なんか見たアニメ。

レゴ・バットマン。と、マジンガーZインフィニティー。
なんか似ていない?
単身で圧倒的な強さがあって、群がる敵衆をガシガシ薙ぎ倒す主役のポテンシャル。
そんで、敵ボスが「お前は『正義』を語っているようだが、オレ達のような悪人がいてからこそ、お前の『正義』が成り立っているということを理解しているか?」というようなテーマを投げかけてるとことか。

シンカリオン2話。「駄目なものはダメなんだよ!」は「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃダメだ。」と同義語。
なんか、ガオガイガーかプリキュアに寄せてきてる気もする。
シンカリオン3話。コクピット(エントリープラグ)に、パイロット以外が紛れこむのもエバであったよなぁ。
サイコパス劇場版をアニマックスで見て。
オレが知ってる佐倉あやねる は、いつも毎回花澤さんの役を困らせるキャラばっかりなのだが。
はじめて、普通のキャラ演じてるのを見た。

この記事は編集作業中です。
スポンサーサイト

新世紀 シンカリオン

もう一回みたりして。

最近あんまりそういうアニメがないから。
巨大・怪ロボットがでると「またエヴァ?」とか思っていまう。
そんな冒頭たった3分でその判断は早すぎだろう、とは分かってるんだけど。
だってBGMからして、それ風じゃん。
基地でわらわら慌てる、正義の組織の人とか見てると、使徒が攻めてきた時と同じじゃん。
そもそもエヴァだって過去のそういう特撮とかアニメなんかをリスペクトしてあんな感じに仕上がった訳だけど。
解明できない敵とか、活動限界時間とか、地下基地とか、指令室で味方ロボットの管制とか敵の分析するとか、同調しないとロボットに乗れないシステムとか、基地内で暴れて指令室パンチとか。
無理くり共通点が、現わになる。

乗るなら早くしろ。でなければ帰れ。


シンジくんに比べると、お父さんの為にすごく前向きにエヴァに乗ろうとする主人公が妙に面白い。
エバの1話も見返したけど、それぞれに似た立場の人がいて、言ってることがみんな逆だし。
(シンジくんは呼ばれてきた。ハヤトくんは勝手に来た。)
やっぱりプラグスーツに着替えるんだとか、発車シークエンス(ワンダバって今は言わない?)に時間をかけるトコとか。(同じ基地敷地内にしては長くない?時速1250キロ)

使徒と対峙したところで、終わっちゃたけど。
次回、あっさり倒さなくて苦戦したりされちゃうと、サキエル戦ってこんなだったよねと、にんまりしてしまう。

SNS見てると、いろんなところで高評価。
杉田くんが、すごく純朴な役を初めて見た気がする。サンライズ作品じゃないけど、銀魂でイジってほしい。

エンディングの唄で「機械四天王」映ってるし。

シンカリオンを見逃した人はココ!

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

「君の名は」の罠

数ヶ月前に、あまり面白くないって感想をだらだらかいたけど。

「世間は認めてたかもしれへんけど、わいはそう簡単ににはおとされへんで!」って気持ちで観ていたから、感想もひねくれてた。

今日、もう一階見てみたら、前回流して見てた(記憶がない)かもしれないシーンとかいくつかあって、やっぱり一般うけする話だよね。と楽しんで見られました。ヒロインの声だけはやっぱり馴染めなかったけど。
今週末、魔女の宅急便の地上波放送あるけど。
キキとジジは会話しているようで、実際「キキの自問自答である」と何かに書いてあったので、それを踏まえて見てみたい。(>_<)

