稚拙な妄想ゾイド戦記でスミマセン。

ウルトラザウルス量産型。

オレ妄想設定です。
前大戦時のウルトラザウルスは超巨大だったという考え方です。
テレビ版までとは言いませんが、ある程度の大きさ(ゾイドが搭載できる位)はあってもいいと思います。
PO20080429_0000.jpg

ZOIDS RZ-037 ウルトラザウルス(再販)
それじゃ何メートルくらいかと数値は計算が出来ませんが、
胴体前部のハッチは、ゴジュラスMk.Ⅱがそのままの姿勢で、楽々出てこられる高さと幅。格納庫内はゴジュラスの他、シールドライガー・クラスが2機、コマンドウルフクラスが4機位収納できる広さ。
背中の甲板はカタパルト・レーンが2つありますが、その1レーンにプテラスやレイノスが使用できるのは当然として、サラマンダーも出撃できる大きさ。
背中の格納庫は、サラマンダー2機とプテラス・クラスが2機が収納できる広さが、私が考えているウルトラザウルスの大きさです。
当然、こんなのが何機もいたらミニタリーバランスが崩れてしまいますので、1機しか存在はしていなかったことにします。


私が考えたウルトラザウルス量産型というのは、新大戦になってからウルトラザウルスを復活させるという計画で、オリジナルの復元が不可能な為に量産が可能な大きさにダウンサイジングさせたモノ、つまり1/72でTOYの大きさのモノをいいます。

そうすると、デスザウラーやマッドサンダーはどれくらいの大きさなの?
ということになりますが、この2機はTOYのサイズでいいんじゃないでしょうか。
PO20080429_0001.jpg

オレ妄想ウルトラ~と対比するとTOYの大きさを1/72としたデスザウラーはかなり小さくなりますが、強力な荷電粒子砲と機動力で(コングMk.Ⅱのマニューバスラスターもアサルトユニットを併用することで、TOYに取り付けができますので)、巨大なウルトラ~を行動不能にすることも可能じゃないでしょうか。
デスザウラーも1機しかいなかったわけでもないでしょうし。
(所詮ガンダム基準の私の考え方がとても恥ずかしい…)


オレ妄想設定続き
デスザウラーの攻撃に、壊滅的なダメージを負ったウルトラザウルス。共和国はすぐさま対デスザウラー用ゾイドの開発に取り掛かる。
ウルトラ~の復旧と同時進行だったため、対デスザウラー用ゾイド「マッドサンダー」の完成には数年の時を必要とした。(公式設定では、この時はもう共和国首都は陥落しているんですけどね)

ウルトラの前面ハッチが開いて、格納庫いっぱいいっぱいの大きさのマッドサンダーがノシノシ出ていたら燃えませんか?

マッドサンダーのTOYは重厚感を漂わせながらゆっくり歩きますが、実際の戦闘になったら、イノシシやサイが走るような感じで、突撃することも考えられると思います。
力強く疾走するマッドサンダーって燃えませんか?



スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ドスゴトスってネーミングは無いでしょ

9月から新展開の本家タカラトミーの方のゾイド。
各模型誌では、新ゾイドの画稿が掲載されていました。
00503  ネオゴドス
ゾイド RCZ ネオゴドス (仮)ゾイド RCZ ネオゴドス (仮)
(2008/09/27)
不明

商品詳細を見る

とりあえず、下記アドレスに飛んでみて下さい。
http://ga.sbcr.jp/mgangu/009765/
玩具の試作模型が見られます。

※ドスゴドス
Amazonnではネオゴドスという名前で予約していました。
なんかダサい名前になってしまいましたね。
従来のゴドスのコクピットブロックと同形のモノの下が口になってる?
がに股の写真ですが、果たして動力(小型モーターかゼンマイ)で歩くのでしょうか?

