FC2ブログ

天様アニメ。全部終わる。

今週はみんな最終回…(>_<)
でも天ちゃんの演技は
どれも素敵でした。
#雨宮天
#七つの大罪
#空挺ドラゴンズ
#リケ恋
#マギアレコード



今期は多彩。
いっときは。演じるキャラが全部「エリザベス様」パターンの時があったけど。アクア様を境に?、演じるキャラのバリエーションが増えて、見てるほうも楽しくなりました。
『彼女、お借りします』も楽しみ!

https://t.co/2IrvatOWhL
ってツイートしたけど。


ちょい前の記事。「二巻まで見た。私の好みのマンガでは無い」と書いた。
けど、3巻以降、良い展開に進展すると思って、少しずつKindleで読み進めて、最新刊までは読んだ。
つまらないという表現は良くないから、やはり私と相性の悪いマンガだった。

るか 回が終わったあと、やり場が無くなって結構ジャマ。「正式な彼女」でとりあえずくっついているけど。ストーリーを掻き乱して読者をイライラ・ハラハラさせるという意向なんだろうけど、なんか雑。サンデー系のマンガなら、もう少し上手く展開していると思う。
なにより「心臓病気・持ち」風な設定が生かされてない。モノローグで語られて主人公が知らないし。
同情誘って、ほっておけないってのが、セオリーなのでは?

麻美。最新刊の時点でうまいことフェードアウトしていると思う。

墨。千鶴、主人公が「初めて千鶴の頼みを聞く」という展開の為に出てきた。
るかとの三角関係がうまく回せていないのに出てきた。とりあえず今のところ無害だから、言ってしまえば、出て来なくても良かったキャラ?

みに。最終兵器。話のゴタゴタをすべて把握して、展開をスムーズに回してくれるポジション。
マンガ家として、こういうキャラ出して話の整合性取るなんて、三流がやることじゃないの?
パソコン・インターネットとか、実はるかが詳しいとかにすれば、役立たずが解消されたか…そうなるのと、出て来なくも良かったキャラ?
るかも撮影に協力することになったけど、やっぱり、るかはいらない子。

最新のマガジンのラスト。

千鶴の心境が分かり難い。面倒くらいなぁってこと? 主人公との距離感は、まだこんな感じなんだ。14巻もやってんだから、もう少し進展してても良さそう。
基本的に、こういうマンガでありがちな「こいつ、もしかしていいヤツじゃん」と主人公を見直すコトが圧倒的に少ない。だいだいおばぁちゃんのためが理由だし。
彼女お借りします。は
この前のしくじりガンダムにもあった
「既存の成功例を追わないことが、圧倒的な作品を生む唯一の道である。」
を実践してるんだろうなぁ~


時を戻そう。

リケ恋の話。
仲直りプレゼントの買い物した後の時間で。

情報量の多い回だったから?。怒涛の展開もあって動揺もして、私はこのシーンを夕方と思った。

そんで、いろいろあって。


数ページ進んだだけだったから。

(私が読解力無いから)夕暮れ、日が沈む瞬間だと思ってた。
そんなことより怒涛の展開で、初読みの時なんかはそれどころじゃなかったから。
好きなシーンなので、アニメ放送前でも何回も読み返しているけど、時間のことは気に止めていなかった。

アニメ見たら。夜だった。
えなが、氷室が階段を踏み外したやり取り見てたと話すシーンか差し込まれたり。山本を問い詰める順番を差し替えて、雪村が都合良く氷室の方角へ走っていったのか、補足されて良くなった。


数ページのコトだけど。

見返せば、氷室が寝落ちしたとも解釈できるシーン。アニメでこの部分は、天様がずっとぐちぐちぼやいてる(ずっと起きてる)。ちょっとしたシーンカットで、寝落ちしたかも?とも見れなくもない。

時を戻そう…

マンガのこのシーン。

深夜4時前後であるとすれば、放射状・全探索で時間がかかる方法をとっても、時間の整合性は付く。

アニメは時間の表記から、AM12時から雪村に氷室がいないコトを報告して。
山本に詰め寄ったくだりで、何分かかった?という話。

そんで雪村到着!

