フレッシュ!フェイ・えーん!! その3。

夜分遅くにこんばんは、KOMATUでやんす。2014年もあとわずかとなりましたね、早いな~
さっそくフェイ・イェンですけどもがんばってやっていますが今年度中に完成は まずムリです!

ここでちょいと問題発生です、今回はフェイ・イェンの武装は例のお盆のウェポンなのですが
クリヤーピンクのパーツがない!
クリヤーグリーンとフツーのクリヤーのパーツはあるんだけどねー
そんなわけでミスターカラーのGXカラーのクリヤーピンクで塗ってみます試し吹きで発色を確認します
IMGP8567.jpg IMGP8573.jpg

問題ないようなのでクリヤーパーツに吹いていきます
IMGP8568.jpg IMGP8575.jpg

さ~~て、フェイ・イェン最大の難関だと思える デカール貼りです
説明書の解説を見て、これをやるの?と考えるとやっぱやめ!とパスしちゃう方もいるんじゃないかな?
まぁ、やってみないとわからないのでとにかくチャレンジ!いっぺんにガ~~っとやらずに
何日かあいだをあけて作業したほうがいいようです、貼って乾燥あいだをおいてまた貼ってといったかんじ
IMGP8569.jpg IMGP8570.jpg

ちなみにコレ、ボディのスプライトをデカール貼り作業の途中 う"ぁーー
IMGP8571.jpg IMGP8572.jpg

しかし、コレをマスキングだけで再現しろ!!といわれたらすんごい地獄をのぞく羽目になるのです
ハセガワキットがでる以前にワンフェスでガレ-ジキットで販売されていたのを拝見したことがありましたが
よくぞやりとげた!感動した!と感心したものです。デカールでここまでやってくれたのならありがたい!
 ハセガワ、ばんざい!!

そんなわけでテンションあげてチマチマと貼っていきましょう
IMGP8577.jpg

そんな作業の中、寄り道。遅々として完成していなかった景清の弓がやっとできました!
IMGP8563.jpg

いい機会だから本体のほうもちょっと手直し、今回景清の山に付属しているカラーガイドの解説では
フレッシュ・リフォーの機体はフェイス&コンバーターはウォームホワイトとあるので塗りなおしてみます
IMGP8556.jpg IMGP8557.jpg

こんなんなりました、フェイスは筆ぬりでうわぬりです。
IMGP8565.jpg IMGP8566.jpg

それで弓で武装した景清の[凬] です。
IMGP8581.jpg IMGP8587.jpg

IMGP8589.jpg IMGP8584.jpg

フェイスの色が変わると印象もだいぶ変わりますね
IMGP8599.jpg IMGP8604.jpg

武装も弓にするとちがったポージングもおもしろいですよ~
IMGP8578.jpg IMGP8601.jpg


フェイ・イェンはまだまだこれからですが、なんとか一月のアタマには完成させたいですね。
今年の私ほうのブログ更新はこれが最後になるかな?また来年もよろしくお願いします(礼!)

それではよいお年を~~~














スポンサーサイト

昨日はカラオケ大会でした。

昨日は、群馬県の模型サークル。サンデイクラブさんのカラオケ大会に誘って戴きました。
しももだ・ももお です。


男・数名で真綾さんの「プラチナ」(カードキャプターさくらのOP)を大合唱したのに(私ももちろん参加!)興奮してしまいました。
みんな今でもさくらちゃん大好きなんだなぁ~。
でも、今クランプ作品で真綾歌うんだったら「こばと」のマジックナンバーやろ‼と心の中で叫びますた。

