コママツ原美幸です。完成!

とっても作業の早い、コママツくん。
アッというまに、完成してしまいましたのでした。
IMGP1200.jpg
PO20100417_0002.jpg
塗装前、改修前の状態の写真が見つかりました。

PO20100905_0026.jpg
キット付属の完成見本。
IMGP1199.jpg

IMGP1202.jpg
IMGP1203.jpg

PO20100905_0027.jpg
雑誌広告より。金額は6800円が正解です。
IMGP1198.jpg

後ほど、コママツくんよりコメントを頂くことにします。

PO20100906_0005.jpg
PO20100906_0004.jpg
PO20100906_0006.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コママツ原美幸です。その3

とっても作業の早い、コママツくん。
アッというまに、大まかな塗装が完了です。
IMGP1194.jpg

IMGP1193.jpg

IMGP1195.jpg
IMGP1197.jpg
IMGP1196.jpg

後は、全体の艶の調整をして完成のようです。

テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コママツ原美幸です。その2

とっても作業の早い、コママツくん。
アッというまに、下地処理の完了です。

IMGP1180.jpg
IMGP1181.jpg
IMGP1183.jpg
IMGP1186.jpg
IMGP1184.jpg
この位置がベストショットになるように、コママツくんはポーズの調整をしています。

元のキットなんだけど、前記事に書いたように「右方向」を向いています。
「視線」「両腕の開き具合」「おさげ髪の流れ」「曲げた左足」拡がりのあるポージングなのですが、元キットはちょっと微妙で綺麗に全部見えるアングル角度がなかったんです。立体なのだから一方向のベストショットは必要ないのかもしれませんが、写真として撮影した時に部品が欠損しているような写真になってしまうんです。

分りやすくいうと、一番上の写真は「左足」と「髪の毛」が写っていないことから良いアングルの写真ではないということなんです。写真判定の模型コンテストで、こういう写真をメインで持ってきたのなら高得点は期待できません。
元のキットはどこから見ても、腕・脚・髪の毛とどこかしらが隠れてしまうような造形だったのでした。


さすがコママツくん。そのへんは計算された最高のポーズ付けです。

IMGP1188.jpg
カラーパターンサンプル

テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コママツ原美幸です。その1

コママツくんが、フィギュアを作っているようです。


1990年代前半ボークス製の「逮捕しちゃうぞ」美幸さんです。

IMGP1174.jpg
劇中ではやらないであろうポージングが、とてもカワイイです。露出しているわけではないのですが「おっぱい」の造形がステキなのです。
IMGP1176.jpg
キットの完成見本は右隣に同シリーズ夏美を置く都合で写真のように「右視線」になっていますが、「左視線」に変更するそうです。
IMGP1177.jpg

テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

いろいろフィギュア その4

アッセンブルボーグ『トライストライカー』をようやく入手できました。
アッセンブルボーグはAmazonで買えないのが面倒臭い。

アッセンブルボーグを買う人は、当然リボジョイントの特性を分りきっている人が買っているということでよろしいのでしょうか。

昨年買った『バレルスピーダ』の時もそうでしたが、ストレートジョイントでの接続が「バカみたい硬い」時が頻繁にあるのです。
あいもかわらずの中華連邦が扶桑国に対しての反抗作戦(仕事)なので、ジョイントの穴の径がちょうど良く無いんです。リボルテックを嗜んでいる人はご周知事項です。
パッケージには「ドライヤーで暖めましょう」なんてあるけど、私はメンソレータムを微量に塗って対応しています。
むきになって、押し込むとジョイントが壊れるので気を付けましょう。

これから、アッセンブルボーグを集めようと思うと、意外と数がそろって来たので「組み換え遊び」が充分楽しめると思います。
海洋堂の店舗か、海洋堂直営WEB販売しか入手できないのが難点万点。

PO20100821_0011.jpg
乗り物固定用の「専用足首」を取り付ければ、安定した乗車が可能です。
フィギュアの手首がハンドルに添えているだけでも、専用足首がバイクとジョイントでしっかり固定されているので、逆さにしてもフィギュアは落ちる事はありません。


カ面ライダーのバイクオモチャに可動ライダーを乗せる場合、乗り物とフィギュアの接点は「手首とハンドル」だけなんです。フィギュアの尻部とシートは密着している分けでもなく、大抵の場合滑って安定しないんです。逆さにすれば当然落っこちます。フィギュアとバイクのどこかに接続ピンでも付ければ良いのにと私は考えるのですが、「ピンや穴がある事でディテールを損なう」理由でやらないのでしょう。