日が昇るタイミング。アニメだと山本から氷室が走って行った方向を聞いているのに。
ここに来るまで、何時間かかって探してるんだ(笑) な話。

氷室(天様)が。3~4時間?この場所にいて。
眠い。お腹がすいた。というのに触れられていないけど。『御手洗い』の事情がすごく気になる。
アニメ映像・マンガ原稿のない部分で、用事を済ませていることにしてるのであれば、それはそれで、屋外で!?
とか… 悶えてしまう。

たまたま、 まだこの時点では催さなかったとして。
このあと、言い合いになって、粘膜接触して時間が経過して。
もうそろそろ胎内で熟成されて貯まっている頃であろうから

これだけ、おみ脚を拡げられたら、氷室(天様)も、どうにかなってしまいそう。


最終的にずっと我慢していたのなら、部屋に戻って最初にすることは。

スポンサーサイト



テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

何を言っているかわからない話

たまたま半額で買えてしまったけど。

20センチ程度のプライズフィギュア(UFOキャッチャー的な筐体で取るヤツ)は。低額で取られてしまうリスクからか、そこまでコストをかける訳もはいかず、仕上がりが微妙に残念なものがある。
そういう意味では、完成度は高いほうだと思う。

6000円で「特賞」「一等」クラスのフィギュアが必ずもらえる。くじ という呼び方も微妙な企画だけど。数毎のくじでデカイフィギュアとか当てちゃった経験のある人には、馬鹿馬鹿しい価格帯に思えているのかもしれない。
SNSで「1枚でゲットできちゃいました!」とかの投稿良く見かけるけど。「ハズレた~(笑)」なんて、のんきに投稿する人は少ないだろうから(結構な金額払って、カス賞ばかりだったら怒るほどめち悔しいはず。SNSに上げてる場合じゃない)。
私は、欲しかったら中古品取扱いホビーショップで、それなりの納得がいく金額であれば買ってしまう性分なので。6000円クジは続けて欲しいと思ってる。






最近、ようやくこの方面の聖癖も認知・市民権を得てきた感じ?
ただ、この聖癖を支持しているからこそ、とりあえず言及したい!とかなんか高ぶってしまう。


まず、pixivとか見てて。
この方面が認知されつつあったとしても、まだまだ支持者は少ない。なので、少し残念な投稿が多いのは致し方ない。描いてくれる人がいないなら俺様が描く!という意気込みは評価してあげなくてはいけない。

そんで、商業誌でも通用する画力の人たち。
興味あるのか、描かされているのか?
興味あるなら実写AVを見ても良さそうなんだけど。以外と「リアルは汚いから」と避けてるのかもしれない。実際、マンガにしてもイラストにしても「超現実的なリアル」と「一般的なリアル」と「妄想ドリーム(脚色)」がある。
実写AV見るとその線引きが分かるはずなんだけど、知ってる立場からみると、妄想ドリームになりすぎてるマンガ・イラストは、違和感ある。
(知らない人が見れば興奮するんだろうけど。)

まず基本中の基本、配管の位置。
描き手が男だから男性基準で考えてしまうのであろうが、「前側は濡れない」。出口の位置は男女あまり変わらないらしいが、そのちょっとの位置の違いで軌道は後ろ向きになってお尻の方へ広がっていく。
これこそ実写で見てもらうしかない。
専門の同人誌作家はきちんとわかっていて、描かれているが。依頼された、興味本位で描いてみた作家は、全体の画のクオリティは高いが、沁みの位置だけがおかしい画になってる。

