど店頭で売っているのは見掛けなかった。
しかし楽天でもAmazonでも、割引で余裕で買える。
いつでも買えるのは良いことではあんだけど、まだ割引で買えるということは、比較的在庫が残ってしまっていること?
バンダイのSHフィギアーツなんか、たぶんガガンガン・スコープドッグよりたくさん出荷しているだろうけど、発売から一週間たったら、ほぼ完売欠品状態。ネット通販で買えるけど、定価以上のプレミア価格だったり。

なんかボトムズ人気の限界を知ってしまった感じ。今後のガガンガン展開は期待薄…

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

海洋堂とボトムズ

今、ボトムズの8話まで見た、
しももだ・ももお です。

3話?の暴走族群の前にキリコの組上げたばかりのスコープドックが立ちふさがる登場シーンが、普通のロボットアニメの主役ロボ登場!みたいな演出だったのが笑えました。
スクラップからちゃんと動くように組み上げたのに。暴走族からのダメージがほぼ0だったのに。次のかのバトリングでは、競技場のスコープドックを使うんだなあと思ったり。こいつが壊れた描写は特になかったはずなのに。8話の空港襲撃用に、もう1機別スコープドックに組み上げてた?り。
そんでバトリングのくだり結構やった気もしたけど、ブルーティッシュドッグはまだ出ないんだとか。

海洋堂のボトムズを買いました。
DSCN1632 (1280x960)
新しく買ったのは背の高い方。小さいのはモノシャフトドライブのヤツ。同じ海洋堂プロデュースだから造形と塗装仕上げが似通ってます。
両方ともテレビ版レッドショルダーの装備を再現しているくせに、肩の赤は右肩に塗るんだ。とか思ったり。

DSCN1627 (960x1280)DSCN1630 (960x1280)
リボルテックの前衛のモノシャフトドライブシリーズより前のシリーズと記憶しています。
放送当時の1/35キットは、当時なりのプロポーション解釈で仕方ないところもありましたが、それから10年以上たって作った商品でこんな感じ。発売当時、色が付いていてカッコいいんだけど「高額」で買えないと悔やんだ思い出がありました。(とくにベルゼルガ)

DSCN1633 (960x1280)DSCN1635 (960x1280)
フル武装はこんな感じ。

DSCN1634 (960x1280)
DSCN1641 (960x1280)DSCN1647 (960x1280)
ライフルのディテールと塗装。胴体のパーツのすり合わせが強引に接着しているみたいでスゴイ。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

シーエムズとボトムズ。

続きまして他の1/35のボトムズです。
しももだ・ももおでした。

DSCN1638 (960x1280)
シーエムズコープレーションの完成品トイ。2007年ころと思われます。定価6000円。
最初ママゾンで、フォークト隊の別の機体を1,500円買って。そしたら未開封新品にもかかわらず、左ひざ関節が割れていた。しかも接着剤が付かない樹脂関節で修復も出来ず。発売してから結構経つ古い商品。しかも製造メーカー無くなっているし。クレームだとか騒がないことにして、この機体2,000円をもう一回ママゾンで買った。今度は大丈夫だった。
なんかこの前のワンフェスでも、どっかのブースで、このメーカーのヒジが割れた「デスメッセンジャー」をジャンク価格で販売してました。

DSCN1659 (960x1280)DSCN1639 (960x1280)
発売当時の他メーカー、タカラトミーとか良質な完成品TOYもありつつ、こんな感じの商品。海洋堂のもそうだろうけど、日本では図面や立体試作品はカッチリしてたんだろうけど、海の向こうの大国に生産を願いして。戻ってきた商品を見たら…… 返品クレームを大国に言うこともできず、泣く泣く市場に商品を回す。こんなはずじゃなかったのに。その結果がお父さん。

DSCN1642 (1280x960)
変形します。パイロットは同社のフィギュアセットのモノ。

DSCN1656 (1280x960)DSCN1644 (1280x960)

DSCN1653 (1280x960)DSCN1657 (1280x960)
ライフルのディテールがざっくり。
まあ、フォークと部隊 6種出していたのは凄い。

忠実な縮尺と思われるキットと並べる。
DSCN1649 (1280x960)
35マックスもそうだったけど、きちんと1/35大きさを再現できたスコープドック(完成品TOY)がひとつもない!?