まぁ実際ディスプレイするに当たって「完全走行中の状態」で飾る事はほとんど無く、走行前「バイクに跨って肩足付いての決めポーズ」というのが大半ですから、現在の商品仕様として問題がないと言えば問題が無いと言えるかもしれません。

バレルスピーダ再録。
PO20090913_0004.jpg
こちらも「専用足首」で固定されているので安定しています。モエバインもそうですが、figumaの足首も接続径が「専用足首」と同じなので、無改造で取り付け可能。ただし乗せたフィギュアと「専用足首」のディテールのギャップだけは、目を瞑るしかありません。
どうしてもイヤだったら、付けなくても一応大丈夫です。
そっと乗っかっているだけでになりますが乗車は可能です。
PO20090913_0006.jpg


PO20100821_0002.jpg
状況に応じて特殊装備「変身システム」を装着し、その戦闘力を比較的に高める事が可能なのだ!!

PO20100821_0012.jpg
付属の形態組換説明書とおりに組み上げるて、フィギュアを登場させると、なんとなく「和式テイスト」になって微妙。私の作例は、一部部品を使用せず組み上げています。
PO20100821_0003.jpg
設定を、買った人が考えて楽しめるのがアッセンブルボーグ。上記のバレルスピーダだと「ビーム砲」っぽく解釈できる箇所があるんだけど、トライストライカーにはビーム砲がないんです。大掛かりな乗り物のわりに戦闘力が低いのか??
「残念!!」「アッセンブルボーグ斬り!!」

PO20100821_0004.jpg
PO20100821_0005.jpg
PO20100821_0006.jpg
PO20100821_0007.jpg
PO20100821_0008.jpg
しももだ道は、想像するという最強の娯楽を提供したい。

追加画増、
ジャージもいいけど、脱ぐと凄いんです。
PO20100822_0000.jpg
PO20100822_0001.jpg
PO20100822_0002.jpg
PO20100822_0003.jpg
PO20100822_0004.jpg



テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

ガンプラ誕生!30歳だそうな…

注文した部品が届いたので、加筆修正の再録です。

バン~だーい ガンぷ~ラぁ あるあ~るぅ 言い~たぁいー
リア~るぅ グレイどー あるあ~るぅ 言い~たあいぃー

てっ てってって てってーれっ! よぉおっ
テッ テッテッテ テッテーレッ! ヨーオ!!

ガンぷ~ラぁ あるあ~るぅ はやくぅ~ 言い~たぁいー
あ~るぅじい あるあ~るぅ はやぁくぅ~ 言い~たあいぃー

てっ てってって てってーれっ!
テッ テッテッテ テッテーレッ!

RG・リアルグレード入手しました。
可動範囲のすごさは、雑誌やほかのブログさんでお腹いっぱいと思うので、「リアルグレードあるある」(ちょっと気になる事)を少々…

組み立てている時は、いい感じでした。
胴体や腕など、部位が完成するたびに、フィックスやロボット魂には見られない、「プラスチック」なんだけど精度の高いTOYの質感が、たまらなくステキなんです。

TOYコレクターの観点から見ると、成形色のあざやかさ、部品の精密さから「塗装してしまうのが持ったいない」んです。ここまでカッチリとパーツが成型されていると「ゲート跡」も「パーティングライン」もあんまり気になりません。

私も、歳柄から「これはもう、組み立てるハイコンプリートモデルだよね。」と例えてしまいます。ここでいうハイコンとは、近年の1/200のシリーズではなく、80年代の1/144の事を指します。もちろん当時のハイコンは、決してレベルの高い造形ではありませんでしたが。
その時のガンプラは単色成形色が基本だったので、ハイコンのパーケージから出した時のABS製プラスチックの成形色で仕上げられた完成品のインパクトは衝撃的でした。
なので未だに「ハイコンっぽいよね」と言ってしまいます。

このプラスチック特有の質感をしばらく楽しみたいので、マーキングシールはもう少ししてから貼ることにします。

PO20100815_0008.jpg
これは30thガンダム。「白色」の成形色なんだけど、色味が変わるとこうも安っぽく見える。
リアルゲイは、成形されたプラスチックの色味と光沢も計算されて仕上がっている。