※プレシオサウルス
画稿を見たとき、ブラキオスに似ているなと思っていたら、金型流用でした。
付属のスタンドの上に固定して、遊泳アクションをするとの事ですが、実際にお風呂で遊べないと、ちょっと面白くないですね。
海戦ゾイドなので、同時発売のドスゴドスと、いきなり対決ごっこが出来ないのですが…

足をヒレに換装するシステム。
ウルトラザウルスにこそやるべきだと思うのは私だけでしょうか?
あんな重たい体で、地上をノシノシ歩くより、優雅に海上を泳いだ方が絶対カッコいい!!
標準装備で、ふくらはぎ?のあたりに推進機(スクリュー?それともハイドロジェット?)があるので、ヒレの必要が無いといえば無いのですが…そのままだと海上に浮くとはとても思えないのです。

昔考えた、オレ妄想戦記
帝国は、シンカー・ウオディック・シーパンツァーと海戦に充実していたのに対し、共和国はハンマーヘッドが開発されるまでの期間、水中ゾイドはウルトラザウルスとバリゲーターしか存在しなかった。
ウルトラ~の火力は確かに帝国水中ゾイドを圧倒したが、近接戦闘時の帝国小型水中ゾイドの機動力に対しては、なす術がなかった。(バリゲーターでは対抗するには到底役不足であった。)
その対抗策の一つとして数体製作されたのが、足をヒレ状のパーツに換装し、強化水流ジェットエンジンを装備をした「ウルトラザウルス・マリナー」であった。

話を考えただけで、キットは改造はしませんでしたけどね。

※ヘルディガンナー
2000年頃の再販の時は1000円で価格据え置きだったのに、2000円になってる!!
シールドライガー(トミー製)が買えるよ!
材料の値段が上がっているから仕方ないですね。

※ギルベイダー
05年ジェネシスも時のギルドラゴンは、即効店頭から姿を消しました。それだけ人気の商品です。
ギルベイダーもキングゴジュラスも欲しいのですが、私の部屋にTOYやらプラモが溢れ返って、さすがに置き場に困ってきております。

ガンギャラドが6月に延びてしまいましたが、これだけ前大戦の最終決戦ゾイドがそろってきたのですから、オルディオスの再販も切に願います!!

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

MGランチャーストライクを作っています。その1

私は平日だと仕事の帰りが遅いので、模型の作業は週末に限られてしまいます。

PO20080427_0020.jpg

MGおなじみの工作。フレームが出来上がった後は、細分化された装甲のパーツをひとつづつのゲート跡をヤスリがけして平らに成形します。地味な作業に数もあるので、いつも途中で厭きてしまいます。なので今日はここまでにして、アグニ砲を組むことにしました。


PO20080427_0018.jpg

本体は大きく左右で分かれているのですが、段落ちモールドや上下から別パーツをはめ込むので、合わせ目処理はほとんどありません。多分写真のところまで接着しても大丈夫と思うので、仮組みをしながら確認してみてください。


PO20080427_0019.jpg
前半分の合わせ目は、パーツが付くので見えなくなります。後ろ半分は左右割りでパーツの合わせ目がそのまま出る部位ですが、合わせ目が気になりません。



PO20080427_0021.jpg

右肩のウェポンユニットと肩アーマーとをすり合わせをしました。

PO20080427_0022.jpg
無改造では取り付けできません。一部、穴あけの加工をしています。
左がストライクE。右がノーマルのもの。

私よりSEED・MSVに詳しい方はお気づきと思いますが、ウェポンユニットの接続方法が設定と違います。
ストライクEは、肩アーマーにノーマルタイプには無いスラスターが増設してあるので、肩にはパーツが付けられません。ストライクEがアナザートライアルで、ランチャーパックをつけるときは、ウェポンユニットはバックパックの右側の増設アタッチメントに取り付けることになります。

アタッチメントを自作するのが面倒臭いというわけではなかったのですが、肩の増設スラスターはノワールストライカーの一部という私の考え方と、左側には本来使用しないソードパックの肩アーマーも付けようと思っているので、こうしています。


砲撃支援モビルスーツについて。
SEEDのバスターガンダムは、近接用の格闘装備がありません。
後方支援MSなのだから装備が無くて当然といえば当然なのですが、ガンダム世界は前線も後方も無いに等しいと思っているので、ビームサーベルとまでいかなくてもシュナイダーナイフのようなエネルギーを食わないモノを装備してても良かったのではないですかね。
キラ君がランチャー装備で出撃した時も、かなりの割合で近接戦闘だったので、ランチャーパックをつけたままでナイフを抜いて格闘戦するところも見てみたかったです。

今作っているストライクEをランチャー装備でそのまま組むと、格闘装備が無いに等しいです。(一応、手の平と足の裏から出てくるアンカーランチャーがあります。少し話が変わりますが2丁のショーティーライフルもノワールストライカーの一部で、ストライクEとしての標準装備ではないと個人的には思っています。)