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

前橋ジオラマ部 潜入捜査 その5

こんばんわ。
しももだ・ももお です。
今日は、前橋市・前橋元気プラザ21 の開場で行われた、前橋ジオラマ部さんの定例会に参加させていただきました。
前橋ジオラマ部さんは、群馬県・超所在地『前橋市』近郊の模型愛好家さん達で募った模型サークルです。
























この記事は、編集作業中です。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ボトムズ作ってます。その7

ジュウオウジャーをなめるなよ!
しももだ・ももおです。

ジュウオウジャー。1話を見た時は、「ボウケンジャー」や「シンケンジャー」、「キョウリュージャー」みたいな、「今年は何か違う!」というインパクトや期待感は見られませんでしたが、徐々に面白さがこみ上げてきてます。

だって、敵の怪人、完全に一般人をこのしちゃってるじゃん。タヒンじゃってる人は映んないけど。去年の敵が、脅かすだけの緩い奴らだっただけに、余計怖い。
ゴーストの方なんて、「魂」っていうのを抜いちゃうけど、後から生き返らせる準備ができているだけ温い!

主人公も、久しぶりの世話好き系。過去、ガオレンジャーとかアバレンジャーのレッドがこの系だったとおもうんだけど、突撃一辺倒の勢いだけのヤツでも、見た目や仕草がなよなよした癒し系男子だけどやるべき時はやるみたいなヤツの、どっちかのケースが多かった近年戦隊で、新鮮さが出ています。

今日の放送で、騒ぐだけのウザいヤツからの印象が変わった、黄・レオ。イイヤツじゃん。

綠・タスク。出来たら、セラのストッキングを選んでほしかった。(普通「臭い」以外の選択肢で用意しないものだと思うけど、なんか出してきたアムがすごい)

雑誌写真だと笑顔が多いけど、ただ怒っているだけの青・セラとか、いつも笑っているけど実は冷めた目線で周りを見ている白・アムも、大きいお友達に媚びない姿勢が逆に良いです。こういうパターンって小さい男の子はどう思うんだろう。

ロボは、最初は唖然としたけど、劇中での違和感はない。ネット通販のレビューで「三歳の息子が、一人で合体遊びができるのがいいです。」というのがあって、ニンニンロボとか三歳くらいのお子さんに買い与えると、親が手伝わないと合体できないんだなと、ある意味、メーカ―の趣旨に合っていると。ホッコリしてしまいました。大きさもニンニンロボより小さくなっていて、幼児の手に馴染むようです。
とりあえず、ミニプラガムの方では買いそろえました。


1/35ボトムズが完成しました。
DSCN1554 (960x1280)DSCN1557 (960x1280)

ボトムズって昔から好きなシリーズなんだけど。基本が古いキット+新規アップデートパーツで、完成すればカッコいいのは分かるけど、ほとんどのモノが組みにくい。だから手を出せなかった。バンダイが出した時はブルーティッシュドックは試したかったカラーリングがあったのでさっさと作ったけど、結局1/20のデカいのサイズにはなじめなかった。買うのは買って貯めてたけ1/20緑のボトムズは・作らなかった。
だからパッケージに「ミニタリーの世界標準、1/35スケール!」と謳っている35マックスには興味がありました。アレンジが絶妙過ぎてブラッドサッカーしか買わなかったけど。


WAVEさんが新作プラキット1/35ラビドリードッグを発売してるけど。普段の私であれば、泥臭い世界観に似合わない、突出したカラーリングとデザインのラビドリーには飛びついて製作するパターンなんだけど。逆にボトムズだけは、普通の緑のボトムズが作りたかったから、ラビドリーには手を出していません。それでもいっこうに緑のボトムズのアナウンスが無いまま。
ガルパンの影響もあったから、何か1/35にこだわりたい気持ちがあった。1/35ATにどっかの校章を貼りたい!

