「ゾイドの近代化とその変貌」って何?

今回のグラフィックVOL.8にて、ついに野生ゾイドから戦闘機械獣への変貌について記載が有りました。
ゾイド 月刊ゾイドグラフィックス VOL.8 プテラスゾイド 月刊ゾイドグラフィックス VOL.8 プテラス
(2008/08/29)
不明

商品詳細を見る


これは、08年1月に私が書いた記事からの抜粋です。
「戦闘ゾイド(商品になっているゾイド)は、生息している野生のゾイドを捕まえてきて「ゾイドコア」という心臓と脳が一緒になったようなモノだけを取り出して、人工的に作ったボディに組み込みこんだものを言います。結構、残酷だったりします。コアの抜けたボディ(死骸?)については特に触れられていません。」
書いた当時、戦闘ゾイドへの変貌に付いてのまとまった資料が存在せず、自分なりにまとめたことなのですが、大きく間違った事はなく安心しました。



PO20080831_0001.jpg
野生ゾイドを戦闘用にするための第一段階は、野生ゾイドを飼育・家畜化してコントロールすることでした。
第二段階では、より高い機動性を得るため、人工的な四肢を組み込んだサイボーグ化でした。
PO20080831_0003.jpg
第一・第二段階までの戦闘用に改修されたゾイドは搭乗者が乗馬のように、うち跨ってゾイドに乗り、搭乗者自らが剣や槍、楯で武装して戦闘していました。まだゾイド自体に武装を装備することは無く、外付け装甲を施す程度でした。


第三段階では、ゾイドコアを除くほとんどを人口部品に置き換えた「機獣化」ゾイドになります。「野生のゾイドを捕まえてきて「ゾイドコア」という心臓と脳が一緒になったようなモノだけを取り出して、人工的に作ったボディに組み込みこんだものを言います。結構、残酷だったりします。」の部分です。特に記述が無いので、私の解釈になるのですが、野生ゾイドとは、実際そんなに大きなモノではなく(商品となっているゾイドの野生体が、そのままの大きさで無いということ)、現存する動物や化石から想定される大きさくらいのようです。
機動性の更なる向上、武装強化の為にゾイドの野生体以上の大型化が必要となり、人工ボディの開発に至ったと思われます。画像のように、コクピットブロックが設置され、弓や投石機や装備されています。
さらに、近代的な装備で大型化・武装強化されたゾイドが第四段階で、商品化されているゾイドの原型となるものです。

この資料にも、コアを抜き取られたボディ(死骸)については何も触れられていませんが、(「溶鉱炉につける」って記述はもしかして、死骸の処理の事?)生命工学の研究で、ゾイドコアだけを育てる技術も発達したそうで、そんなに残酷でも無いようです。




性能向上・武装強化で、人工ボディに差し替えられることになったゾイドですが、ゾイド暦の半世紀先では、「野生体のままの方が実は運動性が高かった。」という結論に戻ってしまうのでした。
PO20080831_0006.jpg
野生体の戦闘力を最大限発揮できるように生産された、ライガーゼロです。
機動性・戦闘力は抜群なのですが、非常に扱いづらいゾイドになってしまったようです。



繁殖能力が優れ短期間で大きく成長し、環境適応能力が高い、モルガです。
ZOIDS モルガ&モルガ キャノリーユニット装着型 (1/72スケールプラスチックモデル)ZOIDS モルガ&モルガ キャノリーユニット装着型 (1/72スケールプラスチックモデル)
(2008/08/23)
不明

商品詳細を見る
組み立て説明書の設定では、上記の戦闘ゾイドへの変貌についての記述は有りません。
モルガは野生体の個体数のおかげで、かなりの数を生産していたようです。しかし上記のように、その数をすべて人工ボディに差し替えられたとは考え難いので、実はコクピットブロックと重装甲と最低限度の武装を装着しただけの、かなり野生体に近いゾイドなのではないのでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