次に噴き出してしまってからの行動。
実写AVも当然脚色はあるから、鵜呑みにしてはいけないのだが。
マンガ・アニメで放たれてしまって、腰が抜けて動け無くなってしまうのはドリーム演出。話の流れでそうであったほうが艶かしい場合はあると思うけど。
実際は垂れ流しながらでも動ける。実写を見たからの情報だけで書いてるのではなく、自分もある程度近い体験はしたことあるから。
その時の心境が難しいのだが。
「もう出ちゃったから、このままでいいや」とその場に留まるというとことにはならないようである。
やはり理性が働くから、排出率何%になっても本来処理すべき場所に到達しなければいけない。と体は動くようだ。
滲む、少しずつ漏れ出す。解放されたらなら一気に吹き出す。について、実写でも使いわけてるから、超現実的なリアルはわからない。


ここまで書いて「実写は完璧」と豪語してるようになってしまったが、配管・流出の絵面を除く、ストーリー的なモノはクソみたいなものがほとんど。
描写について。
耐える顔。つらい表情。恍惚な表情。悔し泣き。とか。画のクオリティは高いのに話の流れにあわせていないだろうというマンガ家とか。
放物線。さんざん圧縮した描写だったのに、解き放たれた瞬間に勢いが無いとか。効果音がおかしいとか。実写も適当に噴出してれば良いんだろ的なこだわりを感じない映像が多い。

何か、数年前こういう特集のマンガ雑誌が発売になった時。表紙や奥付けに「いよいよ発売に!」と意気揚々書いてあって。作者コメントでも「初めてでしたけど楽しんで画きました。」とかも書いてあって。でも結局、主旨の理解不足。マンガ家も編集担当もやらされてる感が満載で中途半端な本だった。




今では専門の同人誌作家さん数名が、すべてをわかった上でpixivとか執筆活躍中である。
(状況に応じた表情、沁み、放物線、水溜まり、効果音が巧み!)


「超現実的なリアル」
もし現実で、隣にいる異性がこの状況に追い込まれたとして。途中まですごく盛り上がりそうだけど。
決壊するギリギリ「らめ~!」となる前に『お腹が痛くなっている』だろうから、
そんなに艶かしくないと思われる。

ガルパンロボット掃除機はケツカンヒン?

「ガルパン スマートロボット掃除機 IV号戦車H型(D型改)」を買ってしまったのだけど。
少し期待外れだったような…

西住殿の人形は別売りです。(笑)


掃除機の基本設定が、出来なかったのでサービスセンターに確認。

もともとのロボット掃除機というものが、どれくらいの性能をしているか私の勉強不足もあって。
「家にWi-Fiルーターが備わってて当然」が前提になってて。(Wi-Fi圏内という意味じゃなくて)そんな準備もできない貧困層は買うなと言われている感じで(当然サービスセンターのオペレーターに言われた訳ではない。)腹立たしい気持ちもあった。

家庭用Wi-Fiルーターが無くても、
勝手に動いて、一通り部屋の掃除が終わったら充電器に戻ってくる。ことはするけど。(普通のロボット掃除機とはそう言うモノ?)
Wi-Fiルーターが無いと、私のようにスマホアプリとの登録ができなくて、アプリからの細かい設定・操作ができない。というモノだった。


設定ができなくても、「電源付いた」「終了します」「蓋が外れてる」「持ち上げるな」とかいう何パターンかの西住殿のセリフの確認はできた。
(まあ掃除機から発っせられる音たから仕方ないけど、渕上嬢の音声がクリアじゃなくて惜しい)
まぁ機械が汚れるから(笑)、本気でガシガシ掃除をさせるつもりも無いだけど。
ようは、アプリ設定ができないことで、『何パターンの西住殿のセリフが聴けなくなっているのか』が、ムカつく機械であるかどうかの判断基準。

機械音声で話す従来品であっても、外出先からの遠隔操作(登録するとできるらしい)とか、アプリからの詳細な設定に、すべて話す機能と連動してるとは限らないから。

一概に「頭のおかしい機械」「買って後悔した」と決め付けてはいけないのかもしんない。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ホントにガンプラの実写化?