ソードパックの肩アーマーを付けることで、マイダスメッサーを装備できることになり、近接戦闘になっても安心です。
あとは、水色のカラーリングをどうしようかというところです。右肩と同じに塗っても違和感が無いかどうか。前回書いた、黒に近い緑なら有りじゃないかと検討中です。

左手のパンツァーアイゼンも装備させたいのですが、「ここまで装備させてて、何で対艦刀を作ってないの?」と、つっこまれそうなのが怖いです。模型的にはダブル装備として面白いのですが、マイダスメッサーを投げないでビームサーベルとして使用すれば、対艦刀はとりあえずいらないでしょうというのが、私の考えです。


PO20080427_0024.jpg
魅力的なシールが付いています。
アルファベット表記の「ランチャー」「ソード」のロゴシールがカッコいいです。

PO20080427_0029.jpg
今回のランチャー装備には使用しませんが、トイザラスでもらってきました。ランチャー~は行きつけの模型店で購入したので、トイザラスではあまり必要でなかったMGを買うハメになってしまいました…(泣)

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

ゾイドスタッフも大変です。

店頭にならんでいました。が…
ZOIDS 月刊ゾイドグラフィックス VOL.4 スネークス(仮)ZOIDS 月刊ゾイドグラフィックス VOL.4 スネークス(仮)
(2008/04/24)
不明

商品詳細を見る
本当なら、この商品のレビューなんでしょうが、まだ買ってないので今度にします。




電撃誌でゾイドの製品について興味深いことが書いてありました。

1.「説明書が読みづらい。組み間違いをする」
若いスタッフ(20代半ば?)の人が、子供の頃ゾイドが読みづらかったと発言しています。
そんなことはないだろうとも思ったのですが、
最初のゾイドは私が中学生の頃、この人だと小学校になったばかり?。
ゼンマイ式でもさすがに組み立ては厳しいですかね。

PO20080427_0003.jpg
従来の線画の説明書。
部品点数も多いわけでもないので複雑には思えないのですが、子供目線では違うようです。

PO20080427_0001.jpg
写真を使った説明書。
こうまでしないと組み立てられないのか!!と嘆いてしまいますが、これが現実。
売上を伸ばすためですから、何でもします。


2.「子供達と何度も対面調査をしました。組み立てた後、決まって2体を向かい合わせてぶつけ合って、どっちが押し勝つかという相撲的な遊びをするんです。」
この結果から、2体を戦わせられるゾイドをいろいろ企画したようです。


私の偏見で言います。
今の子供たちは、携帯ゲーム機やカードゲームからか、リアルに勝つか負けるかに拘っていると思います。なので、自分の愛機(パートナーの小動物)が強いことが重要で、愛機がゲーム機の中でも、紙のイラストであっても構わないのでしょう。
つまり子供達は、愛機が「立体的なおもちゃ」として魅力が無い、必要性が無いと私は考えています。

今の子供にゾイドが与えるとしても、大きなビーム砲とか、高機動ブースターとかの部品は関係なく、必要なのは、相手を薙ぎ倒すための強力な動力(モーターとかゼンマイ)と大きなアクションなのでしょう。

ゾイドでも、ガンプラでも2体並べて、ズキューン(ビームライフルを撃った)、バーン(ビームが当たる)ガシャーン(ビームが当たった腕を外す)なんていう「ごっこ遊び」は、ゲーム機で遊ぶようになったら、それこそゲーム内の戦闘の描写に比較したらバカバカしくて、すぐにやらなくなるでしょう。そして、立体的なおもちゃ(模型も含むとして)離れになってしまっているというのが、私の考えです。


他に、商品化にならなかったスケッチ画や機構試作品が多数ありました。
開発費だけの消耗というのももったいない気もしますが、大量生産してみて売れなかったというのもまずいので見極めも大変です。ネオブロックスもエヴォドライブも予想販売数より低かったようですから。


PO20080427_0008.jpg
ゾイドジェネシス 第3話。
ゾイドの整備中、主人公ルージくんが誤ってコトナさんにレッゲル(※1)をぶちまけてしまったシーン(※2)を忠実に再現!!。困ったコトナさんの顔が、かわいい。





※1 ゾイドジェネシスでは、ゾイドの燃料的なものとして「レッゲル」という設定を作っていました。
※2 そんなシーンあるわけありません。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

HMM・モルガって本当?!