俺設定ガンプラ「One-thousand式」です。

冬休みに入ったので、ささっと組み上げてみました。
盾とか肩関節は先日作った、メガ式に持っていかれたので、余った部品で組み合わせました。

メガバズーカランチャーが、専用のはずなのに、左足をステップにかけて立たせるのに、非常に苦労しましました。






しももだ・ももおとしては、年内最後の更新になります。
一年間ありがとうました。
来年もます。

この記事は編集作業中でも。


金色繋がりで、もうひとつ組むでみた。



タンク付きブースターは色が違うので、シールド・ブースターを推進機に仕立てみる。




シールドの位置を変えてみる。





テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

メガ式は変形する。

メリーメリクリウスス。しももだ・ももおです。
1,000,000式が発売されたので、とりあえずポチ組しました。

組み立て図には記載されていませんが、使わない部品を組み付けば、ウェーブシューターになんちゃって。

双葉ちゃんねるであがってたから真似てるる。

さすがに背中のジョイントは接着しないといけません。



オレが考えたわけじゃないけど、かっこいくね。






この記事は編集作業中ですねー。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

フレッシュ!フェイ・えーん!! その2。

こんばんは~おひさしぶりですKOMATUです、きょうは22日そう、あの北部地震から一か月です。
もうそれだけ経ったのかぁーと思いました、現地はスゴい大雪だそうで雪の重みでお家が傾いてしまったり
倒壊してしまったところもあったようですもう、かんべんしてつかぁーさい!

仮設住宅もはやく完成してせめて落ち着いて新年を迎えることができるように願うばかりです。

わたしの方のフレッシュリフォーのフェイ・イェンさんですが 順調におくれております あれ?

フレッシュリフォーの各カラーの確認、白プラ板を短冊状にしてちゃんと乾燥させてからチェックしますよ
調色で混色していくとこれだ!とおもっても乾燥後はちょっと暗いかんじになりますから気をつけましょう
IMGP8489.jpg

色が決まったらどんどん塗装していきましょう
IMGP8486.jpg IMGP8485.jpg

フレアパーツにある菱形のモールドを塗り分けます、ハセガワのマスキングゾルをつかいます
IMGP8487.jpg IMGP8488.jpg

そして基本色のバーチャロンカラーのVO-05 フレッシュミントグリーンを吹いていきます
IMGP8490.jpg

各色吹いたらマスキングして細かいところを塗り分けていきます
なかなか細かいぬりわけが多いですよ~~
IMGP8534.jpg IMGP8544.jpg

フェイ・イェンの足裏のソールパターンの塗り分けはネットでいい方法が紹介されていたので試してみます
パターンのカラーを塗装した後にその部分をマスキングしてクツのカラーを塗装
IMGP8533.jpg

乾燥後ソールパターンの塗り分けをクツの色と同じエナメルカラーで筆塗りして乾燥後
スミ入れをふき取る要領ではみだした部分をふきとります、きれいにできました。
IMGP8537.jpg

なんとかボチボチすすんでいますがまだ先はなが~~い!!
こちらもマスキングして塗り分けていきますよー
IMGP8543.jpg


年末になっていろんな新製品がでてきました!

待ちに待った景清”山”かっこいい!!付属のカラーガイドはとてもありがたいです
IMGP8545.jpg

ついにでました! VF-1J/A ガウォーク うれし~~い
いろいろとやってみたいです、色変え、マーキング変えとかね。
IMGP8546.jpg

ひさしぶりに戦車の模型を買いました、それも王道のタイガーⅠ型
まぁ、ミヒャエル・ビットマン搭乗車のS04機 ですからね~
無理もないでしょう!搭乗者メンバー五名フィギュア付属だし!
IMGP8547.jpg

年末にきてけっこうな散財、でも 悔いなどない!! ウハウハじゃぁーーーい!!!

   フェイ・イェンまだまだつづくよ!