ガンダムビルドファイター実写化。

ようはレディプレイヤーワンみたいな映画なんだろうけど。

期待されるガンプラが動く部分がどうなるか?
イグルーやGセイバー、パシフィックリムみたいなCGで落ち着くんだろうげど。


誰にも共感されないことを書く

ガンプラの演出が、レゴ・MOVIEまで、プラスチックの質感の再現みたいな部分にまでこだわったのならすごいと思う。


なんとなく知っている人が勘違いしないために一応書くけど。レゴ・MOVIEは、レゴニンジャゴーのCGアニメとは描かれたかたが、全く違う。
レゴMOVIEもニンジャゴーも、ああいう全体が簡略されたデザインの人達が住んでる世界観ではあるんんだけど。

ニンジャゴーは登場人物(フィギュア)は、そういう生命体だから、肩や股がハの字に開いたり、ヒジやヒザが曲がったり、頭が上を向いたり、レゴ人形以上の動きをする。そういうCG。


レゴ・MOVIEはレゴブロックのCMに近い。CMは組み上がったレゴを動かす子供がわざと写っているけど、あれの子供が写っていない感じ。
CGなんだけどレゴブロックそのものをコマ撮り撮影して、動いているように見せることをわざとやっている。
海の波とか建物の爆発とか、レゴブロックの一番小さいブロックが拡散するように破裂して、それ以上小さい破片は(そういうブロックが存在しないから)無い。

レゴの登場人物もの実物フィギュアの可動範囲以外の動きはしない。頭も回転しかしないし。腕や足は縦方向にしか動かないということ。動物やロボットに組み上げられた作品も、その可動範囲以外の動きはしない。
(怒って顔が大きくなるとか多少例外はあるけど)
その直線的なコミカルな動きが面白さにつながる。
なので動きに制限があって、やりようがないから唐突に跳び跳ねる演出も多い(笑)。

質感もまさにプラスチック。例えばフィギュアのヘルメットパーツ。実物にはパーティングラインの筋が存在していて、映像内でも、それをわざわざ克明に再現している。



これらのCG技術をガンプラに当て嵌めると。
プラ丸出しのパチ組みが強いとなると、丁寧な技術で仕上げた作品にアドバンテージがなくなるから、プラスチックっぽい表現はできないかもしれない。
塗装済みのガンプラになるから、「そういう機動兵器が実在したら」と「塗装したガンプラです」をどう違い分けるか?

間接を自作するケースも踏まえて、ガンプラの可動範囲の動きだけでアクションさせるコト。
かなりカクカクした動きになると思うし。(CMやプロポーション映像とかにあるやつ)
いくら今のガンプラが可動域が優れたとしても、初期のプラモ狂四郎みたいに、「足首曲がらないから起き上がれません」みたいな、無理な動きは存在するはず。
そういうコトまで踏まえて、映像に表現することに意味があるのか無いのか。


そんな超リアル演出は。
従来のガンダム映像と違いすぎる。見てて気持ち悪いとか、そういう見る側の意見とか。(私が書いた超リアルさを誰も望んでいない。)
そこまでこだわると、CGを作るのにも手間(時間)、お金もかかることだから。

どういう着地点になるか楽しみである。


テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コミック実写化は難しい。(ヲタ恋)

翔んで埼玉・実写。
仮面ライダーみたいに「そういう世界」じゃなくて、都市伝説をラジオで聞く体(てい)なことに感心。テレビ劇中劇じゃダメだったのかとかも思ったけど(原作がどうか分からないけど、車の移動中に劇を受け入れるとしたら。走行中カーテレビ映らないからラジオ、という選択肢が興味深い。)
ももみん(ふみふみ)が可愛いかった(男だけど)。面白いセリフはCMがほとんどなのがざんねん。


