群馬県桐生市サンデークラブ定例会 6回目

こんばんわ。しももだ・ももをです。

5/25(日)は、サンデークラブさんの定例会です。
サンデークラブ さんは、群馬県・桐生市のプラモデル・模型愛好家さん達で構成されています模型サークルクラブです。
毎月第4日曜日を目安に、桐生市相生公民館で、例会が行われております。


会場で撮り忘れたので、自宅で再撮影。
模型の会なのに、完成品を持ち込む、しももだ。
DSCN0854 (1280x960)
さすがに「俺が作ったぜ!」なんて見栄張ることなく、正直に「完成品の商品」であるコトを告白。
このタイミングなので、誰かオリジンガンタンクを持ってくると思ったので、巨大戦車同士を並べようと思っただけだったんだけど。

パッと見たところ、唐突に飛び出したSFパーツがあるわけでもないし、色もこんな感じなので、ガンダムを知らないミニタリーメンバー達は、「見たことないけど、どこかの国の戦車なのか?」と、現行の戦車と錯覚したのか、予想以上に関心と注目を集めていました。

同スケールのMSと人。
DSCN0858 (1280x960)
当然すべて、正直に告白しましたので、「1/144なので本来の設定は凄くデカい」と言う私の解説なんかよりも、「19800円もすんのかコレ」と価格の方に驚くわけでして。ただ、ディテールと塗装については「良くできてんなコレ」と作った中国民のことにもすごく感心されていました。

DSCN0855 (1280x960)
特に後方部の複雑に組み合わさったパーツ群に賞賛しておりました。


DSCN0844 (1280x960)DSCN0843 (1280x960)
珍しく、戦車の完成品が揃っていたので、ミニタリー班は今回、話題が尽きなかった様子でした。
DSCN0837 (1280x960)DSCN0836 (1280x960)

DSCN0835 (1280x960)DSCN0834 (1280x960)



会長さんが作り続けていたオスプレイが、ようやく完成?
DSCN0838 (1280x960)DSCN0840 (1280x960)
本人曰く、まだ完成していないとのこと

変形します
DSCN0841 (1280x960)DSCN0842 (1280x960)
差し換えや、パーツの変更をすることなく、格納状態に変形が可能なんです。なのに、通常モードではプロペラがモーターで回転するんです。今回は配線の調子が悪かったので、回転が見れらませんでした。




○○さんのオリジン・シャアザクの、一般機塗装。
DSCN0823 (960x1280)DSCN0822 (960x1280)
いい緑の発色をしております。
DSCN0820 (960x1280)DSCN0825 (1280x960)
アニメ画のデザインを目指したロボット魂。、オリジンザク同様、精密ディテールを施すという同じコンセプトのリアルグレードとハイコンプリートモデルを並べて撮影。

ペールライダーと戦う。
DSCN0827 (1280x960)
ペイルライダーは、どこか惹きつけられるデザインなので、今日来ているガンプラ興味あるメンバーはみんな、5月以降の出荷のペイルライダーを予約されていました。ただ誰一人、あのゲームをやっておらず、コミック媒体も読んでいないので正式にペイルライダーがどんなMSなのか把握している者はおりませんでした。


○○さんの、コンロイさんのジェガン(途中)
DSCN0832 (960x1280)DSCN0833 (960x1280)

これも○○さんのディアス。本業がモノづくりのお仕事らしいので、プラ版の箱組工作が、精巧でかっちりと組みあがっております。
DSCN0829 (960x1280)DSCN0831 (960x1280)
写真で見えなくなってしまいましたが、武装はただ「あそこのキットから持ってきた」というコトにせず、プラ板でディテールを足して、元キットを分からなくしている工夫が見事です。しかも切り貼りの精度が高いので、加えたディテールとの一体感が素晴らしです。



ターンエーくんのカットシー
DSCN0846 (960x1280)DSCN0847 (960x1280)


同じくターン・エーくんのグリモア(途中)
DSCN0852 (960x1280)DSCN0853 (960x1280)
「爪」がいかす~!



○○さんのレッドオーリアー(途中)
DSCN0851 (960x1280)
頭をGMにすると、GMライトアーマーに見えてくるマジック!真似したくなった。

今日の例会。ガンプラが好きが数人集まりました。そんなかで、オリジン見てないとか、レコンギスタ見てない。ダブルオーも見てない。ダブルオーだけ知ってる。と、ガンダムだからとりあえず一通り見ておこうということなく、興味のあるガンダムだけ押さえている感じで、ある意味新鮮でした。











スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

静岡ホビーショーいってきました!!