痛車のトランスフォーマーを考える。その3

失敗したら死刑だから。


軟化剤を過信しなければ破れることは無い。確かに、第一段階のデカールの貼り付けは、破れることなく98%問題はありませんでした。

PO20080825_0001.jpg
問題がその後でした。生乾きの時にシワと気泡をチェックしたのですが、ドアの奥まった凹部がかなり密着していないことが、ほぼ乾燥しきった時に気付き、軟化剤で修正しても、イラストに小さなヒビが入ってしまいました。
PO20080823_0002.jpg
軟化剤を塗る前の、デカールが浮いている状態

PO20080825_0007.jpg
軟化剤でヒビが入ってしまった状態(クリアー層でコート済み)

PO20080825_0003.jpg
第一段階の貼り付けの時、予想以上に破けずに貼れたので、調子に乗ってペタペタそこらじゅうに貼り付けたのが良く有りませんでした。一枚のイラストづつ貼っては、気泡や隙間のチェックを充分確認したうえで、次のデカールに移るべきだったのです。
(その時はその時で、自分的には充分確認したつもりだったのですが、私の大判デカールの認識が非常に甘かったようです。)
PO20080825_0004.jpg
カーモデルの撮影は難しいです。いくらボディの塗装が綺麗でも、フロントガラス等の透明パーツに汚れやほこりが付いていたら、一気に台無しです。私もまだまだ修行が必要です
PO20080825_0002.jpg

PO20080825_0005.jpg

クリアスプレーで、デカールが溶ける。
今まで、ガンプラに使った水転写デカールのマーキングを貼った上に、つや消し剤を薄く溶いたモノをエアブラシ吹き付けて艶を整えた際、つや消し剤(ラッカー)でデカールが溶けた事はありませんでした。
今回も、エアブラシでコマメに艶クリアーを吹けば問題なかったのでしょうが、横着してスプレー缶に頼ったことが、仇になりました。

PO20080825_0008.jpg
模型屋さんに行って、塗膜も硬く乾燥が早いラッカーのクリアスプレー缶を手に取ると、スライドシールの貼った上には使用しないで下さいと確かに書いてあります。
スプレー缶一度に塗着する量がエアブラシより多いのは確かなので、念には念を入れて、アクリル系の艶ありクリアを購入しました。
「完成しなかったら死刑だから!」

つや有りクリア吹きつけ所までは良かったのですが、その後の、コンパウンドをかけた後が不味かったのでした。

PO20080824_0005.jpg
前の記事のテッサです。
良くクリアー塗料の研ぎ出しは、完全乾燥をさせるため1週間くらい置いてくださいとあります。しかしこのテッサはラッカー艶有りクリアを吹いた後、1時間くらいの乾燥でコンパウンドで磨いてしました。それでもこの通り、クリアの層がきちんと出ています。
このことで味を占めてしまった私は、半日の乾燥時間で手で触っても大丈夫に乾いていたのでコンパウンドをかけたのです。

これは、まだ本当の完全乾燥で無かったからなのか、アクリル系だったからなのかは分かりませんが、コンパウンドの粒子がクリア層を磨いた結果、艶有り層が、つや消しのクリア層になってしまったのです。そのつや消しになった層に、さらにコンパウンドをかけても艶は出てきませんでした。

もう一度ツヤ有りクリアを吹くべきなのかとも考えたのですが、とりあえずワックスをかけて状況を見ることにしました。
PO20080825_0006.jpg
微妙にしっとりとしたツヤになりましたが、これはこれで良いのかなと納得しています。
(カーモデルで、クリア層が梨地状になっていることが致命的なミスなのですが、これが今の私の限界です(泣))


いくつかの失敗での後悔があるので、らき☆すたトラックの次の痛車キットが好きなアニメのイラストであれば、また痛車トランスフォーマーに挑戦して見たいです。


PO20080825_0009.jpg
トランスフォーム!!