ネタばれ少しあり。

ヲタ恋・実写見た。
基本的なところでは、それなりに楽しめた。
Twitterにある、開始10分で帰りたくなった、とか歌がウザイ・不快ということはなかった。

ただ、適当に気になることは書き殴ることにする。

ちはやふる も 暗殺教室 も 約90分に詰め込み過ぎて話が薄っぺらい印象。ヲタ恋も同じコト言えてる。


高畑充希嬢の顔が、極めて成海に似てたわけでもなかったのだから。
(否定してるわけじゃなくて)
特撮ガガガ主演の #小芝風花 嬢でも良かったんじゃんの選択肢。(特撮オタのリアクションがすごくイイ演技だったから。)https://t.co/yF1eTXySPS

公開前のポスター。
成海の赤い髪の毛が違和感。銀魂実写とかもそうだけど、アニメキャラのカラフル髪の色をそのまま再現は「そんな人いない」感が出るから、明るい茶髪で良かったんじゃないとか思った。ましてやこの作品はコスプレイヤーが出てくるんだから、その人達との差別化を含めて、現実的にはちょっと派手じゃないくらいの茶髪にすべきだったのでは。

そんで、予告。成海役の高畑充希の目を見開いた演技プラン。アニメキャラの「目がデカい」もいちいち再現しなくても良かったのでは。これも不自然。

ヲタ恋・実写やる。主演が高畑充希がやる。と決まって。テレビで高畑充希主演の「同期のサクラ」っていう変なドラマが始まった。(2019年10月~)
地方訛りで、空気読まず正論を押し通すキャラ。まわりに気を使い過ぎて本音が言えず、困っている社会人同期を助ける話。ストーリー構成が斬新すぎて(一話進むごとに1年経つとか)物語終盤はおかしな展開になってしまう。(個人的見解)

ヲタ恋との共通点は「会社勤務のOL」しかないんだけど。奇妙な動き(どん臭い走り方とか)とおかしな話し方(方言とヲタ用語の違いはあれど)が重なるところがあって面白かった。

成海の部屋。
原作だとあまり書かれていないけど、普通の一般女子?同様に小綺麗。実写はいろいろ散らかっててイイ!
原作の成海って、BLの同人誌となんかの漫画とゲームにだけ興味があって。フィギュアを買えとは言わないけど、グッズに興味がない感じ。オタクなのにそこは無関心なの?という違和感。「俺の妹が~」の桐乃のほうが色々グッズに興味があって。「マンガのキャラ」なんだから、成海もこれくらいハマっててもいいんじゃない。と個人的見解。オタクの偏りの部分が、しももだ本人とかけ離れてるから共感が持てないというのが正直なところ。
実写は、これでもか!というくらいグッズに囲まれた部屋に住んでいて爽快!

映画の宏崇は。無愛想なだけで。劇中はっきり明言してないけど、一流eスポーツ選手みたいなストイックさが表だって、オタク特有の気持ち悪さがない。(ギャルゲーはやらない。マンガアニメに興味がない設定。)その表現はある意味、私は有りだと思ってて、中盤以降のいろんなモノに興味がありすぎる成海との接し方に戸惑うのに繋がって。踊る。

酷評の一つ 「歌」
高畑充希の踊りが可愛い。スカートがふわっと舞ってパンチラの際どさが微塵も無いけど。
オタ口調の時、何を話しているかをニコ動風に字幕付けるようにしたのなら。
歌の歌詞も字幕付ければ良かったのに。(基本的にその時の心境を歌にしてるので、聞き取れないと意味がない。「今の行動は不味かったかも」と後悔の意味のしっとりした歌が多いので聞き取り辛い)

酷評の二つ目。最初の10分で帰りたくなる。について。
佐藤二郎の(成海の会社の)これからやるプロジェクトの説明から始まる。いつもの何言ってるかわからないアドリブみたいなヤツ。
予告で部分的にやっちゃってるとか、セリフの内容がつまらなかったのか。そもそもで佐藤二郎の早口も慣れた人が増えたのか(自分も含め)、全然笑えなかった。最初の「掴み」になってない。
佐藤二郎の使い方が雑という表現があってるのかもしんない。(ムロツヨシの使い方も同様に雑で、原作にいない変なバーのマスターで出てくるけど面白くない。)
佐藤氏もムロ氏も、今放送しているドラマで「真面目な役」を演じられているので。なんか今はふざけないで欲しいと個人的に思う。