昨年のキャラホビで、ボークスさんが1/35デスメッセンジャーの発売を発表しました。なんか違うけど一応、緑のボトムズだから、買わねば意気込んだけど。イベント開催前日か当日か、WAVEの1/35ターボカスタムの4機セットの情報を聞きつけて、デスメッセンジャーいらないじゃんと考える。まだ4カ月先だし、4機もいらないし、今すぐ買えるデスメッセンジャーでいいじゃん。でも、1/35のミドル級ATの改造機にしてはキットはでかいよなと思い、WAVEブースのターボカスタムとボークスのデスメッセンジャーの場所を何度か往復して確認。
結局クレジットカードで買えるということで、とりあえずデスメッセンジャーは購入。


20年以上まえ、吉祥寺にWAVEさんのアンテナショップがあったころ、あの微妙な出来栄えのタカラキットを改修できるのであればと、1/35ボトムズキットアップデートパーツ(キャンペーン期間・店舗限定品)をたくさん買って。当時なりに頑張って組み付けたけど、綺麗な下地の仕上げと塗装技術を持ち合わせしていなかったから、何回かの引っ越しの時にすべて処分してしまった経験があって。その捨てられてしまったパーツたちの思いを注ぎ込んで、このボトムズは完成しています。

DSCN1555 (960x1280)DSCN1556 (960x1280)

DSCN1559 (1280x960)

DSCN1558 (1280x960)DSCN1560 (1280x960)


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

35マックス ボトムズ

沼ちゃんのクラリンに、めたくたハマっている、
しももだももおです。

ボトムズって、1/35に対してないがしろにされ過ぎ!ってそうでもない。一時期(20年くらい前)は、レジンキットならかなり充実していたような無いような。
10年前の完成品トイブームでも、よくわかんない会社が、適当な商品仕様のものを販売していた。そんな中マックスファクトリーの35マックスにいたっては群を抜いていた!
DSCN1573 (1280x960)
国際スケールって書いてあったから、信じて疑わなかった。他に比較できる1/35のATも無かったし。
腕の付け根と上半身・下半身と分解できるので交換ができるらしい。

DSCN1562 (1280x960)
スコープドッグは頭部のバランスがアニメ風ということで買う側は否定的な見解だったが、それ以前にデカい(笑)

DSCN1563 (1280x960)
2体で並べると、スタンディングトータスよりデカい(笑)

DSCN1564 (1280x960)DSCN1565 (1280x960)
なんか背中が取れたけど、交換できるわけでもない。ちなみにブラッドサッカーの背中も外れる。
腕と腰で分解できるんだけど、個々で経年劣化の収縮が違って、今は交換が難しい。

DSCN1566 (1280x960)
ちゃんと正面向かせて並べたんだけど、カメラが近く寄り過ぎて、レンズ広角でニ対が反って映っている。


DSCN1568 (1280x960)DSCN1569 (1280x960)
きちんと縮尺されたと思われるプラキットと並べる。

DSCN1571 (1280x960)DSCN1570 (1280x960)
H級のATのサイズも、これで1/35であっているか疑わしいかも。




DSCN1572 (1280x960)
物量のせいで、プラキットだけ1/35では無い気がしてきた。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

レゴネックスナイツ

こんばんわ しももだももおです。

今まで、レゴブロックの人型ロボットについて何回か紹介してきました気がします。
今や、素人さんが自前のブロックを駆使して、日本のアニメロボット風をガンプラに遜色ないくらいの再現度で組み上げるから、メーカーがどんなにすごいものを作ったところで今更感で驚かない人も多いと思いますけど。
ざっくり、メーカーが世界中で発売してきたロボットについて紹介したいと思います。
(ここでいうロボットは二足歩行で、レゴ人形がロボットに搭乗しているモノを差します。また代表的なロボだけを厳選しているので、紹介しきれないロボットがたくさんあります。)

海外では(という言い方ももう古いのかもしれないが)ヒーローは、ヒーロー本人の戦闘力が高いので、あえてマシーンに乗ることで戦闘力を上げるという物語の展開は必要はないみたいです。
ヒーロー本人が「人のアクション」をするわけだから、あえて「人型ロボット」に乗って人のアクションをする必要が無くなったのは、今の日本のヒーロー業界でも言えることかもしれない。
レゴで言うと、人型ロボットに乗る必要があるキャラクターは、戦闘力が低いチームの仲間(主人公の妹)とかになるケースが多いように思えます。