PO20080825_0010.jpg
ギギガガ ギゴゴ


PO20080825_0011.jpg
イラストはほとんど見えなくなります。

PO20080825_0012.jpg

PO20080825_0015.jpg

PO20080825_0014.jpg

PO20080825_0013.jpg

PO20080825_0016.jpg

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

痛車のトランスフォーマーを考える。その2

とりあえず、痛いデカールを貼り終わりました。
PO20080823_0000.jpg

PO20080823_0001.jpg
まだ気泡の処理と、ドアの開閉や変形の為に絵が切れてしまっているところの処理が終わっていません。

PO20080823_0002.jpg
処理が終わり、デカールが完全乾燥したら、ほこりを取り除いてクリア塗料を吹き付けます。

PO20080823_0003.jpg
大判デカールの貼り付けは初めてでしたが、トランスフォーマーなのだから、どうせ変形時に絵が切れちゃうから、そんなに神経質にシワのことを気にしなくてもいいかなと考えたら、そんなに失敗のプレッシャーも感じることなく、スムーズに作業はできました。

PO20080823_0004.jpg
デカールが完全乾燥をしていないので、変形後のロボット形態は後日に…



PO20080823_0005.jpg
痛いイラストとは関係無いのですが、このRX-8はロボットに変形するにもかかわらず、実車同様にドアが観音開きをして、後部座席が再現してあるのです。

PO20080823_0006.jpg
何が凄いのかというと、通常のTFだと後部座席の部分は、ロボット部の腿部等を収納するスペースになっており、自動車の後部座席の再現ができないのです。
(写真は同シリーズ、インプレッサの後部座席部です。)

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

痛車のトランスフォーマーを考える!

痛車キットには興味があったのですが、車キットを丁寧に組みたてて塗装する技術が私には無く、大型デカールをきれいに貼り付ける根性も無いので、痛車キットを買うことはありませんでした。

最近行くようになったお店のお兄さんがアオシマの痛車のキットのデカールだけを、別の車のキットに貼って痛車を作っていました。

それを見てふと思いついたのが、完成品のミニカーにデカールだけを貼り付ければ、比較的簡単に痛車が作れるのではないかということです。
私がもっている、完成品ミニカーと言うのが超ロボット生命体トランスフォーマーのことなのですが…
TRANSFORMERS バイナルテック BT20 マイスター feat. マツダ RX8 MAZDA SPEED version IITRANSFORMERS バイナルテック BT20 マイスター feat. マツダ RX8 MAZDA SPEED version II
(2008/06/26)
不明

商品詳細を見る
ちょうどアオシマノキットと同じ1/24スケールです。
このTF・バイナルテックというのは、塗装やディテールを精密に再現したミニカーと、ロボット形態での各間接が可動するという二つの特性を持つ、高級感のあるTFのシリーズです。


1/24スケール痛車シリーズNo.1 涼宮ハルヒの憂鬱1/24スケール痛車シリーズNo.1 涼宮ハルヒの憂鬱
(2008/02/03)
不明

商品詳細を見る
できれば、お店のお兄さんと同じ、ハルヒのデカールでやりたかったのですが……

PO20080820_0001.jpg
入手する事ができた痛車は、らき☆すたのロードスターでした。


PO20080820_0000.jpg
痛車のベースになってもらう車種は、現行車で比較的痛いデザイン、じゃなくて私の好きな形のスポーツカー「マツダRX-8」に決めました。
ホワイトとシルバーのRX-8が並んでいますが、2つとも色違いの同じもので(エアロパーツが有るか無いかの違いはありますが)、どちらも車とロボットにトランスフォームします。
デカールと下地を見て銀と白のどちらか絵が映えるか検討しみます。


実車と同じ色を再現しているのが、バイナルテックTFの特徴なのですが…
生産国がオリンピックの開催国だけあって、塗装が結構いい加減なところがあって、せっかくのミニカーの精密感を台無しにしています。
PO20080820_0002.jpg

PO20080820_0003.jpg
これは生産国とは関係無いのかもしれませんが、とんでもないところに、パーティングラインが入っています。通常のミニカーモデルでは絶対にありえません。非常に残念です。



トランスフォーマーは乗り物に変形する、いろいろな性格のキャラクターが多数登場してストーリーが展開します。
バイナルテックシリーズでも十数種類のキャラクター発売されていて、私も10個位もっています。
全部をロボット形態で並べるとなかなか爽快なモノがあります。
機会があったら画像を紹介したいと思います。