桐生サンデークラブ 仮配属。2回目

謝罪をさせてください。すみませんでした。イシザン先輩との約束を破って、ブログの更新から離れたりして…
僕がそうなったのは、今年の9月にあった、ある模型の展示会を見に行ったのがきっかけで…

しももだ・ももおです。


サンデークラブ さんは、群馬県・超所在地、桐生市のプラモデル・模型愛好家さん達で構成されています模型サークルでして、本日2度目の体験入隊して参りました。

先月は決め事が有ったので、会合の時間のほとんどを協議に費やしておりましたが、それはたまたまの例外。
今月は、各個人個人で自前のプラモデルを持ってきて制作に打ち込まれていました。さっそく先月に決まったテーマに沿ったものを作り始めたり、関係なく好きなものを組み立てたりと自由自在です。
作業に取り組みながらも「このキットはこーだ」とか「実際動いていた時の時代背景では~」とか会話が飛び交います。

戦車の転輪の処理の方法で便利な工具が発売されているという話題に、50オーバーのベテラン勢がすごく食い付いて、
「俺が若い時代のカッターは、デザインナイフなんて無かったから~を使ってたんだ」とか、「デザインナイフなんて、ここらじゃ売って無かったから、○○市まで買いにいったもんだ」なんていう武勇伝大会にもなりました。


みつけたぞ、見間違うはずがない。おまえはあの時の!
DSCN0368 (1280x960) (1280x960)
お前に勝つために、ぼくはサンデークラブに戻ってきた。失ったものを取り戻すために!

3ヶ月前の展示会を忘れたとは言わせないぞ。
DSCN0370 (1280x960)
勝手なやつだ、3ヶ月前もそう、勝手に展示会に挑んできて名前も告げずに…

この3ヶ月間 お前の作品の紹介記事を、
頭の中で何万回と繰り返してきた。

DSCN0371 (1280x960)

DSCN0375 (1280x960)
バカな、独りで作品ががなんであんなにたくさんあるんだ

DSCN0376 (960x1280)
写真のアングルが微妙になってしまいましたが、奥の電球見たいのは、植物のひょうたんを加工したものだそうです。


DSCN0373 (960x1280)
ガンプラ「グリモア」の改造です。
DSCN0377 (1280x960)
普通にガンプラも仕上げられます。
某雑誌では、レシプロ機のジオラマで入賞されていました。


あまりイジられなかった…
DSCN0380 (1280x960)
そんな 
ぼくのベアッガイが…
渾身のガンプラが…
3ヶ月間の思いが…

これでも届かないというのか…


1月のサンデークラブさんは、新年会ということで模型の会合としてはお休みだそうです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

明日に定例会に備える

桐生サンデークラブの皆様。自分のの通り名は、しももだ・ももおで、ご容赦頂きたい。

しももだ・ももお でした。

明日は、桐生サンデークラブさんの定例会なので(通常は第4日曜日) 何かネタになりそうなものを作る。

ベアッガイ・Ver.GFT トリコロールペイント
DSCN0381 (960x1280)


DSCN0382 (960x1280)
トリコロールのアッガイの、頭を差し換えただけの簡単改造。なんだけど、色味をそろえる関係でベアッガイFを基本にして、GFTアッガイの青いランナーとグレー色の関節ランナーをコンバートして製作。

DSCN0385 (960x1280)

DSCN0386 (960x1280)
そのうち、なんかストライカーパックを付ける。

もちろんプチッガイもGFT。
DSCN0391 (1280x960)
単純に頭を挿げ替えただけなので、頭の位置も微妙。色もまちまち。

DSCN0392 (1280x960)
背中に穴もないから、チェアーストライカーにも座らせられない。(穴をあけてもすわんないよ)


ゴロゴロ~ ごろごろ~
DSCN0390 (1280x960)
あ~あぁ どこかの雌のライオン。オレを養ってくんないかな~
ずんのネタ風…

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

アストレア・ダークマター

ぼくは今、何色かな?
感じるよS●Tの中にも自分の色を取り戻せて喜んでいる者たちがいる。ヨリダさんこそ、なぜSS●にドミネーターを向けない。集合的であるならば、ドミネーターを向ける者もまたその一部になる。別の誰かが向ければ●S●は違う色になるかもしれない。●STはもう後戻りできない。いつか本当のさばき手が表れた時、あそこにいるモノが最後の一つになっても、犯ざい係数は下がらないかもしれない。もしかするとその裁き手は、コママツくんかもしれない。