こんばんはーKOMATUです~、ひさびさでした~~
あの静岡ホビーショーからあっというまに一週間が過ぎてしまいました!
今回もいろいろと楽しませていただきましたよ~~!!

じつは当日長年つかっていたデジカメが故障してしまうというトラブルが発生してしまいまして・・・
いちおう撮れるのですが接写と撮った写真の確認がまったくできずいい写真があまりないというていたらく。

そんなわけでざっくりとしたレポートですがおくればせながらごらんくださ~い

まずはいつもお世話になっています VF-1 Rider’s から
IMGP9323.jpg

IMGP9325.jpg

IMGP9329.jpg IMGP9328.jpg

IMGP9332.jpg IMGP9331.jpg

IMGP9335.jpg IMGP9330.jpg

おむかいのオリジナルSDガンダム群
IMGP9337.jpg IMGP9338.jpg

完全木製のνガンダムとB3グフ
IMGP9343.jpg IMGP9345.jpg

作り込んだ戦車たち、すごいっス!!
IMGP9368.jpg

スターウォーズ関係もけっこうありました。
IMGP9353.jpg IMGP9379.jpg

モビルスーツてんこ盛りです~~!
IMGP9341.jpg IMGP9346.jpg

IMGP9369.jpg IMGP9372.jpg

こういうのもあり、精緻なもの&面白いもの
IMGP9374.jpg IMGP9365.jpg

ナイチンゲールいいですねぇ~~
IMGP9371.jpg IMGP9370.jpg

赤いものつながりでレッドウォーリァ三者三様
IMGP9378.jpg

予想外の作品に出会えるのもステキですぜ。
IMGP9380.jpg IMGP9381.jpg

ガンダムセンチネルが大集合!!
IMGP9386.jpg IMGP9387.jpg

IMGP9388.jpg IMGP9389.jpg

IMGP9390.jpg

IMGP9391.jpg IMGP9392.jpg

IMGP9393.jpg IMGP9395.jpg

IMGP9394.jpg

軍艦!空母!!
IMGP9414.jpg IMGP9407.jpg

IMGP9406.jpg IMGP9401.jpg

やはり作り込みがハンパないです、すばらしいぃ~~!!
IMGP9408.jpg

ヤマトも負けてません、ひかるぞ!!
IMGP9355.jpg IMGP9359.jpg

こちらはジブリですね
IMGP9415.jpg IMGP9416.jpg

IMGP9417.jpg IMGP9418.jpg

わたしはこれがけっこうお気に入りです。
IMGP9420.jpg

その場で確認できなかったので使える写真が半々でした・・・あれまぁ。

やはり会場でその場でそのものを自分の目で見るとやっぱりいいです!
なによりあれ作りたい!おれならこうしたい!という創作意欲がガンガンあふれてきますよ。


今回もいろいろな方々ありがとうございました、来年もよろしくお願いします。

おつぎは上田で、ではまた!!



















ガンダムプロジェクトType絆に参戦 #2

スターニンジャーの しももだ・ももお で、ございやす。

DSCN0819 (1280x960)


ガンダムプロジェクトType絆用にオレ専用MSを作っています。
DSCN0799 (960x1280)

パワードジムカーディガンとかガンダムEz-SRとかが発売になって、絆プロジェクトの企画を見た時、好きで一年戦争しか作らない私だったらは絶対参加だろう(先日まで1年戦~0083年期間のくくりがあるものだと思っていたので)と意気込んでいました。
「陸戦ガンダム」「ブルーディスティニー」「Ez-SR」「パワードGM」「GMスナイパーK9」とか、頭・胸・腰・腕・脚・バックパック・武器・盾、の組み合わせで、カッコいいMSが作れるに違いないと意気込んでいました。
ぶっちゃけちゃうと、ブルーディスティニー3号機をそのまま組み上げて「オレ専用ガンダム」ていうので大満足なのですが、キットが古いので若干組み難いことと頭部の形が決定的にダメなので、なんかでっち上げMSを作ろうと検討しました。

そしたら
DSCN0800 (960x1280)
ペールライダーのプレバン販売が決定したので、これだ!と叫んで、4月末までモデラー活動を封印しておりました。
(実際、今年になって,塗装済み完成品はコイツが最初)