私はヲタ恋のマンガを、ヲタクの不器用な恋愛が面白そうという話の展開を期待するより、「画が可愛い」から入っているので。普通の読者が必ず楽しんでいる、キュンキュンすると表現するような展開を、鬱陶しいと感じる部分が以外とある。(しももだはそこまでのヲタ恋ガチ・ファンではなかったりする。)
小柳と樺倉のくだりなんか話の根幹なんだけど、私的には以外とどうでもいい。
(なおと光くんのやり取りは好きだけど。)
だから、小柳と樺倉の出番が少ない。成海、宏崇と知り合いじゃないの? と叩かれてる部分は、ちょうどイイ距離感になったと評価している。

樺倉先輩の気持ち悪い部分は賀来賢人が熱演してて良いんだけど。主だったとこは番宣映像で出ちゃってる。
樺倉の非オタは、この映画として有りだと思うけど、斉藤工くんのキャラ名叫ぶとかのきもちわるい演技も見てみたかった。(と思う人は大多数でしょう。)


最後の揉めるシーン。これは話の中盤にあって、ここから四人が知り合いになって仲良くなっていくという展開にしたらよかったんじゃん?と思った。
映画全体的に話にのめりこんで、時間が経つのを忘れて(時計見たくても、後半夜のシーンが多いのもあって時間の確認できなかったのもある)。
揉めたとこれから、成海て宏崇が離れて。海辺でなんだかんだ言いあって、落ち着いたところで急にエンディングに入ったイメージ。びっくりした。
宏崇のトーンが低いから、良いコト話してるけど盛り上がらなかったから。(一巻の最後の部分)


映画見終わって家に帰って、コミック確認したら。
小柳・樺倉のくだりを除けば、だいたいの主だったシーンは拾っていることに感心した。
(その小柳・樺倉を拾わないからファンが激怒してんだけど。)

オイラはブルーレー買うね。たぶん。

まーちゃんとナデシコ

ヴァンガードおばさんとか、#ビルドダイバーリライズ・メイとか、はぐれ #オーフェン 弟とか #恋する小惑星 姉とか、変化球が続く #渕上殿。
今日の #鬼太郎 は、久しぶり直球の西住殿・演技プランは未だ健在で。超かわいいじょ!
(ラディアンのオコホは変化球ではない。)

舞さんが、まーちゃんの役。
カワウソへの反応が、ボコを前にした西住殿の反応と一緒(笑)。

#理系が恋に落ちたので証明してみた のあやめちんは、トーンが低くて悪役みたいだけど、不器用な真面目なキャラ。 #空挺ドラゴンズ タキたんは、女性な色気ゼロの、ただの元気娘設定。
過去作品には無い、天ちゃんの演技プランが珍しいパターンで、かわゆー。(*≧з≦)




ATXで数回に分けられた、機動戦艦ナデシコ一挙放送の録画見てる。放送は30年以上前?
桑島さんの声と後藤センセーのキャラ画が可愛いから、ユリカ嬢をウザいと思うことなく楽しめてる。
初見ではなく、おちゃらけた話だと理解していただけに。人がどんどんタヒんでいく展開におののいた。(近年アニメは。たぶん多数が亡くなっているだろう大爆発のシーンはあっても。タヒんじゃったねというセリフは添えず、ぼんやりスルーさせる演出がない多い気がする)
やってることも「90年代っぽい」と言ってしまうとそうかもしんないけど、近年アニメに無い展開が楽しい。

