戦隊ロボと2号ロボ

先日某所で、「スーパー合体とはなんぞや?」と論争していました。
PO20090725_0001.jpg

スーパー戦隊シリーズのほとんどはロボ(1号ロボ)が登場し、巨大化した悪者を撃退します。
番組が進むに連れ、2体目以降のロボやメカが登場し、1号ロボと巨大合体したり、武器になったりしてパワーアップします。また性能の劣ってきた1号ロボから、最新装備の2号ロボに乗り換える場合などのバリエーションも増え、初期の頃の「上半身にアーマーがついて、下駄を履く」という一貫性も無くなりました。(なので某所でも「それは違うんじゃない」と論争になっていました。)
1号ロボに魅力が無くても、4号・5号・武器ロボ・基地ロボの複数アイテムで、コレクションの楽しさという見せ方もある。


「スーパー合体」のストーリー的解釈
2号ロボの発端はハッキリしませんが、スーパー戦隊シリーズ、勇者シリーズ、エルドランシリーズ、日本限定トランスフォーマーアニメ等ある中、サンライズロボシリーズのウォーカーギャリア登場で、番組名が変わること無く主人公が主役ロボを乗り変えたことを、とりあえずの出発点として考えてみます。(オモチャ的にはスーパージンライが発祥?)

1. 主人公ロボ(1号ロボ)が、敵組織に再生不能なまでに破壊されてしまう。
2. 1号ロボの性能を凌駕する2号ロボが開発されて、主人公はロボを乗り換えて戦う。
3. 敵組織も、より強大な戦力を引き連れて、高性能の2号ロボでも窮地に追い込まれる。
4. 1号ロボが奇跡的に再生が可能となり、1号・2号と一緒に協力して戦う。
5. 実は2体のロボは合体して、超巨大ロボにバージョンアップすることが可能であった。合体した新たなる戦力で、敵組織に立向か主人公!。



コレらを踏まえた上で、5つのカテゴリーに分けてみましたが、あくまで私の主観である事や、おもちゃのプレイバリューの関係で複数カテゴリーが含まれていることもあります。

まぁ、「ちょっと!それは違うだろう!」と好き勝手にツッコンで頂ければ幸いです。


あとロボの名称を上げていますが、どの作品に登場したとか、どんな形のロボとかは分っていて当然ということで記事を進めていきます。初心者の方にまったく優しくありませんので、この本を見ていただければと思います。
PO20090725_0002.jpg
今回はスーパー合体ということがテーマになるので、3号ロボや基地ロボ、武器ロボ等、私の気分で割愛しました。



パワーアップ合体にまつわる、5つのカテゴリー
1.単独で変形合体はするものの、1号ロボとのパワーアップの絡みが無い、ピンの2号ロボ。2号ロボでありながら、3と4の要素を含むものも有り。
・グレートタイタン (小ロボ・タイタンボーイとトレーラー部が合体して巨大ロボに)
・ギャラクシーロボ(トレーラーから変形)
・隠大将軍 (5体合体。ツバサマルとも合体)   
・VRVロボ (5体合体。ビクトレーラーの武器を装着可能)
・ブルタウラス (ウシ型から変形)
・オーーブロッカー (5体合体。小ロボがエンブレムに変形する) 
・メガボイジャー (5体合体。メガウインガーの翼部分の装着が可能)
・ビクトリーマーズ(5体合体。変なモードに組み分け可能)
・トラベリオン (6両編成の汽車に変形)
・デカウイングロボ(5体合体。銃モードに組み分け可能。デカレンジャーロボと手足の交換が可能)
・ゲキファイヤー(3体合体。電動ギミックあり。ゲキトウジャと脚の交換だけ可能)