別に模型活動を本当に封印していたわけじゃないんだけど、「これを作りたい」というアイテムが数か月先に控えていると、それが手元に届くまで、どうにも他の物を真剣に作ろうという意欲が湧かないんです。だからパチ組とか適当に部品ちぎってすり合わせるとか、だらだらした作業だけに。

とにかく年末・年始の新製品発表の巡り会わせがいろいろ絶妙に制作意欲(作らないほうに)に影響してましたね。
ウイングガンダム・フェニーェリナーシタを作ったから、一緒に並べようと、Wゼロ炎をトリコロールに塗って、雑誌オマケの「ドライツバーグ」を持たせようとしてたら。
もっと作りたいと思った、雑誌作例として発表された時からすごく気に入っていた、超カッコいい「ハイニューガンダムブレイブ」が2月と先に発売だったりするし。そういう「すごく作りたいキット」の情報が無かったのなら、Rギャギャを赤く塗って完成させたりたいと思っていたんです。(二つのガンダムがやりたくなったから、結局後回し)

そのあとその二つのガンダムのキットが届くまでの簡単な時間つぶしで、お台場限定のパールホワイト成形色のユニコーンガンダムにフェネックスのクリアブルーのフレーム付けたら、パチ組なのにすごくカッコ見えてしまって、1月以上ニタニタ眺めてふぬけになってしまいました。
20150101114933082.jpg
  ↑これがそう。
私の中のユニコーンガンダムの模型の理想の色はテカテカ光沢の若干パールが入ったホワイトの塗装。
でも実際、私に塗装技術は持ち合わせていない。数年前に発売になった、ホワイトメッキのユニコーンガンダムも買ったけど、ゲート後が著しく醜い。
となると、パールの成形色のキットって、とても私の理想に近いものができるんです。パーツちぎってもゲート後も同じ色だから目立たない。また数年前の話なんだけど、劇場限定のパール成形色の(フレームは赤)ユニコーンがあって、その時もすごく欲しかったんだけどけど、入手できなかった。


そしたら、1月末にペールライダーの予約が始まる。
そしたら、2月にハイニューガンダム・ブレイブが手元にきて「モデラー・テンション」は上がったんだけど、元が古いキットなだけに、パーティングラインが消しずらい個所にいくつもあって、適当にパーツちぎってすり合わせて、製作断念。

そしたら、3月になって、Wガンダム炎が手元に届いたんだけど、届いたっていっても25日とかだし。4月になると会社が決算期になるから休日出勤とかが増えて、まともな製作できなくなるの分かってたし、そんなかんなすると、ペールライダーが届くのも分かっているから、Wガンダム炎も適当にパーツちぎってすり合わせて、製作断念。


ペールライダーは大本命だったから、届いてすぐに取りかかった。
DSCN0802 (960x1280)
ゴールデンウイーク3日。先輩たちとお台場に遊びに行ったあと、ナガシマサン宅でハリウッドゴジラ2014の鑑賞会だったんだけど、映像見ないでペールライダーの部品切ってた。
その後、4、5、6日も地道に表面処理の作業をして、その次の土日も、昨日とで一気に完成にこじつけちゃいました。


ある部隊が作戦撤退中に、墜落したミデアのコンテナの中から見つけて、持って帰って調整して配備した設定。
オレ設定でHADESは積んでないことにしているから、黄色の塗装は無し。なので定番の個所に差し色として「赤」を入れてみた。


DSCN0803 (960x1280)
良く分からない設定のモビルスーツだからこそ、見たことも無いビームライフルを持たせてみる。
(あの半完成品のヤツです。パッケージには近接射程のショートバレルってかいてあるから、ペールライダーとの相性が良いはず。)
DSCN0805 (960x1280)
シールドは、標準のモノにしました。

DSCN0809 (1280x960)
一年戦争のHGUCは、ジオン軍のモビルスーツがたんまりあるから「架空戦記ゲーム」ゴッコが、いろいろ楽しめるのます。
DSCN0818 (1280x960)


次は、Ez-SRとGMカーディアンとGMスナイパーとか適当にミキシングして2機揃える。そんでコイツと3機編成にして、ガンプラバトルに参戦する妄想をしたいと思います。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

VF-0でバトロイド 完成です。

こんばんは、KOMATUです~~ついに静岡ホビーショーが 明日です!