○2007年に本格的ロボットシリーズがあった。
724d781c37f6ab6242ceca2d85669d3eb6d1eb3f.jpg
シリーズ通して10体以上あったと記憶していますが、みんなこんな感じです。

このシリーズがコケたのかどうかは分かりませんが、しばらく人が乗りこむロボットは無かったはずです。
(レゴは全世界が市場だから、世界の多く子供が「ロボット」を期待しなければ、商品化になるわけがない。日本の子供達が要望したところで世界の何パーセントになるのか?
レゴのパッケージにに日本語が記されていないところで、レゴ本社の日本への期待度を低く見積もっているのか。それとも日本の子供は学力水準が高いから、わざわざ日本語を入る必要なく遊んでもらえると高評価してもらえているのか?)

○4年の歳月を経て
6862-1.jpg
2011年のロボット


○2012年のロボット 商品名 サムライロボ
yjimage.jpg
昨年のロボットを踏まえて、これが完成されたと思う
デザイン部品構成が2007年の時より画期的です。(新規造形の部品ふんだんに使われているわけでは無いんです。肩や腰の装甲パーツや逆三角形のボディなど、結構日本のアニメロボを意識していると思われます。)
レゴ史上エポックメイキングだったこのサムライロボも、日本のロボ好きが喜ぶような形で、商品化への発展はありませんでした。


○2013年の代表的なロボット 商品名 エラジケーターメック
70707-1.jpg

同じく ↓13年だったと思う。
o02865-3.jpg
登場人物がすべてジュウマンという世界観のシリーズの主人公ロボット。脚は無い。

シリーズの後半は、本人が強大化して戦う設定になっていたようだ。
51vOBdP+zfL__SY355_.jpg
人が操縦するロボットに魅力が無くても、大きいサイズの人型フィギュアにはメーカーも関心があるようです。



○2014年2月日本発売。メーカーが本気を出したロボシリーズ。
51H+MPXeHFL.jpg
レゴ社の考えるロボットは頭部が無いことが多い
バイオニクルというシリーズなので、バイオニクル特有のパーツを使用しレゴブロックほとんど使用されていません。
シリーズ通して5種類あったと記憶していますが、色違いだけでみんなこんな感じです

2014年は 「LEGO ムービー」 がありました。
72252790.jpg
いかにもLEGO社らしい、ロボット。


○2015年
70737-3.jpg
新規造形パーツを使っているわけではないですが、ジャパニメーションちっくな頭部の造形です。



○そこで2016年2月発売のロボがコレ
530836400cll.jpg
お城・騎士のシリーズにSFメカニックの要素を織り込んだシリーズです。
今までの流れを見てもらえればわかると思いますが、メーカーも結構がんばってデザインしていると思います。
商品名「ハルバート王のバトルメカ」。レゴ商品はオシャレな固有名詞かほとんどなく、誰々のマシーン(メック)という商品名が多いです。
個人的には主人公が乗っていそうなロボットですが、国を統治する王様が乗るロボットの設定です。

そんで、なんか昔こんな感じの敵メカがあったんだけど、ダンクーガだったかなぁ?飛び影だったかなぁ?思い出せない!
その2 に続く。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

レゴネックスナイツ その2

続いて、しももだ・ももおです。

その1で上げた画像。2つを除いて全部買っていました。いつかこういうレゴロボ史記事を書きたいこうと思って寝かせていました。

ハルバート王のバトルメカって名前なので、オレ魂ネームを考える楽しみができます。
DSCN1577 (960x1280)
主人公クレイくんが、王様からロボを譲り受けたオレ設定。左手は家来ロボが運転するビーグルなんですが、ネックスシールドを取り付けています。このシリーズのメカでネックスシールドを2枚装備しているのは、この改造ロボットだけ。

近年のレゴロボは股関節と足首が可動するので、カッコいい「ハの字」立ちができます。
DSCN1578 (1280x960)
近年のレゴロボは単調な棒状の脚ということなく、なんか可動しそうな造形になっているのですが、ひざだけは曲がらないことが多いいんです。
このバトルメカはひざが曲がります。

思い出した!コイツだっ。

2020オリンピック並にそっくりだ!

