続!ハヤテ・ライガー

PO20080211_0011.jpg
大きな段差、パーツの合わせ目、気泡の処理をして、荒めのサフをババぁっと吹いてから、仮組んでみました。
もう一度分解して、足首の接地性を調整。1000番のペーパーで全体をならして細かいキズを消して、その後に塗装に入ります。

PO20080211_0010.jpg


PO20080211_0012.jpg


PO20080211_0007.jpg


PO20080211_0009.jpg


PO20080211_0013.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ゾイドグラフィックス2

HMMセイバータイガーの発表を聞いて、早速随伴機のヘルキャットを注文しました。
ゾイドグラフィックスはまだ2巻までしか出ていませんが、コトブキヤ・HMMシールドライガーから入ったゾイドファンの方には、ちょうど良い資料になるのではないでしょうか。

ヘルキャットの組み立てに関しては、こんなに小さかったかなぁという感じです。
メインの冊子の方ですが、「金属生命体の生態」の事が書かれており、皆さんが一番気になる、「戦闘機獣の誕生」については、来月の3巻に続くようです。


1980年中頃のゾイドのラインナップはまだ種類も少なく、再現されていない動物=新型ゾイドでした。1~2ヶ月ごとに新製品の発売があって、毎月情報誌(といっても主にコロコロコミック)からの発表が楽しみでした。

ヘルキャットそんな感じで、初の4足歩行肉食哺乳類として登場しました。
デザインは、帝国軍共通コクピットにカバーパーツを取り付けることでシルエットを大きく変えているのが特徴です。
そのボディに対して大き目の武装が強そうで、機動力も兼ね備えた万能ゾイドでした。
当時オレ主人公は共和国だったので、帝国側がすごく羨ましかったです。

共和国軍は、その後ヘビ型ゾイド「スネークス」を開発しヘルキャットに対抗。
本格的な、高速ゾイドでの対応はもう少し後の「コマンドウルフ」の登場まで待つことになります。(コマンド登場までのリアルな発売期日は、まる1年経っていたりします。)


完成されたデザインだった為か、ヘルキャット用の平成版の新カスタマイズパーツの発売はありませんでした。
アニメ版の新設定で、透明に見える(海外映画でよくある透明のもやもやした表現)光学迷彩という装備を持っていました。






PO20080209_0002.jpg
レッドホーンも小型ゾイドと並べると、その大きさと重武装に貫禄がでます。
(本来、シールド/ブレードライガーとの比率も、このくらいが妥当だと思うのですが…)

PO20080209_0003.jpg
ヘルキャットの俊敏な機動力に対抗する為に作られたコマンドウルフ。
当時の最新装備ハイパワーユニットを装備しております。

PO20080209_0004.jpg
シールドライガーとの比較。シールドがデカイのかヘルキャットが小さすぎるのか。同サイズのセイバータイガーと並べたとき、随伴機としてはちょっとボリューム不足?

PO20080209_0009.jpg

PO20080209_0029.jpg
小型ゾイド同士を並べてもいい感じです



200802101405000.jpg
文句の付け所のないヘルキャットに対して、
本格、高速ゾイドとして登場したコマンドウルフです。

従来のゼンマイでは、これ以上の大型のゾイドの駆動が出来ない。
モーター動力はコストがかかる上に、モーターユニットの関係である程度大きさが制限される。(モーターでは小さいゾイドの再現が出来ない)

そんなことから、ある程度以上のボリュームがあり低価格で展開できるハイパワーユニットシリーズが始まります。
コマンドウルフはその第3段として発売されました。同じ月にはシールドライガーも発売しています。

商品は、ゼンマイ歩行のスピードが変更できたり、オートバイのマフラー状のパーツがあったりと高速ゾイドらしい工夫がなされています。(高速~には関係ないのですが、操縦席でパイロットの手元にコントロールパネルがあるのもコマンドの特徴です。)


しかし商品的にはギミックがあって面白いのですが、設定を考えると第2段のブラックライモスとより見劣りする部分が結構あります。(ライモスについてはまたの機会に。)
早い話が、武装が貧弱なのです。

以前、ゾイドは歩行アクションにより手足の動きが制限されていて、商品から格闘戦という発想がしづらいので「ゾイドは多脚戦車であると考えていました」と言うことを書きました。
そう思っていただけに、コマンドウルフの武装には納得いかないものがあります。

コマンドの銃火器は、背中の2連装ビーム砲しかありません。
武装の数が少ないのは仕方ないとして、デザインがまた微妙なのです。

火器の種類としては、ヘルキャットの銃器より大型で強力なモノだと連想できるのですが、コマンドウルフのボディの大きさと比較すると、砲が小さく見えて「強力な火器」という印象にはとても見えません。
ヘルキャットが強そうに見えると書いたのは、このボディと武器とのバランスなのです。