GZ-001モルガキャノリーGZ-001モルガキャノリー
(2005/03/31)
不明

商品詳細を見る
コトブキヤのHPに、HMM新作で何気なく書いてありました。
http://www.kotobukiya.co.jp/kotobukiya/media_info/
来週の模型誌の発売で、発表すると思われます。
モルガという選択自体は構わないんだけど、あのゼンマイの動きがあってモルガなんですよね。
(手動で)フル可動と言われてもなんか微妙…
某掲示板では、上記のようなキャノンが付くかどうかもめていますが、付かなかったらさらに微妙…
だって武器が、頭部の機銃と、尻尾の収納型ミサイル、あと「突撃」のみ。
我が家の共和国軍団に到底かないません。
価格帯が気になりますが、楽しみにしています。

00519コマンド
1/72 ゾイド コマンドウルフ アタックカスタム 第47回静岡ホビーショー限定
商品画像がアップしていました。とてもいい感じです。
これまでも、「限定品」は今までも何点か出ていますが、ゾイドは長期的に生産しても採算が合わないのでしょうか。ゾイド人気の限界を感じています。それとも限定で購買をあおっているだけなのか?!
(うちの会社でも、限定~台!!って購買をあおることはあるけれど、売れるのが分かったら限定以上の数を販売して売上を作るのですが、なぜコトブキヤさんはそこまでやらないのか?それともやっぱり出来ない…)

00503  ネオゴドス
こっ…これは!!コトブキヤの新型か!?

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

HMM・シールドライガーMK.Ⅱ完成

コトブキヤHMM・シールドライガーマークⅡ完成しました。

PO20080406_0003.jpg


PO20080406_0000.jpg
昔のトミー版です。部品が欠落しています。
PO20080406_0001.jpg
金色の成形色が微妙です。

PO20080406_0006.jpg
ボディの紺色の成形色は、昔からのファンからしてみるともう少し鮮やかな青色で良かったと思います。これでは白と黒のツートンにも見えてしまいます。(青と白が、NEWタイプカラーだと思ったのですが…)



PO20080406_0007.jpg
わざわざ、尾のビーム砲のデザインを変更したモノがついています。デザートライガーのときもこれくらいの遊びは欲しかったですね。
尻尾の部品H2は一つ余るのですが、パワーアシストコントローラーがある為、胴が長く見えて尻尾が短く見えたので、全部使っています。



PO20080406_0009.jpg
キャノン砲の位置が移動します。
ノーマル・シールドライガーの収納型ミサイルポットの可動の名残りでこうなりますが、
この状態にならないと、撃てない。
この状態になると、通常の位置の時より高出力でビームが撃てる。
この状態になると、精密射撃が出来る。
等の、キャノン位置が移動することの設定はありません。(上記は私の妄想です。)

アニメでマークⅡ仕様は出てこなかったので謎のままです。


PO20080406_0008.jpg


PO20080406_0010.jpg
なんで武装が金色?と思われるかたがいると思いますが、設定がそうだからと言うしかありません。成形色を2色に振り分けて、おもちゃっぽさが出ないようにしていると思われます。


PO20080406_0011.jpg
ベルトはゴム製です。
仮に金色の武装を別の色に塗装しても、ベルトの塗装だけは難しいです。(プライマーとか塗って、ある程度は塗料は乗ると思いますが、動かしたら塗料は剥れると思われます。

PO20080406_0013.jpg


PO20080406_0012.jpg


PO20080406_0014.jpg
パワーアシストコント部です。
サイドのミサイルポッドは、ノーマルの収納型と同じ形だったのですが、変更されました。
トミー版と取り付け位置も変わったので、脚をハの字に開いた時に干渉しますのでインタークーラー(エアべイルシステム)の位置を移動する必要があります。


前にも書きましたが、ゾイドの設定の統一見解はありません。
HMMシリーズの説明書の「ヒストリーオブ~」も、昔を踏まえた上で再編集したのもです。
昔の設定と変わってるじゃないかと粗を探すつもりはないのですが、どうしても納得いかないことがひとつ!

「大型決戦ゾイドマッドサンダーに搭載された物と同径の大口径ビームキャノンが2基、通称ダブルキャノンユニットが装備された。」 と…

TOY発売時期(ということはゾイド年表時期でも)が、シールドMK.Ⅱの方が配備が先なのです。
マッドサンダーの商品が、シールドMK.Ⅱのキャノンのランナーを流用したのです。(設定としては特別ふれていませんが。)

なんかむしゃくしゃする!!

 

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索