DSCN1576 (1280x960)
たいていのレゴロボの背面は、見られないことが前提で、適当に仕上げていることが多いです。
設定が無いのでわかりませんが、個人的には飛行できるロボットと解釈しています。

DSCN1574 (1280x960)
各関節が動くのですが、左手が見てのように、重みでポージングが保持できません。


DSCN1575 (1280x960)
過去に剣を持つロボはいくつかあったのですが、短めに感じることが多かったです。
このバトルロボは細長いパーツを駆使して、いい長さのバランスの剣になっています。

DSCN1538 (1280x960)
しろくま型ロボと戦う

DSCN1581 (1280x960)
怪獣ビーストと戦う。

DSCN1582 (1280x960)
ゴースト侍ロボと戦う。


なんか海外のレゴ展示会の写真には、夏以降のニンジャゴーの新シリーズにロボが控えていたような気がします。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ボトムズ作ってます。その6

今期、はなざ~さんの一番馴染んでる萌えキャラは、フェアリーテイル・ゼロのゼーラたん!
いや、でらら杏里たん!

オラ、しももだ・ももおデガス。
7話と9話しか出てないデガス!

MIO5さんの語尾。デガスさんて言われてるくらいだから、マンガを読んでた時は「なんとかでがす。」と連続した発音だと思っていたけど。
アニメのはなざ~さんのイントネーションは「なんとかで、ガス」だったんで、ちょっとびっくりドンキー。


ボトムズがだいぶ出来上がりました。
DSCN1534 (960x1280)



一個前の記事で発掘したヤツ
DSCN1539 (960x1280)DSCN1541 (960x1280)
モノシャフトドライブのフィギュアって、必ずひとつは正解のポーズがあって、それに山口氏の巧みな切込み回転軸で、ポージングの幅が広がるフィギュアだったんだけど、このボトムズはどう動かしても最初の正解の検討がまったくつかない

DSCN1543 (960x1280)DSCN1544 (960x1280)
正解?

DSCN1537 (1280x960)
1/35と比較すると、このくらい。

1/35ボトムズの塗装が終わりました。
DSCN1532 (960x1280)DSCN1533 (960x1280)
このあと、マーキングデカール貼って、汚し塗装をする予定です。
DSCN1535 (960x1280)
肩関節を担っているむき出しのポリパーツ。腕と胴体が離れて見える印象もあるので、2ミリほどカットするとイイかもしんない。


35マックスのボトムズと比較
DSCN1536 (1280x960)

この記事は編集作業中です。



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ボトムズ作ってます。その5.5

遥か大空へ、自由に羽ばたく、希望を見つめる少年の瞳。
しももだ・ももお でした。

1/35 ボトムズを作っています。

改めて1/35モノと並べて、ATという兵器の大きさの確認。ギルガメスパイロットはキットの附属品を塗装したわけでなく、どっかの父さんした会社のブルーナイト塗装済みフィギアセットについていたモノ。メカトロもハセガワのキットでなく完成品。「楽できるときは楽する」がしももだ道。
くだらないこと書いているばやいでなくて、肩と胴体を繋ぐ、剥き出しポリパーツを1ミリ程度カットして、肩と胴体の間隔を狭める改造してます。



DSCN1547 (1280x960)
塗料はガイヤのボトムズ専用に使う三色を選択。下地につや消し黒を吹いて、その上から塗装。
次にボトムズを作る機会があったら、濃緑と白のツートンでやってみたい。


レンズはこのパーツから。
DSCN1545 (1280x960)
切り取っている○パーツがカメラレンズに使用した部品。クリア赤がメインカメラで使用。精密照準レンズ用として切り取ってみたらメインカメラの方にピッタリだった。どっちにしろ塗装するつもりだったからメタリックグリーンで塗りつぶす。
精密照準レンズ用は、各社のディテールパーツからいろいろ探していたら、このランナーのモノがピッタしだった。メタリックレッドを使用。
両レンズとも、完全乾燥後にコンパウンドで磨く。