そんな選択肢は、存在しないんだ。しももだ・ももおでした。

強敵現る。
DSCN0397 (960x1280)




オレ専用ガンプラをチューニングする。
DSCN0401 (1280x960)
ふくらはぎの青いラインとか、ライフルを2色にしたとかリペイントしたので、もう一回撮影。

DSCN0400 (1280x960)

DSCN0402 (1280x960)

DSCN0403 (1280x960)



強敵を作る。その名も「アメイジング・アストレア・ダークマター」
DSCN0399 (1280x960)
単に赤アストレアの背中に、別売りのダークマターを付けたに過ぎないから、作業自体に手間は掛かっていないし。

DSCN0395 (1280x960)
見た目も、そんなに変わったわけでもなく…

DSCN0396 (960x1280)

DSCN0398 (1280x960)


DSCN0407 (1280x960)


DSCN0405 (1280x960)


この記事は編集作業中です。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

フレッシュ!フェイ・えーん!! その1。

こんばんはKOMATUです、ひさびさの更新でございます。
最近は年末のせいでしょうか、なぜかじわじわと忙しいです。うかうかしているとあれ?もうこんな時間と感じます

きのうは長野模型練習会で12月のプレゼント交換会があるので絶対行こう!としていたのに
仕事がつまってずるずるとこなしていたら あれ?もうこんな時間なの!?
というありさま、これから高速飛ばしても間に合わない状況となりました・・・あ~あ~あ~~~

      ちゃんと準備までしていたのに・・・
     IMGP8484.jpg
   次の集会であみだくじでだれかもらってくれないかなぁ・・・・

前回でも書いたとうり、ワンフェスまでにバーチャロンを2機作るということで
フェイ・イェンをつくっています フレッシュリフォー
  IMGP8295.jpg

パーツの継ぎ目消しと下地処理をしていきます
IMGP8375.jpg IMGP8378.jpg

頭部はこんなかんじです、細かいパーツがけっこう多いですぜ
IMGP8377.jpg

いつものグレーのタレを吹いてパーツチェックをしていきます
そしてホワイトから吹いていきますがなかなか発色がうまくいきません
IMGP8481.jpg IMGP8483.jpg
ここは地道にやっていくしかないです、まだまだ道のりはとおいなぁー

景清の弓もいっしょに作っていますがマスキングめんどくさ~い
IMGP8482.jpg

   でも、やる!!
    まだまだつづくよ~~~








ニッポンよ。これが格闘ロボット特撮映画だ?

泉野 明が、曽田麻衣子だったら、こんなに実写版を夢中で追いかける必要などさらさらなかった。本当に真野ちゃんで良かった。
しももだ・ももお です。
THE NEXT GENERATION パトレイバー オリジナル・サウンドトラック2THE NEXT GENERATION パトレイバー オリジナル・サウンドトラック2
(2014/10/15)
音楽: 川井憲次 主題歌: 真野恵里菜

商品詳細を見る



ついにパトレイバーが完結してしまった。
(実際に12話が残っているというけど、劇場版への前振りな側面が大きいので、ドラマパートでは11話が最終回と監督が言ってる。)
結局、全話通して群を抜いて面白い、文句の付けどころのない作品は存在することはなかった。。
実写パトにはなんとなく興味があるけど、近くの映画館でやってなかったし、WOWWOWにも加入してないしという人がいたとしても、とりあえず見てみればと、薦められる回が何もない。
真野ちゃんがカワイイ。カーシャの人が綺麗だから、実際動いているところを見てみたい。と、お話とは別の部分で、実写パトを擁護する気持ちが無いと、見た後に不愉快しか残らない。