何度も投稿しても、いっこうに賛同がない得られない。エステバリスとダイアクロン・ドライヴァースが酷似の件。
頭部含むコックピットブロックが、他の仕様違いボディーと交換できる。これは空中換装のシーンで、クロスクラッシュっていうんだけど。



地上用とか空中戦用とか、ダイアクロン・トライヴァース みたい!という投稿


海上戦なのに、うっかり愛機の地上戦仕様のままで出撃していまった主人公。みかねた同僚が空戦ボディーを主人公のところに届けることになって、空中換装ということになった。(同僚がそのまま戦闘すればイイじゃんって話なんだけど、脚を怪我しているから、空戦ボディだけ、主人公に託したということ。)
アニメ好きの同僚パイロットの指示で「クロスクラッシュ」って叫んだだけで、正式な換装の呼びかたではない。

このシーンが「ガンガーションクロスオペレーション」だと思ってたから。静止画でも動画でもいいからいろいろネット検索したけど。30年も前。パソコンで画像・動画を保存する習慣もなかったから、全然見つからなくて。
「軽装備で出撃して敵を油断させて、重武装ボディに換装して反撃する作戦」というような文字情報は見つけた。
この話は3話だから。無人兵器相手に油断させるのには疑問はあって。

20数年ぶりに見返したら。
このときの敵は地球連合のロボ的な有人宇宙ポッド(デルフィニューム)だったから、虚をつけば油断するのでは?と同僚パイロットは思い。軽装備の機体でデルフィニューム部隊を引き付けて「重武装ボディ」の射出を指示した。
が、ガンガークロスオペレーション(空中換装)がなし得る前に、重武装ボディは撃墜されて失敗という結末。
だから、いくら検索しても見つからないわけだ。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

今日のもやさま。


パンチの構図は、腕が伸びきった対象に接触してる瞬間より、放つ前の腕が曲がってる時の方が力強さがでると、あの速水仁センセーが書いてあったようなの気がしたことを思い出して試す。

ゴッドブローというよりは、シャ~イニングフィっガー!?


ブロークン!マ グ ナ ムん!
腕の振りを考えると、右脚が前のほうがいいかも考えて。

神の力ぁ~思いしれ!私の前に立ち塞がったこと!
そして神に牙を剥いたこと!
地獄で後悔しながら懺悔なさい!


劇中、#アクア 様の腕を振るタイミングがすごく早く、

腕が伸びきってから、
「ゴッドブローとは、女神の怒りと悲しみを乗せた必殺のコブシ。相手はタヒぬ~!」って言い切れるくらい、カエルまでの距離がかなりある。あれじゃゴッドブローは効かない。


#このすば
#ファンタジーフィギュアで遊ぼう
#figma https://t.co/j1QcazK9gO





まず。朝のリュウソウジャーは、クリスマス回。

ニミスカートサンタクロースだ!(⌒‐⌒)
でも、アクションが期待できないのは、良くあること。
こんな感じ

見えない角度のハイキック。良くあること。
これは長回しでアスナが演技してるけど。顔が映らないで、スタントさんがやるケースも多い。そういう時こそ、以外と黒い見えていいモノが映ってしまてったり。

なんか映ってる?(゜ロ゜)

スパッツの丈は見えるけど。
興奮する人としない人。


今日のもやさま。

田中アナはすぐにむぐるけど、顔に出ないタイプ?
さま~ずのどちらかが、トイレタイムしない限り、もよおしても我慢するしかないアシスタント。新入りの立場だから、自分の整理現象事情でロケを中断させるわけもいかずと思い込み、ひたすらに耐えながら飲み物の食リポ。とか艶かな妄想…

そいで

むぐしてしまった田中アナ。(゜ロ゜)
この汚い水が、出て来てしまったこと。女子アナに入浴シーンNGとかセクシャルなコトをかくまってることもあるのに放送しちゃった。
どこかに書いてたけど、液体の電気分解の変色が原因で(それにしても汚物な色だけど)、田中アナの排泄デトックスそのままの色ではないことが、確証されているからこそ放送できた?