なんとかVF-0のバトロイド間に合いましたー

統合海軍空母アークロイヤル<VF-9> "イエロースリー"
IMGP9242.jpg

IMGP9244.jpg

あしたの朝には静岡ツインメッセの合同展示場、VF-1 RIDER's にあるはずです。

マクロス関連のすっごい作品が目白押しになるのでびびりまくりですが
静岡ホビーショーにいらした方々はぜひ!見にきてくださいまし~~~

それでは!風呂はいって酒飲んでねる!!


おやすみ~~~



ガンダムプロジェクトType絆に参戦 #1

ゴールデンウイークは、学生の時の先輩たちとお台場に遊びに行きました。
しももだ・ももおです
遊んでる様子は、ナガシマサンが書いているので、ここから見て下さい
ナガシマサンのブログ



5/4以降は、ひたすらパーツをちぎって、オレ専用のモビルスーツを作っているのですが、痛々しいオレ設定を披露するより、ガンダムプロジェクトType絆用に作っていますといった方が、手っ取り早い。(エントリーはすでに終了しています。)

「絆」の企画ってサンプルMSがGP01以外全部一年戦争の機体だったから、0079年から0083年ていうくくりがあるのかと思っていたのですが、そうでもなかったようですね。

こいつを作ってキャンペーンに参加だ!(エントリーはすでに終了しています。)
DSCN0798 (1280x960)
もともとゲームのオマケで作ったもの。完全新規金型だけど、できる限り部品点数が少なるなるように工夫されています。
(ゲームに武装パーツのランナーは入っていません)




ガンプラバトルって公式では年齢制限だけクラス分けがあって、それ以外はとにかく自由!なんだけど
やっぱりローカルルールってのは存在していたのではないかと思います。
基本的にユニバーサルセンチュリー(UC)とそれ以外のガンダムシリーズとで戦うと、圧倒的にUC・MSが不利じゃないですか。
例えば「マラサイが好きなんだけど」って場合、GNドライブとかガンダムファイターみたいのと戦うのであれば、少なくともIフィールドとサイコミュ兵器を設定無視で取り付けないと話にならない。
本当は、0087年で公式設定から想像できる範囲での俺設定を盛り込んだ「オレ・マラサイ」を作りたいだけなのに。

だから、ホビーショップ別とかでは、今回は「UCオンリー」とか「一年戦争~0083年まで」とレギュレーションを定めた大会は、行われているのではないでしょうか?
(飛び道具禁止・格闘主体とか、地上戦限定、ビーム禁止実体弾のみ、ファンネル禁止、とか)

ただ、年代(作品)分けにしてしまった場合細かいレギュレーションは確かに大変。
例えば「一年戦争~0083年まで」とした場合。
露骨にメッサーラのブースター兼ビーム砲を背中に付けた09ドムはレギュレーション違反として、ジムカスタムに百式のビームライフルを持たせるのはどうなのか。06ザクはにゲルググのビームライフルは設定上装備できないけどガンプラで持たせた場合は。パワードジムカーディアン・アメイジングケンプファー・ガンダムEz-SRは、この期間MSだけど、この時期にしては装備が過多すぎるし。
ビギニングガンダムはNGだけど、フォーエバーガンダムはOKっぽいとか。
ザクウォーリアーのバックパックはNGだけど、モビルバクゥの13連ミサイルポッドを流用するのはOKの気もするし。
結構面倒くさい。



一応今回は、絆のレギュレーションが「一年戦争~0083年まで」と勘違いしていたから、それに準じて、想定可能な範囲でのバリエーションという意図で製作。グレーゾーンのパーツは廃止。

DSCN0795 (960x1280)
ほぼガンダムのペールライダー。
そもそも設定が一機しかいないっぽいんだけど。廃棄されたコンテナを拾ってきたら、よくわかんないMSが入っていて、とりあえず組み立てて、部隊に配備した設定。「HADES」は積んでいないことに。

DSCN0796 (960x1280)
武器はガンダムタイプなんだからビームライフルを持たせなきゃダメでしょということで、流用パーツを持ってきます。


ビルドファイターズ。
もし、レナート兄弟がGMスナイパーベースでなくて、ブルーディスティニー1号機かペールライダーで、K9にカスタムにしていたらと考えたら、熱いぜ!
(そうだったら、メイジンに勝ててたか?いや、もともとほぼレナート兄弟買ってた試合だったから、機体の選定は不問です。)