知人宅で数人で集まって、なんか適当にDVDでも見てみようかってなった時、とりあえず実写パトでもを見せるとしたら、選択肢としてはEP10の「レイバー戦」の回しかありえない。その知人たちのパトレイバーの興味の持ち様が高ければ、EP8の狙撃の回を見せてからでも良いし、はなから期待してないのであれば、EP10の冒頭と、ラスト10分の戦闘シーンを見せればよいであろう。
実写パトを見せるという行為は、あくまで、実写パトに少なからず興味がある人に限ったこと。興味ゼロの人に「駄目な映画を見て、ダメさ加減を愚痴ろうぜ」という趣旨で見るのは絶対逆効果。ホントに「見せられた側」が全員不快になって、場に空気が非常に不味くなる。




無難な話なので、文句はないんだけど。
EP10「暴走!赤いレイバー」 
次こそは面白いに違いないと、毎話見るたびに思って、とりあえず残ったやつ。89年TV版9話の焼き直しなので、話にオリジナリティはゼロ。明と佑馬、旅館で同室での一泊。「オレのキュウリをくらえ」のくだりなど、真野ちゃん今日もカワイイよねと思えるなら非常に楽しめるのだが、ヒロインの関心度がまったく無いと、どうでもいいし単純にウザいだけ?TV版より二人のぎこちないやり取りが細かく描かれていて、個人的にはすごく好きなシーン。

で、見どころのレイバー戦。まずソ連レイバーが赤くない(笑)。CGが綺麗で、本当に実物がある風に見えるのがすごい。(あえて夜間戦はその辺をぼやかすためかも。)実際ソ連レイバー「バウーク」の新潟からの逃走経路を地図を見て追ってみると、イングラムと接触する赤城高原SAまで、すんげ~ すんげ~走っていることになってる。画面でタイムスケジュールが表記されているが、信憑性あるのかないのか判断が微妙…赤城高原SAに「あの勾配」があったからこそのバウークをここまで走らせてきた理由なのか?

イングラム脚部破損・擱座の演出。CGスタッフの話では、あの崩れ落ちる演出に結構こだわっていたらしい。ただ、中腰での体勢をイングラムにキープさせるのであれば、あのヨレヨレさせる演出もそうかもしれないと思えるが、できる限りイングラムの体勢を低い状態に持っていく。ただ立て膝の状態にするだけであれば、そんなに難しい操作ではないであろうと誰もが思いそうだが、妙な過剰演出が気になる。

レイバー戦と謳うならグリフォン戦のようなガッツリとした格闘だと声を荒らげるつもりはないが、
今回は単純に『銃撃戦』。 これが待ちに待たされたレイバー戦なのか?と疑いたくなる。
あまりイングラムを動かしたくないからわざと擱座させた演出を放り込んでいるわけだが、せめて相手が多脚レイバーなら脚を1本、捥ぎ取るくらいのことはしてほしかった。

ちなみに長編劇場版は、ステルスヘリコプターと戦うので、レイバー戦はこんなんで見納めになる。

11話「THE LONG GOODBYE」

コミック・アニメ(劇場・TV・OVA)・小説。数多く展開されたパトレイバーで、メインヒロインを女性的に描いた唯一の作品。私的には、十数年待ち焦がれた期待の作品。だがそんな需要ははたしてあったのかと疑問が残る、リスクが伴う冒険的な作品。

「野明(明)は学生時代に憧れていた人がいたが、その思いは届かずじまいだった。」

というような振込みだった11話。

たしかに野明(明)が好きになった男性がいた。そして「ふられる」と悲しい別れいうのはイメージし難いしパトレイバー作品にに落とし込むにしてもまさに冒険ワザ。

実際本作は、明には学生時代に気さくに何でも話せる身近な男友達がいた。そこには恋心的な意味はほとんど無い。ただ進路についての言葉の行き違いで、卒業と同時に気まずい別れをすることになってしまった。野明(明)の性格を読みとったいい塩梅の男女関係である。