※RGあるある

・組み込み済み間接ユニットの、ボールジョイントは緩い気味。
・2.0同様、小さめの足首。爪先とカカトが稼動するから、接地性が悪い。
 足首が内側に曲る角度も、微妙に浅いせいもあり安定しません。「しももだ立ち」が出来ないんです。
・腕の可動フレームを切り取る時、右腕は後から使う「シールドグリップ」を意識してハズすんだけど、左腕の同じ位置にある部品は無造作にハズしてしまい、後から「シールドのジョイント」だったと気付き、慌ててどこに置いたのか探す事になるので激注意。

・痛恨の設計ミス。ビームライフルが持てないんです。
「いや持ててるじゃないか」と大多数の人は感じたかもしれません。
「本当に持てていると思いますか?」
○グリップのジョイントが長いから、手の平と距離が出来て指が届かなくなる。
○グリップのジョイントの位置が下すぎるから、人差し指がトリガー部に届かなくなる。

PO20100815_0000.jpg
何箇所かのブログで見た、ライフルを持った写真を再現しました。
ライフルグリップの長すぎるジョイントの位置のおかげで、ライフルを保持した時に「親指」と「人差し指」があらぬ方向を向いていませんか??変な方向に気を取られ、指の角度を調整すると根本から外れる…。下手をしたらぱちんとどこかへはじけ飛んでしまうので厳重注意事項です。

PO20100815_0001.jpg
親指を下向きにしないと、グリップの付け根と干渉するんです。

PO20100815_0002.jpg
正面から見ると気になら無い??

「別にいいんじゃない」と言われるとそれまでなんですが、メーカーも模型誌もその変が「実は分っている」ようで、ライフルを保持した右手首の親指の位置がわかる内側の写真が、絶妙に避けられているんです。
PO20100725_0002.jpg
某模型誌では、こんな感じに。

PO20100725_0004.jpg
通常の可動指ではこんな感じ。実際手の平とグリップとの凹凸で接続されているので、「保持」しているというより「支えている」感じ、それでも「錯覚」がはたらくから「握っている」ように見える。

PO20100725_0003.jpg
形状重視のレジンパーツだとこんな感じ。可動パーツは「技術力の証明」としてキットに付属するのはいいのですが、形状重視の手首も付けて欲しかったところ。

とりあえず削ってみる。
PO20100725_0000.jpg
ジョイントの位置を接着で変更し、干渉部分を削ってみました。トリガー部は削らなくても良かったんだけど、トリガーガード?を切り取っている時にいっしょに持っていかれてしまいました(泣)
PO20100725_0001.jpg
反対側。「成功例」とは言い難いので、鵜呑みにせず参考程度にみてください。

PO20100725_0005.jpg
手首に付けてみる。指の第二?間接も動くので、しっかりホールド!!
でも、少し「えんがちょ」っぽい…



私の場合パチ組み中、ビームライフルは最後の過程だったんです。(変形コアファイターとバーズカはまだ組んでいません)
あまりのクオリティにテンション上がりっぱなしで組み上げていたところに、最後の「持てない事実」に一気にとーんダウン。残念ガンプラでした。



最後に、指の他でも極めて小さな部品が多数ありまして、外れやすい部品も中にはあります。なので時間が経って気が付くと抜け落ちていて「何時・何処で外れてしまったのかわからない状態」の可能性は多大と思われますので、部分的に接着をお薦めします。

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

RGガンダム「手首」注意報。

こちらも、加筆修正の再録です。

「ガンプラ誕生!30歳だそうな…」の記事で、相変わらずの私の「過激発言」でご迷惑をかけまして申し訳ありません。
(「過激発言」とか自分で書いちゃってるけど、実際『新品の部品』が届いて再度検証してみた結果、『あながち間違ってもいないんじゃない』と思ったり叶ったり…)



分っているブログさんは、実践しているトコロもありました。

E-1ランナーの⑲と⑳のパーツは削らなくても、下記の要領を参考に良く擦り合わせて戴ければ、カッコよくライフルを保持する事ができますので、ぜひ試して見てください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
行きつけの模型屋のお兄さんにアドバイスを戴きました。

「ライフルの握りですが、僕も実はちょっと苦労しました。コツがいりますが改造なしでいけます。」
写真1
1.jpg
まず親指を他の指と同じ方向に向けたまま内側に傾ける。人差し指と残り3本の隙間を少し開けておく。