2.純粋に、1号ロボと2号ロボが巨大合体するもの。通称「スーパー合体」。合体後も人型を基本とし、乗り物(3号ロボ・基地ロボ等)に搭乗しているものは含まないことにする。
・スーパーライブロボ
・スーパーターボロボ
・スーパーファイブロボ
・グレートイカロス(巨大飛行体に組み分け可能)
・獣帝大獣人
・スーパーギャラクシーメガ
・マックスビクトリーロボ
・タイムロボシャドウ
(αとβタイプに組わけ可能だが、それほどシルエットに変化は無い)
・轟雷旋風神  1号・2号ロボの胴体にガチャポンのカプセルのギミックが入っているにもかかわらずのスーパー合体は見事!
・スーパーデカレンジャーロボ(デカレンジャーロボがバイクに跨って搭乗している組み分けも可能)
・エンジンオーG6・G9・G12
たくさん合体させることが目的で、全体のシルエットが単調すぎ。
肩や背中に唐突に付いているユニットが見苦しい。
それでもすべてのメカにエンジンソウルが仕込んであることは見事!!

・ダイカイシンケンオー
詳細は後程



3.手・足のユニットを交換する事で、パワーアップになるもの
ガオレンジャーあたりからおもちゃに共通のジョイントを仕様。番組を超えたジョイント合体遊びが出来るようになる。
・剛龍神
・大連王・牙大王

個人的には、龍星王と2号メカとの4のカテゴリー的な合体を期待していました。残念…
・ガオキング・ガオハンター・ガオイカロス
・アバレンオー・キラーオー・マックスオージャ

キラーアバレンオーを「スーパー合体」扱いに考える人もいるかもしれませんが、ステゴスライドンの乗っかっているのは「スーパー合体」ではないと思っています。
ダイボウケン/ゴーゴービークル
ダイタンケンとの合体で「スーパー合体」と考える人もいるかもしれませんが、オプションであるゴーゴービークルが合体したらたまたまロボになった(近いものでガオイカロス。)という設定なので、ここでのカテゴリーにしました。 4.にも近いのですが…



4.動物等が装備品として合体してパワーアップになるもの
・無敵将軍/ツバサマル
・オーレンジャーロボ/レッドパンチャー

バスターオーレンジャーロボは「スーパー合体」では無いでしょう!
レッドパンチャーがユニット分解して、オーレンジャーロボの各部位に装着されたのであれば良かったのですが、意味合い的にはこのカテゴリーですね。
・デカレンジャーロボ/ブラストバギー(劇場版限定アイテム)
・ゲキトージャ/ゲキビースト

本体に電動回転ギミックが入っているものだから、細かな追加合体が出来なかったと思われる。それでも、ゲキリントージャのシルエットはカッコいい!!
・シンケンオー/折神
昨々年・昨年のゲキ、ゴーオンの単調な合体と違い、複雑なギミック変形が楽しめる。


5.特別パワーアップをする事の無いピンの1号ロボ
・RVロボ 
VRVロボと手足の交換は出来ましたが、ただそれだけ…。 ミニカーとしての再現度は高かったらしいが、クルマ5台の合体ってギミック的に考えると、かなりオモシロ味が無い!!
・ギンガイオー
超装光ギンガイオーっていうのがありましたが、「超装光」のパーツが本当にただの装備品で、パーツをまとめると動物やメカにもなるわけではなかったので、このカテゴリーということで。ソフビ人形から変身した設定。5獣合体。
・マジキング
5体合体。人型と翼竜型と組み分けが可能。
翼竜型は、マジフェニックスが跨って乗っかっている感じが再現されているのが良い。単品でのプレイバリューが高すぎたので、追加アイテムの入る余地が無かったと思われる。
マジフェニックスを外して、ウルカイザーやトラベリオンのユニットと交換できましたが、4番のカテゴリーに入れるほどでも無いと思ったので。
歴代戦隊ロボおもちゃベスト10があったら、デザイン・ギミック合わせて、間違いなくマジキングは1番です。(頭部のデザインが、とんがり帽子でなかったらもっと良かったんだけどね…)


スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

リアルタイプガンダムって

ガンダムVer.2の感想文なんて、とても今更な事なんですが…
MG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.2.0MG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.2.0
(2008/07/26)
バンダイ

商品詳細を見る
08年夏といったら、マイブームがダブルオーやらSEEDの平成ガンダムの真っ只中の発売だったので、完全スルーアイテムでした。
今でも私は、このキットを「ベストプロポーションガンダム」の位置づけとして考えてはいませんが、タイミングが噛み合っていたなら、オレ専用MS扱いで、めちゃくちゃハマって作りこんでいたと思います。

マスターグレードの発端は、テレビアニメの画像の解析度を高めた実現味のあるリアルな造形だったと思いますが、10年以上あれこれ試行錯誤して、ぐるりと一周してしまい、TVのまんまでいいんじゃないと、こんな造形になってしまいました。
1/100というより、アニメスケール(スケール表示できない)のキットにしか見えません。
パチ組み品を触らしてもらった時も、テレビを意識し過ぎたネタ的なモデルとして始終笑ってしまいました。

PO20090712_0012.jpg
このプロポーション。発売当初、知人とは「リアルタイプカラー(オリーブドラブ系)」が似合いそうだね、なんて話をしていました。その事を見事に証明しています。


PO20090712_0013.jpg
Gファイターとの分離合体が前提なので、無塗装・パチ組みのトイ的扱いになります。
(パチ組み・部分塗装・シール貼りは、嫌いじゃないのですが、癖になるとまじめに完全塗装品を作らなくなる恐れがあるので、出来るだけ控えています。)

PO20090712_0016.jpg
電撃誌の付録にあった、ワザとらしい太いラインシールとでっかいコーションマークを付けて、80年代のガンプラブーム風は感じにして見ました。
いい味が出ていると、気に入っています。

PO20090712_0014.jpg

MG1/100GアーマーリアルタイプカラーMG1/100Gアーマーリアルタイプカラー
(2009/06/27)
バンダイ

商品詳細を見る
足首が小さいのがとても気になっていたのですが、ガンダム発売段階でG-アーマー合体が大前提になっていたとは!!
Gアーマー時。シールドの保持が考えられているようで、考えられていない。
前側の方に行くほど窄んでいますが、平行線に出来なかったのでしょうか。
シールド本体とグリップ部のパチンという接続も、2枚合わせように付け外しを何回かやったら、ジョイントがバカになってしまう可能性大!!これも甘いじょ!
せっかくのセット販売なのだから、コアファイターをもう一機付属させるサービスとか欲しかった!!

PO20090712_0015.jpg



全パターンは、めんどい(面倒臭い)ので、メタルコンポジットとのGファイターだけの比較です。
全体がグレー一色というのは、塗り足りない(塗装途中の段階の)イメージだったので、部分塗装しました。
PO20090712_0017.jpg


PO20090712_0019.jpg
PO20090712_0018.jpg


PO20090712_0020.jpg
PO20090712_0021.jpg


PO20090712_0023.jpg
PO20090712_0022.jpg


PO20090712_0024.jpg
PO20090712_0025.jpg


PO20090712_0027.jpg
PO20090712_0026.jpg


PO20090712_0028.jpg
PO20090712_0029.jpg



模型の話
この土日で、Ver.2・GMのフレームくらいは組もうと考えていたのですが、Gファイターの部分塗装して、アニメ見て、部屋を片付けて、昼寝して、アニメ見てたら、何も出来ませんでした。

とりあえず、完全塗装品として昔作った(発売後すぐ)陸戦GM・宇宙用です。
PO20090712_0011.jpg
宇宙用というのは冗談として、茶系統のボディを白く塗ったらカッコイイのでは(イメージはGMコマンド宇宙用)と思い塗装したモノです。

PO20090712_0006.jpg
完成当時は、陸戦型に付属していたシールだけを貼っていたのですが、今見直すととても物足りない感じだったので、ベタベタ貼りまくってみました。


陸戦GMは、背中が寂しい。
PO20090712_0007.jpg
BD3号機も陸戦ガンダムも背中にビームサーベルはありませんが、姿勢制御の推進機やコンテナラックが、肩のところから生えているので、RX-78みたいなシルエットになるのですが、陸戦GMは何にも無い!

