桐生サンデークラブ定例会 22回目(20・21欠番)

今日は群馬県桐生市近郊のモデラーさん達で募ったサンデークラブさんの例会に参加させて頂きました。模型誌が発売になったばかりなので、この先の購入と製作プランについて大いに盛り上がりました。
サンデークラブさんは、毎月第4週を目安に、桐生市相生公民館で例会を行っております。
あくまで第4週は目安なので、参加希望の方がいましたらこのブログでコメント欄に一報いただければと思います。
(第4週に会場行っても誰もいないことがあるので。)

DSCN0608 (960x1280)
メンバーのタヤハツさんが運営スタッフになっているカーモデルオンリーの展示会が6月に開催されることになりました。詳細はこの紙がすべてといえばすべてなんですが。事前申し込み不要。当日持ち込み参加OKだそうです。開場9時前に、会場に来ても鍵が閉まっていて建物に入れないのでご注意くださいということでした。

DSCN0794 (960x1280)DSCN0795 (1280x960)

DSCN0798 (1280x960)DSCN0799 (1280x960)

DSCN0800 (1280x960)

DSCN0804 (1280x960)DSCN0796 (1280x960)

DSCN0805 (1280x960)

サンデークラブさんの秋の展示会の予定が決まりました。



2017年12月2日(土) 3日(日)
会場:群馬県みどり市笠懸町公民館ふるさとギャラリー

毎年、9月末に開催されるのが通例でありますが、今年はちょっといろいろあって、12月の日程になりました。

サンデークラブさんは、かなり以前までさかのぼる展示会では、会員以外の初参加ゲストさんの作品当日持ち込み参加OKという時代もありました。
ある時の展示会の時。撤収片付けがほぼ完了になっても誰も回収に来ない作品が残ってしまいました。会の代表の人が不憫に思い撤収が完了した1~2時間程度、会場に居残って作品を改修に来るであろうゲスト参加者さんを待ち続けました。が、最終的にその作品を取りに来る人は現れませんでした。
会の代表の人は、待ったのに来なかった不満よりも、せっかく完成させた作品を処分しなければいけなかったことについて、思い出すと今でも嫌な気持ちがこみあげてくる言っていました。
この展示会以降からは、初参加の人については正規会員が必ず把握できているという約束ゴトことが出来たそうです。(万が一作品が残っても、会員の誰かが持ち帰れば、製作者本人に作品を戻せるという仕組み)




スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

群馬県桐生市サンデークラブ定例会 19回目

今日は群馬県桐生市近郊のモデラーさん達で募ったサンデークラブさんの例会に参加させて頂きました。

家に着いてから慄く。

確かに、今朝は朝食後にちょっと転寝してしまったから、慌てて着替えて家を出発した。まさかこんなスパイ丸出し(サンデークラブの好敵手・前橋ジオラマ部のトレーナー)の格好で、何食わぬ顔で例会に出席してしまっていたとは!例会中は、特に誰にも指摘されることはなかったけど。

模型誌が発売になったばかりなので、この先の購入と製作プランについて大いに盛り上がりました。

DSCN0608 (960x1280)
メンバーのタヤハツさんが運営スタッフになっているカーモデルオンリーの展示会が6月に開催されることになりました。詳細はこの紙がすべてといえばすべてなんですが、補足事項が増えたら、5月あたりに改めて告知させていただきたいと思います。

DSCN0600 (1280x960)
キットの改造ではなく、プラ材の削りだしで完成してる飛行機です。

DSCN0605 (1280x960)
海外製のプラモデル。ドアが開閉するように改造しています。

DSCN0607 (1280x960)
今年の展示会のテーマ「1/144スケール」に関するアイテム。

DSCN0601 (1280x960)DSCN0604 (1280x960)

DSCN0603 (1280x960)
ワンフェスにも展示していましたが、バンダイが「ねんどろいど」や「キューポッシュ」的な3頭身程度のプラモデルを発売していくみたいです。
第一弾のラブライブのキットは、胴体一つに対して頭部が3個入っている。
余った頭部をどいう風に有効利用するかを模索する。
DSCN0609 (960x1280)DSCN0610 (960x1280)
ガンプラの胸像シリーズは、「瞳」多色射出技術を使ってんだけど、このラブライブさんは、瞳はくりぬかれてるけど、紙のシールを貼る仕様。シールを貼らないと結構怖い。

----------------------------------------------------
サンデークラブと関係ありませんが、
先週のワンダーフェスティバルで、前に住んでいた場所での知人「Clash!」さんが、頒布していたフィギュアを紹介したいと思います。
DSCN0566 (960x1280)