そんで… 見た。
浮き沈みのない展開だなぁとか。
こういう感じででももてはやされたんだなあとか。
世間はディブリに甘いなあ。

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

今年最後にガルパン。

池袋サンシャインのあちこちに、変な看板が散見されてる。



アヒルさんチームの写真が撮れてなかった。
「情報はなかった」だったんだけど。




12/30。年末で終わってしまうガルパンの原画展をみるくる。



原画展とは。

こういう未完成?な画がたくさん貼ってある展示会。ガンダム関係で原画展には何度か行ったが、実際そこで得られる情報はとか感動とかは以外と少ない。しかもだいたい入場料がかかる。
だから開催からしばらくたったし、すいているモノだと思い込んでいた。


なのに…

なんでこんなに並ぶかなぁ…開場15分前。ちなみにこちらが当日券を買うまでの列で、前売券購入組の列が、他の場所で同じくらいある。
みんな「原画展」てどういうとこか知らないのかなぁ。トークショーでも開催されるのかと思わせるテンション。過度に期待してはいないか?

並ぶこと40分で、ようやく入場券を買う。2300円。

たぶんこの混雑は主催側も予期していなかったと思われる。これだけ並んでるにもかかわらず、入場券販売を2名だけで対応しなくちゃいけないとか。
高額な限定入場券も早々売り切れになるとか。

原画展がどういうモノか知ってるから。

別料金音声ガイドを発注。事前情報で「みほ・まほ」が案内って調べてたから。ただこの行列だったため、貸し出し制限とかでさらに待たされるとか思ったけど、そこまで待つ感じではなかった。さすがに「さらに800円払ってまでも」という感情は働くのか?
後ろにいた若い衆は「機械的な音声で解説されてもなぁ」と声優さんがやってるのを知らなかったとか。ただリアルに連れ合いで来ていると会話かガイドかとごちゃごちゃするのでじゃまと言えばジャマ。
解説は「みほ・まほ」か「おっさんスタッフ衆」と選べる。

展示は1~12話、アンツィオ、劇場版、最終章とひたすら原画が貼ってある。解説文字情報はない。
コーナーごとに区切ってあって、10箇所でガイド案内が聴ける。
「みほ・まほ」は「昔は原画に透明のセルロイドを乗せて色を塗ってたんですよ~」とか「1分間に20数枚必要」とかリアルな製作作業裏話的な解説ではなく(原画展なんだから本来そうあるべきと思うけど。)、「この時(○話)は、あ~だったよねぇ。」とストーリーを振り返る演出。録りおろし。「なんで(大洗は)こういう対応をしてきたのか?」という、まほからの質問をちょくちょく挟んでくるのがオモシロイ。(グロリアーナ戦で変な色の塗装とかプラウダ戦のまっ最中に踊ったコトとか)
結構1コーナーのやり取りは長く聴き応えはある。原画をひと通り みても終わらないので、余剰スペースでうろうろする。
(ゆっくり進む原画ギリギリの列はあるが、そのすぐ後ろ(となり?)からでも原画を見るには遜色はなく、列を抜かしたり、戻って見直したりは自由に動ける。)電話型受信機なので耳にあてて持ちっぱなしの左腕が痛くなる。
製作裏話解説を聴くのだったら「おじさん衆」のガイドのほうがよかったかもしんない。(といってもガイドの内容は私は知らない)

ヤマタクセンセーのジオラマ展示とかもあったけど、結局想定範囲内の展示内容。入場料は500円でいいと思う。(音声ガイドなかったら、10分もたたないうちに外に出てしまいそう。)



音声ガイドも無しで見てる人たち。そんなに原画を見て会話が弾んでるようには見えなかった。「原画展ってこういうのなんだろうなぁ」とただ流されて見ている感じ。

私は個人的には原画展は好きではないが、原画展を全面的に否定するつもりではない。実際楽しんでいる方もいらっしゃると思うので。
現にガンダムの原画展に行ったとき、安彦センセーの生原画はすごかった。デジタル処理なんてない30年以上前に。細かく書き加えられた色指定の指示。見て得られる情報量が多い。まさにセル画の設計図だった。
今回のガルパンではそういう見て楽しめる原画は、私は見つけられなかった。(撮影方法が変わったから、原画直での指示の書き込みの必要がなくなった?)