ライモスの背中に収納されているビークルに対抗してか、コマンドのビーム砲もビークルという設定です。悪いことに、部品点数の簡略化から一体成形の大まかなデザイン。キャノピーもなく時速210キロで駆け抜けるゾイドの背中なのに、剥き出しでパイロットが搭乗しているのです。
さらにマークⅡ編成になったときのNEWバージョン・コマンドウルフの時には、このビーム砲が金色になってしまったのです。試作品の写真はまだきれいな金色だったのですが、実際の商品は変な金色のプラスチックの成形色でした。

これらいろいろあったので、コマンドウルフがあまり好きにはなれませんでした。


武装については、99年にアーバイン仕様でロングレンジライフルが装備され、00年にアタックユニットが発売され、ようやくコマンドウルフの武装強化が完成するのでした。


PO20080209_0012.jpg
HMMコマンドウルフ帝国仕様です。
口の可動範囲を広げ、足首の干渉するところを削り、尾がもう少し上がるようにしてあります。ノーマルの白いコマンドウルフとトミー版と比較してみてください。
背中のロングレンジライフルは、本来ゴジュラス用に開発されたという設定もあります。どういう風にゴジュラスに装備される予定だったのか公式設定も見て見たいです。
PO20080209_0018.jpg
HMM版は武装が大きくなり、私の理想の形をしています。
組んでる時には気付かなかったのですが、足首があまり内側に曲りません。
ジェノザウラーの時もそうでしたが、HMMは可動範囲のクリアランスより、デザイン優先の傾向があります。
PO20080209_0023.jpg
アーバイン用のコマンドウルフに、アタックユニットとボマーユニットを装備させています。ゾイドジェネシスのときに再販になった、ロングレンジライフル装備型です。平成ゾイドのパッケージは、キットの間接を加工してアクションポーズにして撮影してあります。当然「商品とパッケージの写真が一部異なっている場合がありますが、ご了承下さい」のコメントが書いてあります。


PO20080209_0011.jpg
PO20080209_0016.jpg
PO20080209_0022.jpg



PO20080209_0014.jpg
そういえば、新装備のロングレンジライフル。中心の主砲と両サイドの副砲との軸線がずれているんです。ちなみに副砲は固定されているので、主砲から独立して上下に動かせません。副砲は、ノーマルコマンドのビーム砲とは別の新設計のものなので、流用したから軸線が合わせられなかったというわけではありません。不思議です。
上の写真、GZ-003コマンドウルフLCのロングレンジライフルは、部品点数が押さえられており、ノーマルコマンド(これはトミー版)のビーム砲を上下で無理やり挟み込む構造だったのか、こちらも軸線が合っていません。わざわざトミー版のライフルを律儀に再現して軸線を合わせなかったとかいうのでしょうか?(両キットを比べると、軸線のずれ方が上下逆なのですが)

PO20080209_0019.jpg
PO20080209_0026.jpg
HMMは、ゼンマイの動力を前後の脚に伝えるアームの部分のアレンジが絶妙です。


PO20080209_0027.jpg
各部位の大きさは変更無いのですが、胴体が細くなったのと、ポーズの具合でHMMが一回り小さく見えます。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

HMMセイバー 6月決定!!

ZOIDS 016 セイバータイガーZOIDS 016 セイバータイガー
(1999/10/30)
不明

商品詳細を見る
これはトミー版です。


ネットショップで、予約の受付が始まっていました。
なかなかいい仕上がりです。
定価5800円。なぜブレードライガーより1000円高いんだろう?
http://www.noda-ya.com/html/hobby.htm
こちらで確認できます。


200802052124000.jpg
お猿さん、もう一人おりました。
1/24シリーズのゴーレム(帝国軍)です。
キットはアイアンコングのフレームが金型流用と思っていたのですが、改めて見てみるとかなり別物です。

1999年からの商品展開の時、1/24サイズのゴーレムは再販されませんでしたが、ガチャポンのミニサイズゾイドで、1/72のゴーレムがラインナップにありました。




惑星Ziにおける、共和国軍と帝国軍の戦争は、巨大彗星の飛来によって一度終結しています。彗星は惑星Ziの月に衝突し、砕けた月のかけらが地上に落下し、大地が割れて分裂、一部は水没するなど大陸の形まで、変えてしまいました。多くの野生ゾイドも死滅し、戦闘ゾイドも破壊され、両軍とも戦闘不能になり未決着のまま約40年の時が流れたのでした。