DSCN0572 (1280x960)DSCN0565 (1280x960)
浴衣という複雑な構造の服飾を見事に再現しておりまして、かなりのお客さんが足を止めて写真を撮っておられました。
夏のワンフェスでも販売予定とのことなので、実物を見にいらしてください。
パーツも、バリもズレも気泡もほとんどない、かなり精度の高いフィギュアです。


わたくし、しももだ・もおお。Twitter始めました。
フォローしていただける方、募集中です。(こちらからもフォローさせていただきます。)
しももだ・ももお Twitter


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

群馬県桐生市サンデークラブ定例会 18回目

超こんばんわ。

昨日のアプリモンスターズは、13話目にして、ようやく渕上回で、超〜乗れてる〜!!
しももだ・ももおでした。

今日は群馬県桐生市近郊のモデラーさん達で募ったサンデークラブさんの例会に参加させて頂きました。模型誌が発売になったばかりなので、この先の購入と製作プランについて大いに盛り上がりました。

DSCN0359 (960x1280)
コオジさんの計らいで、クリスマスケーキを戴けることが出来ました。ごちそうさまです。

DSCN0365 (1280x960)

DSCN0364 (1280x960)

DSCN0362 (1280x960)

DSCN0360 (1280x960)

この記事は編集作業中です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

群馬県桐生市サンデークラブ定例会 16回目

最近は、前橋ジオラマ部員としての、桐生市近郊のモデラーさん達で募ったサンデークラブさんの様潜入捜査の要素が強くなってきたような気がする。
しももだ・ももおでした。

DSCN9906 (1280x960)

DSCN9908 (1280x960)

DSCN9904 (1280x960)DSCN9900 (1280x960)
フレフレの瞳パーツ。肌とまつ毛の一体多色成形は、スケールもデラーのおじさま方も驚愕しておりました。
スケールモデルのメーカーでも一体多色成形をやってもらいたいアイテムがあるようです。

DSCN9902 (1280x960)DSCN9898 (1280x960)

DSCN9899 (1280x960)
DSCN9896 (1280x960)

この記事は編集作業中です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

群馬県桐生市サンデークラブ定例会 15回目

この時点じゃまだ、シン・ゴジラは、私以外見て無かった
しももだ・ももおですた。

今日は群馬県桐生市近郊のモデラーさん達で募ったサンデークラブさんの例会に参加させて頂きました。模型誌が発売になったばかりなので、「がっこうぐらし」って萌えるよねって話で、盛り上がりました

この記事は、編集作業中です。


DSCN9858 (1280x960)DSCN9860 (1280x960)

DSCN9866 (960x1280)DSCN9856 (1280x960)

DSCN9854 (960x1280)DSCN9853 (1280x960)

DSCN9855 (1280x960)

DSCN9849 (1280x960)DSCN9850 (1280x960)

DSCN9847 (960x1280)DSCN9848 (1280x960)





テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

群馬県桐生市サンデークラブ定例会 14回目


ロボットに変形するプラレールはどっちでしょうか?

しももだ・ももおでした。

今日は群馬県桐生市近郊のモデラーさん達で募ったサンデークラブさんの例会に参加させて頂きました。模型誌が発売になったばかりなので、この先の購入と製作プランについて大いに盛り上がりました。

はいふりの受けが悪い!
昨日終わったばかりの、今期一番オモシロかったアニメ『ハイスクールフリート』。の話で盛り上がると思いきや。「なんか解決してないこと多くない」でだいたいの話が終わってしまった。
戦闘シーンとかすごくカッコ良かったのに、「アドミナルシュペー絶対買うベ。」とかの話になぜかなんない。なんでだろう。ガルパンの真似して作った便乗アニメじゃなくて、ガルパンの主要スタッフが集結して作られたアニメなのに。
女子高生が兵器に携わることに対して、両作が似てしまわないようにとすごく工夫されていたのに。

肝心なところは絶対壊れない戦車だから、攻撃をうけても軽傷程度にしかならないウソと、
メカニカルなところはかなり忠実なんだけど、変なウイルスを持ってる謎どうぶつで、マインドコントロールというウソ。
ウソ同士なんだけど、比較するとウイルスのウソの方が、日常的でないから毛嫌いされてるっぽい。






下の写真との間違い探し。

背面撮り忘れた。
一つは旧300円のキットをプラ板で切った貼ったしたもの。一つは2000年頃発売のファーストグレード(やっぱり300円)。もうひとつはHGUCキットです。


旧キットの改修モデルは、サフ吹きもする前。プラ板でどこをどんな感じで伸ばしたのか分かる当たりがいちばん美味しく、塗ってしまうと、最新のキットを普通に仕上げただけに思われるのが、ちょっと悔しい。と製作者の神条さんがおっしゃっていました。