展示内容の趣旨もわからず、ただ「ガルパン」だから来て見ただけの若者たちが集まりすぎ。その点だけがなんか不快にさせる。
あとで「つまんねぇ~」とかSNSにあげられてもそれはそれで困る。原画展って、こういうもんだから。

基本会場は撮影NGなんだけど、Ⅳ号戦車の実物大?パネルとか、一部撮影OKな箇所がある。

渕上殿が袖を通したと思うとすごくムラムラする。


声には出さないが展示内容の不満を晴らすように、「謎解きラリー」が大盛況!

またしてもお金が(800円)かかる。(>_<)。ただ、この表紙と同じポスターがもらえる。


その辺の商品ポスターとか見たら、穴埋めの答えが書いてあるような、ゆる~いクイズではない。

見てもらえばわかると思うが、それなりの知識がないと簡単には答えが出せない。



仲間内でスマホでググりながらワイワイやると楽しいかもしんない。私はお手上げだったので、早々に会場を後にした。
(実際、孤高に難問にチャレンジして解答を導き出した若者が多数。)

正解者には。

認定書がもらえる。



※知人にも愚痴を聞いてもらって。
「モデラー目線だと良くわからない展示会と感じると思うけど。同人誌活動や部活で絵を書いている人達にとっては充分資料になんのよ。
そもそも原画展って。
ろくに意味わからず見てる人の財力を借りて、本気で見たい人に見てもらえる機会を作るってのが本質だしね。」

なっとく!

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

SW)書ける範囲のことを書く。

核心的なコトを書いちゃうので、要注意!










事前情報で。レイと別方向で話を進めるニューヒロインいるって見つけて。なんかあれこれ書かれていて、集計すると「評判悪い」。
冒頭の作戦で出てきた。ヘッドギアしてて可愛いかもしんないと見せかけて。次のシーンで「見た目で笑わす女芸人」みたいなのが現れる。
評判悪いのがすぐわかった。
レイにも言えるけど、なんできれいどころ持ってこないんだろう。せっかく日本人風のキャスティングなのに。理系女子風なんだからメガネは必須でしょうとか。かすみ姉(モモニンジャー)みたいだったら100倍面白く見れてた。
でも、ボスキャラに会いに行ったタイミングのレイは綺麗だった。今度でるねんどろいどを先に見てしまってたけど。あの7とぜんぜん雰囲気違う感じ(良い意味で)は、これだったのね。


なんか、やることなすこと、すべて裏目に出ちゃって。SWシリーズって、銀河体系でたくさん反乱軍がいるって設定だったから、お話に広がりがあるもんだと思っていたのに。7で基幹の星が爆破されちゃって急に組織規模がこじんまりする。
どんどんどんどんやられちゃって、最後はファルコンに乗れる程度の人数になっちゃう。
まぁ、他のSF映画ではよくある展開っていえば、そんな感じもするけど。
上映時間超長いのに。作戦仕掛ける➡失敗。仕掛ける➡失敗。の繰返し。爽快感がない。カジノのくだりはまんまいらないだろうとか。カジノに行かなかったら、無事基地にみんな行けたのに。ぽーと臨時司令官とのコミュニケーションとれてないよね。ちゃんとクルザー捨てる理由説明してれば、ぽーも余計な心配しなかったからカジノ行かなかったのに。仕事だったら「ちゃんと説明しなかったのか!・確認とらなかったのか!」と怒られるパターン。

9で完結させるシリーズの流れだと、この壊滅展開は必要だったのかな?天下のSW様なんだから、他でやってることなんかしないで別の切り口で攻めてほしかったなぁ。津田けんじろーが良いヤツになる設定。私は好きだったんたけどなぁ~。

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

書ける範囲のコトを書く。

あやねるはどのこだ?