精密照準レンズの基部はそのまま貼り付けできない。
シールを貼り付けておしまいの為、何かのパーツを付けるほどの深さのクリアランスが無い。
DSCN1548 (1280x960)
このドリル?は、底面の切削面を平らにすることができる。これで精密照準レンズの基部を掘ってから、レンズを接着。


ターンピックは基部と一体成型だった。
DSCN1551 (1280x960)
各模型メーカーのディテールパーツで尖がっているパーツを探してたんだけど、最終的に使ったのは爪楊枝を瞬着でコーティングしたもの。

トミー惣社店に、35MAXのスタンディングトータスが売っているはずだから、週末に確認にいこう!


先週のサンデーのだがしかしを読んでから、ず~っと探していた駄菓子をようやく入手できました。

なんか、きえちゃう君を食べて無くなるころには、嫌なこと(記憶)もきえちゃうから元気になれる。という、いい話で
ちょっとせつないことが書いてあったような?



飴玉のきえちゃう君が可愛い~。?

マンガの絵はもっとカワイかったような?
でも、食べ物だからそのままの状態がキープ出来ない!今はまだ寒いから良いけれど。塩ビ製の鑑賞用のきえちゃう君をオマケに付けてくれたらいいのに。


この記事は編集作業中です。



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

3月になりましたよ。

こんばんは~夜分遅くに更新でーす、KOMATUです。

もうすでに2016年も二か月たって三月に突入ですねぇ・・・はやいなぁ~

模型の方はぼちぼちやっていて、ぼちぼちぼちやっているといっていましたが

 劇的な進展はまったくありません!

テムジンTさんもVF-19EFカリバーンもまだまだ塗装までいくのはまだまだ先ですよ。
まぁあせって進めるよりじっくり分析し、理解しながら組み上げていくまでがひと段落ですかね?

とりあえずはいまのところの進行状態をば
まずはテムジンTさん
IMG_1849.jpg IMG_1851.jpg

パッと見、あまり前回と変わらないようにみえますがいろいろと進んでいますよー

背面に取り付けるマインドブースターも組み上げます
細かいパーツの集合体です、キットパーツとのすり合わせもありますぜ
IMG_1826.jpg IMG_1837.jpg

グパッと開いてみます、こうなるんだ~~
じっさいに手にとって動かしてみるとおもしろい!
IMG_1839.jpg IMG_1838.jpg

胴体にフレ-ムパーツに接続して取り付けてみます
コンバーターもいっしょに、位置関係やどういう順序で取り付ければ良いのか検討しますよ
IMG_1841.jpg

まだまだこれからですね。

お次はVF-19EFカリバーン。
両足というかエンジンブロックと頭部と機体後部上面になるシールドを仮に取り付けてみます
IMG_1828.jpg

1ミリアルミ棒を二本通してずれないように固定してパーツ同士の干渉部分を洗い出します
IMG_1793.jpg IMG_1792.jpg

両方とりつけてみます、ここですき間とかだいぶ出てきます
とにかく全部取り付けてみて対処していこうと考えていきますぞ!
IMG_1823.jpg

頭部を取り付けたらシールドと干渉してしまうので、頭頂部をちょいとけずって合わせます
やはりパーツ同士合わせてみないとわかりませんね、がんばるぞい!
IMG_1835.jpg IMG_1836.jpg

こちらもまだまだ先は長い!こいつは五月の静岡ホビーショーに向けて製作していますよー
  IMG_1829.jpg

最近のこと、お気に入りの画家さんが松本駅前てちょっとした展覧会を催されていたのでのぞいてきました。
やはり本物をまじかに拝見できるのはいいですね、今年のカレンダーが売っていたので購入してきましたよ

もう三月なので過ぎてしまった月の絵をご紹介

まずは1月。
IMG_1831.jpg
和服、雪、そしてモチ!

そして2月。
IMG_1832.jpg
なんとも、きれいですね。

何年かまえにも部屋にかけていましたが、今年も楽しませてもらえそうです。

それではまた~



©いとしのムーコ









義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索