ただ、私はかなり勇者シリーズに感化されてしまっているので、10個もTFがあっても、どれ一つとして合体して巨大TFにならないバイナルテックシリーズをちょっと残念に感じています。



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

アヴァレた数だけ強くなれる!!完成

1/100 アヴァランチエクシアが完成しました。
機動戦士ガンダム00 7機動戦士ガンダム00 7
(2008/07/25)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る
先日のドラマCDでも笑わせていただきましたが、今回のDVD最終話のオーディオコメンタリーも、すごく楽しませてもらいました。


PO20080810_0013.jpg
いろいろトラブルがありながらようやく完成です。NT誌の留美みんの書き下ろしイラストが、萌えもえです。

PO20080810_0001.jpg
ダブルオーは、最終回だけ録画出来なかった事もあり、モチベーションが最底辺の時が続きました。
(放送は見れていたのですが、録画機が動かなかったから…)
先日、ようやく最終巻のDVDが発売され、晴れてすっきりした気分です。

PO20080810_0006.jpg
アヴァランチは、「完全塗装で仕上げなくては」と久しぶりに本気で思ったキットです。(こういうモチベーションの上がるキットが発表になるとそのキットに一途に夢中になってしまい、そのキットが手に入るまで他の模型に手が付けられなくなるのが私の弱点です。)

アヴァってトランザムの設定の前に出来ちゃった設定ですが、アヴァが全快で暴れ廻ったら、トランザムになるんじゃない?と思ったりしてしまいます。
アヴァでトランザムしたら、どうなっちゃうことやら…


PO20080810_0003.jpg
頭部・前後のセンサーのシール。耳と胸のレンズの中には、電撃誌の付録シール(何故かトランザム発動時シールですが)を使用しております。

PO20080810_0014.jpg
エクシアには、腰のサイドアーマーがありません。雑誌のアヴァの作例を見た時、腰の辺りがなんか貧相に見えたので、GNブレイドの接続パーツを半分の長さだけ使って、丸いフタパーツをサイドアーマーに見立ててみました。


PO20080810_0005.jpg
黄色い部分は、マスキングでも苦労したし、墨入れの拭き取りでラッカーシンナーが混ざってやり直しになったりとさんざん苦労しまくりでした。
アヴァランチは全体像のライン(シルエット)が好きなので、余計な武装になるGNブレイド2本は、背中に装備させませんでした。

PO20080810_0002.jpg
やっぱり刀剣はこういう風に保持するほうが、カッコいいです。
ノーマル・エクシアの時は、設定だけで劇中には一度もやらなかった「ウソ持ち方」だったのがイヤでやりませんでした。実際やってもバランスが悪かったし…
アヴァは、バリエーションなので、「ウソ持ち方」もありかなと割り切って、こうしています。
(先日、DVDを見返していて、最終回ラスト、GNフラッグが襲いかかってきた時、一瞬GNソードをこの持ち方にして防いでいたのを確認できました。)


PO20080810_0007.jpg
以前自分で書いたノーマル・エクシアの製作日誌を見て、肩アーマーと上腕は擦れるんだぁと新鮮に感心して、干渉部分を削っていました。
塗装の段取りだけ考えて組みつけていたので肩アーマーが組み終わった後、上腕とアーマーを結ぶゴムベルトが後ハメ出来ないのがその時になって初めて分かり、泣く泣く分解してベルトを組みつけました。
肩アーマーと肩バーニアの可動範囲はかなり制限されていました。
肩バーニアを全開した時にアーマーの一部の塗膜が剥がれてしまったので、もう閉じることが出来ません。皆さんは仮組みをしっかりやって、クリアランスを確保してください。

最後の過程で、いろいろ手間取った肩アーマーでした。



PO20080810_0015.jpg
ノーマル・エクシアと。
シールドを装備しないガンダム(ZZガンダムとか、Sガンダム等)ってカッコいいよね。



アヴァが出来たので、対決させる敵が欲しい!!
ティエレンは塗装する方向で考えているのですが、スローネGNフラッグ、ジンクスノ1/100が欲しいところです。アヴァと1/100ツヴァイと並べて、23話の「なんなんだありゃぁっ!!」を再現したいです。