1999年以降のゾイドの展開は、この40年後の世界ということになっています。

HMMシリーズの解説「ヒストリーオブ ○○」。シールドライガーとコマンドウルフは、彗星飛来より前の旧大戦で記述してあり、ブレードライガーとジェノザウラーは新大戦で記述してあります。


今度発売されるタイガーは、サーベル~でなく「セイバータイガー」であり新大戦バージョンなのです。
旧大戦で活躍した「サーベルタイガー」と新大戦の「セイバータイガー」は何が違うのかと言うと、性能が格段に違うのです。
ぶっちゃけてしまうと見た目は、まったく同じモノなのですが(笑)。


200802052325000.jpg
旧大戦時「サーベルタイガー」は機動力の上回る「シールドライガー」に対抗する為に、カスタマイズパーツを装着させ「グレートサーベル」に生まれ変わります。

新大戦の勃発後、ゼネバス帝国を吸収したガイロス帝国はグレートサーベルを大改修し、カスタマイズパーツを装着させない状態で、装着時以上の性能が発揮できる「セイバータイガー」を誕生させるのでした。


ここから妄想設定になるのですが、さらに別売りの「アサルトユニット」というカスタマイズパーツをセイバータイガーに装着させることにより、常人には扱いきれない超高機動ゾイドを完成させることが出来るのです。(見た目はグレートサーベルです。)
200802052326000.jpg
オレ・ネーム「グレートセイバー」!


セイバー(サーベル)タイガーは、レッドホーンのキットのビーム砲がまとまったランナーの部品をそのまま使用するため、多くの武装を装備しています。

今見ると、後々登場するなんとかライガー達なんかと比較すると、高機動が特徴の割に過剰装備に思えるのは、私だけでしょうか?
武装を減らせば、より動きが良くなると思うのですが。
前足の上のビームガンとか、尻尾のレーザガン。3連衝撃砲に付いているレーザー小銃(レッドホーン装着時は高圧濃硫酸噴射砲)とかは、必要ない気が…
これだけ装備していると、レッドホーンの存在意義がなくなってしまいます。
(アイアンコングMKⅡの右肩に付いているビームランチャーか、ダークホーンのビームガトリングガンをタイガーに装備させ、長距離攻撃を可能にしたら、確実にレッドホーンの代役になります。ただし商品は無改造で取り付けはできません。)


しかも、それぞれの砲の大きさからして、小型ゾイド(商品的にゼンマイで動くゾイド)の破壊しか出来なさそうです。射程距離もそんなに無いと思われますし。
タイガーなら高速で接近して、噛むか引っ掻く方が、攻撃力があると思うので、やっぱり何本かの銃砲はいらないと、私は思います。



HMM版は、どれも省略されることなく、フル装備になっていることに感心してしまいました。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

第17話 怒り

アイアンコングです。

コトブキヤゾイドの新作発表が無い為、某大型掲示板も荒れています。

せっかくシールド、ブレード、コマンドがいるのに、これだけではいいかげん寂しいです。といって、旧ゾイドを押入れから引っ張り出しても、コトブキHMMのディテールと比較すると、さすがに見劣りしてしまいます。
平成の新規金型ゾイドは特にそうです。

旧ゾイドは選んでみると遜色ないモノもあり、今回のアイアンコングの紹介になります。
PO20080203_0003.jpg
このアイアンコングは1999年の再販時のもので、中古ショップで購入しました。1980年代のものと成形色が異なっています。
ゴリラの特徴を非常に良くとらえたプロポーションで、電動ギミックもすばらしいです。
歩くのと連動して、目が点灯して「ギーギー」鳴きます。
フレームにアーマーを被せる構造。マガジンの付いたミサイルランチャーのデザイン。ハッチ開閉式のロケット弾ランチャーのデザインも、当時画期的なモノでした。


PO20080203_0006.jpg

PO20080203_0008.jpg
1機に2名以上搭乗するゾイドはいくつも存在しますが、同じコクピットに2名乗る複座型のゾイドは非常に珍しいです。


PO20080203_0009.jpg
「シザーアーム」!80年代当時のファンだった方は知らない新装備です。

PO20080203_0011.jpg
こうやって使います。
平成ゾイドは再販品の他に、再販ゾイドをカスタマイズする新規設計の改造パーツが多数発売されました。旧ゾイドファンにとって、当時存在しなかった新装備をつけたゾイドは、新規金型ゾイドに匹敵する魅力がありました。