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

ガンプラアッセンブル体験をする。

ゴールデンウイークは、学生の時の先輩たちとお台場に遊びに行きました。
しももだ・ももおです
遊んでる様子は、ナガシマサンが書いているので、ここから見て下さい
ナガシマサンのブログ

ナガシマサンのブログ記事内に
「ミニイベントも開催されていて、オリジナルガンプラ制作教室ではパッケージを組み立てて色を塗る、というのに500円で参加できます。中身のガンプラはそのために用意されたオリジナル1/144ガンダム(FGふう)なのでそれなりにお得感はあるかもしれない。」と書いてあります。

公式HPから写真を拝借。
img1.jpg
新規金型と聞いて「転売愛好家」の血がたぎる。のだが。
入室してすぐ、お姉さんからこの状態が入った包装袋を渡されるわけだが、それを座席に持って行って、パッケージに色塗って箱詰めしないと出られない仕組み。しかも、制限時間はたったの30分しかない!!
だから、この「未使用」状態で、テンバイングすることは絶対に不可能!?

基本的に、もらってすぐの退室はできないのだが、勇気を出して「急に急用ができてしまったので、すぐに退室させてもらっていいですか?」って入口のお姉さんに言えば、ダメとは言わないだろうけど、確実にそういう空気ではない。
それをも克服して言えば一応、未使用状態の確保は可能?!(試していないから本当のところは分からない。「少しでも作業してください」とか冷静に言われるかもしんない。)

DSCN0810 (960x1280)
こんな雑に塗ったんじゃ、万代書店じゃ引き取ってくんない。置いてあるマジック太いんだからしょうがないじゃん。と思っていたら、一緒に受講したイシザン将軍が、「ダブルキャップで細と太になってるよ」と進言されてショック。

DSCN0812 (960x1280)
出入口で、お姉さんが2人いて、一人が商品を渡す。もう一人が、空いている座席の確認をしています。

DSCN0811 (960x1280)

DSCN0813 (1280x960)
頭部が小袋になっているのは、有料ゾーンに入って、所定の場所にいくと頭部パーツだけはタダ?でもらえる。から。

タッチゲートになっているので、手もぎで組み立てが可能なんだけど、
外の頭部パーツを配っているお姉さん。入室までの列の整理をしているお姉さん。中でキットを渡してくれるお姉さん。
それぞれのお姉さんに「中では組み立作業はてできないので、おうちに帰ってお楽しみください」と、くどくど言われる。
あくまで「ガンダム・プラモデル商品」のパッケージングの体験教室なんで。


退室間際に、イシザン将軍がぽそりと言う。「席についてから適当な時間を見計らって、何も手を付けずに、そっと包装袋に詰めてしまえば未使用で帰れたね、てへぺろ。」
作業する前に言えよって!
(我々の座席が、お姉さんたちから一番遠い場所だったから可能と思われる作戦。指定された作業の場所が、完全にお姉さんの監視の届きやすい場所であれば、この作戦も不可能である)


DSCN0815 (960x1280)
3分くらいで組みあがる。

DSCN0817 (960x1280)
キット・スペック
頭と腰、腕の付け根と手首が回転可動。肩は横には上がらない。肘も曲がらない
脚の付け根が前後に可動。一応、立ポーズがハの字になるように角度が付いている
膝は曲がらないが、足首がボールジョイント

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

ニッポンよ。これが「首都決戦」の映画だ

私が しももだ・ももお だ。

ボクが、【機動警察パトレイバー2 the Movie】を見たのは2回。映画館に見に行った時と、映像ソフトになった時に大学のマンガクラブの部室で垂れ流しになっていたのを、先輩部員と他の話をしながら流し見してた時。20年以上も前の話。

なんとなく覚えていたけど、今回の『首都決戦』 を見る前に、見直そうと準備をしていたのだが、いろいろあって見ることはできず。でもなんとなく覚えているし、20年以上の前の「パト2」を明確に覚えていないと話が分からないようでは、単なる駄作。あの押井先生がそんなヘボなことをするはずはないだろうと、「大人目線で、明確にパト2の内容を理解する」ことなく、首都決戦を見に行った。



実写1話のような、典型的な押井節に振り回されることなく嫌悪感も無く、可も無く不可もなくという感想。

まず、言い出すと居たら、なんで、「特車2課が戦う必要があったのだろうか。」という疑問。そりゃ主人公だし。前任者・後藤隊長の警察内部に残してきた「遺産」とやらの関係で戦たんだろうけど。

もっと警察っていっぱいいるんじゃないの。武装ヘリコプターが首都圏上空で暴れているっていうのに、対抗策がしょぼすぎ。働いている警察官が少なすぎる感じ。非常事態なんだから、もっと応援体制は取れたんじゃないの。って思ったけど、それって私の方がストーリーを把握しきれていないということになるのだろうか?