すごくあおってくるけど、安心してリラックスして見てて大丈夫。
がるぱん最終章。ドラマCD並みにふざけてるから、これで本筋でいいのか?と、おののく。
廃校になりかかったことをまったく知らなかった人が結構な人数いる。ハイスクールフリートに肖った追加メンバー。と変な戦車。
「明日が大変?」。華さんが、翌日個室で悶絶してると思うと艶やかしい。

前の映画やるとき。翌年以降の大会で仕掛けたら、話の流れに変化が付きにくいから、違う方向性でやります。みたいなことを監督インタビューみたいなことを言ってて、実際の映画はあんな感じだった。
今回はウィンターカップ。
初戦はどこの国かわかりずらいチーム。
でもたしかに。もともと本編が強豪校としか戦ってないから、2回戦以降は結局サンダース、プラウダ、黒森峰とぶつかる可能性が高く監督が言ってた話に代わり映えしないという懸念も頷ける。
第一章では触れてないので、まったくの想像だが、「あの強豪○○校を破っただと!」という高校に全部振り代わるかもしんない。



この記事は、編集作業中です。

プリテンダー。

顔(覗き窓)から隊員の頭が見えないから、乗ってる感じはない。

ビックパワード。決戦形態のとき。足(脛)にパワードスーツを入れっぱなしにできるので。
「格納してる」という解釈でなく。パワードスーツのジェネレーター出力をも吸収していると考えると熱い!
















テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

昨日のおそ松さん

昨日?のおそ松さんで、桑島法子さんがゲスト出演されて。狙いすましたかのような十四松(小野D)と絡む話だなんて、ずるくない(⌒‐⌒)。偉い人の策略(差し金)ですか!ヤマトのパロディにはなってなかったけど、オモシロすぎ!
なにげに島(イヤミ)もいるわけだし。変な回でした。


アニメ・ゴジラ見た。
以下ネタバレ要素含むので、注意。
面白かったけど、ウロブチ臭かニトロプラス臭満載なので、苦手な人は辛いと思う。
シンゴジラみたいにならないように工夫した結果、特撮怪獣映画のテイストがほぼほぼ保てていないから、タイトルは「ゴジラ」である必要性が無かったとも思う。私も特撮怪獣に詳しい訳じゃないけど。
ウルトラマンがいるわけでもなく。ミサイルとかの物理的な外的攻撃が効かないから。
野性動物の習性とかを逆手にとったトンチの効いた作戦(不思議な科学品的なモノ)。溶岩や深海に落とすとかで退治する。のが、一匹しかでない怪獣映画(ウルトラQとか)だと思うけど、そういうのがアニメ・ゴジラに無い。



ある意味、正解かもしれないバランス。

今回の映画の内容とはまったく関係ありません。













パンフレットを買っちゃうと。続編公開を発表しちゃってるから。「ゴジラ倒さないの?」って、モヤモヤしたまま、映画を見ることになっちゃう。
パシフィックリムみたいになっちゃったから(この世界には怪獣に対抗しうる巨大ロボが無い)宇宙に脱出して、いろいろあって地球に帰ってくるんだけど。(このくだりまで結構長い)とりあえずの単発映画なら、宇宙に行く必要なく、ゴジラと戦えば良いんだけど、そこが続編と関係してくる。
ウルトラマンじゃないけど、地球語が話せる宇宙人が助けに来てくれるのが新しい?「ゴジラをガミラスの科学力で退治するから、地球に住まわせて欲しい。」という条件付で。ガトランティスのほうはメカゴジラまで準備してくれて。うまくゴジラを退治できたら、そのまま全地球人・執事化計画で乗っ取るつもりだったみたいだけど、結局ゴジラは倒せなくて。ガミラスとガトランティスの科学力で地球脱出してイスカンダルに行く話。(~_~;)

