ガンタンク完成。

ガンタンクが完成しました。


PO20091206_0000.jpg

MGキットを上手に作りたいと思う。




このガンタンクは、基本的にゲート跡の処理とパーティグラインを丁寧に処理しているだけです。難しいテクニックなど何もしていません。もし私に特別な技能が習得されているとするなら「エアブラシ塗装で、吹き過ぎること無く、適量に塗料を吹き付けること」が出来るくらいです。(特別な技能でもなんでもないけど。)


ゲート処理、パーティングラインの処理、合わせ目の処理は、初心者ほどあまりに気にになっていないみたいです。
だから、ゲート跡処理がしきれていない。塗装にムラやはみ出しがある等。自分の作品の足りないところを早い段階で見極められるということが重要なんです。
気にならないから、気付かないということで意外と難しいコトなんですが、処理が出来れば一つ質の高いモデルが作れます。製作途中に気付ければ、その箇所を修正すればいいですし、完成した後に気付いてしまったのなら、次回作る時に気を付ければいいんですから。



マスターグレードモデリングガイド ザク編 (Dセレクション)マスターグレードモデリングガイド ザク編 (Dセレクション)
(2007/06)
不明

商品詳細を見る
この本はとてもいい事が、写真付で分りやすく紹介しています。
難しいコトは書いていないので、ぜひ挑戦してもらえればと思います。

PO20091206_0001.jpg

PO20091206_0002.jpg

PO20091206_0003.jpg

PO20091206_0005.jpg
キャタピルは開きます。

PO20091206_0006.jpg
昔ガンダムエースだったと思うのですが、どこぞのマンガ家さんが、この部分が前後にもう少し幅があって、中に円形の回転テーブル状のパーツが入っていると解釈したイラストを掲載していました。コアブロックを内装していても旋回が可能にできる仕組みだったんです。
MGへの商品化デザインにしても、そのアレンジの選択肢は有りだったと思うのですが「テレビ画面のデザイン」を優先にして、旋回は断念したと思われます。

PO20091206_0007.jpg
レジンキット「ホバートラック」本体部との比較。
ガンタンクの下半身は必要以上に大きく、上昇用の推進器が付いている位だから余剰スペースは充分あると思います。ホバートラック同様、パッシブソナーの杭(センサー)が底面に装備されているという考えてみるのはどうでしょうか?後方支援MSなんだし2人乗りだし。

PO20091206_0010.jpg
V作戦の3体が、ようやく揃いました。
ガンキャノンはBクラブ・レジンキャスト版です。MGキット版は先に完成したレジン版と区別する為にミサイルランチャーを装備させ、リアルタイプカラーで塗ってしまっています。

PO20091206_0011.jpg


みのりん/あすみす(声・立木文彦さん)
PO20091206_0008.jpg
みっくみくの衣装もむかれちゃって露わな姿に…
可愛いよ、みおみお♡


来週はアイアンコングをパチ組むか、入手できればVガンダムの製作に入るか?
空の境界の最終章を見なくちゃいけないし、忙しい…
スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

長野市プラモデル展示実演会

今日・明日の告知って超緊急過ぎるけど。
poster_7th.jpg
ガンタンクの本体塗装が今日中に完了したのなら、明日見に行きたいところではあります。
http://www.shoi.org/nptj/
一昨年だったか見に行った時の展示アイテムは、カーモデル60%。ミニタリー35%。アニメ他15%くらいの割合でした。


アイナマ/あやひぃ(声・立木文彦さん)
PO20091205_0000.jpg
みっくみく・かがみんK-ON!バージョン


PO20091205_0001.jpg
むりやり服を交換させられた、ひよっち。


12月5日 21:00
PO20091205_0002.jpg
あとは、頭部と黄色い円盤パーツのみ。

マーキングシールを、この段階で封から出して確認したのですが、こすり付けのガンダムデカールの割合が細かくて多いんですね。
あの量を、傾く事無くまっすぐモデルに貼り付ける自信が無いので、糊付シールの方だけ今回は貼って、あとは水転写デカールが入手できた時に、追加で貼ることにします。

23:00
基本、下地つや消し黒からの凹部を残すような立上げ塗装なので、「スミ入れ」箇所はほとんどありません。
PO20091205_0003.jpg
この辺の細かいところも黒立上げでも良かったかも知れませんが、普通にエアブラシで吹いてからのスミ入れ。

PO20091205_0004.jpg
キャノピー部はガラスが青色でなのではなく、中のフレームが青いからというように解釈してみました。
模型誌の作例を見てもそうなんですが、キャノピーと頭部の白い装甲の接地面で約0.5ミリの隙間ができてしまうんです。透明のはずのキャノピーですがプラの厚みの箇所が光の照り返しで白い線として見えてしまうので、せっかくガンタンク・アイ(目)が光っても微妙に遮られてしまうのです。
この辺は逆に透明に色を付けた方が、解決できるのかも…

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索