悪い組織と戦ってたのって。特車2課と公安外事3課とイイもんのヘリコプターの人くらいじゃん。

感動?のラスト。ヘリコプターと人型ロボットの決戦。片方は空飛んでるんだから、うまい感じの画が撮れるわけはないんだけど。そこは押井監督。なんかすごいバトルがあるに違いない!とすごく期待してたんだけど。

想定内のショボイ戦闘シーン。

パトレイバーって、犯人レイバーより数で圧倒させる必要があるから2機で一組のはずなんだけど。それじゃすぐに話が解決してつまらない。話を盛り上げるためには、とりあえず一機は先に動けなくなってもらい、1対1の構図を作ることがお約束。
コミック版は、うまいこと1機づつしか動けない状況下で、2号機が先にやられて、1号機と犯人レイバーが一騎打ちする構図を作っていたんだけど。

アニメ版は特に酷い。最初は2機は同時にいて2体1の構図は作れているのに2号機が急に脱落して、むりやり1対1状態にもっていく。ハプニングだからにしてはシナリオがずさんな話が多すぎる気がする。(グリフォン戦に限らず)

今回もそう。上空から重火器で狙われている時点でもう不利なんだから、そこで2号機を海に落とす必要はどこにある。
「CGで2機動かすのが手間だったから」 ただそれだけ。

あきらたんが外に出てモーショントレーサー越しに撃つ画をカッコよく見せたかったのかもしれないけど、もう予告でやっちゃってたし、なんかよく覚えていないけど、その一撃が決定打でもなかった気がする。

特定の首謀者もいない。敵戦闘メカはやっつけたとは言え、東京の酷い惨状がすぐに元通りになるわけでもなく、どうにも煮え切らないラスト。
結局、何を訴えたかったのか?

ナガシマ先輩の言葉を借りるなら、
『【機動警察パトレイバー2 the Movie】をほぼなぞっただけあって、アニメと実写のクロスストーリーが妙な味わいでした。』
 とのこと。


そんで、映画見終わったその夜すぐに「機動警察パトレイバー2 the Movie」を見たわけでして。

その2に続く。


テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

ニッポンよ。これが「首都決戦」の映画だ。その2

続いて、しももだ・ももお なわけで…

今度は、迷作 『劇場版 パトレイバー2 the Movie』 の 感想の方。

しももだ・ももお は精神的にまだまだ子供なので、偉そうに上から目線で語ってる、勘違い野郎の文面ですが適用に読み流してください。


警察と自衛隊が仲が悪いと決めたのは誰なのか?

このパト2の製作にあたり押井先生が思い付いたのか、もともとそういう警察と自衛隊の険悪な関係と仮定した小説等はいくつも存在していたところで、押井先生が乗っかったのか。
例え本人が思い付いたことではないにしても、あそこまで丁寧に警察と自衛隊との対立の構図を具現化した作品に仕上げたことは、押井先生の功績である。

上映当時の1993年。まだ学生だった私は単に流されていた。「良く知らなかったけど、現実でも警察と自衛隊って仲が悪いんだ。だったらその「仲が悪い」ことを再現しただけの映画って面白いの?実際映像見てて、何かすごいことをやっているような気はするけど、歯が気持ちとイライラだけが積もって特に面白いとは思えない。」というのが当時の心境。

私はコミックもアニメも含めパトレイバーは大好きだ。コミックとマンガで満足できずに、小説もほぼ読みつくしていた。ただ劇場版は好きになれなかった。理由は「キャラ画がキモいから」
パトレイバーってゆうきまさみ先生の繊細な「画」や高田明美嬢のかわゆい「画」に好感が持てるから面白いのであって、あんなキモ・キャラ画は評価を下げているだけというのが今でも私の見解。

まぁ、キャラ画の「萌え」の部分で評価をされないように、「重厚なストーリー性」に重きを置くために、製作スタッフがあんな画で仕上げたというコトは、一応は理解しているつもりではある。

そんで、私もいい歳になって、ある程度客観的に評価できるであろう、この今の今のタイミングで『劇場版 パトレイバー2 the Movie』を見返す。

ナガシマサンが言っていたように「首都決戦」は、ぱと2をなぞりたかっただけだから、あんな説明不足気味だった、無理やり特車2課主導で戦ったかという理由もなんとなく納得した。
何が言いたかったかにしても、「もともと犯人側に要求はない。街を破壊し首都機能かk滅することがが目的で、色々やられちゃった時点で、我々の負け。」っていうようなことを後藤隊長が言ってたと記憶してるんだけど、だから「首都決戦」も同じ。やられちゃっただけの負け戦を描きたかっただけ。ということ?