PO20080203_0013.jpg
実際には、電動ギミックの関係で腕が自由に動かないので、こんな感じになってしまいます。
厳密に言うとこの装備は、2005年放送のゾイドジェネシスに登場したデットリーコング用のカスタマイズパーツです。商品的にいうとアイアンコングの金型流用のゾイドなので、アイアンコングにも装備できました。
アイアンコングの主な格闘能力は「パンチ」か「投げ」です。打撃というのが、牙や爪といった鋭利で切り裂くものと比較して、視覚的なインパクトが弱かったかもしれません。
(私がボクシング等の格闘技に詳しくないので、そう思えてしまうというのもあるのですが…)
そういった意味では、この装備は充分インパクトがあります。

ゾイド GZ014 デッドリーコングゾイド GZ014 デッドリーコング
(2005/08/11)
不明

商品詳細を見る
アニメ劇中では、この「シザーアーム」の装備は禁断の兵器で、普段は呪布で包帯の様にぐるぐる巻きにして封印してあります。
左手を天高く突き上げ、右手で呪布の端を持ち、コマをまわす要領で引っ張るのですが、左腕が回転し、呪布が竜巻のように広がっていく映像は迫力があり、ジャキン!と爪が展開する様もいつ見てもカッコいいです。
そしてシザーアームが開放されたのと同時にデッドリーコングのパワーも高まり、敵ゾイドを爪で摑んで投げたり、切り裂いたりするのです。
敵味方の区別なく、周りにいるゾイドを殲滅するまで暴れまくる設定なので、全50話近い話の中で、2回くらいしか使いませんでした。
HMMでコングが出るような事があれば、シザーアームを生かしたアクションポーズがいくつもとれそうです。
PO20080203_0040.jpg
ネオブロックスシリーズのアイアンコングです。
ゼンマイ等の動力はありませんが、ある程度のポーズを取らせることができます。電動タイプに出来ない、二本の脚だけで立っているのが分かりますか。
PO20080203_0041.jpg

PO20080203_0042.jpg
電動タイプのダウンサイジングですが、同じ1/72のフィギュアが搭乗しています。


PO20080203_0035.jpg
サル・ゴリラ等の霊長類は、設定的には手の平で道具を扱えるということで、ゾイドが人型をタブーとされる?中、唯一人型ロボに近い扱い(手の平で銃器を持ったり、刀剣を持ったり)が出来た動物ではなかったかと思います。戦術的にも面白い展開が出来たのではないでしょうか。
実際、コロコロコミックの改造例では、手の平に武装を保持したアイアンコングの改造例もありましたし。

PO20080203_0036.jpg
しかし霊長類のゾイドは、アイアンコングとハンマーロックの2種しか発売されませんでした。
霊長類の歩行ギミックに、それほど面白みがなかったのでしょうか。
手の平に武器を持った時の、二足歩行に課題があったのでしょうか。
ガンダム等に似通ってしまうのを避けたのでしょうか。
まぁ動物をモチーフにしたシリーズだから、わざわざ人型にこだわる必要がなかったのでしょう。
PO20080203_0039.jpg
先ほど記述した、平成カスタマイズパーツを取り付けたものです。
PO20080203_0038.jpg


PO20080203_0043.jpg
2体の大きさは、ほとんど同じです。
ネオブロックスのコングには、細かい設定画無いので、ハンマーロックの試作機、後継機、競合ゾイドなど、妄想設定を考えると面白いです。



PO20080203_0014.jpg
コマンドウルフとの比較です。
大型ゾイドとしての威厳を感じさせます。
(これが、シールドかブレードだと大きさの対比が微妙になるので、画像は撮りませんでした。)


PO20080203_0017.jpg
盟友レッドホーンです。
(部品一部欠落)

PO20080203_0020.jpg
この2機の大きさのバランスも、絶妙なのですが…


PO20080203_0023.jpg
シールドライガーと比較すると、「動く要塞」の異名を持つゾイドにしては、少し小さい気が。シールドがHMMだから大きい、と言うことはありません。


PO20080203_0026.jpg
某大型掲示板でもレッドホーンのHMM化希望の意見が多いですが、大きさがこれではちょっと複雑な心境です。(出るのなら当然買いますけれど)


PO20080203_0028.jpg
コマンドと比較してもこんな感じ。
これでもま、だコマンドが大きく見える?気が…
私の気にしすぎでしょうか。


200802052125000.jpg
ZOIDS 月刊ゾイドグラフィックス 増刊.1 ガンギャラド(仮)ZOIDS 月刊ゾイドグラフィックス 増刊.1 ガンギャラド(仮)
(2008/05/29)
不明

商品詳細を見る
とりあえずの最新ゾイドです。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索