PO20090712_0008.jpg
ノーマルカラーのままでは気にならないとことですが、白く塗ると何も無いのがとても強調されてしまいました。肩アーマーを赤く塗らなかったのも敗因かも…(GMコマンドも背中に生えていないんだけど。)

PO20090712_0009.jpg

PO20090712_0010.jpg


ジムーず(GM達)
PO20090712_0030.jpg
Ver.2がきて、One-Year-War版作って、GMコマンド改造パーツもあるのでそのうちに…
GM改は79年最末期に開発されたことにするか、戦後のMSとみるか、それが問題だ…


テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

しももだ立ち!!

このブログを始めて2年経ったわけだが、見に来ていただいた多くの方が疑問に思っていたであろう話をします。

モデルのこういう立たせ方の写真。
脚を広げ、上体を反らし、ヒジを軽く曲げ。顎を引く。
ガンプラの箱の写真には、必ず載っているポーズですが、私がやると、どうも独特のポージングになっているらしいということです。(人ごと!)

私自身としても、「ベストに決まっているでしょう!」というほど驕ってはいませんが、「しももだ立ち」と呼称され、笑われるほど変なポーズという認識は無いのです。
この自覚の無いことが、一番の問題であるらしいですが…


イメージとしては、こんな感じ。
PO20090712_0000.jpg
爪先から、こぶしの先まで力を込めての仁王立ち。
まぁ、モデルがモビルスーツであるから、腕や脚の長さ。頭部の大きさ。肩幅や胴体に対しての肩の位置。胸や股間の張り出し。背中に背負っているモノ。両腕に携行しているモノ等で、単純に人間(この場合仮面ライダー)と同じポーズにすれば、同じに見えるとは限りません。
それらを考慮して、バランスが良くなるようにと手足の角度を微調整をした結果が、しももだ立ちになった訳です。

ただ、私が調整したモデルの腕の角度の調整がキツク、結果的に…
PO20090712_0001.jpg
このような感じに、写っている(見られている)というのが、実情のようです。

まぁ知人達から、この話を言われて数年経っているので、自分でも修正しようと試みているのですが… いかんせんそんなに変なポーズだという事を私自身が自覚出来ていないので、いっこうに治りません。

PO20090712_0002.jpg
せめて全身力んでいなくても、こんな感じの自然体で立たせられたらと考えてはいるのですが…


しももだ立ちの根源
男児玩具を嗜んでいる立場での言い訳です。
私の好んでいる、タカラの勇者ロボシリーズや、バンダイの戦隊ロボシリーズ。数体のメカが合体して人型ロボの形になるのですが、ギミックや強度的な事情で、肘関節が無いものが、ほとんどです。
よって、直立でない立たせ方をやろうとすると…
PO20090712_0003.jpg
こんな感じになります。
シリーズの中には、ヒジ関節があったり、カタが左右に開いたり、股関節もハ文字に出来るのもありますが、ラチェット機構のようなもの(カチッカチッてやつ)で角度調整に制限され、自由なポージングができません。(もともと関節可動ということは無く、基本的に腕の付け根しか動かないのですが…)

勇者ロボって書いているくらいだから15年以上前から、私は男児玩具と関わっているわけですが、その長い期間ずっと、こういうオモチャ的な立ち方に見慣れてくる(当たり前になってくる)と、モデルの立たせ方にコダワリがなくなる(麻痺してくる)という感じで、しももだ立ちが生まれたのかな??と思います。


ちょっと違うアングル。
PO20090712_0005.jpg
たしかに写真の撮り方にも問題があると思います。




テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索