まず「柘植」という人が、ただの軍事評論家という訳ではなくて「多脚ロボットの運用」について詳しい人だったいうコト。だから特車2課というロボット専門の特殊な部署と首都圏壊滅を狙う悪の組織との対決の結びつきができた。
首都決戦はその結びつきが甘い。特車2課が戦ったのは、先代後藤隊長が残した良く分からない遺産の為。劇中でも「有るか無いのかわからない」と濁していたから、余計にそんな良く分からないモノのために特車2課が一生懸命にやらなきゃいけない理由が伝わりづらい。
だから首都決戦を見終わった後「テロリズムについて警察の対応をテーマにしたのはわかるが、別に特車2課が絡む必要があったのか?」と素朴に感じた。
別に公安・外事3課だけで解決できたことにも思える。(まさにシナリオのさじ加減に尽きる)



警察も自衛隊も、日本国民を守るための組織。
警察は日常からそこいらへんにたくさんいて、何か事件があるとすぐに駆け付けてくれて対処してくれる。
逆に自衛隊は、警察よりスゴい武器や戦闘兵器をたくさん持っているけど、「外交的になんか特殊なこと」が起きない限り「本来の目的」で行動することはない。
そこで「表舞台に上がっている者」へ「脚光を浴ることができない者」の妬みが生じるということだが。

実際の自衛官の方々は、そんな不満は持ち合わせていないでしょう。だからあえてそうしてみたらと仮定したフィクション。

「幻のスクランブル事件」が発生し、事情聴取で警察が三沢基地に事情聴取に行ったことに自衛隊が腹を立て、レイバーや戦車をも持ち出しててまで籠城するという行為は、非常に見てて大人げない。
後藤隊長も声を荒らげていたけど「コンピューターがハッキングされました。ごめんなさい」とすぐ言えば済んだ話。(国家機密のコンピューターがハッキングされたとなると、そのセキュリティ問題とか追及されるから、簡単に公にできない事情とかがあったわけだけども)

だから、後藤隊長が練馬の基地への出動要請にゴネたのもすごく良く分かる。だって行ったって意味ないじゃん。自衛隊を逆なでするだけ。勝手に籠城して騒がしとけばいい話。相手にする必要はない。

そこをなんだかんだ理由を付けて、そんなことまで言わなくてもいいんじゃないという「いちゃもん」を丁寧に拾い、その越権行為に大人げない実力行使に踏み切ったことで、仮想の「警察と自衛隊の対立しているの構図」を作り、その危ういバランスに付け込んで、日本にテロリスト活動を仕掛けるならと 作り上げた押井先生さすがだなぁ と改めて初めて思いました。






最後は、それこそ人材も装備も何にもなくなって、昔のつてをかき集めなきゃいけない境遇だったことは見事だったのに対して。
「首都決戦」は、そんなへっぽこ・特2課に頼らなくても、いくらでも人材も装備も他から取り繕うことはできたんじゃないのと感じさせる隙がある分、やっぱり三流映画。

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

VF-0でバトロイド その6。

こんばんは~KOMATUです、このあいだまであついなぁ~~とおもっていたら
 なんじゃい!この肌寒さ!! 風もつよいしえらいこっちゃ
しまいこんだちゃんちゃんこをひっぱりだして、布団も一枚追加しました。
天気はあしたから台風接近ということで大雨らしい、体調にも影響でそうで、みなさん気をつけましょうねー