パンスト履いてる。

デトックスのくだりで。着替えるんじゃなくてパンストだけ抜いで、終わったら着用という流れが、萌ゆる。( >д<)


ずり下がったスカートを

バッサって落ちて丸出しにならないように、くいくいって調整する、非常に短時間な萌えポイント



あくまたおすべし。まおーしばくべし。
あくまたおすべし。まおーしばくべし。

#figma の #アクア 様の再版分がようやく届きました。ゴッドブローの拳(エフェクト)ついているのに肝心の真剣な顔が無いとかありえない!(゜ロ゜)
たまたま、幼馴染みのミケちゃん艦長(#夏川椎名)に丁度いい「ってぇー!」の顔付いてたから、多少削って埋め込むまみた。
#雨宮天
#津田健次郎
ゴッドブローおおおおお!


少し「走る」ということを詰める。
膝を曲げた状態を、前後に交互に動かす。と考えがちになるけど。


前方向から蹴り出す瞬間は、脚は伸びる!



えりすのむねは!ぱっといり!

ゴッド~レクイエム!

あいつらが崇拝している、
忌々しい女神とは 、
まさか…
お前かぁ~!!
#このすば
#figma
#アクア
#雨宮天
#津田健次郎

リュウソウジャー急展開!

今月1日発売の #てれびくん に、
このページがあったから。最終回までの7人体制を楽しみにしてたら。

今日の放送で急にあんなことになってすごく寂しい…(>_<)
#リュウソウジャー
ちなみに今月のてれびくんには新武器の爪マックスチェンジャーの紹介は当然してるけど #ナダ の命と引き換えで入手できるとまでは書いてない…

年末ギリギリで新商品の販売スケジュールが難しいことは承知してたけど。ナダがメインに操縦する、#ヨクリュウオー の次の紫の騎士竜も密かに期待してたのに。

※春発売の1号ロボにどんどん組合せできる商品が次々発売されるのが定番化してるけど。
年末(12月)発売の新製品は、1号ロボ他、今ままでのラインナップを一つも持っていなくても。それ単体で遊ぶことができるロボが発売されることがあったりする。ゲキアツダイオーとか。

なんか #トライダッシャー って #ドライブヘッド に似てない?と思ったから、#トランスポーターガイア を引っ張り出す。

背中に武器を付けないのであれば、マシンモードがコンテナの中に完全収納できた!


整備ブースもイカす!

#ダイアクロン
#ダイアクロンひみつずかん

なんてだろう。普通に買える。
どうしてヤツらはこの
#イングラム の買い締めに動かないのだろうか?
メタルビルドと大差ないだろうに。

#機動警察パトレイバー 1/35スケール ABS&PVC&POM&亜鉛合金製 塗装済み可動フィギュア
#転売ヤー撲滅 https://t.co/4gcTjTYAUc

別にこのイングラムが買い占められることを望んではいないけど。 ヤツらは『バンダイ』『ガンダム』『メタルビルド』『Made in Japan』の目利きして、選り好みして行動してることに、腹立だしいっ!(´Д`)

ヤツら(にほんじんかガイジンカシラナイケド)を擁護してるつもりではないけど。
全世界で発売されているロボットの玩具。素晴らしいクオリティであれば、どこの国製でも、すべて買い占めのターゲットになるのであれば、それはそれで犯罪の一貫性があるとおもうけど。
単純に特定メーカーの特定のブランドに決め打ちして狙っているのが、なんかイラっとする。
品質とか作品関係なく。バンダイに限定した上でところかまわず買い占めやがって。本当にエヴァなんかをそこまで欲しい人はいないはずだが、希少価値だけの購買欲がそもそもおかしい。
『オレ様は、ブサイクには痴漢行為は、行わない』って言ってるイメージ。

たぶんブランドバックなども同じようなことしてるんだろうけど、そういう事をする輩の事が「転売ヤー」と呼ぶことになってる…わけだけど。
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索