バリエーション的には、アストレアやナドレの白いボディに、青と赤を加えてトリコロール色にしたいとかも考えています。HJ誌の1/144アーマード・エクシア(バーチェ)に心惹かれています。

接写が出来ない!
(グラ)ハム先生が一話でエクシアを初めてみた時、どこかにある「GUNDAM」と言う刻印を見つけて「ガンダム?」と言うシーンですが、あのGUNDAMという刻印を、完成したプラモデルにすごく付けたかったのです。しかし電撃誌でマーキングシールが付録になった時も入ってなく、別売り水転写デカールにも入ることは有りませんでした。(泣)
image.jpg
BB戦士のエクシアです。写真から読み取れないのですが頭部V字アンテナの上、逆五角形センサーのさらに上の三角のスペースにあのGUNDAMの刻印があったのです。1/100のキットじゃ再現できませんね。残念…





PO20080810_0008.jpg
こちらも、待ちに待った留美みんです。
顔の再現が、ちょっと残念…

PO20080810_0009.jpg
下着でありませんが、オシリがセクシー。


PO20080810_0011.jpg
今秋発売のネーナたんです。箱売りでなくて、ガシャポンらしいので仕上がりがちょっと心配です。

PO20080810_0012.jpg
同シリーズ。留美みんのポーズがとってもラヴリーです。
シークレットで、絹絵姉さんを超希望!!


テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

今日は嫌な事が重なりました

まじめに模型を作っていると、ブログの更新がおろそかになっています。

凛「行くわよ、アーチャー!!」 モモ「おぉよぉっ!!」
とりあえず声優ネタ……  ではありませんが(汗)
赤くて大きさのバランスが似ていたので、並べてみました。

電王は、セブンイレブンネットで買いました。
価格は定価なのですが、SICのような発売日が平日だったり、入荷するお店が限られていて(私の住んでる地域では)、店頭在庫が瞬殺したり、Amazonで予約が終了していたり、予約出来てもコノザマになって商品が届かなかったりするよりは、とりあえず品物の確保は出来ます。キャンペーンのモモタロスの2本目の剣も付いていました。

セブンイレブンネットのホビーのアイテムの種類がまだ少ないので、今後進展によっては使い道があるかもしれません。


電王はHJ誌6月号からすごく楽しみにしていたので、ワクワクふたを開けてみると、
「デンガッシャーは、腰にぶら下げるのと、ソードモードは組み換えなんだぁ。
1個、2個、3個…?、あれ4個目があるはずだよなぁ…  …入っていない?!!」
パッケージから取り出した時は、3個連結しているだけでした。後ろ側につける4個目が無い!!。念のため、パッケージの他の部分や床におちたかどうかも確認しても無い!!
箱詰めしたチョイナ人、ふざけんなよ!!

実は、セブンイレブン店頭での受け取りの時にもちょっと嫌な事があってむかついていたのに、さらにこんな事があって…  腹立たしい気持ちを押さえて、即効お客さま相談に電話して、4個目を送ってもらう手配をしました。
それでも到着は土日をはさんで最終の出荷。
7月26日発売?が1週間も待って到着したのに、またさらに4日お預け!!
超~むかつく!!
ほんとに生産国仲華人の仕事のいい加減振りには腹が立ちます
ハイル・ブリターニアに占領されてしまえ!!


今週のアバレンジャー、
昼食後、ずっと黄色の処理をしていました。
PO20080803_0000.jpg
今日はデンガッシャーにケチが付いてから、マスキングテープと一緒に塗料が剥がれたり、青の塗料ビンが転倒したりと良いことが無く、全然作業がはかどりませんでした。



PO20080803_0002.jpg
とりあえず黄色の一番面倒臭い所はクリアしたので、後は順調に作業できそうです。(とは言っても、明日の完成は無理ですが…)


PO20080803_0003.jpg
GNドライブの上のセンサー部。前回は見落として色分けできなかったのですが、今回はノコで切り離して、白で塗装して再接着しています。





テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索