写真2
2.jpg
その状態を維持しながらライフルグリップの突起を手のひらに差しこむ。

写真3
3.jpg
各指を閉める。
こんな感じでいけると思います。試行錯誤しているうちにボールの受けが緩くなって指が外れやすくなってしまいました.....。

完全に手を開いた状態でグリップの突起を先に付け、それから親指を調整しようとすると

PO20100815_0000.jpg
この写真のようになってしまいます。
この部分ですが、なぜ後から親指を調整できないかというとガンダムの指が「角指」だからだと思います。
グリップの突起を手のひらに差した状態だと親指の付け根ピッタリの位置までグリップが来るために指の角が干渉して回転できなくなるんです。
逆にクリアランスが小さいことで「ギュッと握った感」は出てるとは思います。


.....ここは説明書で握らせ方の図解はあった方がいいですね。

それではよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
模型屋のお兄さん様。
写真付きで詳細な説明を、どうもありがとうございました。

追加画像 上記の手順で持たせた場合、正面から見るとこうなります。
PO20100815_0004.jpg
手首に対してライフルが斜めになる。

PO20100815_0003.jpg
「親指ぐりん」をやった人は、ライフルを手首にまっすぐ持たせることに、こだわった場合。

斜めだって関係ない。
PO20100815_0005.jpg
こうやって持っている分には、全く影響が無い。

PO20100815_0006.jpg
横から見たら、こんな感じ。


以上、加筆修正版でした。

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

いろいろフィギュア

ジャージは萌えなのか?
某所で、ジャージボディの長門とムギのfigmaの画像を見つけました。現在figumaのシリーズで「体操着・ブルマ」のボディは無いので、「ジャージだけど、とりあえず付けてみました」的紹介であって、別に紹介した本人も、そこに「いやらしさ」の再現は意図していなかったと思います。



そのジャージ・ボディ

とても狭い私事なのではありますが、私の通っていた高校では全国に先駆けて「ブルマ」を艶やかさを感じ、女子の体操着として採用していなかったのでした。(20年位前の話)

ジャージの中、もしくは夏場の体育では、男女ともTシャツを着ます。そして男子には短パンが用意されていたのですが、女子にはブルマ代用になるショートパンツもなく、年間通して「ジャージの下」の着用でした。
胸とかお尻とかのラインとは無縁のジャージですが、こう言った堅実な体育の授業のおかげで、私の「ジャージ=女子の体操着」というイメージが強いんです。(早い話がジャージでも艶かしいということ…)

PO20100807_0003.jpg
某所で、figumaジャージを見つけた時には「コレは萌えだ!!」と叫び、さっそく何の商品なのかを検索開始しました。

PO20100807_0004.jpg
Figmaのキョンか小泉君に、予備のボディなんか付いていたっけなと探していたら、あるマンガの付録と分り、早速Amazonから送ってもらいました。それはもう結構な金額でした。
(凛りんのイメージが崩れるので、元のキャラの画像は控えます。)
おっぱいの膨らみはありませんが、ジャージを着ればそういうもんです。

PO20100807_0001.jpg
ナマ脚パーツに付け換えれば、股間部位でブルマっぽい再現が出来るようです。(けいおん系がいいらしい)ただ私のコレクションではニーソックスが多い…
凛りんに「笑顔パーツ」が無いので、萌え~のポーズが出来ない…
Figma 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ チアガールver.Figma 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ チアガールver.
(2009/03/31)
Max Factory

商品詳細を見る

この商品との組み合わせが、ブルマっぽくなる??
差し替えの逆になる、チア・ミニスカートから除くジャージ脚の姿も「ナマ脚で寒いんだから、格好なんて気にしてらんない」りある女子高生が再現できて楽しそう。


PO20100807_0002.jpg
オシリその1

PO20100807_0005.jpg
オシリその2。また高校の話に戻るが、体育の授業で「部活ジャージ」を着用していた女子は、お尻のラインだけぴっちりしていた印象が強い。

PO20100811_0004.jpg
PO20100811_0006.jpg
PO20100811_0007.jpg

はろぉ~マリひあぁ
PO20100807_0006.jpg
こっちはフロイラインの方。ニーソックスの共通点だけで組み換えてみました。等身のバランスは非常に良い! 定番の長谷川研究員のセクシーボンテージだと、ずんぐりした印象になったのでNG!!
PO20100807_0009.jpg
「めがね めがね」
映像を見返したら、メガネの落ちている位置が違う…

PO20100807_0007.jpg

PO20100807_0011.jpg
「むねもぴったりで、気持ち いい!!」のシーン。ブラジャーじゃなくてサラシかよ!!と興奮していたDVD買ってすぐ見た感想。実は右腕の包帯だったと今気付く…
PO20100807_0008.jpg


テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索