ボークス造形村の飛行機。実機のパーツ・分割をそのままプラモデルのパーツとして再現させているキットなんだけど。板の厚みとかどうやっても正確な採寸で縮尺できないところもあって。内部のエンジンとかきちんと成形して作ったのに、外板・装甲を被せてみたらきちんと覆えなくて内装出来なかったとかで。泣く泣くきちんと仕上げたエンジンとかを削って外板・装甲をぴたり合うように貼り合わせたそうです。
ぼーくすさんのインじぇきしょん技術は、まだまだことぶきやさんには及ばないみたい。


きんださんは、今回も手が早いです。3作品の持ち込みです。


会長さんの作品。

会長さんは、だいたい羽根が畳めることと、着陸脚が収納できるように、自作の極小・極細ヒンジを組み込んで再現していまして。会長さんの気に入った機体にだけそういう加工を施しているのかと思ったら。
製作プランを詳しく聞いてみたら、「可動ギミックを入れなくてとりあえず完成優先で仕上げる」「可動ギミックを入れなくて、塗装の仕上げを優先して仕上げる」 ということは、全くやらない という、衝撃の返答でした。

作ると決めたら、実機で動く部分はすべて再現する。着陸着の収納。格納時に翼を畳む機能。フラップの可動。物資搬入ハッチの開閉。爆弾庫の開閉。コクピットキャノピーの開閉。等々…
デザインの関係で可動の組み込みが出来そうにないアイテムは初めからやらない。
ギミックを組み込んでいて、途中無理だと思った箇所が出た時、その部分の再現を諦めて完成させるんだったら。もうやらない。
次のアイテムに移行する。という妥協を許さない徹底ぶりがカッコ良かったです。




今月のモデルクラヒックス見てたらつくりたくなってきたので、例会の話の合間にぱちぱち組み立てる。でも話に夢中になって、例会の時間内で完成できなかったので、家で完成させました。


詳細は公民館に電話してもわからないから、公民館には電話しないでね。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

群馬県桐生市サンデークラブ定例会 13回目

コオジさんは、東京までオリジンを見に行ってたと思われ欠席?。
しももだ・ももお でした。

サンデークラブ さんは、群馬県・桐生市近郊ののプラモデル・模型愛好家さん達で構成されています模型サークルクラブです。

今日は、参加者さんが少なかったけど、神条さんがいろいろ持ってきていました。
シャア専用ゾゴック?
DSCN1847 (1280x960)
じゃなくて、ピンク色は、本命の赤塗装のための下地色だそうです。

DSCN1855 (1280x960)
神条さんが1年戦争のザクを作っているのは知っていたので、アニメ版風のオモチャを持って行く。
意外と人気だったのが、可動戦士のシャアザク。ダイキャストの重みとか、ぐにゃッと曲がる腰回りの装甲に、皆さん感心しておりました。「『魂,ANIME』は形が良いのは分かるシリーズなんだけど。なにせ高額商品!」と、みなさん口々におっしゃっていました。
あと「分解ができて塗装できるともっといいんだけどね。」とモデラーの会らしい意見も飛び出しました。

DSCN1851 (1280x960)DSCN1852 (1280x960)
左の単色の方は、最初の最初の300円のザクの改造作品。最初の最初の当時の販売の時より成形色が変わっちゃったから。神条さんの精密な工作と相まって、「2000年頃の発売してたファーストグレード?」って聞いてしまいました。
こういっちゃ失礼なんだけど、この改造ザクってこの段階で人に見せるのが一番おいしいんですよね。塗装しちゃうと最初の最初の300円から改造したのがわかんなくなっちゃうから。「うそうだぁHGUCでしょ?」ってなっちゃう。
もう一つのザクはRGです。
DSCN1853 (1280x960)DSCN1854 (1280x960)
最近のアレンジだとランドセルのもう少し上の位置にバーニアが来るんだけど、昔のアニメの再現で、この位置にバーニアを持ってくる。ちなみに。『魂,ANIME』ザクもこの位置にバーニアがあります。最初の最初のザクは、基本ハサミ込みで、腕の付け根以外、塗装後の後ハメができないんだけど、こんだけバラせるように加工してありました。


ミニタリーな話。
DSCN1848 (1280x960)DSCN1849 (1280x960)
なんか有名な海外メーカーのプラモデル。部品構成がレジン製ガレージキットなんだけど、簡易インジェクションのプラスチックの素材のでした。「部品が歪んでいる」「合いが悪い」「左右で瞬法が違う」と本来怒りが湧き出てくる要素が満載のキットなのですが。
「そういうメーカーだから。いいの。」神対応の持ち主さんでした。




私が、例会の会話の合間合間に組み上げていた、煌式。家に帰って武器とバックパックを付けてようやく完成。MGバージョン2.0も好きだけど、これもカッコ良くて好き。個人的には、NO.200のじゃなくて、もうこれでいいじゃんていう印象。
DSCN1856 (1280x960)
オレ設定の「億式」と並べる。
DSCN1857 (1280x960)DSCN1858 (1280x960)