地球に戻ってきたら戻ってきたで、キングコングドクロ島状態に、なっちゃってて。オチは違うけど。

続編は、起動前に壊されたメカゴジラが出るっぽい。



この記事は編集作業中です。

ゴジラの後にも「おそ松さん」見ると、櫻井君すげぇ~って役者の振り幅に絶賛して笑います。ここにも小野Dも出てるよ。

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

鉄血のライオンず。2期

3月のライオン2期が始まったということは、当然「花澤さん」がイジメられ続ける展開がメインになる。
このシリーズの部分はとてもかわいそうでいたたまれなくなるんだけど、解消までの展開が非常に現実的で理想的。(ダメ人間は多すぎるんだけど。)まさしく、NHKでこそ放送すべき内容である。よくやったと思う。
今日の放送で、5巻のchapter52の最後のページからchapter54の半分まで(約1話と半分)。
この計算だと、イジメ解消までアニメで17話位と思われる。


この冬から春にかけて、藤井4段が快進撃で盛り上がっていたとき。私の知る限りでは「『3月のライオン』という、学生プロ棋士の成長を記したマンガがある」といメディアに取り上げれたの確認できなかった。
たしかにバルバトス・桐山零と藤井
4段は「学生プロ棋士」ということ以外、年齢も違うし、戦歴も違うし(劇中、三日月・桐山は学生プロレベルで強い部類だか適度に敗戦してる。)。
でもこういうのって細かい設定を通り越して、ザックリ似ている程度でも取り上げてしまうねがメディアってもんだろう。と、3月のライオンが注目されないことに、腹立たしく思ってた。

11/11追記。
八潮の展示会だったけど、仕事に励む。


「なんでプレバン!」って騒ぐ人達って2000年代の「そのアイテムが発売されるのは嬉しいんだけど、なんでBクラブ?」って経験してないかな。
単純にプラキットの5~10倍の価格だったから、定価販売とか送料付くとかはまだかわいい。通常流通品ではあるけど、実質限定生産品みたいなものだから、地方だと店頭で見てから買えないし、買い逃すと入手できないとかはプレバンと同じ。

三角?の物体がバシューって発射されて、ズコックを貫き大破!超燃える展開。
やっぱり装備品はアニメ版のほうがカッコいい❗大きすぎないバランスとかカラーリングとか。
最初のアトラスの発売のタイミングって、アニメで動いているのが見れた頃だから「なんで今さら原作版?」て嘆いたんだけに朗報でした。
もちろん2個買い。
9巻以降だと、また違う装備品(通常サイズのビームライフルとか)が増えて、その辺もフォローしてくれると嬉しいです。(⌒‐⌒)

そんで。装備品が一新されるということで、サブレッグが綺麗に仕上げられなかったから、またやり直すんだけど。白と紺の分割の際、アームの中にパテを詰める方法だとほぞ部のプラと硬化したポリパテの固さが違うから、その境目にピンバイスのドリルが持っていかれて垂直に穴が開けられない。経験値で左右されることかもしんないけど。二回失敗してるが「締切」があったからとりあえず曲がっていても、仕方なく完成にこじつけた。
今回は単純にパテを詰めるんでなくで、プラパイプを埋める事でま垂直での接続を頭のなかで模索してみる。が、実際またキットを買ってきてサブレッグの部品構成を見てみると、プラパイプが入るクリアランスが以外と無い。
ガンダイバーの細かい塗り訳も体験してみて。
結局、2回の失敗はなんだったんだったってなってしまうけど。分割・後ハメに拘らないで、近年発売している性能の高いマスキングゾルを使用することが一番キレイに仕上げられると思った。




この記事は編集作業中です。


http://p-bandai.jp/item/item-1000119973/

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
駅の時計
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

しももだ・ももお

Author:しももだ・ももお
群馬県の模型サークル。「前橋ジオラマ部」さん、「サンデーモデラーズクラブ」さんの活動報告の合間に、私(しももだ)が、自身で作った模型や、オモチャやアニメの記事を好き勝手に差し込んでいく構成になっております。
よろしくお願いします。

リンク
ブログ内検索