VF-0です、製作中にときどきこうしてある程度組んでチェックしています
IMGP9214.jpg

これをすると予想外なところやミスをみつけることもできます
なによりも飽きてしまうのを防ぎ、テンションも上げる効果もあると思いますゼ。
IMGP9213.jpg

他のパーツも組んでチェック~
IMGP9215.jpg IMGP9216.jpg

IMGP9217.jpg IMGP9218.jpg

腕パーツをチェックしたらパーティングラインが見えているところがあったので修正~
IMGP9211.jpg

修正作業中にヒジ裏のこの継ぎ目が気になり始める
ガンポットを持たせるときにだいぶ肘をまげるのでけっこう目立ってしまうのであ~る
IMGP9212.jpg

接着ダボを削り落してプラ版とジャンクパーツで内部構造っぽくしてみました
あまりゴテゴテせずにあっさりなかんじに、その後白で塗装しておきます
IMGP9223.jpg

各パーツもそろったのでデカールを貼っていきます、今回もアークロイヤルの部隊章デカールは
木塵のCASSYさんからの提供です、この場をかりて御礼します ありがとございます(礼)
IMGP9219.jpg IMGP9224.jpg


すべてのデカールを貼りおえたら一日かけて乾燥させます
その後1/4つや消しクリヤーを全体に吹きつけてツヤを均一にします
IMGP9222.jpg

クリヤーパーツを塗装します、機首横のセンサーはクリヤーレッド、頭部センサーはクリヤーグリーン
ここでもいっぺんに吹くと垂れるので何回か分けて発色を確認しながら吹きますよー
IMGP9225.jpg IMGP9226.jpg

頭部センサーを組み込んでみます、力任せに入れたら受け部分が 割れた ギニャー!
IMGP9227.jpg

できたパーツをちょこちょこくんでいきますよ~~
IMGP9231.jpg IMGP9232.jpg

胴体に足をくっつけたらけっこうシュールでなんか笑える
IMGP9234.jpg IMGP9235.jpg

IMGP9233.jpg IMGP9236.jpg

背中のパーツを取り付けて主翼をひろげてみたら、なんか・・・ 鳥のヒト?
IMGP9237.jpg

酒飲みながらながめていたら、しらけドリに見えてきたのはオレだけか?
年代がわかるね~
IMGP9238.jpg

もうちょっとで完成だ!つづくよー












VF-0でバトロイド その5。

どうもこんばんはKOMATUです、VF-0でのことを書くのはだいぶひさしぶりですね。

そんなことを言っていたら もうあと10日もないよ!!

あれ?いつのまにやら・・・仕事の忙しさにかまけてこんなことに、あれあれ?
静岡ホビーショーまであと10日か、去年もこんなこと言っていたような気がするわい・・・


なんとかがんばってやっておりますよ、まずは主翼のインベージョンストライプの塗り分け
ここのラインを基準にマスキングしていきます、ファイターの時は外側4本、内側1本の分けでしたが
今回のバトロイドでは形状がアレンジされていますので外側3本、内側2本にしています
IMGP9100.jpg IMGP9101.jpg

塗り分け完了、機体下面色 311グレーと機体上面色 333エクストラダークシーグレーを吹いていきます
IMGP9116.jpg IMGP9191.jpg

パーソナルカラーのイエローを吹きます、GXカラーのイエローに少量白を混ぜてマイルドにしてます
IMGP9103.jpg

胸のラインをマスキング、デカールをコピーした用紙を使ってやってます
イエローにざっくり吹いたあとしっかり乾燥後、切り出したラインを貼りつけて機体上面色を吹く
IMGP9188.jpg IMGP9190.jpg

その後またまたしっかり乾燥後はがしてできあがり、こういうとこがけっこう楽しかったりする
IMGP9193.jpg

デカールを使うマスキングはけっこう簡単ですよー
コンビニのカラーコピー機でそのままコピー、もしくは透明なビニールに入れてやってみましょう
IMGP9106.jpg

コピーした用紙から必要な部分をおおまかに切り出します
IMGP9107.jpg

裏面に両面テープを貼り付けます
IMGP9108.jpg

よく切れるハサミなどできれいに切り出します、その後マスキングしたいところに貼りますが
両面テープは接着ノリが強いので一回手の甲にはりつけて接着力を弱めてつかいましょう
IMGP9109.jpg

デカールからのサイズなのでほぼピッタリとマスキングすることができます、お試しあれ。
IMGP9198.jpg IMGP9197.jpg

調子がでたところでコクピットカバーの赤ラインを塗り分けです
IMGP9102.jpg IMGP9104.jpg

機首まわりもマスキングしていきます
IMGP9192.jpg

けっこう日程も押してきてたいへんです!でもやるよ!!

まだまだつづく~!!










義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索