それから数年後の再開。気まずい思いは年月でなんとなく緩和されて。お互いの今の立場に感心し思いを寄せ合う?ところに謎のうさんくさい男の登場。 意味の分からない話を聞かされて、好き放題に飯を食われて、挙句の果て金を払わず逃走。そして意外な結末が。、

基本的には、文句のないとてもいいお話です。が、期待していた話な分、不満もたらたら…

不満1
「明が、同窓会の開催されているクルーザーに乗り遅れる。」  本当に個人的な見解だが。
一般社会人としてあるまじき行為。今回は特にトラブルに巻き込まれたわけでもなく、普通に服装(の買い物)に時間をかけ過ぎただけの、本人の凡ミス。
作り話とはいえ、こういう常識の無い行動を話に織り込まれると非常に萎える。親切心で送り出してくれた佑馬や御酒屋さんに申し訳なさすぎるだろ。

不満2
「明のドレスアップしたあとの髪型」  本当に個人的な見解だが。
あれオシャレなのか?カワイイと思ってやってんのか。メイクスタッフのセンスがおかしい。ただぼさぼさしてるだけじゃん。何もしてないほうがカワイイじゃん。身だしなみに気を使わない明ががんばって髪型にこだわってみたけど微妙になったというこだわった再現なのか?
そんなのいらねーよ!
風吹く港で撮影すんなら、パンチラの一つ用意しとけと思う。生カキ食って腹を下しうろたえる演技は、おっさんじゃなくて、真野ちゃんにもじもじ悶絶してもらえたらよかったのに。




基本的には、文句のないとてもいいお話です。気持ちが吹っ切れたから、佑馬のことを好きになる。とかそういう訳でもない。この先も納得できないコト、気まずい思いがたくさんあるかもしれないけれど、もっと仕事に打ち込み頑張ろうという気持ちが表れています。たしかに最終回っぽい。今までに見たことのないパトレイバーです。剛力や曽田麻衣子だったら、こうは綺麗に取れなかった。
ただ、スゴイ趣味の世界な話なので、万人受けはしない話。

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

BB戦士 396 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)

お礼を言うのはボクのほうです。ガンプラを楽しそうに組み上げてる長野のシミズ君を見て、思ったんです。最近のボクは、美しいガンプラや、強いガンプラを作ることだけに捕われて、楽しんで作ることを忘れてしまっていた…。思い出させてくれて感謝しています。しももだ・ももお でした。

BB戦士 396 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)BB戦士 396 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)
(2014/12/06)
バンダイ

商品詳細を見る

昨日作った、ビルドバーニングガンダムを部分塗装しつつ、シールを貼って組み上げてみる。
DSCN0362 (1280x960)

DSCN0363 (1280x960)
DSCN0364 (1280x960)
DSCN0365 (1280x960)

DSCN0367 (1280x960)
DSCN0366 (1280x960)


パトレイバーEP8・9見た。
まぁ無難にパトレイバーっぽい話だったんで、特にケチつけることないんだけど。やっぱり爪が甘いかな。

EP8
物語中盤の零規正の調整をしている時、緻密な調整作業の説明で苛立った大田原が「撃ちまくれゃいいじゃねいか」と言って、御酒屋さんが「ワンショット・ワンキル…スナイパーに二発目はないっていいますからね」と返す。
そういうやり取りがあったのにもかかわらず、クライマックスにカーシャとセルゲイは撃ちまくりの対決になってた。
これは、「絶対やらない」フリを作って、あえてそのフリをやるという「笑う部分」だったのだろうか?