DSCN1859 (1280x960)DSCN1860 (1280x960)
『うそ・Zガンダムごっこ』にハマりそう。



この記事は、編集作業中です。
なんか出てきた。
DSCN1862 (960x1280)20160524203343714.jpg
可動戦士 百式 だと思う。

商品はメガバズーカランチャーもセットされていたような記憶があるのですが、何度かの引っ越しで説明書ともども行方不明。
DSCN1863 (960x1280)DSCN1868 (1280x960)
なんか可動範囲が広い。

DSCN1870 (1280x960)

秘密アイテム。

ロボット魂のようなポリキャップを介していないTOYの関節の隙間に流し込んで乾燥させると、良い感じの保持力がでるアイテム。240mlで1800円くらいするけど、効果覿面!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

群馬県桐生市サンデークラブ定例会 12回目

「ばくおん」と「はいふり」は、アリかもしんない。
しももだ・ももお でした。
ハイスクールフリーとは、艦コレぽっいのか敬遠してたのですが、3話から見始めました。どなたかが「ガルパンの艦船版戦みたいの」って言ってた意味が分かりました。なんか面白くなっていく予感がします。
でも、知らない声優さんばっかりでちょっと戸惑います。。というか、知らない声優しか出てないアニメは見ていて落ち着かないから基本的には見ないんだけど。だから、おそ松さんとか。ストライド・オルタナティブ。デュラララなんかは、お話は好みじゃなくても、なんか落ち着きます。やっぱりあのくらいの中堅以上の声優さんはいてほしい。
実は、ガルパンを見始めた時もそうだった。すごく違和感があった。やっていることは面白いのは分かるんだけど。知らない声優を使うイコール低予算アニメ。だからつまらないという個人的なイメージは、未だ抜けきれない。
ガルパンは、アニメの方のキャラ画が、自分好みだったから、早い段階で渕上殿にずっぽりハマって、好きなアニメのひとつになったけど。敵チームが、だいぶベテラン声優を起用していたことが、私を引き付けていた要因のひとつだったことは間違いない。

ハイフリは、。あれだけ女の子がいっぱい出てくると、やっぱり何人かガルパンと掛け持ちの声優さんがいましたね。
渕上舞さんとか沼倉愛美さんとか、アルペジオな声優さんたちに適役で出演してほしい。



昨日はサンデークラブさんの例会でもありましたした。

サンデークラブ さんは、群馬県・桐生市近郊ののプラモデル・模型愛好家さん達で構成されています模型サークルクラブです。


DSCN1794 (1280x960)

遠方から来られた、パインサラダさん。ターンエーさん。も引き続き例会に参加して頂けました。

DSCN1785 (1280x960)DSCN1786 (1280x960)
ターンエーさんの1/100のアッグ。イイ感じに関節を仕込んで迫力のあるポージングが楽しめました。モノアイ周辺の中身にリバイブ・キュベレイが仕込んであるそうです。

DSCN1788 (800x600) (2)DSCN1789 (800x600) (2)
パインサラダさんの、ミキシングビルドガンプラ。諸事情で画像加工して詳細が分からないようにぼかしておりますコトをご了承くだまい。


DSCN1790 (1280x960)DSCN1791 (1280x960)
グフ・バイバイブ。と旧HGUCグフとの比較。リバイバルはR35の頭がそのまんま不要パーツで入っているので、画像は製作者の好みでR35の頭を付けています。

神条さんが、ザクをいっぱい持ってきていました。
DSCN1796 (1280x960)DSCN1793 (1280x960)
何個かが、初出し新作なんだけど、どれがそうか分からなくなってしまいました。写真も撮りそこねているかもしんない(泣)
DSCN1798 (1280x960)DSCN1799 aa(1280x960) (2)

サンデークラブさんは、日曜日に例会をやっているから「SUNDAY」クラブでなくて、「3D」クラブ らしい。


しももだの作っている途中のモノ。
20160117200033879.jpg
前に作ったスコープドックの塗装前。2つのキットをミキシングビルドしているので。

DSCN1800 (960x1280)DSCN1804 (937x1280)
残っている部品の方を組み付けると、こんな感じになる。

DSCN1805 (1280x960)
2個を並べるとこんな感じ。原型師の解釈の違いが面白いです。ランペイジさんのWAVE製ターボカスタム用改造パーツのリーマンカスタム改造パーツの販売が再開したみたいなので、とりあえず注文したのでもう一回ノーマルボトムズが作れそうです。


ライフルを持たせてみる。旧キットのライフルは合わせ目の処理ができれば、そんなに悪い形じゃない。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索