編集・つなぎ方のせいで、ライフルの弾が発射されたことを確認して、カーシャが避けているように見える。銃の性質とかサバゲーを知らない私のような素人を、あえて錯覚させる策略編集なのだろうか? たぶん中の銃の知識が長けている人が見てば、さほど気にならないシーンなのかもしれない。



EP9
これも終盤。佑馬が真珠らしきものを卵かもと疑い、検証して卵じゃなく本物と判断する。そこで各メンバーの欲望のいざこざに発展したわけだが、でも結局は「卵」だった。実に安直なシナリオだがここも「笑う部分」なのかもしれない。初めから本物じゃないのは分かっていることだから、せめて糞とか「卵」以外の発想がでなかったものなのかと、製作スタッフのいい加減さに脱帽する。

でも最後のいかにもキグルミ風の恐竜に、真剣に逃げまくる。噛みつかれる。投げ飛ばされるシーンは、不覚にも笑ってしまったぜ。

この記事は、編集作業中です。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

昨日は忘年会でした。

こんばんは。しももだ・ももおです。

一昨日は、長野市模型練習会さんの忘年会に誘って頂きました。某模型誌のライターさんも来られていまして、貴重なお話を堪能させて頂きました。

部外者みたいな私を誘って頂けまして、
幹事さん他、関係スタッフ様にこの場を借りてお礼を申し上げます。

って書いてみるけど、私があまり自己紹介もろくにしないであつかましくしゃべっていたので、「アイツ普段会合で見ないヤツだけど、誰たべ?」って感じだったかも…((>_<)⤵)
このあと数日、コメントも拍手もつかなかったら、しももだ・ももおは全く持って人望が無い…



先輩のパーツ。
金額が金額なのでしょうがないけど、実際手元に来てみると、嘘みたいに部品が少ない構成のウイニングガンダム。
普段、ガンプラの大抵の弊害について多めに見る私ですが、今回のナックルについては、物申したい。

SDガンダムのセオリーに従って、いかに少ない部品でそう見えるようにするかの挑戦。本体はイジらず、無改造で取付けできるように調整。腕を取り付ける穴をふさぐことについては、プリキャップを切り詰めないと無理だったので止めに。「この板一枚付けたんだから拳(こぶし)に見えるでしょ。」というキットのデフォルト仕様風にしてみる。後は指の部分のパーツを共通色で塗装。
こんくらいの板切れ1枚程度、パーツで混ぜられなかったんかいとか思う。組換え変形で、バラバラにした部品以外から唐突に持ってくるコトを嫌う人いるけど。
そんなこと言ったら、ナックルとバーニンダガンダムを 繋げるジョイントも、ランチャーのバレルとライフルの接続ジョイントだって唐突に持ってきてんやん。




BB戦士のビルドバーニャンダガンダムを繋げるジョイントをつくる。
説明書のマンガで連動してんのに、実際のビルドバーニングとウイウイグガンダムの二体は連動していないのは、バンダイの怠慢だがや。



明日、自分で拍手のボタンを押そう…

部分塗装をしてみる
DSCN0352 (1280x960)
拍手 3回のうち、1回は、私自身が押しました。

セカイ君って、ガンプラとかアニメとかに全く興味ない、バリバリの体育会系!「ビルドバーニングガンダムって名前長いんだよ。頭のビルドってなんだよ。ただのバーニングガンダムでいいじゃん。」とか言いそうだったのに、
劇中必ず「ビルドバーニングガンダム」ってきちんと言うんだよね。律儀でかわいい。
DSCN0350 (1280x960)
そのビルドバーニングガンダムに付けてみた。このビルドバーニングガンダムって定価600円ていう超低価格商品だっただったんだよね。低価格なりに良くできてると思います。

DSCN0351 (1280x960)
板切れ一枚増えた程度で、ガッツリとした拳(こぶし)に見えるわけはないんだけど、そのチープ感がBB戦士の組み換え変形だと思っています。

ディテールにこだわるならばコイツ。
DSCN0356 (1280x960)
ふたばちゃんねるで散々あったからあまり載せないけど、1/35の手首がこの大きさ。

DSCN0354 (1280x960)

DSCN0348 (1280x960)
後は、シール貼って、部分塗装とミミ入れとツヤ消す剤を吹いて、簡単にフィニッシュ。




キーワードは「上州モデラーズエキシビション」前橋市だとちょっと近い。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索